「からくりサーカス」コミックス7巻の内容ネタバレです。

6巻ではビースト退治に成功した猛獣使いリーゼが仲町サーカスに入団しました。その後、街でサーカス公演の許可をもらい準備することに。

過去には満員でにぎわっていた仲町サーカスでしたが、なぜ無くなってしまったのか?などが描かれていた6巻でした。

今後サーカスの器材を持っていない仲町達はどのように公演を成功させていくのか。気になる「からくりサーカス」7巻のネタバレ内容を紹介していきます。

※この記事には「からくりサーカス」コミックス7巻のネタバレ内容が記載されています。ネタバレNGな方は閲覧にご注意ください。

スポンサーリンク

「からくりサーカス」の試し読みは?

「からくりサーカス」はマンガが43巻まで発売されている人気作品です。人形との戦いの伏線は佳境に行くにつれて解決されるかなり面白いマンガです。

アニメでは原作の内容を元に描かれてはいますが、もっと続きを知りたい方や詳しい内容を知りたい方は原作を読んでみると良いですね。

この記事は以下ネタバレを含むので、原作で内容を知りたい方は無料の試し読みもオススメです。

「からくりサーカス」で検索。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→「からくりサーカス」を無料で試し読み   icon-book    

からくりサーカス7巻の内容ネタバレ!【コミックス】

ネタバレ(前半)

初日の興行を成功させた仲町サーカス

 

三牛のサーカス公演を手伝ったしろがねは、途中で勝やリーゼも呼び寄せて演技を続け大盛況で本番を成功させた。

だが真の本番はあくまで「仲町サーカス」のサーカス公演。器材もないのに場所だけ確保してしまい公演は三日後まで迫っていた。

金もない仲町サーカスだが、ここで勝は子供用の人形劇で客の気を引けるのではないかと考え、結局当日は公園内でサーカスを開始することになった。

ゲームセンターの景品の人形を使って劇を開始するも客の反応はイマイチ。しかしここで少ないながら客が連れてきたペット達がリーゼの元へ走りだす。

猛獣使いのリーゼにかかればその辺にいる犬や猫も訓練なしで自由に動かせるのだ。更にリーゼの可愛いルックスも高評価で見ている男性客はときめいた。

 

勝が見た夢。真夜中のサーカス。

 

男装したしろがねが登場し客は更に目が釘付けになり真剣に見始めるようになる。しかし裏ではサーカスの邪魔をしに来た三牛とナオタの姿があった。

三牛達は公演に必要な器材を盗んだりとことごとく仲町サーカスの邪魔をするが、勝が臨機応変に話の筋を変えて人形劇をうまい具合に進めていく。

しろがねが「あるるかん」を操ったあたりで客達はますます惹きつけられ、仲町サーカスは良いスタートを切ることになった。

興行の始まった仲町サーカスだが、勝はある夜に奇妙な夢を見た。それは見たこともないサーカス団が無人の荒野を踊りながら渡っている夢だった。

翌朝勝はその夢の内容をしろがねやリーゼに話して聞かせたが、二人が言うにはサーカス関係者にはその夢を知っている者が多いとか。

しろがねがいたフランスのサーカスではその夢のことを「真夜中のサーカス」と呼んでいるのだという。

 

鳴海は生きていた。今フランスにいる。

 

その頃鳴海はフランスで大道芸をしていた。軽井沢の別荘での爆発事故で他界したと思いきや実は助かっていた鳴海。

しかし記憶が酷く曖昧で、完全に記憶を取り戻すまで大道芸をし続けろと医者に言われているのだという。理由は鳴海にも分からない。

鳴海が覚えているのは爆発の時の炎と、しろがねと勝だけ。そのしろがねと勝のこともうっすらと顔だけしか覚えていない。

自分が日本人であり、親の仕事の関係で中国で拳法を習っていたことは覚えている。自分がゾナハ病患者であることも覚えている。

だがなぜ自分の片腕がなくなり、そして今フランスにいるのかは全く分からないでいた。

スポンサーリンク

 

鳴海を助けた医者「ギイ」。

 

記憶を取り戻すまでピエロになって大道芸をやれと鳴海に言った医者の名は「ギイ・クリストフ・レッシュ」。

ギイ曰く鳴海を見つけたのは四ヵ月程前で、片腕でほっといたら絶命しそうなところを拾って治したのだという。

少しずつ記憶を取り戻していく鳴海にギイは突然「自動人形(オートマータ)」の説明をし始めた。その自動人形は自分の意志で動くのだとか。

そして話は更に不可解に。二百年もの昔から人知れず続いている戦いがあると言い、それは自動人形達とそれを破壊しようとする人間との争いなのだという。

なぜギイが自分に突然そのような話を切り出したのか、鳴海は全く意味が分からないでいた。

 

伝説の「しろがね」がギイ。

 

そんな話の直後。先程までギイと仲良くしていた女性二人組がギイを襲い始めた。彼女らは頭部や腹部を外し、体に仕込んだマシンガンを連射してくる。

鳴海はギイの話を半信半疑で聞いていたが、実際に目の前に自動人形が出現し、巻き込まれ、詳しい話は知らずともギイの話を信じるしかなくなった。

ギイを襲う自動人形の名は「エレーヌ」と「シベール」。そして自動人形を始末する使命を持った人間を「しろがね」と呼び、ギイもそのしろがねだった。

ギイはカバンからからくり人形を取り出し自動人形と戦うことに。鳴海もその場にいただけなのに自動人形の一体と戦うハメになってしまった。

ギイの扱うからくり人形の名は「オリンピア」。自動人形の中ではギイは有名人だった。なぜなら仲間二百体を破壊した伝説の「しろがね」だったからだ。

ネタバレ(後半)

