進撃の巨人コミックス25巻の内容ネタバレです。

24巻ではライナーがマーレにより「始祖奪還計画」の戦士に選ばれ、ベルトルト達とパラディ島に潜入するまでの過去が描かれていました。

更に度々ファルコに手紙の投函を頼んでいた人物がまさかのエレンで、しかもライナーは久しぶりにエレンに会うという急展開に。

なぜエレンがマーレ内にいるのか?今後の展開が気になりますが、それでは進撃の巨人のネタバレ内容です!

※この記事には進撃の巨人25巻のネタバレ内容がガッツリ記載されています。マンガやアニメを見るよ!という方は閲覧にご注意ください。

スポンサーリンク

「進撃の巨人」の試し読みは?

「進撃の巨人」はコミックス25巻まで発売されている人気作品で、他にも関連作品が沢山出版されています。

アニメでは原作の内容を元に描かれてはいますが、もっと続きを知りたい方や詳しい内容を知りたい方は原作を読んでみると良いですね。

この記事は以下ネタバレを含むので、原作で内容を知りたい方は無料の試し読みもオススメです。

「進撃の巨人」で検索。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→「進撃の巨人」を無料で試し読み   icon-book    

進撃の巨人25巻のコミックス内容ネタバレ!

ライナーがファルコに連れられて向かった部屋にはエレンがいた。ファルコはエレンからライナーの古い友人だと聞かされていた。

ライナーは「ありえない」と言って放心状態になった。ライナー達は今ステージの裏側にある建物の部屋にいる。

古い友人だと聞かされていたのにライナーとエレン二人の間にただならぬ空気が漂っている。

ファルコは去ろうとしたが、エレンはファルコもここで話を聞くように引き止め、そしてライナーもファルコに話を聞くよう言った。

 

タイバー家の力によって集められた重要人物たち。

 

演説を前にしてプレッシャーを感じているヴィリーの控室に、アズマビト家の女性キヨミが顔を見せてくる。

キヨミはヴィリーに激励した後部下を連れてまたどこかへ歩いていった。もうその頃広場には軍の中枢にいる人物達も集結していた。

それだけでなく各国の大使、タイバー家と親交の深い名家、全世界の主要な新聞社、それらがエルディア人であるタイバー家の力によって集められている。

そしてライナーとファルコが会場にいない中、遂にヴィリーの演説は始まろうとしている。

だがここでジーク率いる戦士達はマガト隊長から呼び出しがかかる。

 

エレンがマーレに来た理由。

 

ライナーはエレンにどうやってここに来た?何しにここに来た?と質問した。エレンは「お前と同じだよ」と答えた。頭を抱えてしまうライナー。

エレン曰く「仕方ない」という理由らしい。そんな中ヴィリーの演説が始まった。エレンやライナーにもそれは聴こえる。

ヴィリーはまずエルディア人が巨人を使い、多くの人間達の命を奪ってきた、という話から始めた。

次に敵のいなくなったエルディア帝国は、同族同士で争うようになった。それが「巨人大戦」の始まり。

八つの巨人を持つ家が結託や裏切りを絶えず繰り返し血を流しあった過去だ。

 

エルディア帝国の脅威はまだ健在だと主張するヴィリー。

 

マーレ人の英雄へーロスが情報操作をし、エルディア帝国は同士討ちで次々に倒れていったという。そしてへーロスはタイバー家と手を組んだ。

フリッツ王すら退かせることに成功したが、パラディ島に退いたフリッツ王はまだ力を持ったままだという。

そして現在も、世界を踏み潰せるだけの力を持つ幾千万もの巨人がパラディ島には控えている、とヴィリーは言う。

マーレは今まで4体の巨人を島に送り込んだが返り討ちに終わり、戻ってこられたのは「鎧の巨人」のみ。調査船32隻も消息は不明。

結局エルディア帝国は未だ健在なのだとヴィリーは言う。

 

謎の兵士による落とし穴。

 

それを聞いていたエレンは、そのパラディ島に送り込まれた兵士達がライナーであることを知っていた。

何も知らない子供の頃にライナーは送り込まれてしまった、という事実をエレンは把握していた。

一方その頃、「マガト隊長が呼んでいる」と伝えにきた兵士に連れられてジーク達は歩いていた。

ジークだけは正門に行けと言われ、戦士がのピークやガリアードは引き続きその兵士の後ろをついていき、とある部屋に入らされた。

だが二人が部屋に入った瞬間、その兵士は扉の横にあるロープを切る。二人が立っていた床が開き、下に落とされてしまう。

 

