「東京喰種:re(トーキョーグール:re)」 コミックス15巻の内容ネタバレです。

14巻では「竜」となったカネキの本体を見つける為に、喰種と喰種捜査官が協力して捜索を開始するという展開になりました。

トーカが本体を見つけましたが、六月や晋三平が邪魔をしてきて、そこに瓜江班が駆けつけて六月たちの相手をしてくれることに。

本体を取り出せばカネキは本当に助かるのか?。というわけで今回も「東京喰種:re(トーキョーグール)」の内容ネタバレです。

※この記事には「東京喰種:re(トーキョーグール)」コミックス15巻のネタバレ内容がガッツリ記載されています。

マンガやアニメを見るよ!という方は閲覧にご注意ください。

スポンサーリンク

「東京喰種:re(トーキョーグール:re)」の試し読みは?

「東京喰種:re」は現在15巻まで続いている人気作品です。

アニメでは原作の内容を少し省いて描かれていたりしてますが、もっと続きを知りたい方や詳しい内容を知りたい方は原作を読んでみると良いですね。

この記事は以下ネタバレを含むので、原作で内容を知りたい方は無料の試し読みもオススメです。

「東京喰種」または「トーキョーグール」で検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→「東京喰種(トーキョーグール):re」を無料で試し読み   icon-book    

「東京喰種:re(トーキョーグール)」コミックス15巻の内容ネタバレ!

ネタバレ(前半)

晋三平は戦いをやめ、六月は瓜江たちが食い止めることに。

 

六月と対峙する瓜江と才子。早速瓜江が六月の攻撃を受け、六月は攻撃したくないけど、もうこういう状況になったらしょうがないと諦めていた。

シャオは晋三平を圧倒し、晋三平のおば・清子が脚をなくしているにもかかわらず、自分のできることをすると言って作戦に加わっていることを明かした。

復讐に燃えていた晋三平だが、髭丸が喰種を憎むよりも戦いが無いのが一番ではないか、と言ったことで晋三平も納得し戦うのをやめた。

一方瓜江は六月をまだ仲間だと思っており、自分は班員を見捨てたりはしないと言ってまだ六月を止めるつもりだ。

 

六月がカネキのことを愛した理由。

 

六月は以前カネキに裸を見られたことがあったが、カネキはすぐに素知らぬフリをして目をそらした。

そしてその時に六月は、自分の裸を見る前からカネキは自分のことを女だと分かっていたんだ、と気づく。

六月は傷つき、騙されたと思ったというが、しかしそれがカネキの優しい嘘だとすぐに感じ、六月はカネキを愛してしまったのだ。

上手に嘘をつくカネキを、自分なら理解してあげられる、許してあげられる、自分はカネキにふさわしい、そう思うようになったという。

更に六月はヒトの肉を食べており、才子もそれに気づいていたが、それでも瓜江や才子は六月を見捨てない。

 

六月は自分自身の執着を諦めた。

 

瓜江は六月の攻撃を受け続け、瓜江を庇う才子も攻撃を受け続け、六月はこれが自分の選んだ選択なのだと言い切る。

しかしそう言いながらも、瓜江や才子を攻撃する六月は酷く辛そうだった。結局才子に諭され六月は希望を失い崩れ落ちた。

また昔のように楽しい班に戻りたかった、二人を傷つけたくなかった、と言った六月はナイフで自害しようとする。

だが才子と瓜江が止め、まだやるべきことがあるから六月の力を借りるつもりだ、と瓜江は言い六月を仲間としてつなぎとめた。

 

カネキの中にいるリゼ。

 

カネキが目を覚ますと和風の大きな屋敷にいた。自分は什造に負けて、皆を守るために人を喰った、そこまではカネキも覚えている。

だがその後の記憶はなく、今は眠っているのか起きているのか夢なのか、とにかく早く戻らないといけない、そう思って外に出る。

建物の外は海のようになっており、無数の鳥居が並んでいる。カネキはだんだん深くなる水の中を進み、泳いでいく。

だが水中に沢山の亡骸が漂っており、今の人達は何だ?と思いながら海面に上がると目の前にはリゼが立っていた。

リゼはカネキに、隻眼の王であるあなたがいるから、他の喰種たちも狙われたのだと言ってくる。

 

