弱虫ペダル31巻のネタバレです。

箱根学園の3年生追い出し走行会のエース対決の決着から、2年生になった坂道たち総北の1年生レースなどを描いた内容になっています。

新入生期待の1年生鏑木と段竹のコンビと2年生ながら志願した杉元の白熱のバトルがこの巻で見れます。では早速31巻のネタバレに参りましょう。

※この記事には弱虫ペダル31巻のネタバレ内容がガッツリ記載されています。マンガやアニメを見るよ!という方は閲覧にご注意ください。

スポンサーリンク

30巻のおさらい

地元大阪で御堂筋と戦った鳴子は敗戦により、スプリンターをやめる。

そして箱根学園では3年生の追い出し走行会が行われていた。新開と泉田のスプリント対決、東堂と真波のクライマー同士の対決が終わり、いよいよエース同士の戦いに入っていた。

弱虫ペダルの試し読みは?

弱虫ペダルは現在48巻まで続いている人気作品です。アニメを見ている方で続きも知りたいという方は原作を読んでみると良いですね。

以下ネタバレを含むので、原作で内容を知りたい方は無料の試し読みもオススメです。

弱虫ペダルで検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→弱虫ペダルを無料で試し読み   

弱虫ペダル31巻ネタバレ

残り500mで黒田・葦木場がリードした状態で、最後の勝負が始まった。葦木場は頭の中でクラシックがなり始め、メトロノームダンシングでスパートに入る。

一度負けた相手には二度負けないという福富の言葉を言い放ち、もう一段葦木場は加速し、箱根学園の次期エースの役目として福富に勝利した。

対決した四人は三年生にお礼を言うと、福富からもっと強くなれ、そして来年のインハイで王者を取り返せという言葉を言われた。

最後に部員全員で集合写真を撮って、追い出し走行会は幕を閉じた。

2年生になった小野田たち

二年生になった小野田。入学式が行われ、2人の一年生が自転車部を強くしようと意気込んでいた。そしてママチャリに競技用ヘルメットで登校してきた小野田。

インハイとその横に個人優勝した小野田の名前の入った二つの垂れ幕に驚き小野田は転ぶ。2人の一年生の内の1人が小野田に近づきそういうヘルメットをかぶるならあの名前憶えておけと言った。

新しい教室に入ると小野田は、女子から垂れ幕をバックに写真を撮ろうよと言われ、断るが二年生から同じクラスになった今泉からめったにない機会だから撮っておけばと言われる。

ここで1人忘れていないかと言って、イメチェンした髪型で鳴子が登場する。すぐに髪は今泉に直され、そんなことよりやる事をやっているのかと聞かれる鳴子。

鳴子は新型鳴子章吉を開発途中だという。インターハイまでに間に合うのかという今泉の言葉に鳴子はヨユーと返した。

1年生レースでワンツーフィニッシュ

部室では、垂れ幕のことで小野田と話していた2人組、鏑木一差と段竹竜包が自転車部に入部届を出していた。

そして手嶋に一年生レースで二人でワンツーフィニッシュを決めたらインハイの6人のメンバーで確約でいいですかと聞く。手嶋はいいぜと約束する。

杉元の弟定時も総北に合格して入学していた。定時が宣言通り総北に入学したということで杉元も気合が入り、インターハイの総北6人目のメンバーになると決意するのであった。

スポンサーリンク

杉元の熱意

杉元は今泉に頭を下げて、強くなる為の練習法を聞いた。杉元はインターハイの小野田の姿やチームの信じる姿を見てやる気を出していた。

1年生レースのスタート前、杉元は昨年の3位を返上し、今年もレースに参加させてほしいと手嶋にお願いをする。1年生レースのスターターは生きる伝説とされている小野田。

始まる前に頑張ってねと手を握りエールを1年生に送る。そしてスタートし公道を先導する杉元。1年生の沢田とゴリ蔵が杉元を抜き信号が赤になったのに後続を置いていこうとするが、杉元はそれを止める。

レーススタート

田園区間に入り、いよいよ本格的なレースが始まると同時に鏑木と段竹の二人がハイペースでどんどん差をつけていく。二人のペースにより、一年生集団はバラバラになり、止まっている者もいた。

鏑木は入学初日の無礼を小野田に謝っていた。許すために恩を売れという今泉の入れ知恵で小野田は鏑木に気にしてるなら1年生レースの走りで見せてよと言っていたのである。

そして小野田達の乗る車から見えてきたトップの人数は3人いた。2人の後ろを必死で杉元がついてきていたのだ。

少しふらついた杉元だが、そこから加速して一気に鏑木たちと差をつける。杉元は高アベレージを長時間維持することのできる脚を持っていて、ふらついたのは頼りなく見せ、追う必要が無いと判断させそのまま差を付けようとしたからである。

しかしそれに気が付いた鏑木と段竹は全力で走り始めた。全開になった段竹の引きにより、杉元は1年生コンビにあっという間に追いつかれてしまう。

追いついてきた定時

気持ちが切れそうになった杉元に今泉は追えと後押しをした。また走り出した杉元であったがすでに二人は見えないところまで行ってしまっていた。

そしてトップの元に行ってしまった、手嶋たちを乗せた車を見て杉元は止まってしまう。だが、止まっていた杉元の元に現れたのは弟定時であった。

兄と一緒に走りたいという思いで、一人で走ってきたのである。勝利を確信し手嶋たちの元まで下がってきた鏑木。

そして小野田にこの夏あなたを超えると宣言した。しかし、手嶋はゴールラインまであきらめないのが総北だと言って、そのスピリッツを受け継いでいる杉元が勝利をあきらめていないなら必ず来ると言った。

弱虫ペダルの関連記事

弱虫ペダルのコミックスのネタバレ記事一覧

コミックスのネタバレはこちら

28巻:>>弱虫ペダル28巻ネタバレ!ハコガク次期エース2m超えの葦木場

29巻:>>弱虫ペダル29巻ネタバレ!フォームのコピー特技シンクロの定時

30巻:>>弱虫ペダル30巻ネタバレと感想!御堂筋の脱皮とハコガク世代交代

31巻:この記事

細かい内容は原作を読んでみるともっと面白いはずです!

弱虫ペダルで検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
→弱虫ペダルを無料で試し読み   

まとめ

今まで調子のいいことばかり言っていた杉元。なんだかんだで登場させているキャラなのかと思いきや真面目に努力する姿を見る時が来たみたいですね。

このまま今泉の教えの元で練習を続けていれば、3年生になった頃には相当な選手になっている期待があります。そして弟の定時も総北レギュラーの完全コピーが出来れば、凄い兄弟になりそうです。

けど正直なところ、体格も能力的には弟の方が伸びしろはありそうですよね。(汗)

では以上「弱虫ペダル31巻の内容ネタバレ!杉元VS1年ルーキー鏑木・段竹」でした。