僕のヒーローアカデミア3巻のコミックス内容ネタバレです。

僕のヒーローアカデミア・アニメ2期の内容は、この3巻の中盤から始まりますので、アニメを予習したい方は必見です。

出久たちの訓練中に突然敵(ヴィラン)が襲ってきて、教師の相沢(イレイザー・ヘッド)も生徒を庇ってボロボロの状態。

しかし大ピンチの末オールマイトが駆けつけに来てくれたところで2巻が終了しています。

それでは続きが気になる3巻のネタバレ内容に参りたいと思います!

※この記事には僕のヒーローアカデミア3巻のネタバレ内容がガッツリ記載されています。マンガやアニメを見るよ!という方は閲覧にご注意ください。

スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミアの試し読みは?

「僕のヒーローアカデミア」は現在13巻まで既刊されているマンガ作品です。

アニメ2期が放送されたばかりですが、もっと続きを知りたい方は原作を読んでみると良いですね。

以下ネタバレを含むので、原作で内容を知りたい方は無料の試し読みもオススメです。

「僕のヒーローアカデミア」で検索。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→「僕のヒーローアカデミア」を無料で試し読み   

>>【<新規会員入会者限定>半額クーポンプレゼントはこちらから!】

僕のヒーローアカデミア3巻の内容ネタバレ!

駆けつけたオールマイト

 

飯田からヴィラン襲来の報告を受け、すぐに出久達の元へ駆けつけたオールマイト。ネクタイを外し既にマッスルフォームの状態に。

一気に雑魚を蹴散らし、脳無に襲われている出久達を超スピードで回収。

ああああ、だめだ、ごめんなさい、お父さん・・・」と意味深な発言をするヴィラン連合のリーダー死柄木弔。

死柄木は、オールマイトのスピードは確かに速いが目で負えない程ではなく、弱っているという話は本当なのか?とオールマイトの弱体化を見抜いている様子。

オールマイトはガンガン脳無に攻撃するが、全然効いてない様子。だがオールマイトはもう活動限界なのではないか?と心配そうな出久。

 

脳無の超再生

 

脳無にバックドロップを仕掛けたオールマイトだが、ヴィランの一員・黒霧のワープゲートにズブズブはまってしまう。

オールマイトをゲートに留めた状態でゲートを閉じ、引きちぎるという黒霧の作戦。オールマイトの超危機。

見るのに耐えられなくなった出久がオールマイトを助けに黒霧へ突撃。しかしその横から突然爆豪が現れ、不意打ちだが黒霧を攻撃してくれた。

続けて轟や切島も援護しに来てくれた。しかも轟が脳無の手を凍らせてくれたおかげでオールマイトは脱出に成功。

その間に出入り口も塞がれてしまったヴィランたち。生徒達の優秀さを認めた死柄木は脳無を再度立ち上がらせた。

凍って砕けた腕も超再生で復元できる脳無の反則級の肉体。回復したのと同時に即オールマイトに強烈なパンチを浴びせた。

 

100%のオールマイト

 

脳無の馬鹿力でかなり後方まで吹っ飛ぶオールマイト。生徒たちは皆オールマイトのサポートに回ろうとするが、オールマイトはそれを拒否した。

オールマイトがマッスルフォームでいられる状態は後1分もない。力の衰えは思ったよりも早かった。

しかし「平和の象徴」と呼ばれるからには自分は敗けられない、そう思ったオールマイトは脳無と殴り合い肉弾戦へ。

オールマイトは血を吐きながら一発一発に100%以上の力を込める。脳無の超再生でも間に合わない程のラッシュ。

渾身の一撃を最後に放ち脳無は遥か上空へ吹っ飛んでいった。死柄木は自分の脳無が完全に気圧されたことにショックを受けている。

どうした、こないのか?」と挑発・威圧するオールマイト。だがこのオールマイトの振る舞いは虚勢だった。

 

教師たちの援護

 

思ったよりも脳無は強すぎた。あと少しでトゥルーフォームに戻ってしまう。黒霧はオールマイトを見て、しっかりとダメージがあることを冷静に分析する。

今なら連携すればオールマイトに勝てるチャンスは十分にある、と死柄木に助言。「目の前にラスボスがいる・・・、やるしかない」と判断する死柄木。

脳無の仇、そう言って黒霧と死柄木が攻撃を仕掛けてくる。オールマイトは完全にピンチだが、ここで出久が割って入り黒霧を攻撃。

ここで飯田が他のヒーロー教師達を連れてきて形勢逆転、さすがにピンチに陥った死柄木たちはワープゲートから退散していった。

出久達生徒の皆は、ヴィランの襲撃を経験し、プロが相手にしている強敵達の恐ろしさを早くも認識することになってしまった。

そしてオールマイト自身「無茶をしなければやられていた、それ程に強敵だった」と敵の強さを認めた。

 

