「からくりサーカス」アニメ1期のあらすじネタバレです。

遂に人気作品のからくりサーカスが2018年秋からアニメ放送されますが、1期は何クール放送になって最終回は原作の何巻まで消化するのでしょうか?

かなり長い放送になると思われるので、今現在の情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

「からくりサーカス」の試し読みは?

「からくりサーカス」は43巻まで発売されている人気マンガ作品です。人形との戦いは佳境に行くにつれて伏線が回収されるかなり面白いマンガです。

アニメでは原作の内容を元に描かれてはいますが、もっと続きを知りたい方や詳しい内容を知りたい方は原作を読んでみると良いですね。

この記事は以下ネタバレを含むので、原作で内容を知りたい方は無料の試し読みもオススメです。

「からくりサーカス」で検索。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→「からくりサーカス」を無料で試し読み   icon-book    

からくりサーカスのアニメ1期は何クール?

実のところ「からくりサーカス」は全36話だという情報が出ています。原作者の藤田和日郎先生が言っていますね。

本作が長編ということもあり、SNSでは「最後まできちんと描ききれるのか」という不安の声が上がっているという話が出ると、藤田は「描ききれるわけねえだろう! (全部で)何巻だと思ってるんだ(笑)」と冗談交じりに回答。ここで藤田からアニメが全36話であることが明かされる。

引用元:https://natalie.mu/comic/news/275070

36話ということは1クール12話なので3クールで決定

約9ヶ月間放送され続けるということで、ファンなら感激と言えるのではないでしょうか。

ただ藤田先生の言う通りかなり長くて、からくりサーカスはコミックス全43巻で、全425話、3クールで終わらせるのはなかなか難しそうです。笑

同じく藤田和日郎先生の名作「うしおととら」は全33巻で、

1期→2クール

2期→1クール

合計3クールで終了しました。からくりサーカスよりも原作が10巻分少ないのに3クールで放送されました。

からくりサーカスも今の所43巻分を3クールできっちり終わらせるのか、または2期で1クール追加放送するのか気になります。

個人的には3クール放送した後、2期で1クール、もしくは2クール放送にしてくれると原作の面白さを焦り無く伝えられるのでは?と思っています。

からくりサーカスのアニメ1期最終回は原作の何巻まで?

からくりサーカスのアニメ公式HPを調べてみると、ある程度登場キャラクターも紹介されていました。一体最終回は何巻まで放送されるのか。

これから載せるキャラクターを増やしていくかはアニメの進み具合次第ですが、仮に今回の放送を1期とするなら区切りの良いところがあります。

【最古の四人】と呼ばれる自動人形のキャラクターがいますが、彼らとの対決が原作22巻で終了し、ここで物語自体も1区切りになっています。

【最古の四人】

  • パンタローネ
  • コロンビーヌ
  • ドットー
  • アルレッキー

ですね。彼らまで紹介されているということで、もしかしたら1期3クールの最終回は22巻まで放送し一旦終了するのではないか?と予想しています。

なので今回はネタバレにはなりますが、3クールで放送されるであろう範囲をあらすじ的に紹介していきたいと思います。

ーーーー<追記>ーーーー

2018年秋アニメとして始まった「からくりサーカス」のアニメが現在4話まで放送されました。

アニメ4話までで消化された、原作コミックスの巻数が3巻までです。ほとんど原作の内容のまま放送されています。

このペースで放送されると3クール36話放送だとすれば、順当にいけば4話3巻で考えると27巻まで進むことになります。

からくりサーカスの原作内容は、戦闘と説明・回想シーンが多く使われます。アニメでは漫画と違い戦闘を早めに進めることができます。

現在放送されているアニメの中でも既にいくつか戦闘は省かれている場面があります。しかし回想や説明は物語として省くことができません。

実際3話までに費やした巻数は2巻の後半。しかし戦闘の多い4話では、いきなり3巻の終わりまで消化してしまいました。

そう考えて今のペースでいくと、話の区切りとしても丁度良い、22巻までの放送で終了する可能性はかなり高まったかと思います。

スポンサーリンク

からくりサーカスのアニメ1期のあらすじネタバレ!

