「デビルズライン」コミックス5巻の内容ネタバレです。

4巻ではゼロナナに人質にとられたつかさが、次に内通者の牛尾に狙われ、CCCという組織の名前も判明しました。

更に加納は「紅目人種権利保護委員会、通称R2PC」なる委員にも属しているらしく、最後には安斎の母の姿まで・・・。

続きはかなり気になりますが、今回はその「デビルズライン」コミックス5巻の内容を先取りして紹介していきたいと思います。

※この記事には「デビルズライン」5巻のネタバレ内容がガッツリ記載されています。マンガやアニメを見るよ!という方は閲覧にご注意ください。

スポンサーリンク

「デビルズライン」の試し読みは?

「デビルズライン」は現在11巻まで続いている人気作品です。

アニメでは原作の内容を元に描かれてはいますが、もっと続きを知りたい方や詳しい内容を知りたい方は原作を読んでみると良いですね。

この記事は以下ネタバレを含むので、原作で内容を知りたい方は無料の試し読みもオススメです。

「デビルズライン」で検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→「デビルズライン」を無料で試し読み   icon-book    

「デビルズライン」コミックス5巻内容ネタバレ!

誰が信用できるか分からない状況。

 

つかさは安斎の指示通り「誘拐されていたが自力で脱出した」と言って交番に駆け込み、安斎は公安の刑事としてつかさを迎えに行った。

今は誰が信用できるか分からないので、他の刑事には渡すなと沢崎は言っていた。何としてでも敵の実体を見極める必要がある。

牧村に牛尾、内部だけで二人も敵がおり、片桐を消しに来た男はカメラマンだったし、村上蓮(ジューゴ)を突き落とした人物も沢崎は気になっていた。

その後安斎はバー・サカキに戻ったが、加納が品川のホテルに18時までに送ってほしいというので送ることに。

何か自分を指名する理由があるのだろうと安斎は思ったが、加納曰くその通りらしい。そして加納はつかさも誘った。

 

ハイブリッド出産計画と聞いて固まる加納。

 

安斎はもっと自分の鬼のことを知る必要があるので、鬼に最も関わりの深い集まりに行き、場の空気を味わうのもいい経験になると加納は思ったのだ。

ONLOも単に鬼の養護施設ではなく、厳密にはONLOは児童養護施設で、本体はObihiro(帯広)National(国立)Laboratory(研究所)、ONLというらしい。

ここで安斎は李から聞いた「ハイブリッド出産計画」とはなんだ?と加納に尋ねてみた。

それを聞いた瞬間加納は目を見開いて固まり、とりあえずその単語はもう口にするなとだけ言った。ただ実際は加納もよくは知らないらしい。

ただ自分たちの手に負えないニオイがする言葉なので、以後は念のため禁句にするよう加納は言った。

 

祖父江侑と白勢叶芽。

 

到着してすぐに加納は会場に入り、佐古にオンロのことや研究所本体の最近の事情を訊いてみたが、詮索はしない約束のはずだと言われてしまった。

加納は佐古に「後で自分の送迎役のイイ男が見られるかもしれんぞ」と意味深に話しかけた。

そんな話しをしている内に厚生労働大臣の祖父江侑と厚生労働大臣政務官の白勢叶芽が席についた。ちなみに政務官の白勢は鬼である。

ここで加納は「君の「イイ男」は息災か?」と佐古に尋ねた。体はとにかく健康で、自分より肌ツヤもいい、と佐古は答えた。

その頃関係者では安斎達は46階で夜景を見ていた。李は帰ってきたのだろうか、そんな心配をしている。

 

母である佐古との再会。

 

つかさはお手洗いに行き、安斎は椅子に座って待っていたが、ここでたまたま佐古が通りかかる。佐古は通り過ぎた瞬間、驚いた表情で安斎へ振り返った。

安斎は「何か?」と尋ねるが、佐古は顔が知り合いに似てたからと言って話をそらした。君は委員会にはでないの?と尋ねてくる佐古。

安斎は知り合いが委員なので今日は送迎役で来たことを告げた。佐古は加納の運転者だと気付いた。

つかさが帰ってきて安斎は失礼しますと言って去ろうとしたが、佐古は安斎に彼女がいることを知り驚くが「彼女と仲良くね」と言って去っていった。

つかさは佐古と安斎は顔が似ていると思った。そうか?と安斎は思ったが、安斎は安斎で、前もどこかで佐古と会ったことがあるような気がしていた。

その後佐古は、トイレで泣いていた。安斎が無事に育っていたことを嬉しく思い、「お前にも見せてやりたい、環・・・」と言いながら・・・。

 

