僕のヒーローアカデミア5巻の内容ネタバレです。

4巻では雄英体育祭の最終種目に突入しましたが、出久や轟などメインキャラクターは無事勝ち進んでいきました。

そんな中、あのお茶子が爆豪と一対一のバトルすることになってしまいました。ヒーローになるからには「か弱い女性」とも言っていられない様子。

爆豪相手にお茶子がどのような戦い見せてくれるのか、注目していきましょう!というわけで僕のヒーローアカデミア5巻の内容ネタバレへと参ります。

※この記事には僕のヒーローアカデミア5巻のネタバレ内容がガッツリ記載されています。マンガやアニメを見るよ!という方は閲覧にご注意ください。

スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミアの試し読みは?

「僕のヒーローアカデミア」は現在13巻まで既刊されているマンガ作品です。

アニメ2期が放送されたばかりですが、もっと続きを知りたい方は原作を読んでみると良いですね。

以下ネタバレを含むので、原作で内容を知りたい方は無料の試し読みもオススメです。

「僕のヒーローアカデミア」で検索。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→「僕のヒーローアカデミア」を無料で試し読み   

>>【<新規会員入会者限定>半額クーポンプレゼントはこちらから!】

僕のヒーローアカデミア5巻のコミックス内容ネタバレ!

お茶子の策通じず。爆豪の勝利。

 

爆豪を目の前にしても、引くなんて選択肢はないお茶子。先手を取って個性で爆豪を浮かして、空中で上手く動けないようにしてしまおうと考える。

だが爆豪は女性ということも関係なく、向かってくるお茶子を爆発させた。それでも怯まず向かっていくお茶子。

遊んでないでとっとと場外に出してしまえ、と会場からブーイングを受ける爆豪。しかし相沢はそんな観客のプロ意識の低さを一蹴した。

なぜなら爆豪があっさり勝負を決めないのは、ここまで勝ち進んできたお茶子をなめずに警戒しているからだ。

爆豪が派手に爆発させた会場のコンクリート破片をお茶子は無重力状態にしており、それを操って爆豪に向けて流星群のように降らせた。

だがこれはお茶子にも当たってしまう可能性があり、かなり捨て身の策と言える。しかし降ってくるコンクリートの破片を全て爆発で消してしまった爆豪。

今の自分の力を全部出しきったお茶子だが、それで力尽きてしまい倒れて行動不能に。この結果、爆豪が2回戦に出場することになった。

 

オールマイトに匹敵する個性・・・

 

負けた後お茶子は悔しいながらもすっきりした表情。だけどその後父と電話で会話をし慰めてもらったときには、やはり涙を見せてしまった。

その鳴き声を廊下で聞いてしまった出久。その時出久の前に突然エンデヴァーが現れる。

エンデヴァーは心操との戦いで出久が指先だけで強烈な風圧を出したのを見ており、パワーだけならオールマイトに匹敵する”個性”だと見抜いていた。

そして息子はオールマイトを超える義務があり、出久との試合は良い経験になると言った。

それを聞いた出久は、自分はオールマイトではないし、轟もあなた(エンデヴァー)ではないと言い切ってその場を去った。

 

轟の冷気も使用制限があった

 

出久と轟の戦いが始まった。開始瞬間から出久は指で風圧を、一方轟はすぐに氷を出した。二人の力はぶつかってまずは打ち消しに。

その後もガンガン氷を出してくる轟相手に、指一本ずつ犠牲にして風圧を出してこらえる出久。

そんなこんなで出久の右手は全滅、その隙を突いて轟が更に攻撃をしかけ、ついには左手までボロボロの状態に。

出久は轟の強さを感じ取ったが、同時に手が震えていることにも気づいた。

もうその辺のプロ以上の強さだと観客も轟を認め驚いているが、出久は壊れた指で再度爆風を起こした。

どうやら個性も身体機能の一つであり、轟自身冷気に耐えられる限度というものがあるらしい。

しかしそれは左側の熱を使えば解決できるものなのではないか?と出久は轟に尋ねた。そして全力でかかってこい、出久は轟を挑発した。

 

