2017年冬アニメより放送が始まる弱虫ペダル3期のネタバレです。

インハイ優勝を飾った2期。その後金城達3年が抜けて、次世代が引き継ぐ内容に移っていきます。また今回は何クール放送なのかも注目すべきところ。今までの1・2期は2クールだったけれど・・・。

まずは弱虫ペダル2期からの続き、原作28巻からの内容を紹介します。早速3期あらすじネタバレに参りましょう。

※この記事にはネタバレが含まれています。アニメ放送や原作を読むという方はご注意ください。

スポンサーリンク

弱虫ペダルの試し読みは?

弱虫ペダルは現在48巻まで続いている人気作品です。アニメを見ている方で続きも知りたいという方は原作を読んでみると良いですね。

以下ネタバレを含むので、原作で内容を知りたい方は無料の試し読みもオススメです。

「弱虫ペダルで検索」

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→弱虫ペダルを無料で試し読み   

弱虫ペダル、アニメ3期のあらすじネタバレ!

28巻あらすじネタバレ!

インハイ終了と同時に9月から巻島はイギリスの大学に入学することになる。最後の峰ヶ山の登りに坂道を誘う。そして金城からキャプテンは手嶋に代わり世代は移る。

巻島がいなくなってからずっと弱気な坂道。手嶋と今泉と共に峰ヶ山クライムに出場する。そこで現れた2m越えのハコガク時期エース葦木場。

巻島が去り際に登れと言ったことから手嶋はクライマーとしての練習をしていた。手嶋と葦木場の戦いになる。

その戦いを見た坂道に手嶋に追いつきたいと言う意思が生まれる。

さらに詳しい28巻のネタバレはこちらから。↓ ↓

>>弱虫ペダル28巻ネタバレ!ハコガク次期エース2m超えの葦木場

29巻あらすじネタバレ

手嶋に追いついた坂道は、そのまま葦木場との戦いになり勝利し優勝する。次はスプリントの大会「クリテリウム」。3年田所の最後の大会。

田所・青八木・鳴子の勝負になり、後輩に上には上がいるということを教えるために走った田所が勝利する。後日杉元が練習に弟の定時を連れてくる。

兄とそっくりなフォームで走るスピードの無い人物であったが、人のフォームを完全コピーする能力を手嶋が発掘し、小野田の走りを真似させて伸びしろを見せる。

その後鳴子は今泉にオールラウンダーになれと言われ、スプリンターをやめるか悩み、原点である大阪へ行く。ホームコースで走る鳴子は京伏・御堂筋と会い、負けたらスプリンターをやめることを賭けて対決する。

さらに詳しい29巻のネタバレはこちらから。↓ ↓

>>弱虫ペダル29巻ネタバレ!フォームのコピー特技シンクロの定時

スポンサーリンク

30巻あらすじネタバレ

鳴子と御堂筋の戦いは、地元に敵がいなかった御堂筋が鳴子との戦いで一皮むけて勝利する。敗北した鳴子はスプリンターをやめる。

ハコガクの3年追い出し走行会。3年対次世代レギュラーの戦いになる。それぞれスプリントでは泉田と新開が戦い泉田が新開を負かす。

クライムでは真波と東堂が対決。インハイで負けてから張り詰めていた真波は、東堂からこれからの良きライバルになるから小野田とは連絡を取れと言われる。そして勝負には東堂が勝利する。

そしてエース対決では葦木場と福富が対決する。発射台の荒北と黒田が、ゴール手前600mまでエースを運び、黒田が一歩リードした状態になる。

さらに詳しい30巻のネタバレはこちらから。↓ ↓

>>弱虫ペダル30巻ネタバレと感想!御堂筋の脱皮とハコガク世代交代

31巻あらすじネタバレ

エース対決になったハコガク走行会。福富の一度負けた相手には負けないという言葉を胸に葦木場が勝利し、走行会は終わる。

2年生になった坂道。新入生も入学し、総北自転車部恒例の1年生レースが始まる。そこには総北の6人目になる決意をした2年生の杉元の姿があった。

インハイに出るために手嶋に1年生レースに出ることを志願した杉元。今泉に教えを請い、ここに備えて練習をしてきた杉元は1年生コンビ鏑木と段竹と接戦を繰り広げる。

しかし差を付けられ心が折れそうになったが、兄と走りたいという思いで追いついてきた定時を見てまたもトップに追いつくのであった。

さらに詳しい31巻のネタバレはこちらから。↓ ↓

>>弱虫ペダル31巻の内容ネタバレ!杉元VS1年ルーキー鏑木・段竹

 

※他の2017年冬アニメネタバレはこちらから!

>>2017年冬アニメ・ネタバレ一覧!!

弱虫ペダル、アニメ3期は何クール放送?

冒頭でもお伝えした通り、弱虫ペダル1期は3クール、2期は2クールで放送されました。2期までで消化された原作コミックスは27巻まで。総北がインターハイを制する感動的なシナリオで終了しました。

そんな続きの気になる弱虫ペダル3期ですが、まだ何クール放送になるかは発表されていません。現在弱虫ペダルのコミックスは48巻まで発売されていますが、その内27巻まで放送されています。

そう考えると48巻まで発売されているのであれば、ストックの方は十分と言えそうです。問題はどこで区切るかというところ。弱虫ペダル3期のサブタイトルは「new generation」。新世代・・・、定義が広い。汗

2クールで放送範囲を予想するならば、今までの1・2期の消化している原作の巻数的にインハイのど真ん中の内容で、少し微妙な終わり方をしてしまいます。

1クール放送だとインハイ前の合宿を終了した所で終わらせると予想しています。スッキリ最終回を迎えるのであれば1クール放送が理想ですね。

個人的には中途半端でも良いので、2クール放送してほしいです。

というわけで以上「弱虫ペダル3期あらすじネタバレ!何クール放送で原作のどこまで?」でした。