「宝石の国」コミックス5巻の内容ネタバレです。

4巻では大型の月人「しろ」が出現したことによってストーリーにかなりの進展がありました。何とそのしろを金剛が知っている様子だったのです。

月人を「しろ」と金剛が呼んでいたので、もしかしたら月人と金剛は何らかの関係があるのではないか?という疑問が湧いてしまったフォス。

以前から金剛自体謎多き人物ですが一体どのような展開になっていくのか。それでは「宝石の国」5巻の内容ネタバレです。

※この記事には「宝石の国」コミックス5巻のネタバレ内容がガッツリ記載されています。マンガやアニメを観るよ!という方は閲覧にご注意ください。

スポンサーリンク

「宝石の国」の試し読みは?

「宝石の国」は現在7巻まで続いている人気作品です。

宝石達はほぼ無限の命を持ちながら、月人達に月へ攫われるという恐怖を持っており、お互いの関係性などかなり謎の多い作品です。

主人公一人だけ真実を解明しようとしている姿がどこか寂しいですが、もっと続きを知りたい方は原作を読んでみると良いですね。

以下ネタバレを含むので、原作で内容を知りたい方は無料の試し読みもオススメです。

「宝石の国」で検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→「宝石の国」を無料で試し読み  icon-book   

「宝石の国」コミックス5巻の内容ネタバレ!

パパラチアの起床。

 

月人の「しろ」が来てからというもの月人側に何か変化があったのか、ほとんど月人はやってこなくなってしまった。

フォスは月人と話をして真実を探ろうとしていたのに、いざ待ってみると月人はほとんど来ないという状況に。

しろにバラバラにされたダイヤは破片を集めてルチルが復活させたが、そのルチルは以前自分と組んでいたパパラチアの部品を探すため緒の浜へ向かった。

パパラチアはかつてルチルと組んで戦っていた宝石で、硬度9、靭性は準一級、ボルツの次に強く、生まれつき体に沢山穴が空いていた。

ルチルが改造することで動き、そのおかげでルチルの医術は上達したが、パパラチアは最近ずっと動いていない。

だが今回は緒の浜でルビーを見つけていたので、それをパパラチアの穴に埋めて補充することでパパラチアは久しぶりに復活した。

231年11ヶ月1日眠っていたらしい。

 

長い眠りから目覚め、また長い眠りへ。

 

パパラチアは宝石の中では最年長のイエロー位の年齢で、新入りであるフォスのことは薄っすらとしか覚えていなかった。

それでも何となく雰囲気が変わったことは分かるらしく、苦労したなと言ってフォスの頭を撫でてくれた。

フォスは訊きたいことがあると言ってパパラチアを外に連れ出した。そして「月人と話してみたい」と思っていることをパパラチアに打ち明けてみた。

するとパパラチアは、パズルのように復活させるのが難しい自分を、動けるようにしようと頑張っているルチルには諦めて欲しいと思っていると答えた。

楽させてあげたいのだと。だがルチルはどう受け取るか分からない。清く正しい真実が、周りを傷つけ全く予想外に変貌させるかもしれない。

だから慎重に行動しろ、と言ってパパラチアはまた倒れてしまった。

訊きたいことは聞けたか?と尋ねてくるルチルだが、フォスは天気の話しか聞けなかった、と嘘をついた。

 

ボルツとジルコンの新チーム。

 

ボルツは高レベルな戦略を立て、他の動きを分析する能力も高いので、ボルツと一人ずつ手を組んで学ばせたら良い経験になるとフォスは金剛に提案していた。

その結果今はジルコンがボルツとチームを組んでいるが、ボルツが七日間も口を開いてくれないのでジルコンは非常に落ち込んでいた。

しかしある日ジルコンは、相方のイエローを失う恐れでいつも緊張しており、守りのことしか考えていないとボルツに忠告される。

そのせいで十二分に力を発揮してないので、自分にはその心配も思い入れも不要だとボルツは告げた。

ボルツに思うままにやってみろと言われたジルコンは、空に出現した黒点を見つめながら「はい」と返事をした。

そこに自分が戦うと言ってフォスが走ってきたが、あれは虚黒点という時々出る幻だとボルツは言う。その後ジルコンはボルツと少し打ち解けた。

それを見ていたダイヤは微笑んでいたが、長い眠りについているパパラチアの横に座り、「俺も君の横で眠っていいかい」と意味深なことを言っていった。

スポンサーリンク

月人に話しかけてみたフォス。

 