リゼの赫包は細かくされてオッガイに使われている。

 

カネキは喰種とヒトが理解し合えるように話し合うんだとリゼに言うが、しかしカネキは今までなんだかんだ武力で解決しようとした。

リゼは「黒山羊(ゴート)」の組織、アジトが壊れていくところをカネキに見せ、カネキは発狂して泣いた。

皆を守りたいどころではなく、カネキが動くから人の命が奪われるのだとリゼは追い打ちをかける。

その後カネキは気力を失い、リゼから自分の赫包は小分けにされてオッガイに使われ、閉じ込められてしまったと告げられる。

カネキのことを独裁者だと言い、カネキと出会わなければこんな目には遭わなかったとリゼは言う。

スポンサーリンク

カネキは意識の世界を抜け出し、トーカは本体を見つけ出す。

 

リゼはカネキが憎いと言うが、カネキはどうしてもリゼを憎む気持ちにはなれなかった。そしてまた空から沢山のヒトが降ってきて海に落ちていく。

カネキは罪を背負えるか試すと言ってまた海に入っていき、リゼはカネキが溺れるのも面白そう、と言ってカネキを見送った。

街ではカネキの落とし仔が暴れており、捜査官や軍が対処にあたっている。トーカは依然としてカネキの本体を探しを続けている。

そんなトーカがひたすら掘り続けていると、遂にカネキの手とそれに絡まっている指輪を見つけた。

近くにカネキの本体はいる、と思ったトーカはそのまま掘り続けるが、カネキの落とし仔たちがトーカを邪魔しに来る。

ネタバレ(後半)

旧多の言っていた竜は「リゼ」のことだった。

 

ここで瓜江・才子・六月の三人が現れトーカを守りにくる。三人のおかげで時間のできたトーカは更に掘り進め遂にカネキの本体を発見する。

本体の回収作業に入るもカネキの意識はない。瓜江が強引に引き剥がそうとすると、カネキの分身が襲いかかってくる。

それでも瓜江たちはカネキを引っ張り上げ、遂に本体を切り離した。すると「竜」は本体を失ったと同時に自壊しはじめた。

だがその頃旧多と「V」のメンバーはさなぎのように眠っているリゼの前に立っていた。

殻がやぶれまだ肌がガサガサのリゼが飛び出してくる。旧多はこれを望んでいたらしく、リゼのことを自分のかわいい「竜」だと言っている。

 

有馬の遺言は「全ての人間が喰種になる」だという。

 

カネキは回収後CCGに運ばれ、いつ起きるか分からないカネキをトーカやヒデはずっと見守っている。

そんな中貴未は緊急の連絡を受け、局員にある件について見解をもらいたいと言われすぐに移動した。

喰種達、才子、アキラ、皆カネキの元を訪れ彼の目覚めを待っている。その頃平子や宇井、伊東は今後どうするべきか話していた。

平子は有馬から凶悪な変革が起こると言われており、それが「竜」なのかと思っていたが、だが有馬が危惧していた状況とは異なると感じていた。

なぜなら有馬は全ての人間が「喰種」になる、と言っていたからだ。

 

カネキの目覚め。

 

その頃CCGには沢山の「ROS」、つまり喰種化の兆候がある一般人が運ばれてくる。しかも異常に進行が早く、こんなケースは見たことがないという。

そんな中カネキはムクッと起き上がった。カネキの目覚めを見守っていた皆が喜んでくれた。

目覚めた後に皆から事情を聞き、今がどのような状況になっているのか街を見に行くことにした。

丸手から監視を頼まれている瓜江と才子はカネキと三人で街を見に行き、崩壊された街の中を歩く。

だがそんな三人の近くで何かを食べている者がいた。最初は喰種かと思ったのだが、カネキは20区のCCG支部にいた局員だと思いだした。

 

