「いぬやしき」コミックス6巻の内容ネタバレです。

5巻では犯人として特定された息子・獅子神の母親が罪悪感から自害し、更にネットでも誹謗中傷される状況に。

怒り狂った獅子神は掲示板に投稿したもの達を全て始末していくことに決め、本当にそれを実行してしまいました。

少し状況が荒れに荒れている展開になっていますが、というわけで今回はその「いぬやしき」の6巻の内容をネタバレしていきます。

※この記事には「いぬやしき」コミックス6巻のネタバレ内容がガッツリ含まれています。マンガ、アニメを観るよ!という方は閲覧注意です。

スポンサーリンク

「いぬやしき」の試し読みは?

「いぬやしき」は現在10巻まで続いている人気作品です。

年齢の割におじいちゃんと言われるほど老け込んで見える犬屋敷。美形だが冴えない男子高校生獅子神。この二人が宇宙人によって機械にされてしまう。

機械の体を持った二人はまさに無敵状態。犬屋敷はこの力を正義の為にふるっていくが、獅子神は悪行三昧の方向へ進んでいき、やがて二人は対立する。

といった内容です。以下ネタバレを含むので、原作で内容を知りたい方は無料の試し読みもオススメです。

「いぬやしき」で検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→「いぬやしき」を無料で試し読み 

「いぬやしき」コミックス6巻の内容ネタバレ!

特殊部隊武装SATの襲撃。

 

獅子神が居候している渡辺家に警察の特殊部隊武装SATが乗り込んでくる。突然現れたSATに驚いて叫び声をあげてしまう渡辺とその祖母。

SATは渡辺と祖母がいるのをお構いなしに獅子神をマシンガンで銃撃してくる。渡辺達は出血し倒れてしまった。

獅子神は二人を抱きかかえて外に逃げる。追ってくる警察を走って振り払い、空を飛んで逃げることに成功した。

人気のないところまで行って二人をおろし、獅子神は「ごめん」と言ってまたどこかへ旅立っていった。渡辺達は助かったのだろうか・・・。

その後獅子神は護国寺警察署に乗り込みに行く。

 

漫画家を目指し始めた娘の麻里。

 

その頃犬屋敷の麻里は隣の家に住む漫画家の織田家に対抗意識を燃やしていた。なぜなら親父は売れっ子マンガで金持ち。

その息子は麻里と同級生だが、彼もマンガの賞に応募したりと漫画家を夢見ている。もう既に金持ちなのに欲張りすぎだ、そんな風に麻里は嫉妬している。

許せない、親子揃って絶対ひれ伏させてやる、隣の馬鹿でかい家より馬鹿でかい家を建ててやる!

そんな野望に燃えている麻里の机の上には、紙とペンと漫画用のインクが置いてあった。

 

警察署への襲撃。館内の警察が全滅。

 

一方獅子神は遂に警察署に乗り込むことを決意し、「ばんっ」と言ってまず警察署に立っている警察官を仕留めた。

そして廊下を歩きながら次々と現れる警察官に「ばんっ」、階段でも「ばんっ」、更に歩を進めて警察官達の命を奪っていく。

警察達のデスクにまで獅子は足を踏みいれ、数人の警察に囲まれて数え切れないほどの銃撃を受けるが、そんなものは機械の獅子神には関係ない。

「ばんっ」と一人ずつ絶命させていき、最後に一人残った刑事は獅子神に「何がしたいんだ?」と襲っている理由を尋ねた。

獅子神曰く「どうせ追ってくるからこっちから来てやっただけ」らしい。警察自体機能しなくなるように無くしてやる、そういう獅子神。

一人で何言ってるんだと馬鹿にした態度をとる刑事の足に「ばんっ」と一撃。刑事は「警察はお前を絶対に許さない、最後まで追い詰める」そう言った。

だがそんな刑事に対し獅子神は、それなら自分が勝つから最後まで見届けろ、と言ってその刑事だけ残して去っていった。

 

犬屋敷と同じように背中からビームを出す獅子神。

 

そして警察署を出る獅子神だが、外には武装した沢山の警察とパトカーが無数に止まっており獅子神を狙い撃とうとしていた。

屋上でスタンバイしていた狙撃手が獅子神を撃ったところで警察達は一斉に動き始めた。衝撃により一時的に倒れている獅子神。

警察達は獅子神の目が開いたところで一斉に銃撃を開始した。それでも獅子神は警察を一人ずつ仕留めていく。

この戦いはテレビ中継もされており、多くの一般人が釘付けになっていた。数え切れないほどの銃弾を撃ち込んだところで獅子神は倒れてしまった。

警察達は遂に終わったかと思ったがその時、獅子神の背中が開きビーム乱射。その場にいた警察官のほぼ全てに直撃する。

スポンサーリンク

警察側は獅子神の宣戦布告を受ける形になった。

 

