美少女戦士セーラームーン 完全版刊行記念! プレゼントキャンペーン! 第3期スタート!:美少女戦士セーラームーン20周年プロジェクト公式サイト

画像参考元:http://sailormoon-official.com

 

1990年代に漫画、アニメ共に大ヒットを記録した『美少女戦士セーラームーン』

そのリメイク版として、2014年からスタートした『美少女戦士セーラームーンCrystal』も旧作同様、高い人気を誇っています。

そんな美少女戦士セーラームーンCrystal第2期の最終回にて、第3期「デス・バスターズ編」の制作が発表されました。

そこで、3期の放送に先駆けて、デス・バスターズ編の内容を、ネタバレでご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

美少女戦士セーラームーンCrystal第3期の見どころは?

セーラームーン3期の最も大きな見どころは、やはりセーラー10戦士が勢ぞろいするところです。

今までの月・火・水・木・金星の5戦士に、2期で登場したちびうさも、セーラーちびムーンとして仲間に加わります。

さらに、天王・海王・冥王星の外部太陽系3戦士や破滅の戦士・セーラーサターンまで登場します。

同じセーラー戦士でありながら、微妙な立ち位置の違いが、物語を盛り上げてくれます。

個人的に、3期で気になるのは、やはり新キャラのウラヌスとネプチューンです。

旧作を見ていた当時、ウラヌスこと天王はるかが、一体男なのか女なのか、本気で考えた事がありました。

見た目はとってもカッコいいお兄さんで、ネプチューンこと海王みちるとはまるで恋人同士のようなやり取りをしながら、変身後はちゃんとスカート履いてるし…。

今思えば、彼女達は今で言う、百合文化の走りだったのでしょうね。

百合文化も浸透しつつある今の時代で、その辺がどうゆう描き方をされるのか、興味があります。

 

セーラームーン3期「デス・バスターズ編」内容ネタバレ

3期に入り、うさぎ達は中学3年生に進級します。

中学3年となれば、やはり受験の問題も避けては通れません。

そんな中レイは、不吉な予知夢を見るようになります。

そして、レイの神社の神木が新たな敵、ダイモーンとなり、レイを襲います。

ダイモーンは「ピュアな心」を求めており、レイはピュアな心を奪われてしまいます。

そこに駆け付けたうさぎ達でしたが、ダイモーンの力の前に倒されてしまいます。

しかも、うさぎの変身ブローチまで壊されてしまい、まさに絶体絶命のピンチです。

そこに颯爽と現れ、いともたやすくダイモーンを倒したのが、謎の戦士・セーラーウラヌスとセーラーネプチューンでした。

 

絶体絶命のピンチを助けたウラヌスとネプチューンの目的とは?

彼らは、人のピュアな心に宿る三種の神器・タリスマンを探しており、タリスマンを集めると現れる、伝説の聖杯を手に入れる事が彼らの目的でした。

ウラヌスとネプチューンも、世界を守る為に戦い、タリスマンを探しているのですが、目的の為には手段を選ばない2人のやり方に、うさぎ達は反発。

互いに世界を守る事を目的にしながらも、協力しあう事はしませんでした。

その後、デス・バスターズより取引を持ちかけられたウラヌス達は、うさぎの変身ブローチを奪った上で、敵の場所へと向かいます。

実はタリスマンはウラヌスとネプチューンの心に封印されており、敵に奪われそうになります。

そこに、2人の知り合いだと言う冥王せつなに導かれたうさぎ達が駆けつけます。

冥王せつなの正体は、セーラープルートで3つ目のタリスマンは彼女が持っていました。

3つのタリスマンが揃い、聖杯が出現。

聖杯を手にしたうさぎは、スーパーセーラームーンに変身を遂げます。

聖杯が出現した後は、「真のメシア」を探す事になります。

スポンサーリンク

真のメシアと沈黙のメシアの正体

聖杯が「沈黙のメシア」の手に渡れば、世界はレイの見た予知夢のような、破滅の世界になってしまうのです。

一方、デス・バスターズは、すでに「沈黙のメシア」を目覚めさせており、生贄とする為に、さらにピュアな心を集めます。

そんな中、ちびうさが戦士見習い・セーラーちびムーンとして仲間に加わります。

ちびうさは、土萌ほたるという少女と仲良くなりますが、実は彼女はデス・バスターズの主要人物、土萌創一の娘であり、「沈黙のメシア」でした。

しかも、彼女は「破滅の星・土星を守護に持つ沈黙の戦士」セーラーサターンの生まれ変わりでもありました。

それを知ったウラヌス達は、ほたるを殺そうとし、ほたるを殺す以外の方法を探すうさぎ達と対立します。

そして、ちびうさのピュアな心を取り込んだ事で、ついに「沈黙のメシア」が目覚め、ミストレス9へと変貌し、ほたるの魂は体の奥底へと押し込められてしまいます。

うさぎ達はデス・バスターズの本拠地へと乗り込もうとするも、中に入れたのは聖杯を持つうさぎだけ。

ウラヌス達も侵入を試みるもやはり苦戦し、プルートが自身の命と引き換えに時間を止めた事で、ようやく中に入れました。

中に入ったウラヌス達は、土萌創一に取り付いてたダイモーンを倒し、ミストレス9の元へ向かいます。

一方、うさぎはミストレス9に騙され、聖杯を奪われてしまいます。

そして、奪った聖杯で召喚されたマスターファラオ90は敵味方関係なく攻撃をしてきます。

そんなマスターファラオ90からミストレス9ことほたるを守ったのは、うさぎと父の土萌創一でした。

父の声により、ほたるの意識は、セーラーサターンとして覚醒します。

サターンは、自らの命と引き換えに、ミストレス9を消滅させようとします。

うさぎはほたるを助けようとするものの、聖杯がない状態では上手くいきません。

ですがその時、戦士達の思いが1つになった事で奇跡が起き、うさぎはスーパーセーラームーンに変身します。

そして、マスターファラオ90を消滅させると、マスターファラオ90の体内から、赤ん坊の姿に転生したほたるを救出します。

やはり、真のメシアはうさぎの事だったのです。

 

まとめ

旧作を当時、リアルタイムで見ていた世代ですが、改めてあらすじを思い返してみるとなかなか複雑なストーリー展開で驚きました。

また、デス・バスターズ編は、かなり印象深かった思い出があるので、一体どのようにリメイクされるのか非常に楽しみです。

 

以上

「セーラームーンアニメ3期ネタバレ!デス・バスターズ編の内容は?」

でした。