「東京喰種:re(トーキョーグール)」 コミックス12巻の内容ネタバレです。

11巻では手術の結果アキラが目を覚まし、亜門も赫者から元の姿に戻り、二人は遂に支え合って生きていくことを決めました。

旧多は新たなクインクス部隊を作り喰種を駆逐しようと計画。あんていくにはまさかの六月がやってくるという急展開に。

というわけで今回も「東京喰種:re(トーキョーグール)」の内容ネタバレです。

※この記事には「東京喰種:re(トーキョーグール)」コミックス12巻のネタバレ内容がガッツリ記載されています。

マンガやアニメを見るよ!という方は閲覧にご注意ください。

スポンサーリンク

「東京喰種(トーキョーグール):re」の試し読みは?

「東京喰種:re」は現在15巻まで続いている人気作品です。

アニメでは原作の内容を少し省いて描かれていたりしてますが、もっと続きを知りたい方や詳しい内容を知りたい方は原作を読んでみると良いですね。

この記事は以下ネタバレを含むので、原作で内容を知りたい方は無料の試し読みもオススメです。

「東京喰種」または「トーキョーグール」で検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→「東京喰種(トーキョーグール):re」を無料で試し読み   icon-book    

「東京喰種:re(トーキョーグール)」コミックス12巻の内容ネタバレ!

カネキを取り戻しに来た六月と晋三平。

 

六月は壇上でカネキの首が飛んだのを見たが、どうしても信じられずあんていくに向かったのだという。

戻ってきて下さいと言う六月にカネキはそれはできないと返答。そして六月は後ろにいるトーカの姿を確認した。

本当にカネキは裏切ったんだ・・・と思った六月は、カネキはおかしくなっていると言って歪んだ愛情をあらわにしながら襲いかかってきた。

ナイフに抑制剤を仕込んでいるあたり、六月は本気で自分を捕獲しに来ているとカネキは思った。

更にあんていくの外には晋三平も待ち構えており、カネキに攻撃を仕掛けてくる。

 

カネキとトーカは男女の関係に。

 

カネキが外に吹っ飛んだ後六月はトーカにも攻撃を仕掛け、そして「指輪のついた手」と「写真」を見せてくる。

依子には喰種隠匿の嫌疑がかかっており、六月はそれを引き合いにだしてトーカを動揺させようとするが、トーカは構わず六月を蹴り飛ばした。

カネキは難なく晋三平の動きを封じたが、その後控えていたオッガイ達があんていくを襲撃してくる。

カネキはトーカを連れて外へ逃げ出し、六月はオッガイに二人を追わせた。カネキ達は誰もいない建物へ逃げ込む。

そこでカネキとトーカは遂に恋人となり、営み、一線を越えた。

 

どうしてもハイルを生き返らせたい宇井。

 

武臣と依子は結婚式を挙げた。その結婚式の最中に六月は「店に行ったらカネキがいた」と瓜江に話した。

愛しているからどうしてもカネキを連れ戻したいという六月。瓜江はそれに対して何も応えず、ただ何かを考えている様子だった。

一方宇井はロゼ戦で命を落としたはずのオカヒラと会っていた。オカヒラは他界した者は生き返らないと宇井に言い切っている。

それなら今オカヒラがいる状況は変なのだが、オカヒラは薬を飲まないと生きながらえることができない状態にあった。

オカヒラは薬で繋がれた命しか持っていない。それでも宇井はハイル復活を期待し、旧多にすがることを決意している。

 

「黒山羊(ゴート)」のアジトは地下に。

 

オッガイの捜査活動は続いている。旧多は電光掲示板に喰種の殲滅率を表示し、捜査官達に喰種を駆逐させていた。

そんな中CCGに襲われている喰種の少年が一人いた。ナキがその少年「甲」を助け、黒山羊のアジトがある地下へ連れて行く。

地下で月山と合流したナキと甲は、その後広場に集まり、王であるカネキの報告を聞いていた。

黒山羊は地上での攻撃で千にも及ぶ「白鳩」を無力化したので、いずれ地上へ戻れるだろうと言ってカネキは皆に希望をもたせた。

ただカネキは集まった喰種達に奪ったクインケを見せるだけであり、月山は皆には首を見せるべきだと提案している。

 

旧多が「竜」と呼ぶ最強の存在とは?

