「魔法使いの嫁」コミックス3巻の内容ネタバレです。

2巻では無事「澱み」を浄化させることに成功し、次の任務の為に教会に向かうこととなったエリアスとチセですがここで急展開。

アリスが師匠のレンフレッドをある魔術師から救ってくれ、とすがりついたところでその魔術師が姿を現しチセは攻撃を受けてしまいます。

チセの傷は致命傷に見えましたが、どうなるのか?今回はその「魔法使いの嫁」3巻のネタバレ内容を紹介したいと思います。

※この記事には「魔法使いの嫁」3巻のネタバレ内容がガッツリ記載されています。漫画やアニメを観るよ!という方は閲覧にご注意ください。

スポンサーリンク

「魔法使いの嫁」の試し読みは?

「魔法使いの嫁」は現在8巻まで続いている人気ファンタジー作品です。結構ドロっとした残酷な話も多く、ストーリーもかなり面白いです。

チセ、エリアス、この二人はどんな人物なのか。アニメでは待てない、もっと続きを知りたい!という方は原作を読んでみると良いですね。

以下ネタバレを含むので、原作で内容を知りたい方は無料の試し読みもオススメです。

「魔法使いの嫁」で検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→「魔法使いの嫁」を無料で試し読み   icon-book  

「魔法使いの嫁」コミックス3巻の内容ネタバレ!

ユリシィとイザベルの過去。

 

アリスは師匠レンフレッドからエリアスは時に手を差し伸べ時に牙を向く、人間のふりをしたがるおとぎ話の魔法使いだと教えられていた。

チセはレンフレッド達を脅していた魔術師の攻撃をアリスの代わりに受け傷を負った。それを見たエリアスは怒り、自分の本当の姿を見せたのだ。

エリアスの本当の姿を見たアリスは、これは人間になれないものだ、そう思った。エリアスはチセをユリシィに任せて一人進んでいく。

チセは意識は失っているがまだ生きており、頭の中にユリシィの記憶が流れ込んでくる。夢の中で気づいたらチセは池の近くにいた。

飼い主のイザベルが自分の赤毛と瞳の色を人々に笑われて落ち込んでおり、ユリシィが近くに寄り添ってなぐさめていた。

だがイザベルはある日馬車にはねられて命を落とす。ユリシィは現実を受け入れることができず、イザベルは眠っているだけだと思い込んでいる。

それからというものユリシィはイザベルの目覚めを墓の前で待ち続けている。そしてチセはユリシィの涙が頬に落ちたところで目を覚ました。

 

チセを攻撃した魔術師の名前はカルタフィルス。

 

一方チセを攻撃した魔術師は、人間ごときを傷つけたというだけでエリアスが怒り狂っていることに対し理解できないでいた。

エリアスはすぐに魔術師に飛びかかり、背後にいたキメラを一瞬にして噛み砕きバラバラにした。

そしてエリアスは「カルタフィルス」とその魔術師のことを読んだ。その瞬間魔術師の表情が一変。「その名前で僕を呼ぶな」と怒り始める。

エリアスのことを「人の肉を得た化物の分際」とカルタフィルスは罵ってくる。だがここでチセがエリアスに抱きつく。

カルタフィルスは何でチセが割って入ってくるのだろう?という表情を浮かべたが、その背後にはレンフレッドが拳銃を構えている。

そしてカルタフィルスの頭に「パァン」と弾丸が貫いた。レンフレッドは弾に肉体の再生を止める魔術を仕込んでいた。

チセが生きていたことで正気を取り戻したエリアスはすぐに元の姿に戻ったが、その直後何とカルタフィルスは立ち上がった。

 

好奇心だけで非道な実験を繰り返すカルタフィルス。

 

魔術師は魔法使いの領分には踏み入らないという暗黙の了解がある。しかしなぜカルタフィルスは妖精に手を出すのか、レンフレッドは質問した。

しかしカルタフィルスの答えは「面白そう」それだけ。キメラの中身に妖精を入れて実験したい、という好奇心のみだった。

それどころかカルタフィルスは墓から女性の屍を掘り返し、クモと融合させ、何本もの足を持つ醜悪な化物を作っていた。

ユリシィはイザベルかと勘違いするが、チセは違うことに気づいていた。チセは以前「澱み」の発生する経緯の夢の中でカルタフィルスを見ていた。

マシューを騙しミナを「澱み」に変えたカルタフィルス。チセはカルタフィルスの本性は知っているので、絶対にユリシィを渡さないと言い切った。

「生意気なガキだなぁ」と言うカルタフィルス。その時アリスの横に石炭を持ってフードを被った、人間ではない小柄な何者かが現れた。

スポンサーリンク

青い火の助け。そして彷徨えるユダヤ人とは。

 

