taboo

アニメ化も果たした、真じろう先生の人気作品タブー・タトゥー(TABOO TATOO)8巻の内容ネタバレです。

今回はネタバレになってしまいますが、そのタブー・タトゥー8巻の内容をまとめ、ネタバレしていきたいと思います。

※この記事にはタブー・タトゥー(TABOO TATOO)8巻の内容ネタバレがガッツリ記載されています。アニメやコミックスを見るよ!という方は閲覧にご注意ください。

スポンサーリンク

タブー・タトゥー(TABOO TATOO)コミックス8巻の内容をネタバレ!

正義に預けた二つの鍵

 

ブラフマンのラーカーやイル、アイーシャを倒した玉城とイジーは正義の元へ向かう。

その頃カルと対峙している正義は、カルの必殺の間合いになかなか踏み込めないでいた。少しでも狙いが外れれば切り落とされる可能性があるからだ。

しかし正義は自分の精神の中にいるBBと協力し、カルの攻撃を見切り肉を切らせて骨を断った。遂にカルを撃破した正義だが、そこに遺跡とのアクセスが完了したアリヤが現れる。

正義に預けた二つのカギを回収しに来たアリヤ。しかし正義は自分の命と引き換えに起源体に喰われても良いから、アリヤの命がほしいと告げ二人は戦闘に入る。

 

遺跡を進むイジー達だが・・・。

 

無鍵の呪紋の力を使いアリヤを攻撃する正義だが、アリヤは1年前よりも正義は弱くなったという。アリヤの力に全く太刀打ちできないのだ。アリヤは正義の環境や心理をも理解し、ただ一年間躍らせていただけだと言い切る。

その頃正義が開けた遺跡直通の穴が塞がれ、イジーたちは遺跡に侵入する術を失ってしまう。しかし米軍と戦闘中の巨大なハエと化したアジタは、軍の戦闘機によってミサイルを撃ち込まれ、最後に捨て身で呪紋の能力を発動し自爆した。

しかしその自爆のおかげで遺跡へ続く穴ができ、イジー達は侵入できるようになる。遺跡を進むとそこにはボロボロのサンダースがいた。

まだサンダースが生きていることが分かると、イジーは玉城・トムと共にさらに奥に進む。しかしその先にいたのは、アリヤにより串刺しにされた正義の姿だった。

 

呪紋封じを操ることができる条件

 

無鍵の呪紋は遺跡を起動するためのカギであると同時に、遺跡を操作する機能も兼ね備えているとアリヤは語る。

  1. ヴォイドメイカーは初期化機能
  2. 復元能力は復元機能
  3. 呪紋封じは停止機能

そして正義の体に同化現象が起こり、呪紋封じを操るためには印者の高い適合度と、「自己犠牲」「利他主義」の精神が必要で、復讐などという自己満足とは対極のものだとアリヤは語る。

イジーと玉城は正義をトムに任せて逃げるよう言い、二人はそのままアリヤと戦闘に入る。全く勝ち目のない戦いだが、アリヤも本当に人間なのか?と驚く玉城の強さと、イジーの技で少し粘る。しかしそれも叶わずイジーは腕を奪われてしまう。

しかしそれは義手の方だったため、イジーは最後に一矢報いろうとそのままアリヤを蹴りつける。アリヤは地面に叩きつけられ、自分の口元から流血しているのを確認すると怒り、その場一帯を破壊した。

 

スポンサーリンク

 

謎の装置を押すワイズマン

 

爆風で宙を舞っているイジーをみて、ヘリコプターから飛び降りて助けにいく正義。そして正義は自分の命をエネルギーにして、イジーを助けてくれと起源体に頼む。するとアリヤの呪紋で落下しているイジーは逃れ、遂に正義は呪紋封じを操れるようになる。

そこでワイズマンはある装置を押した。そしてワイズマンはアリヤの認識の甘い部分を語り始める。

  • 正義がアリヤと渡り合う術は呪紋封じと起源体だけだと思っている。
  • 魂を燃やし尽くした時だけ起源体に喰われるという先入観
  • アリヤは正義とリンクを繋いでしまったこと。

リンクを繋げば一方通行ということはありえなく、ワイズマンはそれを利用し、アリヤが姉妹から魂をもらって起源体を操っているように、正義もアリヤのリンクを通して姉妹から魂をもらい起源体を操れるようにした。

 

起源体(正義)VS 起源体(アリヤ)

 

正義の起源体が現れる。ソースを制御できる上に起源体がヒト型だったため、正義にとっては同じ条件であれば体術は正義の方が上だからだ。

起源体VS起源体の対決は正義に軍配が上がり、遂にアリヤ本体の元まで正義の肉体が辿り着き、一撃を加えようとしたその時、アリヤは瞬間移動でその場を去っていった。

一時的に正義の起源体で包み込んだイジーの傷は復元し、自分一人ではダメだなと正義はイジーに感謝する。

その頃正義とアリヤの起源体2体は、どうして宿主を食らいつくさなかったのかお互いに議論していた。本来起源体はこの世界とかかわりを持ってはいけない。そして残り2人の起源体はどう思っているのかを気にしている様子だった。

タブー・タトゥー(TABOO TATOO)の関連記事

アニメ『タブー・タトゥー(TABOO TATOO)』のネタバレ記事はこちら

>>タブータトゥーアニメ1期ネタバレ!最終回までのあらすじ紹介

>>タブータトゥー2期ネタバレ!原作から最終回まであらすじまとめ

タブー・タトゥー(TABOO TATOO)コミックスのネタバレ一覧

コミックスのネタバレはこちら(順次追加していきます)

7巻:>>タブータトゥー7巻内容ネタバレ!第3遺跡とアリヤの真の目的

8巻:この記事

9巻:>>タブータトゥー9巻内容ネタバレ!シューニャとハーラの奇襲

10巻:>>タブータトゥー10巻の内容ネタバレ!アートマン最後の二人

11巻:>>タブータトゥー11巻ネタバレ!残虐ハルシャと古波蔵乙男・誠

感想まとめ

常に一歩先を行っていて、誰よりも真理にたどり着いてる風なアリヤですが、ワイズマンが頻繁に登場するようになってからは頭脳ではほぼ勝てていない印象を受けますね。

そして正義も桃子の復讐心にとらわれていましたが、それでは何も得ることができないと分かり呪紋封じを使えるようになり、少しずつですがアリヤと戦える男になりつつあります。

今までは意思はあるのだろうけどイマイチ目的の見えない起源体も何やら会話し始め、今後は起源体が正義やアリヤにどのように関わってくるのかも注目したいと思います。

というわけで以上「タブータトゥー8巻の内容ネタバレ!起源体同士の戦いで勝利」でした。