キャプチャ201607161

2016年春アニメとして、放送されていた『パンでpeace!』。5分間の短編アニメというちょっと異色の作品ですが、2期続編の可能性はあるのでしょうか?

2期続編の可能性について、作品の評判や原作ストック、円盤の売上などから、考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

パンでpeace!作品の評価は?

キャプチャ201607201

まずは、実際の作品の評価から確認していきます。これが、まずはパンでpeace!がどの程度世間に受けているのかを知る大きな目安になります。

評価が高ければ人気がある。人気があれば、円盤も売れる。円盤が売れれば2期の可能性も高まる!というわけで、非常に重要な項目です。

ネットのアニメ評価サイトによると、パンでpeace!の評価は、5点満点中3点ぴったりくらい。まさに中間ど真ん中の評価で、可もなく不可もなくといった感じですね。

その要因としては、やはりOP等を含めての5分間のショートアニメという事で、実質アニメの内容は3分程度しかなく、その内容の薄さを物足りないと感じる視聴者多かったようです。

ですがその一方で、可愛らしい女の子達と美味しそうなパンの数々に癒されたという声も聞こえてきます。2期を望む声もちらほら聞こえてきます。でも、どうせ2期を作るなら、ちょっと長めに作って欲しいというのが、正直な声のようです。

 

パンでpeace!原作ストックは?

キャプチャ201607203

次に原作ストックを確認していきます。パンでpeace!は原作ありきな作品なので、当然原作のストックがなければ、2期続編は制作できません。パンでpeace!の既刊は2巻

少ない!と思われるでしょうが、5分の短編アニメであった事が幸いし、そこまでカツカツという訳ではないのが現状です。

1期終了時点で、2巻の最初の方まで消化したので、原作ストックは0.8巻といったところでしょう。

1期で1巻分と少ししか消化しなかった事を考えると、2期制作分としてはちょっと足りないかも知れませんが、絶対無理なストック数でもないと思われます。

 

パンでpeace!円盤の売上は?

キャプチャ201607207

それでは、円盤の売上を確認していきましょう。結局、2期続編があるかどうかで最も重要になるのはこの項目です。赤字必至では、制作会社としても制作には踏み切れません。

パンでpeace!の円盤第1巻は2016年9月の発売予定なので、まだどれくらい売上が出るかは、まったくの未知数です。ですが、一番上の項目で書いた作品そのもの評価から、どの程度売れそうかを予想する事ができます。

評価自体が、可もなく不可もなくの中間点だった事を考えると、円盤はそこまで売れない恐れがあります。

しかも、内容も5分の短編アニメで、大きなストーリー性があるものでもないので、円盤まで買って見たいと思う人は、そこまで多くないのではないかと思います。

(円盤売上枚数参考引用元:http://dvdbd.wiki.fc2.com)

※円盤売上枚数の正確な数字は販売後詳しく追記していきます。

スポンサーリンク

制作会社から、必要円盤売上数を予想

キャプチャ201607205

パンでpeace!の制作会社は旭プロダクション

テレビアニメから劇場版まで幅広く制作し、たまごっちやキティなどの短編アニメも手掛けている会社です。

旭プロダクションにおいて、2期まで制作された作品はそう多くはありませんが、過去に2期が制作された作品の1期の円盤売上を確認し、パンでpeace!の2期が制作される為に、必要な円盤売上数を予想していきます。

神のみぞ知るセカイ(2010年)→初動平均約2,500枚

たまゆら(2011年)→初動平均約4,000枚

上記の結果から、パンでpeace!も平均3,000~4,000枚くらい売れてくれれば、2期の可能性も高まりそうです。ですが、ここ5年くらいで2期まで制作された作品がない事を考えると、2期自体にあまり乗り気ではない制作会社なのかも知れませんね。一般的に、2期続編が制作されるかどうかのボーダーラインは5,000枚だと言われていますので、それと比べると少しハードルは低いようです。

パンでpeace!2期続編の可能性は?

キャプチャ201607206

以上の事を総合して、パンでpeace!の2期続編の可能性を算出します。

可能性としては、30%くらいかな?と言ったところです。人気はそこそこ、ストックは少し足りない、円盤の売上も少なそうなので、ちょっと低めの結果になりました。

ですが、肝心の円盤の売上が未確定なので、ここ次第では、パーセンテージが跳ね上がる可能性もあります。まずは、円盤の売上が出揃うのを、待ちましょう。

 

パンでpeace!2期続編の放送時期は?

キャプチャ201607204

もし仮にパンでpeace!の2期が放送されるとしたら、一体いつ頃になりそうなのかも予想していきます。

ストック数としてはほんの少し足りませんが、もうあと1冊出てくれれば十分たりるでしょう。パンでpeace!の単行本の発刊間隔は約半年。最新の2巻の発売が2016年3月だったので、3巻の発売は、

2016年3月+半年(発刊間隔)2016年9月頃

になるでしょう。

9月は、ちょうどパンでpeace!の円盤第1巻も発売されますし、この結果を踏まえた上でもし2期の制作決定が出されれば、

2016年9月頃+半年(アニメ準備期間)=最短で2017年4月(2017年春アニメ)

になるのではないかと思います。

2017年春アニメは1期からピッタリ1年後でもあるので、もしそうなればキリがよくて分かりやすいですね。

 

まとめ

結果的に、2期続編の可能性はあまり高くありませんが、まだまだ諦めるには早いです。どうやら再放送の予定もあるようなので、そこでさらに人気が高まり、円盤の売上に繋がってくれる事に期待しましょう。

というわけで以上「パンでpeace!2期続編の可能性を円盤売上と原作ストックで考察」でした。