taboo

アニメ化も果たした、真じろう先生の人気作品タブー・タトゥー(TABOO TATOO)

今回はネタバレになってしまいますが、そのタブー・タトゥー7巻の内容をまとめ、ネタバレしていきたいと思います。

※この記事にはタブー・タトゥー(TABOO TATOO)7巻の内容ネタバレがガッツリ記載されています。アニメやコミックスを見るよ!という方は閲覧にご注意ください。

スポンサーリンク

タブー・タトゥー(TABOO TATOO)7巻の内容ネタバレ!

アリヤのビデオレター

 

ワイズマンに用意してもらった隠れ家になぜか王国の刺客が二人現れたが、正義は圧倒的な力で倒し追い払ってしまう。

その1週間後ワイズマンの研究室に向かった正義たちは、アリヤからビデオレターが届いていることを知る。なんとなく緊張感のないメッセージではあったが、アメリカのグランドキャニオンに立ち寄り第3遺跡を攻めるというメッセージであった。

そのビデオにはとらえられたリサが映っており、無事であったことが確認できた。ビデオを見終わった正義はその挑発にまんまと乗り、自分たちもアメリカに行くと言うが、ワイズマンは完全に勝ち目がないと正義をとめる。

しかしイジーもリサを取り返したい気持ちと、今の正義はアリヤに復讐する気持ちに囚われているので、アリヤとの戦いは避けられないと感じ、ワイズマンを脅してアメリカにいくことを決める。

 

襲いかかってくるリサ

 

遺跡には米軍の呪紋部隊も駆けつけていたが、ブラフマンの隊長アジタやラーカー、先日正義を襲ったアイーシャも現れ、呪紋部隊は一掃される。かつての同僚が一方的にやられたのを見たイジーの顔には悔しさが滲んでいた。

ラーカーやアイーシャとの戦闘は玉城とイジーが引き受け、確実に姫がいるであろう遺跡には正義とトムで向かうことになる。

イジーたちは早速ラーカーたちと戦闘になるが、上から突然攻撃を仕掛けてきたもう一人の敵の顔を見ると、それは何とリサだった。

イジーはラーカーと何故か襲ってくるリサの二人と戦い始めるが、ラーカーはイジーの過去を調べあげていた。地質学者の親に連れられ遺跡に来たときに呪紋を発見。弟が無限の呪紋に触れてしまい同化し暴発。そして一人生き延びたイジーはサンダースの養子になったという話だった。

 

カル現る!

 

玉城の方はアイーシャに攻撃を受けている米軍兵を助け、その後アイーシャが狂気的な相手だと分かった玉城は、アイーシャの命を奪うまで戦うことを決めた。

一方イジーの戦いだが、ラーカー曰く、イジーの目の前にいるリサは、イルの憑依能力で乗り移られている状態で中身はイルだということが分かる。

米軍には応援部隊も駆けつけ、変態したアジタと戦闘中だがかなりてこずっている。その時部下に攻撃の指示を出すサンダースの元にカルとアリヤが現れ、圧倒的な力で倒してしまう。

正義とトムは遺跡がある洞窟まで到着していた。トムは地上に戻り、正義だけ地下にある洞窟を進んでいく。しかしそこで正義を食い止めに来たのがあのカルだった。

スポンサーリンク

能力なくとも最強のカル

 

BBからカルの強さは聞いていた。そしてカルのある変化のことも。以前カルがBBと戦った時に、BBはカルの絶対境界を破壊したが、それがきっかけでカルはノイズキャンセラーが使えるようになっていた。

カルの能力は喪失したが、今は技を磨き呪紋なしの戦いでも最強だと言い切る。それを見た正義はカルのところに歩いていき、呪紋なしのガチンコ勝負に出る。

正義はワイズマンの研究所で作られた特殊鋼糸を装備し、何とかカルの攻撃を凌げているが、一太刀が早すぎて急所を守るので精いっぱいだった。正義はそれでもカルの懐に飛び込み、二刀のうち一刀の刀を折るが、その隙に腹を切られてしまう正義。