開会の言葉。

 

委員会は始まり厚生労働大臣の祖父江が開会の言葉を述べる。

先日の池袋の事件が世間にどう影響するかは分からないが、R2PCにできることがあるのならばその際には尽力しこれにあたりましょう、という内容だった。

つまりは今は何もしませんということだ。次に帯広国立研究所生態研究部部長の佐古が挨拶をすることに。

まず単刀直入に、医師立ち会いのもとヒトと鬼が生殖行為をする113条は撤廃すべきだと言い切った。

鬼は必ず変異するので医師はそれを止めることができないし、そうなるとパートナーのヒトは最悪命を失うかもしれない。

ヒトの命を奪った鬼は当然罪に問われ拘留されるはず。だから今回制定された113条はまるで国が鬼を社会から排除する為の罠なのではないか?

そう佐古は皆の前で語った。

 

自分は仲間に入れてもらってないと思っている李。

 

その頃李は血をもらいに馮静(フェン ジン)という女性医師の元を訪れていた。フェンは既に朝の分2本、夜の分2本の血液を用意していた。

実は李の片目は単眼変異と言って今はもう見えないらしい。体の一部のみに変異がとどまり理性を失わないらしく、ハーフの特権だと思われた。

しかし李以外にはそんな事例はなかったらしい。だとすると李だけの特殊能力という線もある。

だが同じハーフである安斎に血慣れの訓練を教えるつもりなのでそれは困るのだ。フェンはそれらの話よりも李に友達が出来たことを知り嬉しがっている。

だが自分は安斎に血慣れを教えるからそこにいるだけで、それが終わればお役御免だろうから仲間ではないよ、と李は言う。

しかしフェンは「それはわからないよ、人間そう単純じゃないしね、家族の一員になれるといいね」と言ってあげた。

 

施設にいた頃の李。

 

李は施設内で育ったので「空」を見たことがなかった。実験体である李は体に傷を負わされては血液を飲まされ、その回復具合を実験されていた。

李は本が好きで外界にとても興味があった。どうしても空が見たくなり、守衛に隙ができたからと言って李はオンロを脱走しようとする。

そこに佐古が現れ、戻れば今度こそ二度と出られなくなるので、逃げるなら本気で逃げるべきだと李にアドバイスをした。

知るべきものは空以外にも沢山ある、そう佐古に言われた李は見張りに銃で撃たれながらも逃走した。佐古は李に「お前は強い」と言ってあげた。

李はどの程度の傷がどの程度の血で治るかよく知っており、視力と身体能力をベストに保つ飲み方や、本から多くの知識も得ているからだ。

佐古は李にキャッシュカードを渡し、200万引き出すよう言った。佐古は明日になってカードが盗られたことに気づく、という算段だという。

そして最後に佐古は李の本当の名前が「ヨハネスクレーマン」だということも教えてくれたという。

スポンサーリンク

環に息子のことを報告する佐古。

 

委員会も終わり現在時刻は22時過ぎ。李がバー・サカキのビルに到着すると屋上で安斎が待っていた。

李があまりに遅いので心配して安斎は待っていたのだ。李は自分は家族ではないと思っていたので、心配してくれた安斎を見て不思議な気持ちになっていた。

一方佐古は北海道に帰りガラス越しの人物に委員会での出来事を話していた。息子と出会ったこと。自分が母親だと言えなかったこと。

ヒトの彼女がいたこと。それを聞いた時ガラス越しの人物は少しピクッとし何か気にした様子だった。

ガラス越しの人物はいつか安斎も佐古も「抱きしめたい」というジェスチャーをし、泣いていた。その人物は鬼に変異していた環だった。

 

安斎の吸血欲トレーニングの開始。

 