轟の中の母の記憶

 

その言葉を聞いて苛ついた轟は距離を詰めてくる。しかし個性の使いすぎの反動か轟の動きが鈍い。その隙を突いて出久は強力なパンチを轟の腹にぶち込んだ。

個性の制御が少しずつ可能になってきている出久。しかしこの戦いの後、激痛が待っているのは確かだった。

オールマイトの期待に応えたい一心で突っ込んでくる出久に気圧され始める轟。そして轟は自分の過去を思い浮かべてしまう。

エンデヴァーに幼いころから厳しい訓練を受けたこと。体の左側にエンデヴァーの能力が現れた頃に、母親が轟を拒絶し始めたこと。

結局母は轟に危害を加えるまでになり、エンデヴァーは母を病院に預けてしまった。そのような過去から轟はエンデヴァーを恨むようになる。

しかし今まで自分の血を恨んで育ってきたが、出久のヒーローになりたいという熱い情熱に感化され、自分の中にあるエンデヴァーの能力を轟は受け入れた。

スポンサーリンク

オールマイトもかつては無個性だった

 

遂に全力で出久と対峙する轟。その姿を見てエンデヴァーは嬉しがるが、轟にとってはそんな父の期待などどうでもよかった。

そして轟は炎と氷、2つの力を使い全力で出久を攻撃する。出久もワン・フォー・オールの力を引き出し、強烈なパンチを繰り出す。

結局轟のパワーが勝り、出久は吹っ飛んで場外負け。轟が通路を歩いているところに父・エンデヴァーが声をかけにくる。

しかし戦いの時だけ「お前を忘れた」と言って轟は少しスッキリした様子だった。一方出久は拳を粉砕骨折、重症だった。出久はベスト8で敗退となった。

出久はリカバリーガールに歩けるくらいには治癒してもらったが、それでもまだまだダメージは残っていた。

そんな中出久は、自分意外にもっとワン・フォー・オールを引き継ぐのに適した人物がいたのではないかと尋ねた。

するとここで意外な事実、オールマイトも実はかつて無個性だったことを出久に明かした。

最初はかつての自分と出久を重ねていたが、自分の想像を何度も出久は超えてきた。

出久にしか導き出せないものがあると思っている、そうオールマイトは出久に声をかけた。

 

飯田の兄の危篤

 

その後爆豪が切島を撃破、飯田もベスト4まで勝ち進み、まずは轟VS飯田。

飯田のレシプロバーストを警戒していた轟はやはり少しだけ苦戦するが、結果的には炎を出さず飯田を下してしまった。

その頃街に「ヒーロー殺し」と呼ばれる「ステイン」なる存在が現れ、あるヒーローが一人敗れていた。爆豪は常闇との戦いに勝利決勝進出。

これにて決勝は轟VS爆豪という形になった。そんな中飯田の元に母から電話が入る。

どうやら先程のステインに敗れてしまったヒーローは飯田の兄・天哉だったことが知らされる。

ステインは街を見下ろしていたが、そこに黒霧が現れ何か話を持ちかけていた。

 

出久との戦いの後、迷いが出てきてしまった轟

 

雄英体育祭も遂にラスト。雄英1年の頂点が決まる。決勝戦は轟VS爆豪。轟は即巨大な氷を発動した。

そんな轟の大技を爆豪も爆発で凌ぎ、派手な戦いが始まった。轟の力をよく計算し効率よく攻める爆豪。

しかし轟は出久との戦いの後どこか心ここにあらずな状態になっており、まだ左側の炎を使用せずにいた。

出久には見せた全力を、自分には出してこないので爆豪は怒る。自分が正しいのかどうか、よくわからなくなってしまった轟は爆豪に負けそうになる。

その時「負けるな頑張れ!!!」出久が大声で轟に声援を送る。

爆豪は轟に向かって爆風を放ち、轟も左側の炎の力を発動させたが、結局その力を引っ込めてしまい爆豪の爆発をまともに食らってしまうことに。

轟は場外へ吹っ飛び爆豪の勝ちとなった。

 

