「僕のヒーローアカデミア」コミックス14巻の内容ネタバレです。

13巻では仮免試験が行われ、出久達は合格しましたが爆豪や轟、夜嵐達は堕ちるという波乱の展開に。

更に爆豪は一人悩み抱えていることがあり、夜出久を外に連れ出して決闘し申し込み始めました。

今後は一体どのような展開になっていくのか。それでは「僕のヒーローアカデミア」14巻のネタバレです。

※この記事には「僕のヒーローアカデミア」のネタバレ内容がガッツリ記載されています。マンガやアニメを見るよ!という方は閲覧にご注意ください。

スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミアの試し読みは?

「僕のヒーローアカデミア」は現在18巻まで既刊されているマンガ作品です。

アニメ2期が放送されたばかりですが、もっと続きを知りたい方は原作を読んでみると良いですね。

以下ネタバレを含むので、原作で内容を知りたい方は無料の試し読みもオススメです。

「僕のヒーローアカデミア」で検索。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→「僕のヒーローアカデミア」を無料で試し読み   

僕のヒーローアカデミア14巻の内容ネタバレ

出久は爆豪の気持ちを汲み取り全力で戦うことを決めた。幼稚園、小中高と同じ学校でありながら、今まで本音で話し合ったことのない二人。

爆豪は出久のことをいつの間にか脅威的な存在に感じていたが、出久にとっても爆豪は最初から身近にいた”凄い人”だったのだ。

出久はフルカウル状態へ。常に5%の力を意識していた出久がここで8%にフルカウル状態を引き上げ、自分でも想定外のスピードで爆豪に蹴りを放った。

追い詰められた爆豪は負ける寸前だったが、最後に底力を見せて出久を地面に押さえ込んだ。勝負は爆豪の勝利。

 

オールマイトの秘密を爆豪も知ることに。

 

ここで二人の話を大体聞いていたオールマイトが歩み寄ってくる。

オールマイトは互いに認めあって全うに高め合うことができれば、救けて勝つ、勝って救ける最高のヒーローになれる、と言って二人を諭した。

出久とオールマイトの関係を知ったのはリカバリーガールと校長、そして生徒では爆豪だけだった。

オールマイトはその後爆豪に代々受け継がれてきた力のことや、自分が平和の象徴となったこと、限界を迎えていたこと、後継を選んだこと。

その全てを打ち明けた。爆豪は納得し、秘密にし、そして更に上を目指すことに決めた。勿論出久も。

 

壁から顔を出す不審な人物。

 

その後出久は三日間、爆豪は四日間の寮内謹慎を相澤から言い渡された。二人は授業にも出れず、掃除する毎日。

生徒たちは校外活動であるインターンの話をしていたが、出久は話題に取り残されかなり焦りを感じていた。

そんな中、出久がゴミ捨て場に行くと壁から突然顔を出して話しかけてくる人物がいた。次は地面から顔が。

戸惑っている出久を見て「自分のことはじきに分かる」と言う顔だけの不審な人物。出久は噂になっているらしく、気になって見に来たらしい。

 

雄英のビッグ3。

 

一足先に出久は授業に復帰した。職場体験とインターンには一体どういった違いがあるのだろうか。

それを説明しに現雄英生の中でもトップに君臨する3年生3名、通称ビッグ3が出久のクラスに説明しに来た。

一人はゴミ捨て場で壁から顔を出していた男だったが、まず「天喰(あまじき)環」と「波動ねじれ」の二人が挨拶をしてくる。

最後に壁から顔の人物「通形ミリオ(とおがた ミリオ) 」が挨拶をしてくる。

ミリオは自分たちの経験を身をもって経験した方が合理的だと思い、クラスの皆に自分と戦ってみるよう告げた。

 

相澤の認める最もNo.1に近い男。

 