フォスは改めて月人のことを勉強したいと思い、月人マニアと呼ばれるアレキに月人についての知識を学ぶことにした。

月人の言語を解明することはまだ出来ていないらしく、月人と会話するのは現状かなり難しいことだと分かった。

アレキが月人のことを研究している理由は、月人をみると豹変してしまう体質の克服の為だった。

そしてもう一つは、フォスが生まれる少し前に仲間のクリソベリル月人に攫われてしまったので、新鮮な憎しみを忘れないでいる為だという。

アレキのそんな話を聞いた後フォスが外で空を眺めていると、旧式の月人が現れてすぐにフォスに矢を放ってきた。

フォスは矢を防いで月人に接近し、月人の首を締めながら自分の言っていることが分かるか?と話しかけてみた。すると月人は目に色がつき「ふ」と言った。

だがフォスのピンチだと勘違いしたアメシストが月人に斬りかかり、月人は消滅してそれ以上話を聞くことは出来なかった。

 

月人が三器同時に出現。

 

「ふ」という息のようなものは言葉なのか、目の色が変わったのは何かの反応なのか。そんなことを思いながらフォスは文献を探していた。

そこにたまたまゴーストがやってきたので、フォスは月人同士の意志の疎通の仕方が書いてある資料はないか尋ねてみた。

すると教科書の虫干しをしてたら古い戦争日誌が出てきたのだという。フォスは早速見てみるとことにしたが、その時外に黒点が三つ出現し始めた。

三器同時に月人が現れ金剛が出向くこととなり、金剛はフォスに「やすんでなさい」と声をかけたが、フォスは金剛を観察する為に側にいようと決めた。

金剛の後ろをついていくフォス。それぞれの場所で待ち構える宝石達。皆三器同時は初めての経験だった。

三器同時出現はボルツ達も初めてなので、一器を担当し金剛の間合いまで集める戦略をボルツは瞬時に組み立てた。

 

破片を回収する作戦は失敗。

 

金剛は三器を同時に払うことで仲間の破片回収も計算に入れていた。一器でも倒してしまえば他の2器は逃げてしまうからだ。

それなのにもう一器を担当していたダイヤ達はすぐに月人を霧散させてしまった。これにより作戦失敗。

ボルツが唖然とした表情を浮かべていると、ボルツ組、金剛組が相手していた月人が小さく丸まり始めてしまった。

金剛もこれは初めての現象なので手を出してはいけないと慎重気味。だがフォスはあんなに近くに留まっているなら斬るべきだと金剛に言う。

もしかして金剛は見逃すつもりなのか?とフォスが動揺していると、ゴーストが既に丸まった月人の中を調べていた。

金剛はすぐに離れるよう言うが、突然丸まった月人の後ろから黒点が出現し、そこから現れた無数の手がゴーストを掴んで黒点の中へ引っ張ろうとする。

すぐにフォスが助けようと手を伸ばすが金剛が腕を掴んでそれを制止する。それならばと金剛がどう動くのか見定めようとしているフォス。

ここで金剛はキラッと光る何かを月人に投げつけて倒し、攫われる間際のゴーストを回収した。次にボルツの月人も同じように霧散させてしまった。

 

自分の破片を投げているという金剛。

 

