「食戟のソーマ」コミックス21巻の内容ネタバレです。

20巻では創真と十傑第一席の司瑛士の料理対決の結果、司の実力勝ちという判定に終わりました。相当な実力を持っていた司。

一方脱落者は退学もありえるという進級試験が生徒たちを待ち構えており、創真達はえりなとの予習を終え試験会場の北海道へ向かうこととなりました。

セントラルの罠の香りがプンプン漂う進級試験ですが、今回はそんな「食戟のソーマ」21巻の内容ネタバレを紹介したいと思います。

※この記事には「食戟のソーマ」21巻の内容ネタバレがガッツリ載ってます。漫画、アニメを観るよ!という方は閲覧にご注意ください。

スポンサーリンク

食戟のソーマの試し読みは?

「食戟のソーマ」は現在26巻まで続いている人気作品。

アニメでは原作を忠実に描かれていますが、もっと続きを知りたい方は原作を読んでみると良いですね。

以下ネタバレを含むので、原作で内容を知りたい方は無料の試し読みもオススメです。

「食戟のソーマ」で検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→「食戟のソーマ」を無料で試し読み icon-book  

「食戟のソーマ」21巻の内容ネタバレ!

創真達に配られた品質最低の鮭。

 

進級試験の一次試験突破条件は、5人一組の班で一つの料理を作り合格ラインに届けばクリア。届かない場合は退学という内容だった。

創真の班員はアリス、黒木場、田所、吉野でセントラルの反逆者がしっかりとひとまとめの班になっている。

講師の広井は今回のお題食材が「鮭」であることを創真達に告げたが、広井が認めるレベルの鮭料理を作ることが出来れば試験はクリアらしい。

広井曰く薊の特別授業で習った料理を再現すれば問題なく合格ラインに届くという。しかし創真達はその授業を受けていない。

しかも創真達の班だけ「ホッチャレ」という産卵を終えて体力の落ちた、味の品質最低レベルの鮭が配られたのだ。

これは明らかな嫌がらせ。しかし広井から調理開始だと告げられてしまった。

 

創真達は食材を探しに外へ。

 

他の班にはかなり上質な鮭が渡されており、どうにかしないと創真の班はかなり追い込まれてしまう。

しかし創真には今のこの状況ですらひっくり返せそうなアイデアが浮かんでいる。えりなの開いてくれた勉強会の中にヒントがあったのだ。

魚介のスペシャリスト黒木場が班にいるのも幸いだった。そして創真は一番美味い鮭料理を出すのは自分たちだと宣言する。

そして一次試験開始。セントラルの調理法を学んだ生徒達は確実な美味い料理を広井に提供していく。

一方創真達はホッチャレでは使い物にならないので、他の食材を探しにいくことにし会場を後にした。

 

「トキシラズ」で創真達は一次試験合格。

 

創真達が外で仕入れてきたのは「トキシラズ」という鮭だった。鮭本来の旬である秋ではなく春頃から夏にかけて水揚げされる鮭のことだ。

身の張りも皮の輝きも超一級品で、季節外れにとれるので「時しらず」と呼ばれる。1日に数尾しかとれない超貴重な食材だった。

一年間で一番美味い鮭らしく、ブライン法と呼ばれる特殊な液体を用いた瞬間凍結法で、品質を全く落とさず凍らせてあった。

ブライン法はえりなが勉強会中で教えてくれた知識。制限時間も少ない中創真達は見事なチームワークで「トキシラズの幽庵焼き」を作り上げた。

逆境を簡単に切り抜けた創真達。トキシラズの幽庵焼きを食べた広井はかなり悔しがってはいたが、美味すぎたので一次試験合格を創真達に告げた。

スポンサーリンク

二次試験は札幌で麺料理。

 

創真達以外のセントラル反逆者班の一年生も全て最低な食材を割り当てられていたが、誰一人不合格になることはなかった。

だが今のような厳しい試験があと5回も続くので油断はできない。二次試験では絶対に一人残らず反逆者を不合格にすると広井は意気込んでいた。

そして二次試験は札幌で行われた。二次試験の審査を任された講師の遠藤から早速ルールの説明があった。

二次試験は個人戦でテーマは「麺料理」。北海道はラーメンや蕎麦が名物だが、試験会場には最低限の食材しか用意されていないという。

麺、野菜類、出汁、スープは下準備されているが、他の足りない食材は各自で調達しないとならないらしい。

そして遠藤をうならせる麺料理を提供することがクリア条件で、制限時間は3時間だった。

 

材料がなくても麺を作りあげていく反逆者たち。

 

生徒には順番に食材が提供されるが、創真達反逆者の順番は最後であり、その頃には麺などの基本的な材料は全てなくなっていた。

こうなってしまっては全ての食材を自分で用意しなくてはならない。かなり陰湿なやり方だが遠藤は広井に指示された通り試験を進めていく。

創真達は食材を調達しようとしたが、外は大吹雪で一歩も出ることはできない。そして麺は一本も残っていない。それなのに創真は料理を始めた。

遠藤は創真達が淡々と準備をしているのを見て嘲笑っていたが、他の会場の反逆者達も皆食材がない中次々と麺を完成させていた。

その秘密は”豪雪うどん”。北海道でもかなりの豪雪地帯として知られる倶知安(くっちゃん)地方の家庭料理のことだ。

 

芋の麺で状況を乗り越えた。

 

