「からくりサーカス」コミックス5巻の内容ネタバレです。

4巻では勝が休学していた小学校へ再度通うことになり、夜中に平と成田という人形使いに襲われる話がメインでした。

いじめっ子の梶山や委員長の上田など同級生も巻き込まれ、勝は道中で出会った成町たちサーカス芸人と協力して人形使いから逃げることに成功しました。

普通に学校に通っていても命を狙われてしまう勝。今後の展開が気になりますが、そんな「からくりサーカス」5巻のネタバレ内容を紹介していきます!

※この記事には「からくりサーカス」コミックス5巻のネタバレ内容が記載されています。ネタバレNGな方は閲覧にご注意ください。

スポンサーリンク

「からくりサーカス」の試し読みは?

「からくりサーカス」は43巻まで発売されている人気マンガ作品です。人形との戦いは佳境に行くにつれて伏線が回収されるかなり面白いマンガです。

アニメでは原作の内容を元に描かれてはいますが、もっと続きを知りたい方や詳しい内容を知りたい方は原作を読んでみると良いですね。

この記事は以下ネタバレを含むので、原作で内容を知りたい方は無料の試し読みもオススメです。

「からくりサーカス」で検索。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→「からくりサーカス」を無料で試し読み   icon-book    

からくりサーカス5巻の内容ネタバレ!【コミックス】

ネタバレ(前半)

講義してくる「PTA役員」たち。

 

成田と平の一件から、梶原もナイフを向けた同級生も勝をいじめなくなり、上田は勝のことが好きになっていた。

夜のうさぎ番で起きた事件での勝の活躍を上田はクラスの皆に話していた。勝はこの一件でクラスの人気者になり、友達が急に増えていた。

だが校長室には上田の母親達「PTA」の役員が来ており、子供たちが危険な目にあったのだと抗議に来ていた。

複雑な事情を持つ生徒を、一般の児童と一緒にしているのはどうなのか?というのが親たちの主張だった。

上田は気にしないで良いと言うが、勝はPTA役員の言う通りだと思っていた。

 

勝は皆に迷惑をかけまいと転校した。

 

善治の家の前にも今回の誘拐事件のことでマスコミが押しかけて来ている。勝はこうなったらと転校することを決意した。

勝は学校にも来ていたマスコミに一気に囲まれたので、梶原が勝を助けて自分の家に連れて行く。

梶原の将来の夢はプロレスラー。格闘技繋がりで鳴海の話になり、勝は自分が体験した軽井沢の一件を梶原に話した。

勝の壮絶な体験談を聞いた梶原は素直に勝を凄いと認め、二人は更に深い話をしながら外に出てアイスを食べた。

梶原の家の工場は経営難で、今や両親の喧嘩が絶えないという。だからプロレスラーになってお金を稼ぐんだと梶原は言い、今までのことを勝に謝った。

だが次の日勝は転校していた。梶原の家にはアイスのお礼として大金が置いてあり、金ではなく勝と友達になりたかったのに、と梶原は泣き崩れた。

 

「ビースト」と呼ばれる巨大な虎が街中へ。

 

転校を決めた勝は善治の家を出て、しろがねと一緒に仲町の元へ向かう。

仲町達は家を追い出され途方に暮れていたが、勝が「サーカスはテントを見せるものじゃないでしょ?」と言ったので仲町はそれもそうだと思い始める。

ノリユキ・ヒロオそしてしろがねが技を見せると、通行人から大きな歓声をもらえたので、仲町は街頭サーカスで暮らしていく決意をする。

そんな中、世界的に有名なサーカス集団が日本にやってきた。注目されていたのは「ビースト」という名の巨大な虎。

そのビーストがオリから飛び出し、周囲にいた人たちを次々に襲い始め、そのままビーストは街中に逃げて行ってしまった。

 

猛獣使いのリーゼ。

 

仲町たち3人と合流した勝としろがねは、これからサーカスの一員として一緒に行動することになった。

だが皆でトラックに乗って移動中に一台のトラックとぶつかりそうになり、「タランダ・リーゼロッテ橘」という少女が降りてくる。

彼女は日本人とドイツ人のハーフで、逃げたビーストの元へ自分を連れて行ってほしいと頼んでくる。

リーゼの乗っていたトラックにはオリに入ったライオン「ドラム」がおり、ビーストが近くにいればこのドラムが始末するのだという。

リーゼはアメリカの「グレートロングサーカス」に所属している猛獣使いで、公演中に双子の姉・ヘレンがビーストに教われて他界したのだという。


スポンサーリンク

ネタバレ(後半)

年老いたドラムはビーストには勝てず。

 