雄英体育祭優勝者は爆豪

 

出久との試合で見せた超爆風を、直前で放たなかった轟に食ってかかる爆豪。しかし爆豪も体力の限界で気絶してしまう。

1位にはなったが轟が手を抜いたことに納得していない爆豪は、表彰台の上で押さえつけられながらも暴れていた。

3位には常闇と飯田がいるはずだが、飯田は自分の兄がステインに敗れたという報告を受け早退していた。

こうして雄英体育祭は

  • 1位 爆豪
  • 2位 轟
  • 3位 常闇&飯田

で幕を閉じた。飯田が兄のいる病室に到着すると、兄はまだ意識が朦朧としていたが命をとりとめていた。

しかし後2分手術が遅れていたら手遅れだったという。

翌日轟は意を決して自分の母と合うことを決め病院へ行った。たとえ望まれてなくとも、自分の手で母を救い出すことに決めたのだった。

ここで僕のヒーローアカデミア5巻のネタバレが終了です。

僕のヒーローアカデミアの関連記事

僕のヒーローアカデミアのコミックスネタバレ記事一覧

3巻:>>僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)3巻ネタバレ!雄英体育祭開始

4巻:>>僕のヒーローアカデミア4巻ネタバレ!個性婚と轟焦凍出生の秘密

5巻:>>この記事

6巻:>>僕のヒーローアカデミア6巻ネタバレ!出久の新たな師グラントリノ

7巻:>>僕のヒーローアカデミア7巻ネタバレ!オール・フォー・ワンとは?

8巻:>>僕のヒーローアカデミア8巻ネタバレ!林間合宿とプッシーキャッツ

9巻:>>僕のヒーローアカデミア9巻ネタバレ!開闢行動隊のマスキュラー撃破

10巻:>>僕のヒーローアカデミア10巻ネタバレ!志村転弧は死柄木の本名?

細かい内容は原作を読んでみるともっと面白いはずです!

「僕のヒーローアカデミア」で検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→僕のヒーローアカデミアを無料で試し読み   

>>【<新規会員入会者限定>半額クーポンプレゼントはこちらから!】

僕のヒーローアカデミア5巻の感想とまとめ

相沢が、爆豪にあえて地面を爆発させていた茶子の狙いに気づいていたのは流石でしたね。そしてそれに気づかずブーイングしていたプロヒーロー達・・・。

エンデヴァーはオールマイトのマッスルフォームほどの大きさではないにしろ、かなりゴツい大男でした。しかも常に燃えていて、かなり強面。

轟の氷を指一本ずつ消化して打ち消していく出久の根性は認めたいですね(汗)。見ていてかなりきつい対策でした。

今回の戦いで少しだけエンデヴァーが滑稽に見えたかもしれません。自分の夢を息子に託すのも行き過ぎるとこうなってしまうのかと。

しかし出久との戦いをきっかけに、エンデヴァーから受け継いだ力とはいえ、それは自分の力であることも認め始めた轟。

こうなってくると本気の轟はどこまで強くなってしまうのか想像がつかないですね。エンデヴァーは完全に超えることが約束されていますし。

後ヒロアカの中では轟の母の話は少し重い話です。とんでもヒーロー漫画なのに、ちょっとここの設定は現実的というか。

いつか轟の母親が自分を取り戻すシーンも見たいです。しかし悲惨な生い立ちにしては轟はとても性格が良い少年だと感じました。

実はこのヒーローが尊敬される時代に、生まれ持って最強っぽい能力を持っているのはハッピーなのかもしれません。

というわけで以上「僕のヒーローアカデミア5巻ネタバレ!雄英体育祭の結果と優勝者」でした。