出久達は体育館γに移動。雄英のトップと戦いたくなった出久は自分とどれくらい距離があるのか試したくなり一番手に名乗りをあげる。

出久は凄いスピードで蹴りに行くが、ミリオの個性”すり抜け”によってすり抜けられ攻撃が当たらない。

更にミリオは遠距離を一気にワープ、遠くにいた生徒達にも奇襲をかけてくる。とんでもない個性を持っている、そう一年生達は思った。

だがミリオにひがむべきなのは個性ではなく、その技術なのだと天喰は思っている。スカウトを経てあるヒーローの元でインターンに励んだミリオ。

そこでミリオはある技術を培った。相澤も自分の知る限りミリオは最もNo.1に近い男だと思っている。それはプロも含めてらしい。

 

ミリオの個性の謎。

 

ミリオの力は凄まじく、一瞬で半数以上がやられてしまった。生徒たちはミリオに何をされたのかも理解できないでいる。

すり抜けにワープ、凄すぎて無敵に思えたが、出久は何かからくりがあるはずだと冷静に分析していた。

ミリオは地面に沈んで出久に接近、一気に出久の背後をとる。だが出久はあわせたように後ろ回し蹴り。それは予測したような動きだった。

だがミリオは目潰しからボディへと連携攻撃し、出久はKOされ、その後全ての生徒がミリオによって敗北した。

 

ミリオの言う”サー”とは?

 

ミリオの個性の一つは「透過」。全身個性発動するとあらゆるものをすり抜けることができる。それは地面でも有効だった。

地中に落ちてから個性を解除すると、質量のあるものは重なりあうことができないので弾かれてしまうのだという。

つまりミリオは瞬時に地上へはじき出されているので、体の向きやポーズで角度を調整して弾かれ先を狙うことができる。それがワープの原理だった。

だがすり抜けの個性は元々扱いやすい個性ではなかった。すり抜けを駆使するには、簡単な動きにもいくつかの工程を要する。

だがインターンの経験によって技を磨き、一線級の経験をしたミリオは力をつけトップを掴んだのだ。

そんなミリオも自分の初手を分析し予測を立てていた出久には注目していた。ミリオは「”サー”が好きそうだ」と天喰、波動に言った。

スポンサーリンク

治崎と死柄木の接触。

 

その頃ヴィラン連合の元に「死穢八斎會」の若頭「オーバーホール」こと治崎廻と、その部下たちが訪れていた。

治崎はオール・フォー・ワン不在の今の裏社会をまとめるべく、死柄木達ヴィラン連合を傘下にしたいのだ。

当然死柄木は断り、続けてマグネが治崎を追い払おうとする。だが治崎は指一本でマグネの腕をかきむしり、その後マグネの上半身が爆発した。

仲間をやられたコンプレスは自分の個性”圧縮”で治崎を攻撃しようとするが、なぜかコンプレスは個性を発動することが出来ず、腕をふっ飛ばされてしまう。

死柄木も即座に攻撃を仕掛けたが、治崎の前に治崎の部下が盾となって割り込み命を落とした。

これで組織の人間を一人ずつ失った。今回は手を引くので一旦冷静になって考えてみてくれ、と治崎は言って去っていった。

 

オールマイトの下で働いていたナイトアイ。

 

ナイトアイというヒーローは昔オールマイトの下で働いていた。なので出久はそのナイトアイの元でインターンとして働いてみたいと思った。

ミリオの言っていた”サー”とはナイトアイのことであり、ミリオも今ナイトアイのもとでインターンを行っている。

オールマイトは自分が紹介してあげればいいのに、出久をナイトアイに紹介してくれとミリオに頼んだ。

オールマイト曰く、自分は今結局ナイトアイの忠告通りになっているので、正直合わせる顔がないらしい。

こうして出久はミリオと一緒にナイトアイの事務所へ足を運ぶことになった。

 

ナイトアイは重度のオールマイトファン。

 