加納は遂に安斎の吸血欲トレーニングを始めた。内容はつかさと二人きりになり、まず安斎が変異するのを待つのだという。加納と柳は別室で待機。

制御の為に変異のタイミングを知り、変異してからそれをコントロールできるようにするのが今回の目的である。

トレーニングは始まり、二人きりになったはいいものの、変異したらどうしようという恐怖を安斎は改めて感じるようになっていた。

だが加納の用意してくれたプロテクター等を装備することで、少しつかさと触れ合える気持ちにはなっていた。

そして二人はその辺のカップルと同じようにお互いに寄り添い、そして接近した。

 

菊原は公安の立場で仲村から事情を聞くことに。

 

安斎の自分の変異の状態を加納達に報告する。爪の伸び方や我に返った瞬間など。

今回の実験で安斎は正常な男性が女性に抱く気持ちを感じていたが、その中に血を「吸いたい」という気持ちも混ざっていた。

やはり自分は吸血鬼なんだ、と認識することが安斎にはショックだった。

その頃捕まった仲村(ゼロヨン)は公安の取調室におり、菊原が仲村から調書をとることになった。といっても二人はCCCの人間である。

仲村は片桐誘拐を邪魔してきたのはガスマスクの鬼、つまり安斎と、外国人の鬼、池袋でも邪魔してきた鬼、つまり李のことを菊原に報告した。

 

沢崎は班長を降ろされ、石丸という男が新班長に。

 

その後公安はそれぞれの課に人員を補充したりと再編成を図っていたが、その中でF班の班長を変えたほうがいいと菊原は主張した。

同期で沢崎と仲のいい朝海は菊原のことを「何言ってんだこいつ」と思った。だが菊原の言い分はこうだ。

仲村は安斎に殴られて確保されたが、その安斎は池袋事件以降待機命令を破って出勤しており、見る限り班長の沢崎もそれを容認していると。

沢崎は以前鬼の同僚と組んで捜査をした時に、トラウマになる程ショッキングな出来事を体験しているらしい。

その体験が彼を甘くさせているし、彼は鬼の部下を管理できない、そう菊原は言い切った。

ここで菊原は自分の所属するA班から、鬼への理解も深く信頼に足る人物として石丸という男を新班長に推薦した。

 

5年前に起こった鬼の連続失踪事件。

 

その頃石丸は昔の資料を見ながら「今日はちょうど5年前に鬼の連続失踪事件が解決した日なんですね」と同僚と話していた。

沢崎は花束を持って何者かの墓の前に立っていたが、それは遡ること5年前。2008年1月31日。

その頃の沢崎は捜査第一課で巡査部長をしており、公安第五課第2係AC1班班長巡査部長の雪森要と一緒に捜査することになっていた。

まだこの頃の沢崎は吸血鬼の存在を疑っており、他の刑事もそうだった。だが雪森は、自分や自分の部下の何人かも鬼であることを沢崎達に告げた。

 

鬼とヒトが臓器を交換する。

 

昨夜発見された佐藤怜(ヒト)と雨宮愛美(鬼)は接点はなかったが、二人とも腎移植のきわめて新しい手術痕があるのだと雪森は言う。

解剖の結果、医療関係者が絡んでいる様子で、二人共腎臓を摘出された上新たに移植されている。

なぜ臓器の交換をヒトと鬼でするのか、本当だとしたら何でそんなことを・・・、と沢崎はこの時思っていた。

一緒に捜査を進めていく中で、なんだかんだ雪森は人懐こいなと朝海は思ったが、そう見えてもどこか心の壁があるように沢崎は感じていた。

三人がラーメン屋に向かうと雪森の五課の同僚が店を出てきた。そこにはジュリアナ・ロイド、つまりジルもいた。

 

失踪者の鬼が現れ人間の捜査官だけ現場へ向かうことに。

 

その後沢崎は雪森と仲良くなり協力して捜査を進めていくようになる。だが1週間後、沢崎の元に雪森から深刻な電話が入った。

雪森は「茜」という鬼の彼女と一昨日から連絡が取れないらしい。茜は20代女性、失踪事件の鬼たちは皆20代女性。心配になる。

そんな中平和島の貸倉庫で失踪者が一人見つかったという報告を沢崎は受ける。

その娘は鬼で、既によびかけに応じず襲いかかってきたのでやむなく銃で命を奪ったという。

宗像管理官は鬼だと血を見て変異してしまうので、人間の捜査官だけで出勤するよう指示を出した。

 

雪森の彼女「茜」が沢崎を襲う。

 