タイバー家が初めて公表するという真実。

 

ここまでヴィリーは民衆の誰もが知る真実を語ったが、事実とは多少異なることがあると言った。

タイバー家が「戦鎚の巨人」と共に受け継いできた記憶、約100年前の「巨人大戦」の顛末について公の場で初めて公表するのだという。

実は「巨人大戦」を終わらせたのはへーロスでもタイバー家でもなく、大戦を集結させて世界を救ったのは145代目フリッツ王なのだ、と。

145代目は「始祖の巨人」を継承する以前からエルディア帝国の残虐な歴史を投げていた。同族同士の醜い争いにも疲れ果てていた。

何より虐げられていたマーレに心を痛めていたので、「始祖の巨人」を継承すると同時にタイバー家と結託し、歴史に自ら終止符を打ったのだという。

 

平和はフリッツ王によって保たれていた?

 

フリッツ王がマーレ人を英雄と称し活躍させたのがへーロス。その後エルディアが同士討ちに倒れ、フリッツ王はできる限りのエルディア国民を島に移した。

その後壁の門を閉ざし、その安息を脅かせば幾千の巨人で報復するとフリッツは言い残したが、それは真実ではなかった。

フリッツは王家の血筋のみに効力を発揮する、自らの思想を自分の継承者に引き継がせる「不戦の契り」を生み出したのだ。

これによりフリッツの思想は次世代の「壁の王」に受け継がれ、今まで島から巨人が攻めてくることはなかったのだとヴィリーは言う。

つまり世界を守っていたのは、実は世界中から憎まれていたフリッツ王だった・・・とヴィリーは言った。

スポンサーリンク

フリッツ王の考えた束の間の楽園。

 

フリッツの目的は平和である。後にマーレが力をつけて王家の命や「始祖の巨人」の巨人を奪おうとするならそれを受け入れる。

マーレがエルディア人の殲滅を願うのであればそれを受け入れる。それがフリッツ王のマーレに対する贖罪だった。

ただ、いずれ報復を受けるまでの間、壁の中の世界に束の間平和、楽園を与えたい、というのがフリッツ王の目的だったのだとヴィリーは言う。

ここで話を聞いていた民衆たちがざわつき始める。これが事実ならマーレやタイバー家が世界を救ったという話は全てフリッツ王のお膳立てになるからだ。

本当に「壁の王」が世界を侵略することがないというなら、今まで信じれていたパラディ島の脅威は何だったのか?と人々は思い始めた。

 

エレンは仲間に手紙を送っていた。

 

だが、近年パラディ島でフリッツ王の平和思想に逆らう反乱が起き、「始祖の巨人」はある者に奪われ世界に再び危機が迫っているとヴィリーは言う。

そのフリッツ王の平和な世界に歯向かう者の名は「エレン・イェーガー」。実はヴィリーとマガトはこの演説中に反乱が起こると予想していた。

一人の兵士が演説を警備しているマガトの元へ来て、予備に向かった兵士達が姿を消した、と報告しにくる。マガトは予備隊を動員し捜索を開始させた。

その頃落下したピークとガリアードは、下に藁がしいてあったので骨折だけですんでいた。

そして一通り演説を聞いていたファルコは、エレンに騙されたと思っていた。ファルコに投函させていた手紙は家族ではなく仲間宛てだったのだという。

 

ライナーの境遇を理解しているエレン。

 

王家は「不戦の契り」があるので動けないが、王家ではないのに「始祖の巨人」の力を有しているエレンなら世界を滅亡させることができる。

エレンはライナーと同じようにマーレに侵入しマーレで暮らした。ムカつく奴もいればいい奴もいる。海の外も壁の中も同じだった。

だがライナー達は壁の中にいる奴らは自分たちとは違う者、「悪魔」だと教えられた。まだ何も知らない子供が何も知らない大人にそう教え込まれた。

だからエレンはライナーの気持ちが今なら分かる、と言った。だがライナーは自分はただ英雄になりたかったんだ、と言って後悔し、謝罪し、涙した。

その瞬間もヴィリーは世界の共通の敵はエレンなので皆に力を貸して欲しい、と演説を続けている。

 

突如出現したミカサ達。

 