ナイトアイはとても厳しい人物で、出久はナイトアイと対面したが鋭い眼光に圧倒され、生の迫力は相当なものだった。

ナイトアイは簡単にはインターンのハンコを押してくれず、出久が自分の会社にどう利益となるのか、行動で示す必要があるのだという。

ここでナイトアイは自分から3分以内に印鑑を奪ってみせろ、と出久に言った。そして奪い取ったら自分で班を押せと・・・。

ナイトアイからは一切手を出さないらしい。出久はすぐに飛び出したが一分経過しても印鑑は奪えず。ナイトアイの個性は「予知」だった。

目線を合わすことによって一時間の間は出久がどう動いても予知されるらしく、動きを先読みされ全く奪うことが出来ない。

そしてナイトアイはワン・フォー・オールにはもっと相応しい人物がいる、と言って出久のことを認めていない。

 

ナイトアイによる一応の採用。

 

ナイトアイはやはりワン・フォー・オールはミリオに継がせるべきだったと考えている。ミリオはオールマイトの後継者候補だったらしい。

だが自分とオールマイトの歴史を否定された気がした出久は、ナイトアイに絶対自分を認めさせたいと思い、最高の出力で動き始めた。

例えナイトアイが予知しても、見きれないほどの動きをすればいい、そう思った出久は素早い動きでナイトアイに的を絞らせないようにした。

結局出久はそれでも印鑑を奪うことができなかったが、ナイトアイは出久を合格させた。最初から採用する予定ではあったらしい。

まだ出久のことを認めたわけではない、だからプロの現場で誰がその力に相応しいか痛感してもらうのだとナイトアイは出久に告げた。

 

インターン初日。すぐに出久は治崎と遭遇した。

 

そして翌日、初日。ナイトアイとバブルガール、ミリオと出久で二手に分かれ、「死穢八斎会」という小さな指定敵団体を監視することになった。

ナイトアイは「治崎」の写真を出久に見せた。治崎は今過去に解体された裏社会の人間を集めているらしい。その調査を秘密裏にナイトアイ達は進めていた。

出久は町中の監視途中に走っていた一人の女の子とぶつかった。何かから逃げていた様子だった。

そこに「ダメじゃないか、ヒーローに迷惑かけちゃあ。帰るぞエリ」と声をかけてくる男性の姿が。それは写真で見た治崎だった。

というわけでここまでが「僕のヒーローアカデミア14巻ネタバレ!ビッグ3No.1のミリオ」でした。

僕のヒーローアカデミアの関連記事

6巻:僕のヒーローアカデミア6巻ネタバレ!出久の新たな師グラントリノ

7巻:僕のヒーローアカデミア7巻ネタバレ!オール・フォー・ワンとは?

8巻:僕のヒーローアカデミア8巻ネタバレ!林間合宿とプッシーキャッツ

9巻:僕のヒーローアカデミア9巻ネタバレ!開闢行動隊のマスキュラー撃破

10巻:僕のヒーローアカデミア10巻ネタバレ!志村転弧は死柄木の本名?

11巻:僕のヒーローアカデミア11巻ネタバレ!オールマイトの引退と限界

12巻:僕のヒーローアカデミア12巻ネタバレ!士傑高校と傑物学園

13巻:僕のヒーローアカデミア13巻ネタバレ!夜嵐と轟の因縁とは?

14巻:この記事

15巻:僕のヒーローアカデミア15巻ネタバレ!治崎と個性を消す薬

16巻:僕のヒーローアカデミア16巻ネタバレ!八斎會邸突入と天喰の本気

17巻:僕のヒーローアカデミア17巻ネタバレ!エリの個性は巻き戻し

18巻:僕のヒーローアカデミア18巻ネタバレ!歩く災害ギガントマキア

 

2018年春アニメのネタバレはこちらから!

>>2018年春アニメネタバレ一覧。

細かい内容は原作を読んでみるともっと面白いはずです!

「僕のヒーローアカデミア」で検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→僕のヒーローアカデミアを無料で試し読み