「UQ HOLDER! 〜魔法先生ネギま!2〜」のコミックス2巻の内容ネタバレです。

吸血鬼「エヴァンジェリン」こと雪姫に育てられた刀太も訳あって吸血鬼になり、九郎丸という友人も増えました。

それだけではなくUQホルダーなる謎の組織も登場し、まだまだ伏線は沢山ありながらも、かなりの急展開を見せています。

というわけで今回は「UQHOLDER」コミックス2巻のネタバレ内容を紹介していきます。

※この先、UQHOLDER2巻のネタバレがガッツリ記載されています。アニメ、漫画を観るよ!という方は閲覧にご注意ください。

スポンサーリンク

「UQ HOLDER」の試し読みは?

UQHOLDERは14巻まで続いており、一作目の「魔法先生ネギま」ともストーリーの繋がりがあるファンタジー作品です。

以下この記事ではネタバレを含むので、原作で内容を知りたい方は無料の試し読みもオススメです。

バトルものなのにちょこちょこシリアスではない感じもあり(笑)、まだまだ続きが楽しみなUQ HOLDERです。

「UQ HOLDER」で検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→「UQ HOLDER」を無料で試し読み 

「UQHOLDER」コミックス2巻の内容ネタバレ!

地下迷宮でのUQホルダー入団テスト。

 

雪姫がとある人物と一緒に立ち上げた組織UQホルダー。一度は組織を抜けた雪姫だが、2年ぶりに戻った雪姫を組員たちは手厚く出迎えた。

そこに真壁源五郎、飴屋一空、夏凜という三人の不死身も現れたが、彼らは吸血鬼というわけではない。

UQホルダーに入るには入団テストが必要で、都市の下にある地下迷宮から8年以内に出てこられたらテストは合格だという。

その瞬間突然地面に穴が空き、刀太と九郎丸は地下に落ちてしまった。地下には水たまりがあり、そこには謎の生物が泳いでいる。

九郎丸はすぐにその生物を退治しようとするが、近くの岩場で釣りをしている自称UQホルダーのリーダー「宍戸甚兵衛」に止められる。

甚兵衛曰く、その生物に喰われると30年かけて消化されるらしい。

 

2年前から地下で生活している「宍戸甚兵衛」。

 

甚兵衛が立ち上がろうとした瞬間、九郎丸は甚兵衛に全く隙がないことに気づき、達人であることを見抜いた。

甚兵衛は雪姫の好物を食べてしまって逆鱗に触れ、2年前に地下に落とされて以来ずっと助けも来ず、ここに滞在しているらしい。

その時突然刀太達の後ろからアザラシのような巨大な化物が出現。甚兵衛はその場から去ってしまい、刀太は片腕を喰いちぎられてしまった。

刀太と九郎丸はひとまず逃げたが、その後地下を延々と彷徨い数々の化物と遭遇する。しかもすぐに生えてくるはずの刀太の腕がなかなか生えてこない。

おかしいと思った頃に再度甚兵衛が登場し、刀太の腕はほっとくと30年は戻らない、そう告げてくる。

吸血鬼の場合切られた腕はまだ生きているので、その腕がさっき腕を食いちぎってきたアザラシの化物に消化されるまで腕は戻らないらしい。

 

甚兵衛の稽古と魔法使いの隠れ家。

 

刀太の腕を取り戻すには化物を倒さないとならないが、今の刀太たちでは勝てないので自分が稽古をつけてやろうか?と甚兵衛は言う。

九郎丸は甚兵衛を怪しい人物だと思い攻撃を仕掛け、つられて刀太も甚兵衛と戦い始める。

甚兵衛は圧倒的に強く、二人を返り討ちして自分は敵ではないことを二人に言い聞かせた。

甚兵衛の稽古とは、まずはアザラシの化物を片っ端から倒してこいというものだった。二人は喰われそうになりながらも化け物たちを倒していく。

九郎丸は何とか化物と対峙できる実力があるが、刀太は実戦経験もないし、まず武器も持っていないので相当苦戦してしまう。

そこで甚兵衛を刀太に武器を与える為に、30年前まである邪悪な魔法使いが隠れ家にしていたという家へ連れていく。

家の外に剣があり、鉄に刺さっている。それを抜くことが出来たら剣は刀太のものだ、と甚兵衛は言った。

 

魔法使いの重力剣。

 

