「恋と嘘」コミックス4巻のネタバレ内容です。

3巻では政府が行った過激な「特別講習会」の結果、莉々奈と由佳吏の関係に結構な亀裂が入ってしまいました。

連絡を取ることもままならないような微妙な状況ですが、本気の恋にもなりかけてる雰囲気な二人。

今後登場人物たちにどんな心境の変化が表れていくのか。では今回はその恋と嘘の内容をネタバレとして紹介していきたいと思います。

※この記事には「恋と嘘」4巻のネタバレ内容がガッツリ記載されています。マンガやアニメを見るよ!という方は閲覧にご注意ください。

スポンサーリンク

『恋と嘘』の試し読みは?

『恋と嘘』は6巻まで続いている漫画作品で、とても伏線の多い作品になっています。

以下ネタバレを含むので、原作で内容を知りたい方は無料の試し読みもオススメです。

『恋と嘘』で検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

>>『恋と嘘』を無料で試し読み  

恋と嘘。コミックス4巻の内容ネタバレ!

未だ莉々奈から返信のない日々

 

由佳吏たちは文化祭の劇の準備で忙しい日々を過ごしていた。そして今もまだ莉々奈からの返信はない。

たまたま学校に厚生労働省の矢嶋が来ていて、それを見かけた由佳吏はすぐに矢嶋の元へ行き「話いいですか?」と言って呼び止めた。

試験の時に監視カメラがあるなんて嘘をついたので、矢嶋は少し気まずく思っていたが、意外なことに由佳吏は謝罪した。

由佳吏はむしろ本当の恋はどっちなのかよく考えろ、と言った矢嶋の助言に納得したらしく、真剣に向き合ったことのない自分を責めていた。

政府通知の相手である莉々奈を傷つけ、好きな女性美咲にも心配をかけている現状。とにかく二人に元気になってほしいのだと由佳吏は言う。

 

矢島の知る、政府通知で後悔したあるカップル

 

一応自分のせいで関係をこじらせた責任を感じた矢嶋は、自分が仕事柄政府通知を見てきた中で参考になりそうな例を話しはじめた。

小学生から好き同士で付き合っているカップルがいたが、ある日彼女に政府通知が来た。

けれど彼女は彼氏が好きだったので、彼氏が結婚してくれるなら政府通知は断ると言った。しかし彼氏の答えは「そんな先のことわかんねえ」だった。

彼女のことは凄い好きだったが、15歳で結婚などピンとこず、国が決めた相手を蹴らせてまで自分が幸せにできる自信もなかったのだという。

それで二人の関係は終わった。後に自分にも政府通知が来て相手と会った時、自分にとって彼女はどれ程大事だったか気付いたが、手遅れだった。

 

遂に莉々奈から返信が

ここで矢嶋が思ったのは、今になってみれば何が正しいかなんて一つしかなく、自分の気持ちだったのではないか・・・そう思ったという。

話を聞いた後由佳吏は自分の気持ちメッセージにのせて送信した。だが結局莉々奈から返事は来なかった。

しかし数日後、由佳吏の元へ莉々奈からの手紙が届いた。

まだ自分の気持ちに整理がついていないという内容だったが、文化祭を応援しているという励ましのメッセージもあった。

たった一通の手紙だったが、由佳吏は一気にテンションが上がり何でも出来る気がしたという。

 

自分の何を知っているのか、と由佳吏に怒る悠介

 

元気を取り戻した由佳吏は文化祭の準備の為に学校へ行く。丁度悠介の着るジュリエットの服のデザインも決まっていた。

しかし元々嫌でやっていたのに、しかも見世物になるような格好をすることに耐えられず、悠介は教室を出ていった。

追いかけた由佳吏に対し悠介は役から降りると言い放った。しかし由佳吏は皆のために頑張ろうと声をかける。

しかし悠介の答えは「みんなって誰?」「お前に俺の何かわかんの?」だった。そして二人は少し口論になる。

そこに丁度通りかかったのは悠介の父だった。逃げる悠介を追う父。結局悠介は捕まり、三人で回転寿司に行くはめに。

 

悠介の父、登場

 

悠介の父は悠介が由佳吏の手を軽くはたいたシーンを見ており、友達に暴力を振ってはいけないと注意した。

そして悠介がトイレに行った時に、由佳吏に幼少の頃の悠介の話を聞かせてくれた。

悠介は小学生の頃はサッカーをやっていて皆の人気者だったが、突然人に心を開かなくなったのだという。

そんな悠介が由佳吏だけには心を開いているので、それは凄いことだと説明してくれた。そしてその日の夜。

悠介の家で由佳吏の話題が上がっており、次に悠介にいつ政府通知が来るのかで盛り上がっていたが、悠介の顔は凄く切なそうだった。

その顔を悠介の父はじっと見つめていた。

 

