servamp

2016年夏アニメとして放送されていたサーヴァンプ(servamp)。

先日最終回を終えたばかりで、まだまだ話題沸騰中です。

そうなると気になってくるのが、2期続編の可能性の有無です。今回は円盤の売上や原作ストックなどを元に、2期続編の可能性を考察すると共に、放送時期についても予想していきたいと思います。

スポンサーリンク

サーヴァンプ(servamp)、現在のアニメの評価は?

概ね面白いという声が目立ちますし、2期を望む声も多く聞こえてきます。キャラに対する評価も高いようで、女性人気を集めているのも強みです。

人気だけみれば、2期続編は十分あり得ると思われます。

サーヴァンプ、円盤売り上げはどれくらい?

2期の制作があるかどうかを考察するにあたって、非常に重要な項目になってくるのが、円盤の売上枚数です。その理由は、アニメをつくっている制作会社の仕組みにあります。

アニメ制作の仕組み

まず制作会社は、お金をかけてアニメを制作します。そして、アニメを制作する際にかかったお金を、円盤(=DVD・BD)を売ることで回収します。

円盤の売上によって制作会社の利益が変わってくるのですね。ということは当然、赤字もありえます。人気のない作品は円盤が売れず、制作会社は赤字になってしまいます。

制作会社が欲しいのは利益ですから、1期の円盤がたくさん売れて利益を得られた人気作品のみ、2期を制作してくれます。

円盤売り上げの目安

では、円盤が何枚くらい売れると利益が出る(=2期続編を期待できる)のかというと、一般的には5,000枚程度と言われています。

サーヴァンプはどれくらい売れているのか、次の項目で見ていきましょう。

スポンサーリンク

サーヴァンプの円盤売り上げは?

サーヴァンプの円盤第1巻は9月28日なので、まだ円盤の売上は出ていません。ですが、現時点での予約数等から、大体どのくらいの売上なりそうなのか、予想していきます。

現在の予約数は1,000枚ちょっと。ちょっと少ない気もしますが、あくまでも予約数なので、実際に発売されれば、もっと伸びると思います。最終的には2,000~2,500枚程度になるのではないかと思われます。

この数値ではボーダーである5,000枚には遠く及ばないので、2期続編は厳しい印象です。

制作会社から目標枚数を予想

続編が制作されるかの目安は、前述した通り、一般的には5000枚以上だと言われていますが、実は制作会社によって、多少差があります。

サーヴァンプの制作会社は、ブレインズ・ベース。

夏目友人帳や境界のRINNEなどを制作している制作会社です。そこで、近年2期以降が制作された作品の、1期の円盤売上がどの程度だったのか、確認していきましょう。

・夏目友人帳:平均12,000枚
・境界のRINNE:平均500枚

夏目友人帳はおのずと知れた人気作なので、引き合いに出してもあまり参考になりませんが、境界のRINNEはつい最近の作品ですし、こうやってみてみると、円盤の売上としてかなり厳しいにも関わらず、2期が制作されています。

2期続編が制作されるかどうかは、円盤売上だけでなく、その作品自体の人気など、多角的に判断されている可能性が高いので、サーヴァンプも3,000枚程度売り上げる事ができれば、2期続編も有り得ない話ではないと考えます。

サーヴァンプ、原作ストックはどれくらい?

原作ストックとは?

原作ストックとは、映像(アニメ)化されていない原作ストーリーのこと。

アニメは通常、漫画なりラノベなりの原作を映像化していくので、人気があるのに続編が制作されていない作品はこの原作ストックが足りていないことがほとんどです。

「ストックがないから作りようがない」という状態ですね。

サーヴァンプの原作ストックはどれくらいか見てみましょう。

サーヴァンプの原作ストックは?

サーヴァンプは1期終了時点で、原作の8巻あたりまで消化しました。また原作の既刊は10巻。

原作ストックは2冊程度になります。これではちょっと2期制作分には足りません。すくなくとも、1期で消化したのと同程度の原作ストックは必要です。

なので、今すぐ2期を制作するというのは、難しそうです。

2期放送するならいつ頃?

2期続編の放送時期に関しては、原作ストックがいつ貯まるのが鍵になります。サーヴァンプの発刊間隔は約半年。

現時点でストックが2巻なので、計8巻貯まるには、あと6巻必要です。それを踏まえて計算すると

6ヶ月×6巻=36ヶ月=約3年 になります。

第10巻の発売が2016年7月だったので、そこから3年経った2019年夏頃には、原作ストックは貯まると思われます。

そこから2期続編の制作が開始されたとして、制作決定から実際に放送されるまでは約半年ほどかかります。なので、2期続編はもし放送されるとしたら、2020年冬頃だと予想できます。

ずばり、サーヴァンプ2期放送の可能性は?

これらの事を考慮して、サーヴァンプ2期続編の可能性は、20%程度だと予想します。円盤の売上に関してよりも、原作ストックの少なさがネックです。

原作ストックは時間が経ては貯まっていくものではありますが、その時期が大分先なので、それまで作品の人気やファンの熱が持つのかなど、不安要素があるので、ちょっと低めに予想しました。

根強く応援していく事が、2期続編に繋がる足掛かりになるかも知れませんね。

まとめ

残念ながら色々判断材料を集めてみた結果、可能性は少々低めですが、まだまだ希望はあります。引き続き作品を応援し、今後の展開を期待しましょう。

というわけで以上「サーヴァンプ2期続編はいつ放送?円盤売上と原作ストックで考察」でした。