先程から投げているそれはなんだとフォスが質問すると、金剛は「自分の破片」だと答えた。

いつもは自分を砕いて投げているということだろうか・・・、そんな恐ろしいやり方あるのだろうか、そうフォスは思った。

確かに恐ろしいので、「誰かが真似するといけない、だから秘密だ」と金剛はフォスに言った。フォスは唖然とした表情を浮かべている。

その後フォスはルチルに金剛の治療はしたことがあるか尋ねてみたが、ルチルもそれはないらしく金剛が欠けたなんて聞いたこともないという。

金剛はひそかに自分を砕いてまで月人と戦っているが、一方で月人と親しいなんらかがある。

見極めようと近づくほど分からないことが増えていくとフォスは思っていたが、復活したゴーストが自分を助けようとしてくれたフォスにお礼を言ってくる。

しかしフォスには罪悪感があった。なぜなら、自分は金剛がどうするのか見たくてゴーストを助けるのをやめたからだ。

スポンサーリンク

体にヒビが入っている金剛。

 

金剛は一人丘に立ち、自分の袈裟から破片を取り出し海に捨てていた。その内腕にヒビが入り「忌々しい、眠い」と呟いていた。

フォスは皆を裏切るつもりはないが、金剛の秘密を探る度に自分の秘密も増えていくことに疲れを感じていた。

そんな中ゴーストは以前言っていた古い戦争日誌を持ってきてくれた。だが中身はただの「くらげ育成日記」で期待する内容ではなかった。

ゴーストはどんなことでも協力するからとフォスに声をかけたが、まさか金剛の調査の件に巻き込めるわけないと思いフォスは丁寧に断ることにした。

この先も金剛を調査するのは自分ひとりの仕事なのかと悩んでいると、ここでシンシャと約束していた「新しい仕事」のことを思い出した。

 

金剛を調査するためにシンシャに協力を求めるフォス。

 

フォスは調査に協力してもらおうと思いシンシャの元へ向かう。そして金剛 と月人の関係について調べたいから自分と組んでくれと言ってみた。

フォスは「楽しくて新しい仕事を紹介する」と言ってシンシャと約束していたので、シンシャにとって金剛の調査は楽しくないという。

「もし金剛を許せないと思ったらどうする?」とシンシャに尋ねられたフォスは言葉に詰まってしまった。

そこで詰まる程度の考えなら協力は出来ないとシンシャに言われるが、それでも慎重で賢いシンシャは自分に必要だからまた来る、と言ってフォスは去った。

フォスが去った後、「ただ、組むだけなら別に・・・」とシンシャは独り言のように呟いていた。

 

ゴーストとチームを組み、月人の意思疎通方法を探るフォスだが・・・。

 

一方ゴーストは、この前自分が何でも協力すると言った時にフォスが何か言いかけていたことが今でも気になっていた。

ゴーストは金剛に許可をとりフォスとチームを組むことに決めていた。ゴーストには元々ラビスという頼れる相方がいたが今はもういないという。

ラビスがいなくなったことを引きずっているゴーストに共感するフォスだが、二人の昼回りの最中に月人が出現してしまった。

ゴーストはすぐに金剛を呼びに行こうとするが「近づいて月人の意思疎通方法の解析を進めたいから援護を頼む」とゴーストに言って戦い始めてしまった。

月人の元へジャンプして乗り込んだフォス。目の前には弓を構えた月人達が。フォスは合金の腕で盾を作って防御に備える。

集中してできるだけ手がかりを集めようとするフォス。だが一人の月人の矢がフォスの盾の隙間をすり抜けてしまった。

胴体に矢が当り、フォスの体はバリバリに砕けた。上半身と下半身とに分かれてしまったフォスだが、一体これからどうするのか?

というわけでここまでが「宝石の国」5巻の内容ネタバレでした。

 

※2017年秋アニメのネタバレはこちらから!

>>2017年秋アニメネタバレ一覧

「宝石の国」の関連記事。

1巻:宝石の国1巻内容ネタバレ!シンシャとの約束とウミウシの声

2巻:宝石の国2巻ネタバレ!金剛の反応と月人や宝石達の正体は人間? 

3巻:宝石の国3巻ネタバレ!喋る流氷罪深き者と連れ去られたアンターク

4巻:宝石の国4巻ネタバレ!月人しろと金剛の関係やアレキの変身 

5巻:この記事

※細かい内容は原作を読んでみるともっと面白いはずです!

宝石の国で検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→「宝石の国」を無料で試し読み