vlcsnap-2015-12-18-12h21m10s307-min

秋アニメ「ヤングブラックジャック」が最終回を迎えました。

原作手塚治虫先生の描いた漫画ブラックジャックの過去を描いた物語。

学生時代の間黒男の医師免許を取ろうとしている時代。

脚本:田畑由秋

漫画:大熊ゆうご

この二人が復活させたヤングブラックジャック1期が終了しましたが、果たして2期は放送されるのか?

原作ストックやBD/DVDからも可能性を予想してみましょう。

スポンサーリンク

 ヤングブラックジャック2期予想

まずは、今季アニメ1期の放送範囲についてみてみましょう。

ヤングブラックジャック1期放送 原作コミックスの範囲

0001-min

一期で放送された内容は原作コミックスの1~3巻までです。

1話の「医者はどこだ!」から6話の「ベトナムにて」までの半分が原作コミックス1、2巻。

7、8話で放送された「苦痛なき革命」が原作コミックス3巻に収録されています。

しかし、その次9~11話までに放送された「無残張」は4,5巻を飛ばして、いきなり6巻の最終話から7巻に続いている話になっています。

最終回の「狂騒の季節」はまた2巻まで戻る。

これが一期で放送された原作コミックスの内容です。

後半はかなりでたらめですね。

 

原作ストック

0001 (2)-min

1期放送範囲を説明しましたが、原作コミックスでは2巻までの放送を全てしたことになっています。

3巻からはまちまちで放送されていますが、大体全部で3冊分くらいの放送はされたと思います。

原作コミックスは現在9巻まで発売されています。

原作ストックとしては、6冊分くらいの余裕があって2期の放送をするのには充分ですね。

原作「ブラックジャック」同様でストーリーも一つ一つがしっかり繋がっている訳ではないので、1期で放送されなかった物語もまだ残っています。

スポンサーリンク

BD/DVD売り上げから予想

0001 (3)-min

原作マンガのアニメ2期を放送するのに必要なのは実は、マンガ売り上げだけでは無いんですね。

1期が放送されたのは、原作コミックスの人気、そして手塚マンガが原作という影響が大きいのだと思います。

しかし、第2期となると原作コミックスで判断はできないみたいですね。

2期放送決定は完全にBD/DVDの売り上げなのです。

アニメのBD/DVD化は費用がかなり高いようで、1つ5千枚売れればやっと黒字になるレベルになっています。

つまり、1期放送を見ていた方が多くても、BD/DVDが売れなければ意味がない。

ヤングブラックジャックはBD/DVDのvol.1が12/23に発売されます。

amazomなどで予約ランキングを見てみると今まで2000位くらいの位置にいます。

そして、今期秋アニメの中での予約1位は終物語。

終物語は全体通しても30位くらいの順位にいます。

これはかなりの差がありますよね。

正直このままの売上予測では2期放送は厳しいかもしれません。

まだアニメ放送が終了したばかりなので、可能性が無いわけではありません。

2期放送を願う方はBD/DVDが売れることを願いましょう。

まぁ、買っても良いと思いますよ。笑

 

※正確な売上枚数が分かり次第載せていきます。

 

まとめ

僕は手塚治虫のファンなので、正直ヤングブラックジャックの2期放送はやってほしいです。

原作のブラックジャックとは若いだけあって、印象が違いましたが話の暗さは近いものを感じます。

むしろキャラクターの性格が、さらにダークになっている気もします。

比べてブラックジャックが少し優しい。

現在も連載が続いているヤングブラックジャックなので、アニメ化されないとしても僕は読み続けていくのでしょう。

手塚作品はかなりオススメマンガです。

以上

「ヤングブラックジャック2期放送は?原作や円盤売り上げで予想」

でした。