卵管から生み出される「毒」。

 

あのヒトは人間だったのに喰種になったのか?とカネキが思っていると、街にある大型スクリーンにリポーターとして旧多が映し出された。

旧多は街で暴れる怪物たちにインタビューをすると言って近寄り、自衛隊と化物の戦いを中継している。

そのうち化物が膨らんで爆発し、怪しげな空気が漂った後に兵士たちは喰種へと変わっていった。

小怪物のばら撒いた「毒」を吸った人間は、「喰種」の身体の多くを占める「Rc細胞」が過剰分泌し、ヒトも喰種になるのだという。

このような小怪物は今いる旧多の位置から見える、化物が作った「卵管」から無数に産み落とされるのだと旧多は言う。

 

毒を受けて感染してしまった才子。

 

そんな映像を見ている内に才子の顔に異変が起こる。才子は既に感染しており、三人の周辺に旧多の言っていた小怪物が出現する。

瓜江が攻撃すると小怪物は爆発したので、こうやって毒をばら撒いているのかと瓜江は気づいた。

才子は今のところ感染しているのは自分だけだから二人に逃げるよう言うが、カネキはもう何もできないのは嫌だと強く思った。

その瞬間カネキの体から巨大な赫子が出て、周囲にいる小怪物を一瞬にして駆逐してしまった。

三人はその隙を見計らってすぐにCCGへと戻っていった。

 

毒に耐性があるカネキの体。

 

貴未に見せたら才子は「ROS」を発症しているのだという。瓜江にもその兆候はあるが、「落とし仔」と戦わなければこれ以上の進行はないという。

だが不思議なことに、カネキは毒を沢山取り込んだはずなのに何の変化も見られないのだという。

貴未曰く、もしかしたらカネキにはあの毒への耐性があるのかもしれないという。その後カネキはヒデと再会を果たす。

カネキは自分が傷つけたヒデに顔を見せてくれと頼み、ヒデは隠していた口元をカネキに見せた。ヒデの口周辺は火傷で皮や肉が剥がれていた。

カネキはそれを見てヒデがいつも優しくしてくれたことを思い返し、皆の手を借りながらでも自分にできることをやり遂げようと思った。

というわけで「東京喰種re15巻ネタバレ!卵管と落とし仔の毒や竜の正体リゼ」でした。

「東京喰種:re(トーキョーグール)」の関連記事

6巻:東京喰種re6巻ネタバレ!裏に潜むいびつの根源V(ヴィー)

7巻:東京喰種re7巻ネタバレ!協力者和修家とヒナミ救出のコクリア破り

8巻:東京喰種re8巻ネタバレ!隻眼の王の正体と半人間有馬戦の決着

9巻:東京喰種re9巻ネタバレ!流島上陸作戦でタタラ駆逐と和修家全滅

10巻:東京喰種re10巻ネタバレ!黒山羊結成と支援団体大環アクト

11巻:東京喰種re11巻ネタバレ!Qs部隊オッガイとハイルの頭部

12巻:東京喰種re12巻ネタバレ!カネキとトーカの結婚式と依子の通告書

13巻:東京喰種re13巻ネタバレ!ピエロ創設者ロマことうろんの母は他界

14巻:東京喰種re14巻ネタバレ!嘉納と旧多が計画した最強の竜の正体

15巻:この記事

16巻:東京喰種re16巻ネタバレ最終回!竜遺児や登場人物のその後

 

2018年秋アニメのネタバレ一覧はコチラから!

>>2018年秋アニメネタバレ

※細かい内容は原作を読んでみるともっと面白いはずです!

「東京喰種:re(トーキョーグール:re)」で検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→「東京喰種:re(トーキョーグール:re)」を無料で試し読み