弱虫ペダル、コミックス30巻のネタバレと感想です。

この30巻では鳴子と御堂筋のレースに決着がつきます。この二人のどちらが勝ち、どんな成長があるのか。

そして王者ハコガクも総北同様世代交代が始まります。3年生VS下級生のお別れバトル。3年生に1・2年がどれだけ迫ることができるのか。

というかあんな強い3年に迫っていいのか(笑)。というわけで弱虫ペダル30巻のネタバレへ参ります。

※この記事には弱虫ペダル30巻のネタバレ内容がガッツリ記載されています。マンガやアニメを見るよ!という方は閲覧にご注意ください。

スポンサーリンク

弱虫ペダル29巻のおさらい

3年生の抜けた今、ゴールを狙える選手が少ないということで鳴子にオールラウンダーになることを進めた今泉。

そのことで悩んだ鳴子は休みをもらい自分の原点である大阪に戻り、地元の人間と草レースをしていた。そしてそこで鳴子の前に現れた御堂筋。

スプリンターをやめることを勝負に賭けた鳴子と御堂筋の戦いが始まった。

弱虫ペダルの試し読みは?

弱虫ペダルは現在48巻まで続いている人気作品です。アニメを見ている方で続きも知りたいという方は原作を読んでみると良いですね。

以下ネタバレを含むので、原作で内容を知りたい方は無料の試し読みもオススメです。

「弱虫ペダル」で検索。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→弱虫ペダルを無料で試し読み   

弱虫ペダル、コミックス30巻の内容ネタバレ

御堂筋の脱皮!

 

どっちも引かない勝負をする御堂筋と鳴子。ぶつかりながら憎まれ口を叩き合う。

インハイの時より御堂筋が明らかに強くなっていると思う鳴子だが、勝てると考えて本気のスプリントで差をつける。

だが、御堂筋はインハイが終わってから対等に戦える敵がいなくなり、自分の挑発に負けないメンタルとフィジカルを持つ人間を待っていた。

そして鳴子との勝負によって、昆虫の様に1段階上の脱皮を始める。次の勝利に向かって。

 

鳴子のスプリンター引退宣言

 

御堂筋は異様な前傾姿勢のフォームから半周ほどあった鳴子との差を詰め、逆転する。観客も見たことのない御堂筋の新しい姿だった。

一気に半周近くつけた差を縮められてしまう鳴子。と思ったら御堂筋は既に鳴子を抜き去っていた。力を出しすぎて鼻血が出てくる鳴子。

なりふり構わず勝ちを狙う鳴子はサドルを取り除き軽量化、最後まで踏ん張るがやはり最後は御堂筋に敗北する。

そして泣きながら鳴子は御堂筋に対し、約束通りスプリンターをやめると言った。

スポンサーリンク

 

箱根学園の3年追い出し走行会

 

箱根学園では3年生の追い出し走行会が始まろうとしていた。親睦会とは言ったものの、3年生と次期レギュラーのレースが始まる。

最初の勝負は新開と泉田のスプリント対決。新開は狙った相手は必ず仕留めるという「バキュンポーズ」を繰り出す。

本気の新開にラスト1㎞まで負けていた泉田だが、泣きながら、最後だから、と踏むのをやめず最後は新開に勝利する。

泉田は新開という憧れを超えた。新開は泉田の実力を認め、自分の来ていたユニフォーム4番を託した。

 

東堂VS真波

 

次は東堂と真波のクライマー対決。東堂は真波に、坂道と連絡を取っているか、そしてインハイ後に渡されたボトルはどうしたか?と尋ねた。

真波は箱根の山で助けたことにより、インターハイに坂道を呼んでしまった苦い思い出のボトルを置いとける訳がない、と言って捨ててしまっていた。

しかし困っている者を見過ごすことはできずに、全力を出して負けたことは間違いじゃないと真波に言う東堂。

坂道は真波にとって3年間成長し合い、高め合う存在になる、だから大切にするようにと東堂は言った。

東堂の言葉で真波は今までの張り詰めた顔から、今までのほんわかな顔に戻る。そしてこの山は先輩の実力を見せつけ東堂が勝利した。

真波は東堂というクライマーの凄さを知り、最後に「ありがとうございました!」とお礼を言った。

 

最後のエース対決

 

最後はエース対決。黒田が葦木場を引き、荒北が福富を引く。

黒田は中学時代何をやっても才能にあふれていた。スポーツ万能。そして近所の知り合い泉田に誘われ自転車をはじめ、箱根学園に入学した。

しかし自転車部に入ると、黒田は荒北によりエリートの匂いを嗅ぎとられてけなされ、しかも性格はプライドの塊だと見抜かれてしまう。

嫌なところを突かれた黒田は怒り、荒北ともめて自転車勝負になる。それが黒田と荒北の最初の出会いであった。結果敗北。

自分の性格を図星だと認めるのが嫌で練習する黒田だったが、それでも負けてしまったため、強くなる方法を聞くために黒田は荒北に頭を下げた。

そうして黒田は嫌いな人間に頭を下げることで、プライドを捨てることが出来た。殻を破った今の黒田は荒北に感謝の言葉しか出ない。

ゴールまで後600m。荒北は黒田の成長を目の当たりにし、「今頃成長してんじゃねーよ」と思うのであった。

ここで弱虫ペダル30巻のネタバレが終わります。

弱虫ペダルの関連記事

弱虫ペダルのコミックスのネタバレ記事一覧

コミックスのネタバレはこちら

28巻:>>弱虫ペダル28巻ネタバレ!ハコガク次期エース2m超えの葦木場

29巻:>>弱虫ペダル29巻ネタバレ!フォームのコピー特技シンクロの定時

30巻:この記事

31巻:>>弱虫ペダル31巻の内容ネタバレ!杉元VS1年ルーキー鏑木・段竹

 

※他の2017年冬アニメネタバレはこちらから!

>>2017年冬アニメ・ネタバレ一覧!!

 

細かい内容は原作を読んでみるともっと面白いはずです!

弱虫ペダルで検索。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
→弱虫ペダルを無料で試し読み   

弱虫ペダル30巻の感想とまとめ

弱虫ペダル30巻の感想ですが、鳴子が現時点で御堂筋に負けるのはまあ予想できた展開だと思います。

やはり御堂筋は結構な化物なので、今あっさり鳴子が勝てたらキャラ崩壊が起きてしまう気がします。笑

後はハコガクの世代交代。真波と東堂ってどっちがクライマーとして上なのか気になっていましたが、余裕で東堂が勝ちましたね。

これははっきりさせてくれて良かったです。さすが巻島に勝った東堂は強かった!

そしてちょっと腑に落ちないのが泉田が新開に勝ったこと。こんなに簡単に新開に勝つんかい!という気持ちになりました(笑)。

御堂筋だってギリギリで勝てた新開を、泉田が超えてしまいました。このマッチョ凄いです。

そしてまだ決着のついてないエース対決ですが、上級生と下級生の衝突の末、最後は上級生に感謝するという展開は鉄板ですが、感動しますね。

これで先輩も報われるってもんです。早く続く31巻を読みたいですね。

というわけで以上「弱虫ペダル30巻ネタバレと感想!御堂筋の脱皮とハコガク世代交代」でした。