1~5巻あらすじネタバレ

大企業「サイガ」の社長が愛人と作った息子「勝」は遺産を全て相続することになり、兄弟や人形使いに襲われる日々を生きていた。

勝は遊園地で根が善人の加藤鳴海と出会い、その後ある使命を持って勝を守りに来た美人人形使い「しろがね」と共に行動することに。

叔父の善治に誘拐されたりと勝は大きな事件に巻き込まれるが、鳴海やしろがね、人形使いの阿紫花など強い味方をつけて脱出に成功する。

この一件で勝自身に根性が付き強くもなったが、善治の別荘で爆発に巻き込まれた鳴海は帰らぬ人になってしまう。

その後勝は善治を脅して養子となり、再び学校に通うも日常の中で人形使いが襲ってくるので、近くにいる同級生を危険な目に巻き込んでしまった。

迷惑をかけまいと転校することを決めた勝は、しろがねと一緒に街で知り合った仲町サーカスの一員となり、仲町たちと一緒に旅をする生活にシフト。

そんな中あるサーカス集団が「ビースト」という巨大な虎を日本に運んできて、挙句の果てにビーストがオリを抜け出して街中に出てしまうという事態に。

ビーストを追って日本に来た猛獣使いリーゼは、ビーストによって命を奪われた姉の仇を討つため、「ドラム」というライオンを連れて復讐を開始する。

勝達もそのリーゼに協力し、最後はリーゼに猛獣使いの才能が目覚め、ドラムに指示した一撃でビーストを見事退治することができた。

6~10巻あらすじネタバレ

巨大な虎「ビースト」退治が一件落着し、新たに猛獣使いのリーゼが仲町サーカスに入団した。

街の権力者からサーカス公演の許可をもらった仲町サーカスは、人形劇に合わせて芸を見せるという方法を駆使して公演を成功させる。

一方話は変わり、爆発事故で他界したと思われた鳴海は医者の「ギイ・クリストフ・レッシュ」によって救われ、一命をとりとめてフランスに滞在していた。

鳴海は記憶喪失で少しずつ自分が何者か思い出していくものの、時折頭に浮かぶのはしろがねと勝の顔だけ。出会いなどは覚えていない。

その後鳴海はゾナハ病の原因は自動人形(オートマータ)にあり、その自動人形の目的は「フランシーヌ」という人形を笑わせることだと知る。

鳴海は人形破壊者集団「しろがね」のギイ、ルシールと共に行動することになり、「生命の水(アクア・ウイタエ)」という奇跡の水の存在を知る。

その万能の霊薬は「柔らかい石」によって生成されるので、鳴海達はそれを探す為にローエンシュタイン大公国を訪れた。

ギイ達は日本の「サイガ」との因果関係を辿った結果、この大公国の大公の娘「エリ公女」の身体の中に「柔らかい石」があるのではと予想を立てる。

エリ公女は自動人形「アプ・チャー」達に襲われてトラブルに巻き込まれるも、鳴海達が自動人形達を破壊し事なきを得る。

エリ公女の体内に「柔らかい石」は見つからず、鳴海達三人はまた「柔らかい石」の在処を求めて旅を再開する。

11~15巻あらすじネタバレ

勝の兄弟に雇われた女性のヒットマン。ナイフ使いの「ヴィルマ」に狙われた勝だが、しろがねによって退治する。

その後、サーカスで、ヴィルマとストローサーカスの「三牛」と「ナオタ」に助けられ、それにより3人は仲町サーカスに入団する。

一方鳴海はアメリカ・イリノイ州にあるゾナハ病患者専用の治療施設を訪れていた。

そこいたゾナハ病に苦しむ子供たちを見て、怒った鳴海は施設を襲う自動人形を一人で撃破する。

鳴海は施設にいた自動人形の集団「真夜中のサーカス」と接触していた子供の一人「トム」から、自動人形は中国に行ったと教えてもらいその場所に向かう。

しかし移動する飛行機で自動人形に襲われるもしろがね3人により、危機は回避されるがそこでギイとは離れ離れになってしまう。

鳴海とルシールはやむ終えず胴体着陸した飛行機で日本に訪れる。その場所は仲町サーカスが張っていたテントの目の前であった。

残っていた自動人形に襲われそうになった勝としろがねを助けた鳴海だが、すぐに立ち去ってしまい感動の再開はできず。

中国を訪れた鳴海は自分の中国拳法の師父の故郷が昔、真夜中のサーカスに襲われ、50年前からゾナハ病に侵されていたことを知る。