正義はとっさに呪紋の復元能力で回復する。ノイズキャンセラーといっても復元は可能なようだ。そこで正義はカルになぜアリヤは神になろうとしているのかを訊ねてみる。

 

アリヤの真の目的は姉妹との融合

 

するとカルはアリヤの真の目的を語る。4つのカギと4つの遺跡を完全に起動させると、自分の姉妹たちとのリンクも完全になる。そうなると全員の意識・精神が融合され、アリヤという人格は消え誰というわけでもなくなるという。

アリヤ姉妹が融合した後、アリヤは自分の作ったプログラムにより生きていく、一人の神のような高みの存在になるという。

それを聞いた正義は、桃子の敵をうってやりたいのにアリヤに消えてもらうと困ると反論し、カルに再度立ち向かい、カルの二刀流を受け止め折る。そしてついにカルは得意な一刀流に変え、正義を討つべく構え始める。

このカルを倒せば姫に届く、正義はそう宣言した。

 

ラーカーとアイーシャ散る

 

イジーはリサに憑依しているイル、ラーカーと2VS1の戦いになってしまい苦戦しているが、そこにイジーの仲間ローレンスとトニーが現れ、形勢は有利になる。

イジーはリサの体からイルを追い出すべく、全力でリサをぶん殴る。その衝撃でリサの体からイルが飛び出てリサを助けることができた。その後イジーはイルを拘束し、ローレンスとトニーが戦っているラーカーの元へ行く。

ローレンスはラーカーにより他界してしまったが、トニーの危機に間一髪で到着し、ラーカーに蛇とクラゲの毒を仕込んだ銃弾を撃つ。ラーカーは神経が完全にマヒし、最後はイジーに蹴り飛ばされ岩場から下へ落下していった。

アイーシャと戦っている玉城は、空間の歪みを利用した超加速を使い突進し、アイーシャ&イジーに蹴られて落下してきたラーカーも巻き込み二人はぐちゃぐちゃになってしまった。そして玉城は一言「南無」

その頃アリヤはすでに第3遺跡と自分をリンクさせる作業に入っている。既にかなりのプロセスが終了していた。

タブー・タトゥー(TABOO TATOO)の関連記事

アニメ『タブー・タトゥー(TABOO TATOO)』のネタバレ記事はこちら

>>タブータトゥーアニメ1期ネタバレ!最終回までのあらすじ紹介

>>タブータトゥー2期ネタバレ!原作から最終回まであらすじまとめ

タブー・タトゥー(TABOO TATOO)コミックスのネタバレ一覧

コミックスのネタバレはこちら(順次追加していきます)

8巻:>>タブータトゥー8巻の内容ネタバレ!起源体同士の戦いで勝利

9巻:>>タブータトゥー9巻内容ネタバレ!シューニャとハーラの奇襲

10巻:>>タブータトゥー10巻の内容ネタバレ!アートマン最後の二人

11巻:>>タブータトゥー11巻ネタバレ!残虐ハルシャと古波蔵乙男・誠

タブー・タトゥー(TABOO TATOO)7巻まとめと感想

アメリカが絶対に守らないといけないグランドキャニオンの第3遺跡。ここを守りきらないとどうにもならないのですが、今回でついにラーカーがあの世へ旅立ちましたね。笑

結構猟奇的な感じで不快な人も多かったのではないかと思いますが、この巻でほとんどのブラフマンが正義一派に敗れるという結果になりました。

また玉城という新キャラも、命をかけた戦闘なのに緊張感のない感じが良い感じですね。彼は強いですが今後はギャグ要員としても活躍してくれるでしょう。笑

次巻8巻ではアリヤの遺跡とのリンクは成功してしまうのでしょうか?

というわけで以上「タブータトゥー7巻内容ネタバレ!第3遺跡とアリヤの真の目的」でした。