「東京喰種:re(トーキョーグール)」 コミックス11巻の内容ネタバレです。

10巻ではカネキが「黒山羊(ゴート)」を結成し、旧多はCCGの局長になるなど新たな体制ができあがりつつあります。

アキラを治す薬を得るためにカネキたちが侵入したCCGのラボに、才子が駆逐したはずの亜門がいるという驚きの展開に。

一体どのように物語は進んでいくのか。というわけで今回も「東京喰種:re(トーキョーグール)」の内容ネタバレです。

※この記事には「東京喰種:re(トーキョーグール)」コミックス11巻のネタバレ内容がガッツリ記載されています。

マンガやアニメを見るよ!という方は閲覧にご注意ください。

スポンサーリンク

「東京喰種(トーキョーグール):re」の試し読みは?

「東京喰種:re」は現在15巻まで続いている人気作品です。

アニメでは原作の内容を少し省いて描かれていたりしてますが、もっと続きを知りたい方や詳しい内容を知りたい方は原作を読んでみると良いですね。

この記事は以下ネタバレを含むので、原作で内容を知りたい方は無料の試し読みもオススメです。

「東京喰種」または「トーキョーグール」で検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→「東京喰種(トーキョーグール):re」を無料で試し読み   icon-book    

「東京喰種:re(トーキョーグール)」コミックス11巻の内容ネタバレ!

亜門はCCGのラボでRc抑制剤に浸かっていた。

 

亜門は以前の「隻眼の梟掃討作戦」の時に命を落としたはずだった。しかし目覚めると実験施設におり、隣の部屋には滝澤もいた。

喰種にされ、しばらく施設で嘉納の実験の対象となっていたが、敷地でスケアクロウに何かを伝えられる。

そんな過去の夢を見ていた亜門が抑制剤のカプセルから飛び出し、赫者と化してカネキたちに襲いかかってくる。

一方才子やシャオはフレームアウトした瓜江を見つけていた。才子は瓜江を救いたいと思い、暴走した瓜江と戦い始める。

才子は赫子の扱いに関しては天才であり、シャオ曰く瓜江よりも才子の方が格段上。才子が瓜江を拘束し、シャオが抑制剤を打ち込み、瓜江は失神した。

 

亜門を正気に戻すため滝澤とクロナが立ちふさがる。

 

その頃本局での戦いは続いていた。政はニコ達、什造はウタと戦っている。一方カネキたちの前に出現した亜門は暴走状態。

カネキは亜門を助けたかったが、アヤトに今はそんな場合ではない、早く行こう、と止められる。しかし滝澤やクロナが代わりに亜門を助けてくれるという。

その頃什造が取り逃がしたウタと六月が交戦し、カネキの顔に化けたウタをめった刺しにし、六月は行き過ぎた恋心故に歪んだ一面を見せるようになる。

滝澤は赫者となった亜門を重症になりながらも見事仕留め、その後亜門は抑制剤で元の姿に戻った。

その頃政は「V」「ピエロ」「CCG」の三組に取り囲まれ、頭部に刀を突き刺されていた。

 

アキラの手術と亜門の復活。

 

だが喰種である政はそんなことでは倒れない。囲んでいる敵を斬りまくり、「V」の芥子と戦うことになる。

瓜江は才子たちのおかげでフレームアウトから助かり、髭丸も無事救出された。月山が率いた黒山羊もピエロたちを殲滅し作戦は成功。

突如現れた「黒山羊(ゴート)」を名乗る集団はCCGの脳裏に刻み込まれ、隻眼の王の存在が明らかになり始める。

一方抑制剤を手に入れたカネキは大環アクトの医療チームにそれを渡し、アキラの手術は無事終了した。

後は目を覚ますのを待つのみだが、カネキたちのアジトには滝澤が連れて帰った亜門もおり、カネキは久しぶりに亜門と再会した。

 

旧多が用意した新たなクインクス部隊「オッガイ」。

 

暫くしてアキラは目覚めた。自分の今の状況が整理できていないが、琲世が今はカネキとして生きていることを知り困惑を隠せない様子だった。

その頃CCG内では大きな変化が。まず政が所在不明になっており、旧多は「和修吉村」と改名し新体制の発表をした。

新たな戦力であり新造のクインクス部隊「オッガイ」を紹介した後、早速彼らの功績を証明すると言って壇上にカネキたちが現れる。

ピエロを率いたボスはカネキだと旧多は言い、オッガイは捕らえたカネキとピエロたちの首を大勢の捜査官たちが集まっている前ではねた。

旧多は全喰種の殲滅を目標としており、その後新聞では「CCGが佐々木琲世を処分」と発表されていた。

 

