「東京喰種:re(トーキョーグール)」 コミックス13巻の内容ネタバレです。

12巻ではカネキを取り戻しにあんていくに来た六月からカネキたちは逃げ、その後トーカが妊娠したので二人は結婚式をあげることに。

地下で暮らすカネキたち喰種は食料不足なので大規模な遠征を行うことになったが、監禁されているハジメは発信機で仲間のオッガイに連絡します。

アジトの場所がオッガイにバレた喰種サイドですが、というわけで今回も「東京喰種:re(トーキョーグール)」の内容ネタバレです。

※この記事には「東京喰種:re(トーキョーグール)」コミックス13巻のネタバレ内容がガッツリ記載されています。

マンガやアニメを見るよ!という方は閲覧にご注意ください。

スポンサーリンク

「東京喰種(トーキョーグール):re」の試し読みは?

「東京喰種:re」は現在15巻まで続いている人気作品です。

アニメでは原作の内容を少し省いて描かれていたりしてますが、もっと続きを知りたい方や詳しい内容を知りたい方は原作を読んでみると良いですね。

この記事は以下ネタバレを含むので、原作で内容を知りたい方は無料の試し読みもオススメです。

「東京喰種」または「トーキョーグール」で検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→「東京喰種(トーキョーグール):re」を無料で試し読み   icon-book    

「東京喰種:re(トーキョーグール)」コミックス13巻の内容ネタバレ!

瓜江や黒磐は旧多を追い出す計画を実行。

 

瓜江は今のCCGのおかしな方針は異常だと思ったので、外部機関へ情報をリークし、外からCCGに圧力がかかるように仕組もうとしていた。

旧多と言えど国から本格的な圧力をかけられれば無視は出来ないはずだと。そして依子の為に行動していた黒磐特等も同じことを考えていた。

瓜江と黒磐は部下を引き連れて旧多の元へ行き査問することに。その頃ハジメは監禁されていた部屋を抜け出してオッガイと連絡をとっていた。

トーカが外で子どもたちと遊んでいると、アジトには沢山のオッガイ達が現れる。

一方の旧多は、証人がいなければ自分の計画は誰にもバレないと言って、瓜江や黒磐たちを襲い始めていた。

 

ロマはSSSレートの「うろんの母」に変身。

 

旧多の両隣にはロマとシコラエがいる。一方アジトにはオッガイ以外に六月や晋三平も来ており、対する喰種側は四方やナキたちが加勢に来た。

オッガイはアジトを滅ぼす為に全員フレームアウトする。一方瓜江はロマの赫子によって全身を貫かれていた。

ロマはピエロの創設者であり、楽しむために行動をしている。ロマは赫者の姿に変身しSSSレートの「うろんの母」になる。

六月はオッガイにカネキが戻る前にアジトを殲滅しろと指示し、カネキの急所であるトーカは命を奪ってしまえと命令する。

四方が逃してくれたのでトーカ達は地下を走るが、そこにハジメが立ちふさがってくる。

 

ロマの命を奪った瓜江。

 

トーカ達を助けるために平子ら0番隊が現れるが、一方のハジメの援護には宇井が現れる。

ロマから攻撃を受けた瓜江は致命傷は避けており、倒れている瓜江の代わりに黒磐がロマやシコラエと戦っている状況だった。

黒磐は敵の攻撃を防ぎきれなくなって腕を折られ、黒磐を助けようと飛び出した瓜江もロマの体内に呑み込まれてしまう。

だが瓜江はロマの体内を切り裂いて脱出し、黒磐を助けてからロマ・シコラエの二人と対決する。

瓜江はクインケでシコラエをビルの外へ突き落とし、ロマの頭部を切断。転がった頭部を潰して始末した。

 

旧多を取り逃がしたが、瓜江の前にヒデが。

 