ビーストは学校のプールに潜んでおり、その近くでドラムが泣き始める。しろがねはあるるかんを操りビーストの動きを止めようとする。

しかしあるるかんを持ってしても野生動物の動きにはついていけず足止めが精一杯。

だが間一髪のところでリーゼとドラムがビーストを食い止めた。ドラムは伝説のライオンであり、尻尾の一部に猛毒の棘を持っていた。

それを恐れていたビーストであったが、ドラムはライオンとしては年老いているので、まだ若いビーストに負けて逃げられてしまった。

警察と共に現場に駆けつけた動物の専門家・丸木曰く、虎は傷ついてからが本当に恐ろしいらしく、この先無差別に人を襲いまくるだろうと予想している。

 

ビーストがリーゼの姉ヘレンの命を奪った経緯。

 

仲町はライオンを連れたトラックを運転したことで警察から事情聴取を受けていた。警察はドラムを捕獲する準備をする。

リーゼたち双子姉妹は幼少の頃から猛獣使いの母に調教を教わり天才と呼ばれていた。アメリカの大きなサーカスと契約中にビーストがやってきたのだという。

既に今まで何人かの調教師を手にかけていたビーストだったが、リーゼ達のサーカスに来た時は噂と違って大人しくしていた。

しかしある公演の最中、リーゼの姉ヘレンが隙を見せた瞬間にビーストはヘレンを襲い、その後ビーストは麻酔弾を受けて捕獲された。

そんなことがあってもビーストが処分されない理由は、虎が絶滅危惧種で保護されているからだった。

 

リーゼは命をかけてビーストを仕留めようとしている。

 

警察は止めに入ったが、しろがねがこの場を食い止め、勝・リーゼ・ドラムは引き続きビーストを追った。

しろがねは勝に「リーゼはもう一つの心を持っているようだ」と伝えていた。発見されたビーストはショッピングセンターの方に向かっているという。

勝はショッピングセンターにいる人間を避難させたが、そこに一台のタンクローリーが突っ込んでくる。

運転していたのはなんとビーストであり、そんなビーストを一人で倒そうとするリーゼは勝を「最後の観客」だと言った。

その「最後」という言葉を聞いた勝はリーゼが命を賭けていることを知った。そしてリーゼはドラムを走らせる。

 

姉の敵討ちの後自分も後を追う予定だったリーゼ。

 

どうにかしてドラムの尻尾の棘をビーストに刺さなければならないので、リーゼは自分を囮にしてドラムに攻撃させようとしていた。

リーゼは猛スピードで走ってくるビーストを無抵抗で待っていたが、ビーストが襲いかかった寸前で勝はリーゼを助けた。

リーゼは厳しかった姉が嫌で、いなくなれば自由になれると思っていた。そして姉はビーストによって命を奪われた。

リーゼは自分がそう願っていたからこんなことになったのだと見えない罪に縛られていた。

ヘレンがいなくなってから、リーゼはドラムしか猛獣を操れなくなっていた。だから自分がビーストの犠牲になろうと思い日本まで追ってきたのだった。

 

殻を破りリーゼは真の猛獣使いに。

 

勝は自転車に乗ってビーストをタンクローリーまで引きつけ、漏れたガソリンに火を付けて爆発させた。

ビーストは爆発に巻き込まれたにも関わらず、火ダルマになってもリーゼたちに掛かってきた。

ここでリーゼは自分の一番やりたいことはサーカスの猛獣使いだと答えを導き出し、表情が一変して物凄い気迫でビーストを下がらせた。

リーゼがビーストに「ストップ」と声を掛けるとビーストの動きは止まり、その瞬間にドラムの棘がビーストの額に刺さる。

遂にリーゼはビーストを仕留めることができ、観客の勝に深くお辞儀をした。

というわけで「からくりサーカス5巻ネタバレ!リーゼと毒の尾ドラムでビースト退治」でした。

からくりサーカス(他のコミックスネタバレ)

6巻:からくりサーカス6巻ネタバレ!仲町人喰いの噂と妻フサエの過去

7巻:からくりサーカス7巻内容ネタバレ!生きていた鳴海と伝説のギイ

8巻:からくりサーカス8巻ネタバレ!アクアウイタエと擬似体液の違い

9巻:からくりサーカス9巻ネタバレ!しろがねの正体とフランシーヌ人形

 

9巻以降のからくりサーカスネタバレや2018年秋アニメのネタバレ一覧はコチラ!

>>2018年秋アニメネタバレ

※細かい内容は原作を読んでみるともっと面白いはずです!

「からくりサーカス」で検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→「からくりサーカス」を無料で試し読み