他界したはずの亜門がアキラの前に。

 

旧多が仕組んだ一連の騒動は勿論でたらめでカネキは生きているのだが、カネキはこの状況を逆にチャンスだと捕らえていた。

みんなが自分の存在を知ったし、旧多は嘘をついている。これなら自分の方が絶対有利だと。

そんな中、会って良いものかと迷っていた亜門がトーカのアドバイスを聞き入れ、病み上がりのアキラに会いに行った。

殉職したはずの亜門が目の前に突然現れてアキラは驚き、ただただ困惑していると口に出してしまった。

アキラの中では亜門は他界したという認識になっており、急に現れてパニックになっているのだ。

 

アキラ、ヒナミ、トーカの和解。

 

オッガイは嗅覚で喰種を見つけ出すことができ、町に潜む喰種たちを見つけては片っ端から駆逐していた。

オッガイはリゼがベースとなっており、つまりはカネキと同じような半喰種がだった。旧多曰く100人程作ったらしい。

その頃トーカは確執のあるアキラを外に連れ出し、アキラの父の命を奪ったのは自分だと明かした。

二人が向かった公園には喰種の子どもたちやヒナミがいた。ヒナミの親はアキラの父に命を奪われた。

アキラはヒナミとの接し方が分からなかったが、トーカの後押しで二人は抱き合い、お互いに誰を恨めばいいのか分からずその感情を理解し合って泣いた。

 

アキラと亜門は二人で生きていくことに。

 

アキラはヒナミと会ったことで自分が何に執着していたのか分からなくなり、カネキに別れを告げて旅立つことにした。

虚無感を感じながら歩いているアキラの前に亜門が現れ、自分が一緒にいて側で支えると告白。二人は一緒に生きていくことを決めた。

その頃瓜江たちは和修家を壊滅させたのは旧多ではないか?と疑っていた。そこに処刑されたのは琲世ではないかもと言って什造と伊東がやってくる。

ピエロのノーフェイスのように顔を変化させる喰種もいるので、二人も旧多は喰種と関係を持っているのではないかと疑っていた。

一方宇井は旧多から嘉納を紹介されていた。旧多は液につけた「ハイル」の頭部を宇井に見せ、彼女が生き返るとしたら?と言って宇井を誘惑した。

 

突然あんていくにやってきた六月。

 

ハイルの頭部を見せられた宇井はもしかしたら生き返るのか?という希望を持って完全に動揺し、旧多の側近になってしまう。

その後オッガイを率いた旧多は街頭パフォーマンスを決行し、喰種の首を掲げ、全ての喰種を駆逐することを宣言していた。

殲滅させられたのは「黒山羊」の第3アジトのメンバーで、危険だと思ったカネキは各アジトを解散することにした。

班長同士で連携し、移動し続ける方針に切り替えて荷物をまとめたりして、カネキがあんていくの扉を開けたその時。

突然「せんせ」と言って六月が店に入ってきた。というわけで「東京喰種re11巻ネタバレ!Qs部隊オッガイとハイルの頭部」でした。

「東京喰種:re(トーキョーグール)」の関連記事

6巻:東京喰種re6巻ネタバレ!裏に潜むいびつの根源V(ヴィー)

7巻:東京喰種re7巻ネタバレ!協力者和修家とヒナミ救出のコクリア破り

8巻:東京喰種re8巻ネタバレ!隻眼の王の正体と半人間有馬戦の決着

9巻:東京喰種re9巻ネタバレ!流島上陸作戦でタタラ駆逐と和修家全滅

10巻:東京喰種re10巻ネタバレ!黒山羊結成と支援団体大環アクト

11巻:この記事

12巻:東京喰種re12巻ネタバレ!カネキとトーカの結婚式と依子の通告書

13巻:東京喰種re13巻ネタバレ!ピエロ創設者ロマことうろんの母は他界

14巻:東京喰種re14巻ネタバレ!嘉納と旧多が計画した最強の竜の正体

15巻:東京喰種re15巻ネタバレ!卵管と落とし仔の毒や竜の正体リゼ

 

※細かい内容は原作を読んでみるともっと面白いはずです!

東京喰種:re」または「トーキョーグール:reで検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→「東京喰種(トーキョーグール):re」を無料で試し読み