倶知安町はじゃがいもの生産地として有名で、芋から精製されるデンプンを活かして麺を作るうどんがあったのだ。

創真は早速自分流の「スペシャル豪雪うどん」を完成させ遠藤に提供した。具材はとてもシンプルでほぼ芋が使われている。

じゃがいもをすりおろし、トッピングに芋もちを加えられた完成度の高い料理を食べた遠藤は、やむなく創真達を合格とした。

他の会場にいる反逆者達も皆じゃがいもを使ってクリアし、セントラルに立ち向かう反逆者の一枚岩っぷりに遠藤たちは苦渋をなめさせられた。

その後二次試験をクリアした生徒達は暫し自由行動となり、創真達は札幌巡りをしてから集合場所に集まった。

 

創真の前に新十傑として現れた葉山。

 

ここでハプニング。集合場所には創真達以外誰もおらず列車は30分も前に出発していた。だがそこに十傑の一人竜胆が出現。

三次試験からは移動ルートの分岐・合流が繰り返されるので、バラバラになった人たちとまた会えるのは最悪最終試験会場になるのだという。

しかもそれまで生き残っていればという条件付き。そして反逆者達の三次試験は、創真達含む全員が十傑と対決することであると竜胆から告げられる。

だが創真やタクミはビビるどころか十傑と対決できることにワクワクしていた。今反逆者達は4つのルートに分けられているという。

そして創真の前に現れた十傑は何と葉山アキラだった。葉山は新・遠月十傑メンバーとしてセントラルに加入し第九席に入っていたのだ。

スポンサーリンク

熊肉の臭さをどう乗り越えるか。

 

葉山曰く潮見ゼミは潰れたらしい。あれ程大事にしていた潮見ゼミを手放した葉山だが何かあったのだろうか。

しかも寮を守ったり薊政権に反抗している創真に対し、志が低いと言ってくる葉山。創真がモタモタしている間に自分は頂に手をかけたと葉山は言う。

更に二人の料理勝負の判定員はあの堂島が務めるという。二人の料理の対決テーマは熊肉。対決は三日後。それまでは準備期間となる。

堂島はセントラルについたわけではなく、あくまで中立な立場にいるらしい。そして創真は葉山との勝負に備え始めるのだった。

といっても創真は熊肉を調理するのは初めて。少し調理して食べてみたがかなり臭いと創真は思った。

この臭い熊肉を扱うには臭み抜きはかかせないが、その為には下ごしらえから工夫が必要で、スパイスが必要になるということ。

スパイス、つまりそれは葉山の得意分野で独壇場とも言える。明らかに葉山の土壌すぎたのでさすがの創真も少し焦る。

 

 

創真を援助しに来た久我。

 

熊肉を攻略したいが残り日数は後3日しかない。時間が足りないと焦っている創真の元へ、なんと元十傑の久我が研究性を連れて様子を見に来た。

久我は親切にも創真の為に色々な香辛料を持ってきてくれたのだ。ただし香辛料を渡すには条件があるのだと久我は言ってくる。

それは葉山のいる第九席を賭けて、葉山に「食戟」を挑んでくれ、という条件だった。久我は今の遠月が面白くなくてしょうがないらしい。

どうせ自分はもう十傑ではないから失うものはない、だから来る進級試験は思いっきりかき乱してやろうと久我は思っているのだ。

とりあえず葉山との食戟のことは頭に入れておくとして、創真は久我からもらった沢山の種類の香辛料を使って調理を始めた。

 

今のままの創真では葉山には勝てないと予想する堂島。

 

「臭さ」は「旨さ」の源になる大事な要素、そこに活路があることを創真は閃く。

そして熊が実際に生きていた現地を歩き、素材の良さを感じてみたいという。久我もそのアイデアには賛成してくれた。

久我は創真が山へ登る為の装備一式まで揃えてくれたので、創真はこれから熊料理のヒントを求め山へ向かうこととなった。

一方葉山の調理を眺めていた堂島は葉山の腕に驚いていた。火入れ、香辛料の活かし方、調理センス、その全てが選抜の頃よりも一段上のステージにいた。

もし創真が今のままならもはや葉山は勝てる相手ではない、堂島は葉山の調理を眺めながらそう思っていた。

というわけで以上「食戟のソーマ21巻ネタバレ!新十傑第九席の葉山と三次試験で対決」でした。

 

※2017年秋アニメのネタバレはこちらから!

>>2017年秋アニメネタバレ一覧

「食戟のソーマ」の関連記事

コミックスネタバレ

15巻:食戟のソーマ15巻ネタバレ!学園祭で久我と模擬店の売上勝負

16巻:食戟のソーマ16巻内容ネタバレ!遠月の新総帥えりなの父薙切薊

17巻:食戟のソーマ17巻内容ネタバレ!中枢美食機関とさつま地鶏対決

18巻:食戟のソーマ18巻ネタバレ!叡山戦の結末と薊・城一郎の因縁

19巻:食戟のソーマ19巻ネタバレ!十傑第一席をかけた創真と司の対決

20巻:食戟のソーマ20巻ネタバレ!創真対司の決着と進級試験の始まり

21巻:この記事

22巻:食戟のソーマ22巻ネタバレ!薙切家の血筋宗衛のおさずけ発動

23巻:食戟のソーマ23巻ネタバレ!創真対葉山決着と修羅の異名城一郎

※細かい内容は原作を読んでみるともっと面白いはずです!

食戟のソーマで検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→「食戟のソーマ」を無料で試し読み