エレンはライナーの手を取り、敵を駆逐するまで進み続ける、そう言って巨人化し、演説しているヴィリーを食べた。

エレンの巨人化で建物は破壊され、瓦礫の下敷きになって戦士候補生のゾフィアは命を落とした。我先にと逃げ始める民衆たち。

「戦鎚の巨人」を継承したヴィリーの妹が巨人化しエレンに立ち向かう。一方ガリアードとピークの元へは他の隊が助けに来ていた。

自分たちを連れて行く兵士が何か怪しいからピークは手を打っておいたらしい。その頃エレンは戦鎚の巨人の「戦鎚」を食らって頭部が吹き飛んでいた。

うなじからエレン本体が出てきたが、ここで戦鎚の巨人の背後に立体機動装置をつけたミカサ達が出現し、戦鎚の巨人のうなじに雷槍を何発も撃ち込んだ。

 

巨人たちの戦い。

 

マガトはレベリオ収容区を封鎖し、エレン達を逃すことなくここで始末しようとしていた。混乱でウドも命を落とし、ガビは復讐心に燃えていた。

門兵たちも突如現れたサシャやコニー達に命を奪われ、それを見ていたガビが落ちていたライフルに手を伸ばす。

一方エレン達が戦っていた「戦鎚の巨人」は雷槍でうなじを攻めても始末することはできなかった。ここでエレンは「戦鎚の巨人」の本体を見つけだす。

ヴィリーの妹は地面に潜っており、そこから「戦鎚の巨人」を発生させていたのだ。エレンは再び巨人化しヴィリーの妹を掴んで食べようとする。

だがここで巨人化したガリアードが現れエレンのうなじに噛み付いてくる。

 

獣の巨人とリヴァイが再び対峙。

 

ガリアードがうなじを噛み切れば「始祖の巨人」を奪還できる。だがここでリヴァイが出現しガリアードの顎を切る。

噛み切れなくなったガリアードは相手がアッカーマンだと知り逃げ始めたが、立体機動装置の戦士たちはガリアードを仕留める為に追いかけた。

だがピークが巨人化した「車力の巨人」が搭載した銃を使ってガリアードを助け出す。そうこうしている内にジークが巨人化した「獣の巨人」もやってくる。

ジークはガリアードやピークに「逃がすな、殲滅しろ」と指示を出し、一方のリヴァイは皆に生き延びろと声をかけた。

というわけでここまでが「進撃の巨人」コミックス25巻の内容ネタバレでした。

「進撃の巨人」のネタバレ記事

16巻:進撃の巨人16巻ネタバレ!初代王の記憶とアッカーマン家の秘密

17巻:進撃の巨人17巻ネタバレ!始祖の巨人の力と初代王の思想とは?

18巻:進撃の巨人18巻内容ネタバレ!ウォールマリア奪還作戦開始

19巻:進撃の巨人19巻ネタバレ!マルコがライナー達に始末された経緯

20巻:進撃の巨人20巻ネタバレ!エルヴィンの特攻と超大型巨人の弱点

21巻:進撃の巨人21巻ネタバレ!グリシャの正体は悪魔のエルディア人?

22巻:進撃の巨人22巻ネタバレ!寿命13年ユミルの呪いと巨人ダイナ

23巻:進撃の巨人23巻ネタバレ!戦士候補生ライナーの過去と回想

24巻:進撃の巨人24巻ネタバレ!クルーガーの正体は成長したエレン

25巻:この記事

 

2018年夏アニメのネタバレはこちらから!

>>2018年夏アニメネタバレ一覧。

進撃の巨人のアニメを無料で観る方法!

進撃の巨人」アニメ3期までを無料で見直せるサイトがあるのをご存知でしょうか?

こちらのU-NEXTというサイトでは、「進撃の巨人」関連の動画がたくさん置いてあり、しかも見放題です。

→U-NEXT

登録すると、勿論「進撃の巨人」は今すぐ見放題。3期までの内容をおさらいできますし、「進撃!巨人中学校」や映画となった劇場版も見放題。

アニメだけでなく実写化された映画も見ることができ、今なら31日間無料体験ができて、その間に解約もできるのでお金はかかりません。

新規登録の際には漫画などで使うことのできるポイントが600円分もらえるので、是非お得に活用してみて下さい!

「進撃の巨人」のコミックスで試してみるのもよいですね。

→U-NEXT

電子書籍の試し読み。

※細かい内容は原作を読んでみるともっと面白いはずです!

「進撃の巨人で検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→「進撃の巨人」を無料で試し読み