「ゴールデンカムイ」コミックス4巻の内容ネタバレです。

3巻では第七師団に捕らえられていた杉元もアシㇼパによって救出されましたが、その後二瓶と谷垣のハンター二人が狼のレタㇻを狙い始めました。

猟師にとって最上級の大物レタㇻですが、実は二瓶は刺青を彫られた囚人でもあり、杉元と激しく戦闘中です。

今後の展開はどうなるのか続きが気になりますが、今回はそのゴールデンカムイの内容をネタバレしようと思います。

※この記事には「ゴールデンカムイ」4巻のネタバレ内容がガッツリ記載されています。マンガやアニメを見るよ!という方は閲覧にご注意ください。

[ad#co-1]

「ゴールデンカムイ」の試し読みは?

「ゴールデンカムイ」は現在13巻まで続いている人気作品です。

アニメでは原作の内容を元に描かれてはいますが、もっと続きを知りたい方や詳しい内容を知りたい方は原作を読んでみると良いですね。

この記事は以下ネタバレを含むので、原作で内容を知りたい方は無料の試し読みもオススメです。

「ゴールデンカムイ」で検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→「ゴールデンカムイ」を無料で試し読み   icon-book    

「ゴールデンカムイ」コミックス4巻の内容ネタバレ!

アシㇼパが人質に。

 

杉元が抵抗する二瓶と激しく剣で競り合っている中、白石はライフルを奪い二瓶に銃口を向けた。

だが逆に谷垣にアシㇼパを人質に取られてしまい、こうなっては大人しくするしかないと思った杉元達はとりあえず二瓶に捕まることにした。

谷垣はアシㇼパは連れて先に移動。杉元達二人はロープで縛られてしまったが、脱獄王の白石がいる為すぐにロープをほどくことができた。

そして二瓶が目を離した隙に二人は逃げ出し、谷垣とアシㇼパを追いかけることに。

 

谷垣は鹿の毒にかかる。

 

アシㇼパを抱きかかえて移動する谷垣だが、アイヌ達が仕掛けている鹿用の罠に引っかかり足に毒矢を受けてしまう。

早く処置しないと谷垣の命はないので、しょうがなく谷垣はアシㇼパに応急処置をしてもらうことにした。

追いつき、もう谷垣は動けないことを知った二瓶は、自分が必ず狼を仕留めてくると約束しアシㇼパを抱えて走り出した。

二瓶は見晴らしの良い場所まで移動し、木にアシㇼパをくくりつけ、レタㇻの出現を待つことにした。

案の定レタㇻはアシㇼパを助けに走ってきた。二瓶は銃を構えレタㇻと一騎打ちに。

 

二瓶は他界。レタㇻには家族が。

 

二瓶は銃を撃つが、レタㇻはまるで銃を理解しているかの如く走り、照準が定まらないように避けている。

レタㇻは二瓶に接近し腕に噛み付いたが、これは二瓶の狙い通り。その隙に銃をピタっとレタㇻに近づけ撃とうとしたのだ。

完全にレタㇻはピンチかと思いきや、次の瞬間には二瓶は他の狼に首を噛みちぎられていた。どうやら「つがい」が近くにいたらしい。二瓶は他界した。

別の遠吠えが聞こえたので見渡してみると、レタㇻには数匹の子供がおり、家族がいた。

歩いてきた谷垣は二瓶を供養し、白石達は谷垣を運び、杉元は二瓶の刺青人皮を得る為に皮を剥いだ。

 

杉元達が思っているよりも埋蔵金は多くある?

 

アシㇼパは谷垣をコタンの村に連れて行き治療を施した。その後杉元達はフチから砂金についての重要な話を聞くことになる。

砂金は村の代表者が船を使って北海道各地から何年もかけて集められ、その後一箇所に集められているという。

やがて皆年老いて、金塊のありかを知るものは村の年寄り一人だけになったが、その年寄りものっぺら坊に命を奪われたという。

だがその話が事実なら、自分たちが聞かされていた20貫(75キロ)よりも多いのでは?そう白石は思ったが、話を聞いていた谷垣は「桁が違う」と言った。

谷垣たちを率いている鶴見中尉は情報将校で、情報収集や分析能力に長けており、正確な砂金の量を予想しているらしい。

 

現代で言えば8千億円の量の埋蔵金。

 

のっぺら坊は逃走経路から少しでも金塊の隠し場所が特定されないよう、念には念を入れて嘘の情報を流したのかもしれない。

20貫なら一人でも運べる量だと誰もが考えるが、本当は運びきれない金塊があり、鶴見の推測では囚人が聞かされていた量の千倍はあるらしい。

実際に土方曰く、目的が一致する自分だけには2万貫(75トン)の金塊があるということをのっぺら坊は打ち明けてきたという。

現代に置き換えると8千億円の価値があるらしく、その話を土方から聞いた永倉は驚愕してしまう。

その砂金の量は国家予算の三分の一程度だが、国外に持ち出せば金の相場は跳ね上がる。本当に国が作れる気がする、と言って土方は笑みを浮かべている。

 

第七師団の戦争後の待遇。

 

アシㇼパの父親達の亡骸は苫小牧で見つかったという。一方のっぺら坊は支笏湖という場所。刺青は地図を表しているのだろうか。

鶴見が第七師団を乗っろうとしているのには理由があった。情報将校だった鶴見は二〇三高地攻略に否定的だったが、命令に従うしかなかった。

ロシア軍の旅順要塞に手こずっていた大本営は最強の師団である第七師団を投入した。そして鶴見達は二〇三高地を占領した。

勝利はしたものの、二〇三高地を陥落させた頃までには第七師団の将兵は半分以下になっていたという。

この作戦の参謀長だった元第七師団長の花沢幸次郎中将は多数の将兵を失い、帰国後に自責の念から割腹して他界したという。

だが政府は花沢が自刃したのは部下たちの落ち度とし、勲章や報奨金はおろか、陸軍の中での第七師団は格下げ扱いされて冷遇されたという。

[ad#co-2]

