「からくりサーカス」コミックス19巻の内容ネタバレです。

18巻ではしろがねVS自動人形の対決が開始しました。他にもフランシーヌがルシールの伯母だったという隠された事実も発覚。

真夜中のサーカスのテントにビームを撃ち込むという計画も自動人形に見抜かれ、しろがね達はやはり直接フランシーヌ人形を破壊しなくてはならないことに。

フランシーヌ人形に辿り着くためには強敵である「最古の四人」も相手にしなくてはなりませんが、そんな「からくりサーカス」19巻の内容ネタバレです。

※この記事には「からくりサーカス」コミックス19巻のネタバレ内容が記載されています。ネタバレNGな方は閲覧にご注意ください。

スポンサーリンク

「からくりサーカス」の試し読みは?

「からくりサーカス」はマンガが43巻まで発売されている人気作品です。人形との戦いの伏線は佳境に行くにつれて解決されるかなり面白いマンガです。

アニメでは原作の内容を元に描かれてはいますが、もっと続きを知りたい方や詳しい内容を知りたい方は原作を読んでみると良いですね。

この記事は以下ネタバレを含むので、原作で内容を知りたい方は無料の試し読みもオススメです。

「からくりサーカス」で検索。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→「からくりサーカス」を無料で試し読み   icon-book    

からくりサーカス19巻の内容ネタバレ!【コミックス】

ネタバレ(前半)

ロッケンフィールドを先に行かせた鳴海。

 

鳴海達が進んだ扉の先には階段があり、歩いていったその向こう側にあるドアを開けるとフランシーヌ人形がいるのだと自動人形達は言う。

しかし鳴海達三人で争った中で勝利した者だけがフランシーヌとの謁見を許されるのだと言う。

戦いには制限時間が設けられており、早く決着を付けないと床が崩れ落ちるシステムになっている。なので戦わないと皆落ちることになる。

ここで鳴海はリィナを攻撃して気絶させ、ロッケンフィールドをフランシーヌ人形の元へ行かせることにした。

鳴海自身とリィナが崩れる床に取り残されてしまうことになるが、おそらくは周囲の壁を壊せば他の部屋に通じているのではないか?鳴海は思いつく。

 

何を考えているか分からないフェイスレス。

 

意識を取り戻したリィナはドリルで壁に穴を空けた。そうやって進んでみると隣の部屋にはフェイスレスと「しろがね」の犬がいた。

フェイスレス達は多くの自動人形に囲まれていたが、鳴海はここでフェイスレスに怪しさを感じ始めていた。もしや自動人形のスパイなのではないかと。

鳴海にそう思われたことに気づいたフェイスレスは誤解を解くため、自分は妻の命を自動人形に奪われたのだと言って自分が戦う理由を説明した。

フェイスレスは自身の得意技である「分解」で目の前にいた多くの自動人形を一瞬でバラバラにする。

そして目の前にある扉を破壊してリィナだけを先に進ませ、フェイスレスは鳴海と協力して他の部屋にいる「しろがね」達を助けることにした。

スポンサーリンク

 

削岩機に挟まったフェイスレス。

 

鳴海とフェイスレスが別の部屋へ移動するとそこにはティンババティとダールがいた。彼らも自動人形に仲間同士争うよう言われていたのだとか。

鳴海達をまとめて片付けにきた自動人形三体が出現するが、鳴海は一人で自動人形との戦いを引き受け仲間達を先に向かわせようとする。

だがルールを破りすぎた「しろがね」に罰を与えようと、自動人形達は高速で回転する巨大な「削岩機」を用意していた。

鳴海は逆に自動人形三体を削岩機に投げつけ始末に成功するも、一向にその削岩機は動作を停止することなく自分の方へ距離を詰めてくる。

だが突如削岩機が動きを止めた。削岩機を動かす為の重要な歯車にフェイスレスが身を挺して挟まり動きを止めたからだ。

 

他界したフェイスレスを意味深に見つめていた犬。

 

歯車に自らが挟まることで削岩機の動きを止めたフェイスレス。もはやフェイスレスの手足はどこにいったかも分からず助けるのは不可能だった。

顔だけになったフェイスレスは最後に自分の昔話をし、フランシーヌ人形を破壊する役目を鳴海に託して息を引き取った。

そんなフェイスレスを「しろがね」の犬はじっと見つめていたが、その真意についてはこの時まだ分からなかった。

鳴海はドミートリィーとトーアのいる部屋へ移動し、自動人形に襲われてピンチに陥っていた二人を見つけ助けにはいる。

だがそんな鳴海も既に血を流しすぎていた。結局鳴海は自分が犠牲になることで二人を先に行かせようとする。

 

ドミートリィーの他界。

 

ドミートリィーは自分を犠牲にしてまで人を助ける鳴海を天使だと思い、戦いに加勢して自動人形の針攻撃の盾となった。

だがドミートリィーはその傷ついた状態でマリオネットを操り自動人形を破壊。血を流しすぎたドミートリィーはその場で倒れ息を引き取った。

もし自分がダメでも鳴海なら使命を果たしてくれる、そのようにドミートリィーは感じ、自分を犠牲にしてでも鳴海を守りたいと思った結果だった。

ドミートリィーによって命を助けられた鳴海はその使命を引き継ぎ、トーアと一緒にフランシーヌ人形の元へ急ぐことにした。

 

「最古の四人」と決戦。

 

ジョージと阿紫花が真夜中のサーカスのテント周辺に到着すると、外で待機していた大勢の「しろがね」達は既にほぼ全滅していた。

そしてジョージと阿紫花をよそに周辺の自動人形達が一斉にテント内へ入っていく。テントの中で何かが始まったのだと察知したジョージ達も走り出す。

その頃鳴海とトーアの二人は最古の四人がいる部屋へと辿り着いていたが、そこにはダールやティンババティなど生き残った「しろがね」達も既にいた。

ロッケンフィールドやリィナも部屋におり、これから鳴海達「しろがね」は最古の四人と遂に戦うことになる。

その頃ルシール、ファティマ、ミンシアは別のルートを移動中。しかし途中のフロアで無数の自動人形が降ってきたので驚愕する。

というわけでここまでが「からくりサーカス19巻ネタバレ!フェイスレスとしろがねの犬」でした。

他のからくりサーカスネタバレ【コミックス】

20巻:からくりサーカス20巻内容ネタバレ!忠誠心と最古の四人の弱点

21巻:からくりサーカス21巻ネタバレ!偽フランシーヌ人形と謎の歯車

22巻:からくりサーカス22巻ネタバレ!貞義の記憶転送としろがねの年齢

 

2018年秋アニメのネタバレ一覧はコチラから!

>>2018年秋アニメネタバレ

※細かい内容は原作を読んでみるともっと面白いはずです!

「からくりサーカス」で検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→「からくりサーカス」を無料で試し読み