その後獅子神はパトカーの上に倒れ、10分も動作を停止していた。更に駆けつけた警察達はずっと獅子神を囲っていたが、また目を開いたので銃撃開始。

その警察達も獅子神は全部片付け、最後に見届け人に指名した刑事がやってきて「終わった、お前の勝ちだ」と言ってくる。

しかし獅子神は「まだだよ」と言ってその刑事を残しまたどこかへ去っていった。

その頃やはり復活していた渡辺とその祖父。この日は銀行に50万円が振り込まれていた。恐らく獅子神からだろうと二人は思っていた。

獅子神が警察署を襲撃したことは翌日大々的にニュースになった。既に獅子神のファンクラブも10個くらいあるという。

獅子神の聖地巡礼を行っているファンも現れたが、警視庁は日本国全体への宣戦布告とみなし、獅子神を全力で逮捕、もしくは命まで奪うと大々的に発表した。

 

ついに麻里が犬屋敷の秘密を見てしまう。

 

これは本当に大変なことになってきた、次に獅子神が何をするか分かったものではない、そう言って安堂は危機感を感じていた。

犬屋敷はずっと音を探しているが獅子神の音が全く引っかかってこないのだという。安堂も獅子神に電話をかけているが全くつながらない。

きっとブロックしているのだろうと安堂は推測していた。その後も犬屋敷と安堂は共に行動していたが、二人が歩いている姿を麻里が目撃してしまう。

麻里と安堂は同じクラスの生徒だが、なぜ自分の父と安堂が一緒に歩いているのか不思議に思った麻里は、二人を追跡してみることにした。

すると犬屋敷は病院で難病患者を一瞬で治しているではないか。それを見た麻里に衝撃が走り、同時に最近のニュースを思い出した。

難病や不治の病を抱えている患者を誰かが助けているというニュースである。一部では神がいるのではないかとまで言われている良いニュースだった。

 

漫画家になることを親に報告し始める麻里。

 

更に麻里が追跡していると周辺で火事が発生し、その火事から人々を助ける為に犬屋敷は人気のいない路地裏に入ってから飛んでいってしまった。

その姿も麻里は全て見てしまった。その夜犬屋敷が自宅へ戻ると麻里と妻が言い争いをしていた。

どうやら麻里が漫画家になるといい出したらしい。母親は反対している。

大学卒業してから趣味でもできるでしょ?という母に対し麻里は、今年には賞に出すしデビューするのだから放っておいてと食い下がる。

そこに犬屋敷が帰ってきて3人で家族会議することになったが、犬屋敷の返事は「高校まで卒業するなら後は麻里を応援してあげればいい」だった。

母親は自分と同調しない犬屋敷を見て理解に苦しむが、一方の麻里は勉強して卒業は必ずすることを両親二人に約束した。

 

日本人全てを絶滅させる宣言する獅子神。

 

一方の獅子神だが、彼はテレビを通して国に対する宣戦布告を行った。この国がある限り自分は追われ続けるので滅ぼすことにしたと。

日本と自分との戦争、一人残らず絶命させ、1億2000万人がいなくなるまで戦い続けると獅子神は宣言する。

何言ってるんだと馬鹿にする一般市民だが、早速獅子神の攻撃が開始され、まず一人一般市民が犠牲になった。

刑事に言った「まだだよ」というのはこのことを言っていたらしい・・・。

というわけで以上「いぬやしき6巻ネタバレ!警察署襲撃と一人で日本人全滅宣言」でした。

「いぬやしき」の関連記事

1巻:いぬやしき1巻ネタバレ!宇宙人により犬屋敷と獅子神は機械化

2巻:いぬやしき2巻内容ネタバレ!無差別民家襲撃と難病を治せる力

3巻:いぬやしき3巻内容ネタバレ!極悪人鮫島から悟とふみのを救出

4巻:いぬやしき4巻ネタバレ!安堂アシスタントと渡辺しおんの告白

5巻:いぬやしき5巻ネタバレ!掲示板の投稿者狩りと武装警察の接近

6巻:この記事

7巻:いぬやしき7巻ネタバレ!神と噂の正義のヒーローと恐怖の悪魔

8巻:いぬやしき8巻ネタバレ!腕を失った獅子神と奇跡的な麻里の蘇生

9巻:いぬやしき9巻ネタバレ!家族に正体を明かした犬屋敷と巨大隕石

10巻:いぬやしき10巻ネタバレ!最終回は自爆の結末とマンガ入選

※細かい内容は原作を読んでみるともっと面白いはずです!

いぬやしきで検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→「いぬやしき」を無料で試し読み