ついにこの素晴らしい世界に祝福を2期が始まりました!1話の放送ネタバレと感想です!

同名のライトノベルを原作とした深夜アニメで、ジャンルとしては、西洋風ファンタジー世界を舞台にした、異世界転生モノとなります。

西洋風ファンタジー世界なため、敵として魔王軍などもいますが、コメディタッチの作品なため、魔王軍と戦うアニメというよりは主人公・佐藤和真(通称カズマ)とその仲間であるアクアら美少女キャラたちの、ドタバタコメディが中心のアニメとなります。

今作は、2016年に放映されて好評だった第1期の続編、第2期シリーズ第1話は、前期のあらすじと主要登場人物の紹介からスタートします。

※アニメ1話を視聴する方はネタバレ注意!

スポンサーリンク

この素晴らしい世界に祝福を2期!アニメ1話の放送ネタバレ

英雄から一転…テロリスト疑惑が降りかかるカズマ

 

話は第1期まで遡ります。第1期終盤に、カズマたちの住むアクセルの街に機動要塞デストロイヤーが襲来しました。デストロイヤーを起動停止させるためには、動力部であるコロナタイトを切り離す必要があったわけですが、コロナタイトは無尽蔵にエネルギーを供給する動力源であると同時に、大きな破壊力を持つ爆弾でもあります。

マジックアイテム屋の店主であり、リッチーでもあるウィズの力を借りることで、コロナタイトをいずこかへテレポートさせることに成功し、デストロイヤーを起動停止させたカズマたちですが、ギルドで祝勝会をあげている最中に大変な事実が発覚します。

ギルドにやって来た王国検査官セナが言うには、コロナタイトのテレポート先は領主・アルダーブの館であり、コロナタイトの爆発によりアルダーブの館は全壊してしまったらしいのです。おまけに、カズマには、テロリストなどの容疑がかかっているため、このまま連行して取り調べが待っているという急展開です。

ギャグアニメらしく、第1期はこのまま物語終了となったのですが、第2期は引き続きそのシーンから物語がスタートするという波乱の展開です。

 

救出作戦…当然失敗!

 

アルダーブの館を爆発させた犯人と言うべき人物、それは強いて言えばカズマではなくウィズになるのですが、ウィズにはマジックアイテム屋店主という顔の他に、魔王軍幹部という顔もあります。

とはいえ、魔王城を守る結界の維持を担当しているだけで、人間を襲うような悪行は一切していない無害な魔物です。

ウィズがセナに連行されてしまえば、正体がバレて処刑される恐れもあるため、結局、すべての罪をカズマが被ることとなり、カズマはセナに連行されて牢屋に放り込まれてしまいました。

牢屋の中で1人落ち込むカズマの元に、すぐにアクアたちが助けにやって来ますが、知力のステータスが低いアクアが作戦担当だったため、カズマの脱獄は失敗して、セナによる取調べを受けることになります。

 

領主・アルダーブは悪役全開のキャラだった!

 

嘘発見器のような魔導具を持つセナを相手にしたカズマは、濡れ衣を晴らそうと奮闘するものの、逆に魔王軍幹部(ウィズ)との交流があることがバレてしまい、アルダーブ立ち会いの元、裁判にかけられることになります。

裁判では、セナが用意した証人たちの証言により、カズマは徹底的に追い詰められますが、アルダーブの何気ない一言をきっかけに、カズマは魔導具を上手く利用しての逆転劇に成功します。

ところが、裁判長がカズマに無罪判決を言い渡す寸前、アルダーブから横槍が入り、裁判の結果が再度ひっくり返り、カズマは魔王軍の手先兼テロリストとして処刑されそうになります。

そんなカズマを救ったのが、ダグネスでした。王国の重臣を父に持つダグネスは、自分の身と引き換えに、カズマの処分を保留させることをアルダーブに持ちかけます。

舐め回すようにタグネスの体を見たアルダーブは、ダグネスからの提案を受け入れ、カズマは処分保留という形で、処刑を免れることになりました。約束を守るために、アルダーブの館へ向かうダグネスを見送るカズマたち…というシーンで、この素晴らしい世界に祝福を2期のアニメ第1話ネタバレは終了です。

この素晴らしい世界に祝福をアニメ2期1話の感想とまとめ

このすば2期アニメ1話の感想ですが、ストーリーをなぞるだけだと、作風に合わない展開の連続となったこの素晴らしい世界に祝福を2期の第1話ですが、基本的にギャグ基調に物語が展開していくため、実際にアニメを見てみると、シリアスさを感じることはありません。

タグネスに関しても、普通のアニメならこの後とんでもない目に合うこともあるでしょうが、このアニメに関しては心配する必要はなさそうに感じます。

処分は保留になっても、アルダーブの館を全壊させた分の借金はしっかり背負うこととなったカズマたちです。借金総額は、いよいよ14億エリスを突破し、家具も差し押さえられるという、前途多難な第1話のスタートとなりました。

個人的には、家ごと差し押さえられて、またカズマたちが宿無し生活になるのかと思ったりもしたわけですが、さすがにそこまで追い込まれることはなかったようです。

ダグネスのおかげで、処刑は免れたカズマですが、あくまで処分保留な状態のため、濡れ衣を晴らす必要はあります。

テロリストでも魔王軍の手先でもないことを証明するために、カズマたちが魔王軍を倒す旅に出かけるのか、それともこのままアクセルの街でドタバタしているのか、今後の展開に動きがありそうなアニメ第1話でした。

というわけで以上「この素晴らしい世界に祝福を2期アニメ1話のネタバレと感想!」でした!