一方チセは全く倫理観のないカルタフィルスに激しい怒りをみせ、クモの天敵であるベッコウバチを出現させた。

怒り狂うチセを止めようと腕を掴んだエリアスの手もチセの魔法に喰らわれてしまう。チセはもう暴走状態に入っている。

しかしエリアスは自分達魔法使いは世界の理を捻じ曲げてはいけない、と言って興奮するチセを押さえ込んだ。

その瞬間アリスの横にいた何者かがワープの魔法を唱え、カルタフィルス以外のここにいる全員を転送させた。

逃げられたカルタフィルスはすぐにクモのキメラに糸を出させ、エリアス達を探すことにした。エリアス達を転送してくれたのは「青い火」と呼ばれる者。

名前は「ウィル・オー・ウィスプ」、墓や森に棲んで人を惑わす青い鬼火の妖精だという。チセもとりあえず少し落ち着くことができた。

カルタフィルスは「ヨセフ」という異名を持ち、魔術師の間では「彷徨えるユダヤ人」と呼ばれている、とレンフレッドは明かしてきた。

 

チセとの契約で「ルツ」という名に変わるユリシィ。

 

はるか昔神の息子に絶命しない呪いをかけられたと言われる男で、目的もはっきりせずひたすら自分の興味だけで動く怪物だという。

青い火はユリシィに活を入れた。いつまで人間だと思い込み、ピーピー墓の前で落ち込んでいるのかと。

お前の役目は墓荒らしのケツを地獄の門まで追っかけまわすことだ、そう言って杖を振りかざしユリシィを「墓守犬」の姿に変えた。

ここでユリシィは自分がどれだけ待ってもイザベルは戻ってこないことを理解した。そしてチサの使い魔になりたいとユリシィは言う。

使い魔は仮にチセが他界すれば使い魔も寿命を終える。それでもいいと言うユリシィだが、そこにカルタフィルスが出現。

すぐにユリシィに攻撃を仕掛けてくるが、アリスが割って入り拳銃でユリシィを守った。その間にユリシィはチセと契約を結ぶ。

チセはユリシィに「ルツ」という名を与え、すぐにルツはカルタフィルスのクモのキメラを倒してしまった。

 

面倒だと思ったらすぐに引き下がったカルタフィルス。

 

ユリシィことルツはチセと契約したことでチセのものになってしまった。面倒だからという理由でカルタフィルスは手を引くことにした。

「何の目的で動いてる?」と尋ねてくるレンフレッドの質問に対し、カルタフィルスは「苦しみなく生きるため」と答えた。

いつか来る終わりの日まで朽ちたままは嫌だし、その為なら他人が苦しくてもいいんだと言い切るカルタフィルス。

「それならば君はヒトの形をした怪物でしかないよ」と言うエリアスに対し、カルタフィルスは「おちびさん、またね」と言って去っていった。

「ルツ」、ヘブライ語で「哀れみ深い友」。帰ろうと言ってくるチセを見たルツは、これからはチセの帰るところが自分の帰るところだと認識した。

 

チセの中の「解けない呪い」。

 

教会から帰ってからエリアスは食事もせずなぜか3日も部屋を出てこない。

チセは火事妖精のシルキーに財布を渡され無言で家を追い出されたが、どうやらお小遣いをもらえたようだった。

チセがルツと一緒に出かけようとすると、チセの指輪の調子を見に来たアンジェリカが現れ、二人はちょうどいいので一緒に出かけることにした。

その中でアンジェリカは学校など行くのも手じゃないか?とチセに尋ねるが、チセは今の生活で十分だと答える。

「しかしそれは依存じゃないのか?」とアンジェリカに厳しく言われ、チセは思わず壁を叩いてしまう。すぐに謝るチセ。

その後アンジェリカと別れたチセは、確かに今エリアスに依存して生活している自分自身を自覚していたので落ち込んでしまった。

帰り際、使い魔となったルツは自分はチセと感覚、感情、記憶などを共有していることを明かしてきた。

チセには「解けない呪い」と思ってしまう程嫌なことが幼い頃にあった。それを呪いと言うなら、早く解ければいいと思っている、そうルツは言ってくれた。

ありがとうとお礼を言うチセ。

 

偶然出会ったおじいさんとお茶をすることに。

 

チセが家に帰ってもまだエリアスは部屋にこもっていた。心配したチセがエリアスの部屋に入ってみると、エリアスは身体の制御が出来なくなっていた。

カルタフィルスに真の姿を見せた時のあのままの姿だった。しかしチセは怯えずエリアスに付き添い、気づいた頃には一人ベッドの上で目が冷めた。

母親に首をしめられて起きる夢。エリアスは夜に帰るという手紙を残しどこかへ出かけていた。落ち着かないチセは周辺を探し始める。

サイモンに尋ねに行っても知らないという。色々探し回るチセに対しルツは「エリアスを愛してるんだな」と声をかけた。

しかしチセは大事な人を持つことに対して臆病になっているので、その言葉を素直に受け入れることはできなかった。

その後もチセとルツ歩いているとキレイなバラが庭に咲いていた。その家の主人が顔を出し、その横には吸血鬼が舞っていた。

勿論主人には妖精は見えていない。ルツは引き続きエリアスを探すことにし、チセはその主人の家でお茶をすることになった。

 

ジョエルは恋。吸血鬼の方は?