黒磐は過去に一緒に組んでいた瓜江の父を守れなかったことをずっと後悔しており、瓜江に謝ってくる。

瓜江は黒磐は何も悪くないと思っているが、旧多は非情にもそこで黒磐の首に刀を突き刺した。

そこに丸手たちがやってきて旧多の頭部に銃を放つ。旧多は対抗し巨大な赫子を出現させるが、丸手たちはひるまずに一斉攻撃を仕掛ける。

蜂の巣状態になった旧多は窓から飛び降りるも、空中から刀を加えた政が襲いかかってきてしまい、空中戦の後に旧多は逃げた。

旧多が去った後、瓜江の前にスケアクロウが現れ、自分の正体は「永近ヒデヨシ」だと明かし、力を貸してほしいと頼んでくる。

 

逃げるトーカたちを始末しに来た鈴屋班。

 

四方は六月と晋三平の二人を相手しても互角以上の戦いを繰り広げている。

四方に逃してもらったトーカたちは未だ逃走中だったが、そこに旧多率いる鈴屋班が現れる。

旧多は瓜江たちと一騒動あったにも関わらず、何もなかったかのように集合時間に現れ、鈴屋班を率いて計画を実行しに来たのだ。

一方四方は六月を電撃でまる焦げにし、晋三平の首の骨を折った。

トーカたちは鈴屋班と戦闘にはなっていたが、圧倒的な戦力の違いがありまるで刃が立たなかった。

 

食料班のはずのカネキがなぜか引き返してきた。

 

ヒナミはこのままでは全滅すると感じ、ここは自分が守るからトーカに先に行って逃げてほしいと言った。

ヒナミを置いていくことに罪悪感を感じたトーカだが、ヒナミの覚悟が伝わってきたのでお腹の子供の為にも逃げ出すことに。

そもそも鈴屋班が「黒山羊(ゴート)」のアジトにやってきたのは、旧多が考えた極秘作戦で、什造のS3班とオッガイしか知らないことだった。

カネキに悟られるのが一番まずいと旧多は言っていたが、カネキは虫の知らせなのかアジトの方へ引き返してきていた。

ヒナミを見つけたカネキは什造たちの前に立ちふさがる。什造たちもカネキが相手なら手加減は出来ないと、最初からクインケを装備する。

 

オッガイと「核」を取り込んでカネキは化物へ。

 

だが激しい戦闘の結果、気づいた時にはカネキの四肢はなく、旧多が目の前におり、全てはゲームオーバーになっていた。

これから自分や仲間はどうなるのか。子供はどうなるのか。なんでこうなったのか。力は残っているのか。そんな考えがカネキを支配する。

葛藤した結果カネキは退かず、ムカデみたいに前へ進むと決め、目の前にいるハジメの顔面に噛み付いて命を奪った。

そしてカネキは身体から赫子を出してオッガイたちを始末し、旧多の中にある「核」を取り込み、異様な姿に変わっていく。

これも全て旧多の仕組んでいたことだった。そしてカネキは吸収し終えた結果、街一つ滅ぼせるような巨大な化け物へと姿を変えた。

というわけで「東京喰種re13巻ネタバレ!ピエロ創設者ロマことうろんの母は他界」でした。

「東京喰種:re(トーキョーグール)」の関連記事

6巻:東京喰種re6巻ネタバレ!裏に潜むいびつの根源V(ヴィー)

7巻:東京喰種re7巻ネタバレ!協力者和修家とヒナミ救出のコクリア破り

8巻:東京喰種re8巻ネタバレ!隻眼の王の正体と半人間有馬戦の決着

9巻:東京喰種re9巻ネタバレ!流島上陸作戦でタタラ駆逐と和修家全滅

10巻:東京喰種re10巻ネタバレ!黒山羊結成と支援団体大環アクト

11巻:東京喰種re11巻ネタバレ!Qs部隊オッガイとハイルの頭部

12巻:東京喰種re12巻ネタバレ!カネキとトーカの結婚式と依子の通告書

13巻:この記事

14巻:東京喰種re14巻ネタバレ!嘉納と旧多が計画した最強の竜の正体

15巻:東京喰種re15巻ネタバレ!卵管と落とし仔の毒や竜の正体リゼ

 

※細かい内容は原作を読んでみるともっと面白いはずです!

東京喰種:re」または「トーキョーグール:reで検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→「東京喰種(トーキョーグール):re」を無料で試し読み