刀太が今から抜こうとしている剣は、邪悪なる魔法使いが鍛造した強力な魔法剣らしく、今まで世界最強クラスのどの悪党も一人も抜けなかった代物。

その剣を刀太が軽々抜いたものだから甚兵衛もびっくり。しかし剣には「重←→軽」というダイヤルがあるので、「軽」に回したら抜けたとのこと。

しかし剣の重さを千倍にしてみると、あまりに重くて刀太は持つこともできない。しかし甚兵衛はこの剣を軽々と持つことができた。

50万倍にしても甚兵衛は持つことができ、まずは200倍の重さで振れるようになってみろ、と刀太に甚兵衛は新たな課題を課す。

刀太は1ヶ月後にその重力の剣を振ることができるようにり、甚兵衛も刀太の成長速度に驚いている。

その後も甚兵衛の課題でアザラシの化物と戦い続け、ついに刀太の腕を喰らっていた化物を倒すことができ、刀太の腕は復活した。

 

晴れてUQホルダーに。そして初任務。

 

引き続き刀太は魔獣を殲滅し続け、甚兵衛の案内によってUQホルダーのアジト内にある「開かずの井戸」から地上へ脱出することができた。

ついでに甚兵衛も地下から脱出。刀太達は試験をクリアし、めでたくNo.7近衛刀太、No.11時坂九郎丸という番号も付き、二人は組員となった。

その日からUQホルダーのアジトで寝泊まりすることとなった刀太は、ある日夢を見た。雪姫に膝枕されながら自分は血を流して倒れている。

「スマヌ、お前の両親は助けられなかった、やつらは手強い、お前もこのことはもう忘れろ」と雪姫は言っている。

夢の中の刀太は何も思い出せず、塔を見つめながら「あの長えの何だっけ?」と思った所で目を覚ました。そして地下から出てきて早半月。

UQ幹部バサゴ曰く、幹部くらいにならないと雪姫とは気軽に会えないのだという。(雪姫本人談)

その為には刀太は仕事で手柄を立てていかなければならない。そこで刀太に初任務が与えられた。

スポンサーリンク

裕福層の裏には沢山の貧困層が。

 

初任務は刀太、九郎丸、夏凜の3人で行う。夏凜は九郎丸を呼びにいったが、たまたま裸を見てしまい女だと思ってしまう。

しかし九郎丸はとにかく事情があって自分は男なのだと言い切った。

とりあえず夏凜は九郎丸の性別については深く触れないことにし、刀太と九郎丸の二人を連れて任務へ向かった。

華やかな都の裏には貧困層がおり、貧民街がある。貧民達は社会から外れてしまった者たち扱いを受け、裕福層から消えてほしいと思われている。

しかし人の理外れた人間以外の徒党UQホルダーは、人の世から外れ忘れ去られる者たちの味方なのだと夏凜は言う。

そして刀太達とUQホルダーの構成員は貧民の子どもたちの住む教会に到着した。

 

剣で刺されても全くの無傷。

 

教会のシスター春日美紺曰く、自分たちはこの辺り一帯の土地の権利を持っているので、それを売れ売れと地上げ屋が実力行使で圧力をかけてくるらしい。

刀太が貧民街の子供と食事をしている最中に地上げ屋はやってきて、いきなり建物を粉砕し始めた。更に筋肉隆々の男が遠くから歩いてくる。

男は手元で空気を発生させそれを投げつけてくる。刀太はそれに当たってしまい、遥か後方まで吹っ飛んでしまった。

男の正体は金さえ積めば何でもやる「瓦礫屋」という仕事人で、圧縮空気を撃ち出す魔法アプリを使って攻撃を仕掛けてくる。

夏凜が真っ二つに切っても男はまだ動くことができ、上半身でビーム発射、下半身で上半身を蹴り飛ばし襲ってくるなど、何でもありの攻撃を繰り出してくる。

瓦礫屋は夏凜の魔法障壁を無効化する攻撃を繰り出し、無数の剣が夏凜に突き刺さる。しかし夏凜は刺さった剣を振り払い、しかも肉体は無傷。

男の頭部にかかと落としを放ち気絶させてしまった。

 

パワーは上でも刀太が腕相撲で勝てないわけ。

 