報われない恋に涙する美咲

 

その後も連日文化祭の準備は進んでいった。悠介も由佳吏がやってほしいと言うならと、ジュリエットを演じることを引き受けた。

毎日稽古も続き、美咲も気合が入っている様子だった。そしてそんな美咲と由佳吏は二人きりで校内を歩いていた。

美咲は由佳吏にもう莉々奈のことを好きになったか?そう尋ねた。好きとは一体なんだろう・・・、そう考え由佳吏は言葉に詰まる。

5年前から好きで、最近話すようになり、昨日も話し、今日もこうやって接することで美咲の由佳吏への思いは高まり続けているのだという。

しかし政府通知で選ばれているのは自分ではないので、どれだけ頑張っても報われない恋だと悟り美咲は号泣し始めた。

そんな美咲を見て耐えられなくなった由佳吏は咄嗟に抱きしめてしまうが、美咲はこの時「好きってなに?」と由佳吏に問いかけていた。

 

システムエラーの可能性

 

文化祭当日。これから男女逆転のロミオとジュリエットが公開される。由佳吏や美咲と同じ中学だった同級生も文化祭を見に来ていた。

そして矢嶋も仕事で文化祭に来ていたのだが、先日由佳吏が政府通知で気になっている点があると言っていたことについて、独自に調査したらしい。

以前由佳吏のスマホに届いた政府通知には、結婚相手の名前が美咲になっていたのだ。しかし通常書面から先に作成され、スマホに通知されるのだという。

よって書面には莉々奈の名があるので結婚相手は莉々奈で間違いない。

しかし由佳吏が登録していた政府通知の携帯サービスの方に、何者かが介入した形跡のようなものがあったのだと矢嶋は言う。

まだシステムエラーの可能性もあるが、もし政府通知が間違いだったとして、由佳吏はどうするのか?矢嶋は尋ねた。由佳吏は即答できない。

 

お互いがキラキラと見えはじめた莉々奈と由佳吏

 

そして文化祭に莉々奈が来ていることを矢嶋は教えてくれた。その通り莉々奈は有紗と一緒に由佳吏たちの学校の文化祭に訪れていた。

由佳吏がチラシを配っているところを莉々奈が通りかかった。お互い久しぶりの再会である。緊張して言葉が出ない。

しかも由佳吏には、莉々奈のことが以前よりもキラキラとして見える。見つめ合う二人だが莉々奈は我に帰り、演劇部の展示へと向かい始めた。

 

本番前の悠介の感謝

そろそろ美咲、悠介主演のロミオとジュリエットが上演される。本番前に由佳吏は悠介に会いに行った。

悠介は今回由佳吏に言われて真剣に取り組んだ結果、クラスの皆と一緒に色々話したり考えたりして楽しかった、そう思ったと由佳吏に告げた。

小学生ぶりに皆で何かをし、由佳吏が引っ張ってくれたからそのように考えることができた、そう悠介はお礼を言う。

 

政府通知に対し、意味深なことを言う五十嵐

 

上演が始まった。二人の姿は観客を魅了し一つの世界を作り上げていった。二人は美しく儚かった。上演が終わり観客から盛大な拍手が送られる。

由佳吏は二人の演技に感動し、悠介や美咲になんて声をかけようか考えていた。そして外へ出たその時。

同じ中学に通っていた女生徒・五十嵐が由佳吏に声をかけてくる。由佳吏は久しぶりと挨拶をし、何の用か尋ねた。

そして五十嵐は「君に届いた高崎美咲との政府通知どうなった?」と声をかけてきた。

ここまでが「恋と嘘」コミックス4巻のネタバレ内容でした。

恋と嘘の関連記事

1巻:恋と嘘1巻内容ネタバレ!政府通知の間違いと悠介は由佳吏が好き?

2巻:恋と嘘2巻内容ネタバレ!美咲と不仲な悠介の隠し事と最後のごめん

3巻:恋と嘘3巻の内容ネタバレ!本当の恋になりかけた過激な特別講習会

4巻:この記事

5巻:恋と嘘5巻ネタバレ!ゆかり法の発案者や美咲の涙と運命の相手?