雪森は一緒に行くと言ってくるが、鬼なので出勤できないと沢崎は言いきった。

彼女がいたらどうするんだと言う雪森と口論にはなったが、いたら必ず助けると沢崎は約束し、とりあえずヒトだけで出勤することになった。

現場に到着すると倉庫には何人かの鬼がおり、沢崎の部下が襲われてしまった。鬼の手足だけ撃って命は奪うなという沢崎だが、それは無理な注文だった。

鬼はとても危険で、とてもじゃないがそんな余裕はない。その結果、刑事たちは咄嗟に鬼の頭部を撃ってしまった。

朝海はこれで失踪した鬼は全員だと言うが、まだ茜がいることを沢崎は知っていた。案の定茜らしき鬼が上から飛び降りてきて沢崎に襲い掛かってくる。

 

失踪した鬼たちはクイーン達の実験場から逃げた鬼たち。

 

失踪した鬼はクイーンと呼ばれる人物と、ドクター藪田の実験場から逃げ出した鬼たちだった。

薮田はヒトと鬼で臓器移植が可能なのかどうかをずっと確かめたかったらしい。

だがクイーンは鬼の拘束が甘かった薮田のミスのせいで鬼が脱走し、実験場の存在がバレてしまったという理由で、ここで藪田を撃って始末した。

一方茜に襲われた沢崎は、やはり咄嗟に銃を撃ってしまった。茜は絶命し、その後雪森が待機命令を無視して駆けつけてきた。

沢崎は茜を撃ってしまった自分を雪森は許さないだろうと思ったが、雪森は悲しみながらも沢崎が生きていたことにホッとしていた。

 

志願して沢崎と同じ班になった朝海。

 

襲ってきた鬼をヒトがとっさに銃撃する、それは雪森にとって嫌になるほど見慣れた現場らしい。だが雪森は沢崎の血を見て変異し始めた。

危ないと思った刑事たちは公安の決まり通り雪森を撃って絶命させた。沢崎は深く悲しみ、この日から鬼が鬼である理由をずっと考えているという。

雪森の墓の前にいた沢崎の元へ朝海がやってくる。F班班長は沢崎に代わって石丸警部補が務めることになったことを知らせてくる。

沢崎と朝海は石丸の部下として働くことが決まったが、朝海は沢崎と同じ班にしてくれと無理矢理志願したらしい。

石丸を推薦したのは菊原だが、どうも腑に落ちないので石丸も信用できないと朝海は言っている。だがそこにその石丸が現れた。

スポンサーリンク

怪しいなら自分を調べろという石丸。

 

片桐や関係者を沢崎が隠しているのを知っている石丸は、上官命令としてまずは関係者全員集めるように言ってくる。

沢崎は指示に従い石丸をバー・サカキに連れて行き部下たちと対面させた。つかさや李も呼ばれたのは怪しいと柳は思っていた。

それと安斎とジルは2ヶ月間ヒトの付き添い無しでの外出は禁止になったという。これまでは出勤のみだったが、今後は私用の外出も禁止になるという。

そこまでされたことに憤りを感じているジル。だが仲良しごっこで事件は解決しないと石丸は言い切った。

安斎は石丸も内通者かもしれないと疑っていたが、それは朝海も同じで、朝海は石丸に直接信じられないと口に出した。

しかし石丸は、そんなに怪しむなら自分の身辺調査をすればいいし、自分を推薦した菊原も同じように調べてみればいいと言い切った。

 

ゼロキューから貰ったメモ。

 

ジルは自分の処遇にふさぎ込んでいたが、沢崎はジルに気をつかい自分の家に住んだらどうだ?と提案してくる。そうすれば外にも出れる。

だがジルは男女が一つ屋根の下で、というのが気になるらしい。沢崎は「悪い気はしないな」と言い、ジルは完全に照れる。

その頃つかさはゼロキューから貰ったURLを安斎に教えていた。困ったことがあればここに書き込んでいいらしい。

更に牧村がレーロクで、組織名はCCCだと牛尾が言っていたことも。しかしこの会話は石丸に聞かれていた。貴重な情報を知った石丸は班員を全員集めた。

 

CCCの今の状況。

 