鳴海の義手は戦闘用に加工されていた。

 

ギイは伝説の名に恥じぬ実力で自動人形一体を簡単に始末した。一方の鳴海は初めての自動人形との戦いに苦戦している。

だが鳴海は失った左腕の代わりにギイによって義手をつけられている。その義手はかなり戦闘用に特化した作りになっている。

腕についているツマミを回すと左腕から「聖ジョルジュの剣」という刃が出現し、その鋭い切れ味で自動人形の首をはねてしまった

実は鳴海も義手にこのような装備が組み込まれていることを今の今まで知らず、これは鳴海を自分の協力者にする為にギイが勝手に取り付けたものだった。

鳴海はその剣と鍛えぬいた自身の拳を駆使し、気を練り上げて自動人形を破壊することに成功する。

 

自動人形を破壊できる二つの方法

 

ギイが鳴海を仲間にしたいのには理由があった。それは自動人形の破壊の仕方に二通りのやり方があるからだった。

自動人形を破壊するにはまず一瞬の内に強い力でバラバラにしないとならない。それくらい自動人形は頑丈だということ。

もう一つの自動人形を止める方法が、鍛えられ、練り上げられた「気」を自動人形の体内に叩き込むことだとギイは言う。

中国武術で言うところの「発頸(はっけい)」がそれにあたり、気を打ち込まれた自動人形は体内にある体液が爆発的に振動し自壊するのだという。

事実鳴海が生身の拳を叩き込んだ自動人形は水銀のような疑似体液を飛び散らしている。これが自動人形の動力源、忌まわしき「命の血」だとギイは言う。

スポンサーリンク

「しろがね」と自動人形の戦いに鳴海も参戦することに。

 

自動人形達は自分らで研究し、外見を人間に近づけてきている。鳴海はそんな話を聞かされても瞬時に理解することはできなかった。

だが気を練れる鳴海はギイにとっても手伝ってもらいたい人間。勿論鳴海はそんな意味の分からない戦いに巻き込まれたくないと思っている。

しかしこの戦いに参加することで鳴海は記憶を取り戻していけるし、そして自分に従わないとお前はフランスで密入国者のままだと言ってギイは鳴海を脅す。

結局記憶を失ってすがるところのない鳴海は、ギイに従うしか選択肢は残っていなかった。

狙い通り鳴海が行くしかないと答えたので、ギイは自分達「しろがね」が生まれた場所へ鳴海を連れて行くことにした。

 

鳴海を回復させた「アクア・ウイタエ」。

 

ギイは鳴海を連れてパリを去った。それをカラスのからくり人形が見ており、誰かに伝令していた。

左腕を失い重傷だった鳴海を助けたのはギイだが、その時にギイが使用した不思議な水が「生命の水(いのちのみず)」というものだった。

ギイ曰く最後の「生命の水」を鳴海の治療に使ったらしく、水の正式名称を「アクア・ウイタエ」と言った。

その後鳴海がギイに連れられて到着したのはフランスの「キュベロン」という地域だった。崖っぷちに建物が建っており、辺りはみすぼらしい草原。

墓もあったりと少しぞっとするような光景だが、そこにポツンと井戸があるのを鳴海は見つけた。

 

謎の自動人形四体が真夜中のサーカスを続けている。

 

アメリカのイリノイ州「グリーンタウン」の草原。少年のトムとジャックは真夜中に抜け出し、サーカス団が作るテントを見てみようと足を運んでいた。

だが彼らが見たのは予想外の光景。テントが黒い大きな鳥のようにひとりでに広がり、一瞬でテントが出現したからだ。

そして一羽のカラスが飛んでおり、真っ二つになった中で歯車が回っている。そのカラスはギイの近況を自動人形四体に報告していた。

ギイに刺客を放ったのはパンタローネ、コロンビーヌ、ドットーレ、アルレッキーノ、四体自動人形。彼らは「真夜中のサーカス」を今後も続けるらしい。

彼らは銀色の煙を噴き上げておりトムとジャックは煙を吸ったせいか酷く咳き込み始める。その頃ギイは井戸を見つけた鳴海に説明していた。

かつてこの井戸には全ての病を治す奇跡の秘薬が満たされており、それが人形に命を吹き込むことが可能な水だったのだと。

というわけでここまでが「からくりサーカス7巻内容ネタバレ!生きていた鳴海と伝説のギイ」でした。

からくりサーカス(他のコミックスネタバレ)

5巻:からくりサーカス5巻ネタバレ!リーゼと毒の尾ドラムでビースト退治

6巻:からくりサーカス6巻ネタバレ!仲町人喰いの噂と妻フサエの過去

7巻:この記事

8巻:からくりサーカス8巻ネタバレ!アクアウイタエと擬似体液の違い

 

2018年秋アニメのネタバレ一覧はコチラから!

>>2018年秋アニメネタバレ

※細かい内容は原作を読んでみるともっと面白いはずです!

「からくりサーカス」で検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→「からくりサーカス」を無料で試し読み