 

その老人の名前は「ジョエル・ガーランド」。ジョエルは小説を書いているらしく、チセはジョエルの短編を読ませてもらう。

それはバラの庭で出会った二人のなんてことない恋の話だった。そして読み終わってチセがジョエルの方を向くと、ジョエルは椅子で眠っていた。

隣には吸血鬼も寄り添っている。チセの帰り際、ジョセフは昔バラの庭でとても美しい人を見たのだと言ってくる。

それは吸血鬼の方もそう思っていたらしく、目が合ったと思ったのは偶然ではなかったことを認識した。

吸血鬼はジョエルのことが好きなのかとチセは思ったが、吸血鬼は人間を愛してはいないのだと答えてくる。

人間と吸血鬼、考え方の違いにどうこう言える立場ではないと思ったチセだが、そこにルツからエリアスが見つかったという連絡が入る。

スポンサーリンク

川で身を養っているエリアス。

 

エリアスは家の北にある森の奥にいるという。二人が駆けつけてみるとエリアスは川に浸かって休んでいた。

疲れた様子のエリアスを見たチセは、自分のことは何も話してくれないエリアスに対し寂しく思い泣いてしまった。

エリアス曰く教会で衝動的に体を変化させてバランスが崩れたので、暫くここで調整をしていたらしいが、本当と嘘が入り混じっている、そうチセは感じた。

エリアスは長いこと自分のことを誰かに話すことなんてしてなかったから、少しだけ整理する時間が欲しいのだという。

その時突然リンデルの使い魔が現れ、チセに要件があるという伝言を伝えに来た。そしてすぐに竜が迎えにくる。

チセはその竜に乗ってリンデルの元へ向かった。

 

学院管理局からの突然の伝言。

 

リンデルは早くチセに杖を作らせようとしているらしく、それで竜の国へ来るよう言ってきたのだ。しかもチセ一人で来るようにと。

杖は魔法を使う時に妖精や精霊に自分の意図を伝える便利な道具。そういった要件なら心配ないかと思いエリアスも承諾してくれた。

しかし竜にまたがりチセが飛び立つ前、エリアスの様子が少しおかしいような気がチセにはしていた。そんなことを思い出していると竜の巣へ到着した。

ここはギャオという地の裂け目に作られた竜の営巣地。そこに以前チセも会ったことがある、竜のネヴィンの木があった。

ネヴィンは命尽きた後竜になる種族。木は立派に育っているので、自分の杖を作るためにチセはノコギリを持って枝を切り始めた。

その頃エリアスの元に伝言の為一羽の鳥がやってくる。学院管理局のアドルフ・ストラウドという者が挨拶をしてくる。

用件は「人の子である彼女の将来について、深くお話させていただきたく思います」ということだった。

 

エリアスのことをもっと知りたいと思っているチセだが・・・。

 

その夜チセはリンデルと一緒に食事をとっていた。リンデルはチセがエリアスに飼われているようで心配だったのだと告げた。

ここでチセは自分の身の上話を始めた。チセは母親に産まなきゃよかったと言われたことがある。その内母は他界し、父も弟も逃げてしまった。

だがエリアスだけは自分を手元に置いてくれたので、エリアスが言わないことは訊かないし、都合のいい人間でいたいと言った。

リンデルはチセを見ていてとてもそのようには思わなかったが深く追求しないことにした。

そしてリンデルはある話をし始めた。

 

リンデル達一族の過去。

 

遥か昔、太古の時代、リンデル達は自分達のことを一般の人々とは違うと分かっていた一族だった。妖が見え、病気も治せる。

長生きで霊の力を借りて他の人々を救ったりしていた。それらの技がいつしか「魔法」と呼ばれ始め、リンデルたちは魔法使いと呼ばれることになった。

なぜ長生きなのか、元々人間ではないのか、丈夫でもあるが、なぜ自分達一族が何者なのかは自分達にも分からなかった。

そんな人々だから自分に何か果たすべき使命があるのではないか?と思って旅する者もいた。リンデルもその一人で遊牧の旅をしていたという。

世話になった師匠から離れトナカイに乗り雪国で暮らしていた。その晩テントを張り狼が出ないよう夜通し番をしていたが、狼は現れなかった。

しかし代わりにチセもよくしっている「あれ」が来たのだという。「夜が二つ足で歩むがごとくやってきた」そうリンデルは話し始めた。

というわけでここまでが「魔法使いの嫁」3巻の内容ネタバレでした。

 

※2017年秋アニメのネタバレはこちらから!

>>2017年秋アニメネタバレ一覧

魔法使いの嫁の関連記事

1巻:魔法使いの嫁1巻ネタバレ!猫の王が見張るミナとマシューの澱み

2巻:魔法使いの嫁2巻ネタバレ!レンフレッドとアリスを脅す魔術師

3巻:この記事

4巻:魔法使いの嫁4巻ネタバレ!過去のエリアスに人を食べてた記憶が?

5巻:魔法使いの嫁5巻の内容ネタバレ!妖精の国や黒い女神と冥府の鹿

※細かい内容は原作を読んでみるともっと面白いはずです!

魔法使いの嫁で検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→「魔法使いの嫁」を無料で試し読み