ここで石丸は今のCCCの状況を説明した。まずCCCという言葉がネットに現れるようになったのは池袋事件2月6日の翌日7日から。

公式サイトはなく、池袋事件をきっかけに「鬼を殲滅する」組織CCCが発足したと噂されているという。

ゼロナナが狙撃手で、村上蓮に刺されたこと。今はゼロキューと合流しCCCの追ってから逃げていること。

追手の一人は牧村で7日にバー・クロスを襲撃していること。そしてあの日バー・クロスへ車を出すと言い出し、残って店を守ると言ったのも牧村だった。

そもそも片桐が襲われたのは村上蓮が誰かに落とされたのを見たからであるが、落としたのは誰だったのかも分かっていない。

村上のPCから例の気象予報士宛のラブレターが半年のうちに52通見つかったが、文体の照合もできないので、村上本人が書いた確証もない。

 

池袋事件はCCCの演出であるところまで予想している石丸。

 

村上もCCCの一員だということや、仲村は天気予報を撮っていたカメラマンであることを李は石丸に告げた。

池袋事件自体がCCCの演出であり、「鬼を殲滅する」世論を高める為のものだったのだろう、そう石丸は予想した。

次に牛尾をどうするべきか。もう牛尾の正体はバレているが、総指揮官である菊原に報告するかどうか石丸は皆に尋ねた。

しかし牛尾を確保してからでないと、もし菊原もCCCだったら先に牛尾を逃されるだろうし、警察内部で工作とかされるのもややこしいの。

やはり先に捕まえるべきかどうか石丸は考えている。ここで安斎は今回ホテルに牛尾を配置したのは菊原なんじゃないのか?と言った。

ということは菊原が推薦した石丸も怪しいことになるが、石丸は自分は怪しくないと言い切った。

 

牛尾をどうするか。

 

石丸、つかさ、安斎はゼロキューとコンタクトをとって情報提供の交渉をすることになった。

だがゼロナナが手伝ってくれたとしても、鬼の命を5人奪っているゼロナナを協力の見返りに見逃すのは無理だと沢崎は言う。

石丸は逮捕云々については後で考えると言った。次に朝海は菊原と石丸の身辺調査。

沢崎、柳、ロイド、李はゼロナナ、牧村、牛尾の足取りやバックボーンを調べることになった。

その頃ゼロナナはつかさが前言っていた「鬼とヒトは基本的には同じで、血を飲んでいる鬼はクマすらない」という言葉が気になっていた。

自分を襲ってきた森澤はクマがあった。少なくともあの日まで森澤は、誰の血も吸っていなかったのだろうか?とゼロナナは考えるようになっていた。

つかさが「相談があります」と書き込み、それを見たゼロキューはつかさからのメッセージに気づくのだった。

 

石丸はクイーンや菊原にジェイソンと呼ばれている。

 

これは菊原の夢。少年の菊原は洗面所で嘔吐した。それを見た母は綺麗にしてくれるわけでもなく、「来ないで」と言って菊原を遠ざけた。

自分は仕事だからと家政婦を呼び、消毒などを頼み、なんなら病院に連れていってほしい、また吐かれては困るからと言って仕事へ出かけた。

そして菊原は目を覚ました。目の前にはクイーンがいる。菊原は病院のニオイが落ち着くという理由でクイーンの部屋でよく寝ているらしい。

クイーン曰く例の予報士は多分CCCに入るという。診察にいったが鬼に対して相当恨んでいる様子だったからだ。

池袋で変異させたADは勾留中に舌を噛んだが命に別状はなかったという。

クイーンは「ジェイソンは入ったの?」と菊原に質問し、本日付でF班に異動したと菊原は答えた。石丸のことだろう。

うまく導いてくれるといいね、国に楯突くわけだから、とクイーンは意味深なことを言った後、これからが本番だと二人は言った

というわけでここまでが「デビルズライン」コミックス5巻の内容ネタバレでした。

「デビルズライン」の関連記事

コミックスネタバレ

1巻:デビルズライン1巻ネタバレ!吸血鬼安斎結貴とつかさの出会い

2巻:デビルズライン2巻ネタバレ!作戦Bの内容とゼロツーの正体

3巻:デビルズライン3巻ネタバレ!ハイブリッド出産計画とオンロの地下

4巻:デビルズライン4巻ネタバレ!R2PCに所属する安斎の母佐古

5巻:この記事

※細かい内容は原作を読んでみるともっと面白いはずです!

デビルズラインで検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→「デビルズライン」を無料で試し読み