牛山と鉢合わせてしまった白石。

 

鶴見の過去や目的を谷垣に聞かされた杉元達。鶴見は軍事政権をつくり自分が上に立って導く者になろうとしていた。

金塊をただ分け合うのではなく、資金にして武器工場をつくり、大地を開墾し、人々に長期的で安定した仕事を与えるという目的が鶴見にはあるらしい。

その後白石は再度情報収集をするために街へ降りたが、町中で何と牛山と遭遇してしまう。すぐに追いかけられる白石。

目の前に第七師団がいたので白石は「変な刺青をした不気味な男に狙われている」と言って助けてくれと泣きついた。

第七師団の顔色が一気に変わり、牛山向かって銃を構え始めた。

 

土方の目的は自身の名刀。

 

第七師団を前にしても牛山は止まらなかった。牛山は兵隊達を殴ったが、浩平が放った銃が牛山の肩をかすめ動きを止めた。

その銃声を聞きつけた鶴見達も駆けつけようとするが、牛山の仲間が爆弾を投げて時間を稼ぎ、馬で牛山を連れ去ってしまう。

一方土方は近場にある店の女達を縛り、建物の二階を爆破していた。土方の起こした爆発音は堺町通り付近。

その情報は鶴見の耳にも入ったが、鶴見はきっとそれは陽動作戦だろう、と一瞬で見抜いていた。

恐らく敵の本当の狙いは銀行、そう推測した鶴見の判断は正しかった。その銀行には土方の以前持っていた刀が保管されていたのだ。

 

土方と鶴見の対面。白石の作戦。

 

鶴見達が銀行に到着すると銀行員が拘束されていた。ここまで用意周到に計画して強盗は金以外に何が欲しかったのだろう?と鶴見は疑問に思った。

馬の鳴き声がしたので窓の外を見てみるとそこにはカタナ「和泉守兼定(いずみのかみかねさだ)」を持った土方がいた。

すぐに土方だと分かった鶴見は即発砲し、土方も同時に発砲した。そして土方は鶴見の乗ってきた馬を盗んで逃げ出していった。

一方白石は店の女を使い、刺青の男が来たら靴下を変えておくよう頼んでいたらしく、牛山の靴下を手に入れていた。

レタㇻならその靴下の臭いを嗅いで、後から牛山の居場所を捜索できるからだ。

 

土方達に捕まってしまう白石。

 

白石はアシㇼパにレタㇻを貸して欲しいと頼んでみたが、レタㇻは自分のものではない、と言ってアシㇼパはレタㇻを呼んではくれなかった。

そこで白石はマタギである谷垣に犬の使い方を習い、二瓶の飼っていた猟犬「リュウ」を連れて牛山を探すことにした。

リュウに牛山の靴下を嗅がせた結果、すぐに牛山の居場所を突き止めることができ、白石はこっそりと牛山の居る部屋を覗いた。

だが近くにいることが牛山にバレてしまった白石は捕まってしまう。土方もやってきて他に仲間はいるのか?と白石に尋ねてくる。

とりあえず入れ墨を写させるのなら白石の命は奪わないらしいので、白石はここで「不死身の杉元」という男がいる・・・と土方に告げてしまう。

 

辺見という脱獄囚。

 

白石はその後コタンの村に帰り、「ヤン衆」というニシン漁のために雇われた季節労働者の集まりがある、という話を杉元達に切り出した。

そのヤン衆が最近辺見という脱獄者に命を奪われている、と。

白石も辺見とは監獄で知り合っており、ごく普通の男に見えたが、看守から辺見の正体を聞くと息をするのと同じような感覚で人の命を奪うらしい。

その辺見は捕まらないように各地で人の命を奪いながら移動し続けているらしいが、金塊の手がかりになるので杉元達は辺見を追うことにした。

 

漁師に成りすましていた辺見。

 

今アシㇼパの叔父であるマカナックルも漁に出ていってる為、辺見と遭遇したら危ないとアシㇼパは思っていた。

杉元、白石、アシㇼパの三人は早速ヤン衆のいる海へ足を運ぶ。だが海へ到着してすぐマカナックルが現れ、クジラ漁に加勢して欲しいと頼んでくる。

なぜ自分たちが・・・と思いながらも杉元達は船に乗りクジラを捕獲するはめに。だがクジラが船の一つに体当りし、漁師が一人海に落ちてしまった。

杉元はすぐにその漁師を助けることにし、クジラは白石に任せることにした。引き上げた漁師は何とか息をしている。

海に落ちて命を失うなんて絶対イヤだ、そう漁師は言っているが、何とその漁師こそ辺見本人だった。

「ゴールデンカムイ」の関連記事

コミックスネタバレ

1巻:ゴールデンカムイ1巻ネタバレ!金塊探しと入れ墨の囚人たち

2巻:ゴールデンカムイ2巻ネタバレ!鶴見の目的は北海道の乗っ取り

3巻:ゴールデンカムイ3巻ネタバレ!レタㇻを追う囚人二瓶と兵士谷垣

4巻:この記事

5巻:ゴールデンカムイ5巻ネタバレ!のっぺら坊の正体はアシㇼパの父?

 

2018年春アニメのネタバレはこちらから!

>>2018年春アニメネタバレ一覧。

※細かい内容は原作を読んでみるともっと面白いはずです!

ゴールデンカムイで検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→「ゴールデンカムイ」を無料で試し読み