瓦礫屋はサイボーグで、かなり金をかけて自らを改造しており、村人たちはそんな瓦礫屋から子どもたちを救ってくれた夏凜たちに感謝の拍手を送る。

だがこれで地上げ屋が終わるわけはないので、夏凜はしばらく泊まり込みで貧民街を見張ることにした。

夏凜の読みはその通りで、瓦礫屋が敗れたという情報は地上げ屋の大元である民間軍事警備会社の耳にも届き、新たな刺客を派遣しようとしていたのだ。

一方今の刀太のジャンプ力は建物5階分、パワーはトラックを持ち上げるレベル、走りも4秒を切る。しかし腕相撲は夏凜と九郎丸に勝てなかった。

パワーは上なのに刀太が九郎丸に勝てないのは、歩法「瞬動術」が出来ないからだ、と夏凜から言われる。

刀太は力の入れ方のコツを掴むため瞬動術の稽古を始めるが、刀太の未完成な瞬動術を見ていた通りがかりの格闘家が、痺れを切らして声をかけてくる。

 

灰斗の瞬動術は夏凜と九郎丸より上。

 

格闘家は自分の磨き上げた瞬動術を刀太に見せてあげた。音もなし、砂煙もなし、距離もある。まさに高速移動、洗練された瞬動術だった。

腕相撲では足の踏みしめも大事なので瞬動術の踏みしめは役に立つ。

更に格闘家は何もない空中を蹴って移動するという「虚空瞬動」という技も刀太に見せてくれた。男の名は格闘家「灰斗(カイト)」

瞬動には2つのコツがあることを教わり、その後刀太は修行二日目で砂煙を大分減らすところまで上達。

灰斗が去ってからも刀太は修行を続けるが、九郎丸はどこの誰かも分からない格闘家に稽古をつけてもらっている刀太を心配していた。

自分も瞬動術を使えるのに夏凜や自分に習いに来ないところを見ると、どうやらその格闘家は自分たちより優れた瞬動術を使えるということ。

そのような手練が自分たちの近くにいることを危険に感じた九郎丸は、早速夏凜にそのことを報告しに行く。

 

九郎丸の体の秘密。そして自分でも気づかない嫉妬。

 

しかし夏凜は純粋に刀太が強くなるならそれに越したことはないし、九郎丸がその格闘家に嫉妬しているのではないか?と指摘してくる。

そして実際のところ九郎丸は男なのか女なのか尋ねてくる。ここで九郎丸は観念し、自分の素性を明かすことにした。

九郎丸は不死身の処置を施されてはいるが、それ以前に八咫(やた)の烏族という一族の出であるという。

八咫の烏族は男女どちらでもなく生まれ、16歳の成人の儀式で男になるか女になるかを選び、選ばないと自然にどちらかに落ち着くという。

そして九郎丸自身は刀太の同士、友として、刀太の横に並び立てる男になりたいと思っているのだ。しかし夏凜はそんな九郎丸に攻撃を仕掛けてくる。

九郎丸の剣技は見事だが自分の芯がない。刀太は芯のある男に憧れているので、瞬動術の時も九郎丸を頼ってはこなかった。

そのことでショックを受けているのだ、と夏凜は九郎丸自身も気づいていない感情を指摘し、あなたは刀太の友にはなれない・・・と言って九郎丸を一喝した。

 

プロの傭兵、「力の手」の隊員超星仔。

 

その頃警備会社が雇った刺客、不死狩りの男「南雲」たちは村の住人を襲おうとしていた。そしてその一員には灰斗もいた・・・。

夏凜がシャワーを浴びている最中に眼帯をした男超星仔(ちゃうしんちゃい)が現れ、周辺にいたシスター春日が襲われてしまう。超は近接戦闘の達人。

そのまま夏凜の元まで近づいてきたので、夏凜は対抗して強烈な一撃で相手をふっ飛ばしたが、実力差なのかその後夏凜は追い込まれてしまう。

超は民間軍事警備会社「力の手(パワフルハンド)」の隊員で、プロの傭兵。夏凜ピンチ。

というわけでここまでが「UQHOLDER」コミックス2巻の内容ネタバレでした。

 

※2017年秋アニメのネタバレはこちらから!

>>2017年秋アニメネタバレ一覧

「UQ HOLDER」の関連記事

1巻:UQHOLDER1巻内容ネタバレ!雪姫の正体と神鳴流の九郎丸

2巻:この記事

3巻:UQHOLDER3巻内容ネタバレ!夏凜の本名と刀太の闇の魔法

4巻:UQHOLDER4巻内容ネタバレ!最強フェイトとリセット戦

5巻:UQHOLDER5巻内容ネタバレ!幽霊の三太と真犯人の小夜子

6巻:UQHOLDER6巻ネタバレ!祟り神の怨霊と三太はナンバーズに

※細かい内容は原作を読んでみるともっと面白いはずです!

「UQ HOLDER」で検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→「UQHOLDER」を無料で試し読み