生徒は全員無事。イレイザーヘッドは両腕・顔面骨折

 

死柄木は命からがらアジトに戻り、自分が”先生”と呼んでいる人物に「話が違うぞ」と、オールマイトの強さがまだ健在だったことを問いかけた。

モニター越しに”先生”は、「違わないけれど見通しが甘かった」と答える。先生の横には脳無を先生と共作したという人物もいた。

死柄木はオールマイト並のパワーを持った子供がいたことも先生に報告した。(出久のこと)先生はじっくりと精鋭を集めようと死柄木に声をかけた。

一方雄英の生徒達はほぼ全員無事。しかし相沢は超重症。13号は軽症で済む。

そんな重症を負った相沢だが、数日ですぐに学校へ復帰し、彼は生徒たちに雄英体育祭が迫っていることを告げた。

雄英の体育祭は日本のビッグイベントの一つ。かつて行われていたスポーツの祭典・オリンピックに代わるのが雄英体育祭だという。

全国のトップヒーローもスカウト目的で見学にくる。自分の力を見せることのできる、年に一回、計三回のチャンス。

生徒たちは皆その話を聞き一段と気合が入る。

スポンサーリンク

次世代のオールマイト。平和の象徴

 

昼にオールマイトは出久を昼食に誘い、自分の活動限界が50分前後まで縮まっていることを告げた。しかしそれよりも本題は雄英体育祭の話だった。

出久がワン・フォー・オールの力を未だ調整できていないことが問題だが、この前のヴィラン襲撃の時に脳無に力を使った時、一度だけ反動がなかったという。

その時は誰か人の為に力を使ってみたと出久は言うが、それが結果として無意識的にブレーキをかけることに成功したのだろう、とオールマイトは分析する。

オールマイトは自分が出久に力を授けた理由として、自分が弱っていることを敵の中で知っている者がいるということだと告げた。

だから次の体育祭で出久が力を見せつけて、次世代のオールマイト、象徴の卵が来たということを世の中に知らしめてほしい、とオールマイトは出久に頼んだ。

 

轟の宣戦布告

 

その頃ヒーロー科の教室の前に、沢山の科から生徒がやってきていた。どうやらヴィランの襲撃に耐え抜いたヒーロー科の生徒とはどんなものか?

それを見るために敵情視察をしに来ているらしい。爆豪が「どけモブ共」といきなり暴言を浴びせる。

そこに普通科の生徒・心操が現れ、体育祭の結果によってはヒーロー科編入も学校側が検討してくれるという事実と、宣戦布告をしにきたと告げた。

どうやら爆豪の挑発で他の科の生徒を刺激してしまった様子。そして雄英体育祭まで2週間。生徒は各々訓練を積み当日を迎える。

大会の控室にて待機中に轟が出久に話しかけてくる。客観的に見ても実力は俺のほうが上だと思うが、なぜか出久はオールマイトに目をかけられている。

そこを詮索するつもりはないが、「お前には勝つぞ」と轟は出久に宣戦布告しに来た。

 

障害物競走。第一関門

 

自分より強いヤツなんて沢山いるけど、自分も本気で獲りに行くと轟に力強く宣言する出久。

「君が来たってことを知らしめてほしい」、そのオールマイトの言葉を胸に出久は改めて気合を入れた。

第一種目は障害物競走。計11クラスでの総当りレース。スタートゲートが狭くここでまずふるいがかけられる。

轟がスタートダッシュをかけ、自分の通った地面を凍らせて後続をつまらせる。しかしヒーロー科の生徒達はほとんどがこれを切り抜けた。

ここでいきなりの障害物、入試の仮想ヴィラン、第一関門のロボ・インフェルノが登場。だが轟はロボを難なく凍らせて動きを止めた。

轟の後をついてきた他生徒たちは凍ったロボが倒れてきて下敷きになってしまった。

しかし本当のヴィランの襲来を体験したヒーロー科の生徒たちは、各々の経験から第一障害を難なく切り抜けていった。

他の科の優秀な生徒たちも同じように切り抜けていく。

 