そして師父の先祖:白家の兄弟「白銀(バイイン)」と「白金(バイジン)」が人形を人並の者にする為にプラハで錬金術を学んでいたことを知らされる。

そこで出会った女性「フランシーヌ」との恋愛を巡り、結ばれてしまった兄を恨んだ白金はフランシーヌを連れて逃げてしまう。

白銀がキュベロンでやっと見つけたフランシーヌは、疫病にかかりボロ家に隔離されていた。白銀は病気を治す為に、柔らかい石の生成に成功する。

しかし白銀と一緒に居れなかった時間を悔やみ、フランシーヌは自らボロ家に火をつけ帰らぬ人となる。

同時に柔らかい石を作りあげていた白金は、フランシーヌの人形を作り、そこに生命を注ぎ込んでいた。しかしフランシーヌ人形は笑うことができなかった。

それにより自動人形を使い、復讐の意味も含めて村人をゾナハ病にして、フランシーヌを笑わせようとした。

 

からくりサーカスの詳しいコミックスネタバレはコチラから。↓ ↓

>>2018年秋アニメ一覧

16~20巻あらすじネタバレ

中国で白銀と白金の兄弟とフランシーヌの過去を知り、自動人形としろがねの戦いのいきさつを知った鳴海。

そして中国に生命の水があることを知ったパンタローネだが、鳴海の師父が自らの命を犠牲にして守ることができた。

生命の水を守っていた犬にパンタローネの匂いを辿らせ、鳴海達と中国で同行したミンシアは真夜中のサーカスをサハラ砂漠で見つけることに成功。

その場所に全てのしろがね・しろがね-Oが集結し、自動人形との代表者20名ずつ選出した最後の戦いが始まる。

最終的に自動人形の「最古の四人」と呼ばれる、パンタローネ・アルレッキーノ・ドットーレ・コロンビーヌとの決戦にまでもつれ込む。

そしてルシールはフランシーヌにそっくりな自分の娘をモデルにした人形「アンジェリーナ」を使い、人形たちを行動不能にさせる。

ルシールは幼い娘に厳しい人生を歩ませたことを後悔し、ドットーレに絶望を味合わせて自分に攻撃させ、命を落とす。

それまでの戦いで血を流しすぎていた鳴海は、戦闘不能になっていた為、医者である「トーア」による手術が始まった。

しかし既に鳴海の手足は石化が進行していた。そして人形たちも本物のフランシーヌ人形では無いということで少しずつ動けるようになる。

しろがね達は鳴海を守り戦う。手術中のトーアは戦いから負傷していた為、石化が始まり、もう一人の医者「ロッケンフィールド」に後を託した。

21~22巻あらすじネタバレ

手術をしたトーアは、鳴海の石化を防ぎ力尽きる。ロッケンフィールドが交代し、鳴海の失った手足はしろがね達が使っていた人形の物を着けることに。

本物では無いアンジェリーナ人形を破壊した人形達は動きだす。しろがねが用意した最終兵器のミサイルから逃げる為、長足クラウン号という列車を呼び出す。

手術は終わり、あとは鳴海の意識が戻るのを待つのみ。しろがね「ファティマ」は一人でフランシーヌ人形討伐に乗り込み時間を稼ぐ。

復活した鳴海は、パンタローネ・アルレッキーノを倒しファティマを救出する。残る人形はフランシーヌ人形一体のみ。

しかしやっとの思いで辿り着いたフランシーヌ人形は偽物だった。本物は造物主のいなくなったことや笑えないことで疲れを感じて日本に行ってしまっていた。

今までのことが無駄になったことを言えずに、ファティマは戦いの傷で他界する。鳴海とミンシアは脱出用コンテナでロッケンフィールドに送りだされる。

生き残ったのは鳴海とミンシア。そして自動人形が用意した長足クラウン号に乗ったジョージと日本からルシールの人形を運ぶのについてきていた阿柴花。

この4人を残してからくり編は終了です。

 

2018年秋アニメのネタバレ一覧はコチラから!

>>2018年秋アニメネタバレ

※細かい内容は原作を読んでみるともっと面白いはずです!

「からくりサーカス」で検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→「からくりサーカス」を無料で試し読み