 

24区の地下には過去に「隻眼の喰種」が作った国があり、今もそこの喰種たちは人間への復讐の機会をうかがっているという。

カネキはその24区の調査を開始、一方CCGは「黒山羊(ゴート)」を殲滅することに力を注いでいる状況だった。

旧多たちも「黒山羊(ゴート)」のアジトは地下だと突き止めていた。旧多はもう小競り合いはやめて終止符を打ちたいと思っている。

ここで旧多は有馬やエトも一撃で倒せる程の最強の敵、それを用意すると言った。

その用意するという最強の味方は、和修のルーツにちなんで旧多は「竜」と呼んでいるという。

 

ハジメはアカデミーの生徒だった。

 

アヤトたちは地下探索の結果24区へとたどり着いていた。その頃甲はアジトにあるコンピュータから何かのデータを盗もうとしている。

それを見た月山は甲のことを完全に不審人物だと思い攻撃を仕掛け、甲もカネキと同じ赫子を出現させて月山に向かっていった。

だが平子達0番隊が甲を囲んで取り押さえる。この甲という少年は0番隊も知っている孤児の「葉月ハジメ」だった。

ハジメは囲まれたら勝てないと思い、カネキに渡すものがあるから会わせてよ?と言ってくる。

ハジメは喰種被害孤児で、アカデミーで訓練も受けていた。彼も喰種への復讐心を抱いている一人だった。

 

依子はトーカと知り合いなだけで刑罰の対象に。

 

ハジメは六月から渡された手紙を持っており、内容は依子が対策法違反者として捕らわれているというものだった。

依子はトーカの同級生なので、今CCG内で罪に問われているという。もしカネキが動くなら自分も協力したい、と手紙には書いてある。

待ち合わせ場所と日時まで指定してあるが、カネキはこれを罠だと思い手紙を燃やし、ハジメを外に出さないようにした。

武臣は依子を侮辱してきた六月を殴り、その後瓜江に六月の調書は作為的だと伝えた。旧多の裁定もおかしい。

このままでは妻の依子が処罰されてしまうと言って武臣を酷く落ち込んでいた。

 

六月の手紙は本当かウソか?

 

カネキは手紙を燃やしたが、中に一緒に入っていた調書は燃やせなかった。依子の方も取り調べでやっとトーカが喰種であることを知ったのだ。

カネキが部屋を留守にしている間にトーカが訪れてくる。部屋にいないのでカネキのベッドに寝転がるが、ここでトーカは依子の調書を見つけてしまう。

その後トーカは気づいていないフリをして過ごし、カネキは監禁しているハジメに手紙の内容は事実か確認しに行く。

ハジメは内容を知らなかったが、六月が「うそはつかない」と伝えてくれとハジメに言っていたらしい。

依子の処刑執行日まで日がないので、やはり直接会うしか無いのか、とカネキは思った。

 

カネキはトーカと結婚。

 

最近カネキは黒い涙が出るようになっていた。西尾曰く半喰種であるカネキは老化が早いのだという。

そんなことを考えながらカネキはベッドで横になったが、手紙の向きが逆になっていることに気づいた。

その後カネキはトーカから子供が出来たことを報告された。だがそのことはカネキも気づいていた。

トーカはその後も依子の通告書の件はカネキに切り出さなかった。それがトーカの選んだ道なのかとカネキは理解する。

そしてカネキは仲間たちに、トーカと結婚したことを告げた。

 

ハジメはアジトの場所をオッガイに知らせていた。

 

依子が処罰されることを知った才子は、助けたいと思わないのか?と瓜江に詰め寄り外に飛び出してしまった。

瓜江は才子を追いかけ、自分もおかしいと思っていることと、何か方法を考えてみることを告げた。

一方カネキとトーカは結婚式をあげ、この後「黒山羊(ゴート)」は食料班を編成し、大規模な遠征を行うことになった。

その頃監禁されているハジメは、舌に仕込んだ発信機でアジトの場所をオッガイ達に知らせていた。

というわけで「東京喰種re12巻ネタバレ!カネキとトーカの結婚式と依子の通告書」でした。

「東京喰種:re(トーキョーグール)」の関連記事

6巻:東京喰種re6巻ネタバレ!裏に潜むいびつの根源V(ヴィー)

7巻:東京喰種re7巻ネタバレ!協力者和修家とヒナミ救出のコクリア破り

8巻:東京喰種re8巻ネタバレ!隻眼の王の正体と半人間有馬戦の決着

9巻:東京喰種re9巻ネタバレ!流島上陸作戦でタタラ駆逐と和修家全滅

10巻:東京喰種re10巻ネタバレ!黒山羊結成と支援団体大環アクト

11巻:東京喰種re11巻ネタバレ!Qs部隊オッガイとハイルの頭部

12巻:この記事

13巻:東京喰種re13巻ネタバレ!ピエロ創設者ロマことうろんの母は他界

14巻:東京喰種re14巻ネタバレ!嘉納と旧多が計画した最強の竜の正体

15巻:東京喰種re15巻ネタバレ!卵管と落とし仔の毒や竜の正体リゼ

 

※細かい内容は原作を読んでみるともっと面白いはずです!

東京喰種:re」または「トーキョーグール:reで検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→「東京喰種(トーキョーグール):re」を無料で試し読み