轟はヒーローNo.2、エンデヴァーの息子

 

第二関門はザ・フォール。岩の足場から落ちたら終了。轟はまた難なくここも切り抜けるが、爆豪も調子を上げ轟に迫っている。

一位の轟は他の生徒と比べると実力は圧倒的だった。”個性”の強さもあるが、素の身体能力と判断力もずば抜けていた。

実は轟はフレイムヒーロー「エンデヴァー」の息子。エンデヴァーはオールマイトに次ぐトップ2。その血を轟は受け継いでいるのだ。

そして最終関門、一面地雷原。地雷の位置はよく見れば分かるようになっているが、しっかり目と脚を酷使しなければならない。

ちなみに地雷自体の威力は大したことないらしい。(相沢曰く、人によるらしい)

ここで爆豪が轟を抜く。他の後続もスパートをかける。しかし轟と爆豪2人がリードという形になっている。だが、その頃出久はかなり遠くにいた。

 

予選1位はなんと出久!

 

ここで出久は先程のロボの部品を盾にして地雷に突っ込み、爆風を利用して一気に轟と爆轟の元まで追いつき、そのまま追い抜いた。

出久に抜かれたことで争いをやめ、ひたすら出久を追いかけ始める轟と爆豪。

しかし出久は追いつかれそうになるのと同時に、再度地雷を爆発させ、また爆風で前方へ飛んだ。出久の機転に皆驚く。

この結果、第一種目の障害物競走はなんと出久が一位。轟が2位で爆豪が3位。爆豪は悔しさを完全に表に出しているが、轟も悔しそうな様子。

予選通過は42名。そして次からは本選。第二種目は騎馬戦。騎馬戦は第一種目上位の生徒ほど狙われてしまう下克上サバイバル。

42位が5ポイントで1位は1000万ポイント。これにより出久は皆のターゲットになってしまった。

僕のヒーローアカデミアの関連記事

僕のヒーローアカデミアのコミックスネタバレ記事一覧

3巻:>>この記事

4巻:>>僕のヒーローアカデミア4巻ネタバレ!個性婚と轟焦凍出生の秘密

5巻:>>僕のヒーローアカデミア5巻ネタバレ!体育祭の優勝者とステイン

6巻:>>僕のヒーローアカデミア6巻ネタバレ!出久の新たな師グラントリノ

7巻:>>僕のヒーローアカデミア7巻ネタバレ!オール・フォー・ワンとは?

8巻:>>僕のヒーローアカデミア8巻ネタバレ!林間合宿とプッシーキャッツ

9巻:>>僕のヒーローアカデミア9巻ネタバレ!開闢行動隊のマスキュラー撃破

10巻:>>僕のヒーローアカデミア10巻ネタバレ!志村転弧は死柄木の本名?

細かい内容は原作を読んでみるともっと面白いはずです!

「僕のヒーローアカデミア」で検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→僕のヒーローアカデミアを無料で試し読み   

>>【<新規会員入会者限定>半額クーポンプレゼントはこちらから!】

僕のヒーローアカデミア3巻の感想とまとめ

僕のヒーローアカデミア3巻の感想ですが、ヴィランの襲撃を食い止めるのにオールマイトは精一杯でしたね。

全盛期よりも大分弱体化してしまい、圧倒的なパワーで倒せなくなっているのが見ていて勿体無いと感じてしまいました。

早く出久が成長し、オールマイト並の強さになった姿がみたいです。でも出久のマッスルフォームはちょっと弱そう・・・・。笑

死柄木はアジトで出久のことを思い出し、オールマイトに似た個性を持った子供がいたと”先生”に報告しているので、敵の注目の的になっていきそうな予感。

ここでヴィランの話は一時終了で、雄英体育祭の話に移りました。プロのスカウトが注目している大会とのことで、生徒たち全員気合が入っている様子。

ここでも出久が機転を利かして個性を使わない状態で一位になるという快挙。弱気な少年のサクセスストーリーは、かなりアメコミっぽさを感じます。

結局爆豪がやられ役というか、出久の引き立て役になっている印象ですが、今後このあたりの気持ちはどう消化していくのか。

まだまだ雄英体育祭は続くので、次巻4巻がとても楽しみです。

というわけで以上「僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)3巻ネタバレ!雄英体育祭開始」でした。