僕のヒーローアカデミア7巻のコミックスネタバレと感想です。

6巻では、新たにグラントリノという師が出来た出久。少しずつではあるがワン・フォー・オールの使い方を覚え始めていました。

そして、襲われ身体が麻痺状態になってしまった兄の仇を撃つために、保須市での体験学習を希望した飯田はステインを見つける。

ステインとの戦いで飯田がとどめを刺されそうになったところで、出久が駆けつけ、更に仲間に位置情報を送っていた為、ピンチに気付いた轟も合流する。

二人がかりで戦う出久・轟ですが、それでも優位に立つステインに苦戦している所で終わっています。

というわけで僕のヒーローアカデミア7巻のネタバレに参りましょう。

※この記事には僕のヒーローアカデミア7巻のネタバレ内容がガッツリ記載されています。マンガやアニメを見るよ!という方は閲覧にご注意ください。

スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミアの試し読みは?

「僕のヒーローアカデミア」は現在13巻まで既刊されているマンガ作品です。

アニメ2期が放送されたばかりですが、もっと続きを知りたい方は原作を読んでみると良いですね。

以下ネタバレを含むので、原作で内容を知りたい方は無料の試し読みもオススメです。

「僕のヒーローアカデミア」で検索。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→「僕のヒーローアカデミア」を無料で試し読み   

>>【<新規会員入会者限定>半額クーポンプレゼントはこちらから!】

僕のヒーローアカデミア。7巻の内容ネタバレ!

 

飯田のプライド

 

轟の氷&炎の個性ですら難なくかわすステインの化け物じみた強さ。出久と轟の苦戦は続いている。

一方ここで立ち上がらなければもう出久や轟には追いつけない、そう思った飯田は、ステインの個性を振りほどいてステインに攻撃を仕掛ける。

応戦するよりも逃げたほうがよい、そんな状況にも関わらず、飯田は自分のプライドの為にステインと戦いはじめる。

上空から襲い掛かってくるステインを迎え撃つような形で飯田もジャンプし、個性の「レシプロエクステンド」でキックを放つ。

対するステインも飯田に攻撃を仕掛けようとしていたが、二人の横から出久も現れステインの顔面に強烈な一撃を入れる。

同時に飯田のキックもボディに入り、ステインはダメージを負ってしまう。さすがのステインも気絶してしまい、出久たちはステインを縛って通りに出る。

 

出久を助けたステイン

 

丁度出久の元へ駆けつけたグラントリノ。沢山のヒーローが出久たちを助けに来てくれていたのだ。しかしそれも束の間。

突然上空から翼の生えた脳無がやってきて、猛スピードで出久を掴んで飛んでいってしまった。

だがステインは仕込んでいたナイフで拘束しているロープを切り、飛んでいる脳無の上に着地し、脳みそをナイフで刺した。

偽物が蔓延る社会も、いたずらに力を振りまく犯罪者も粛清対象だと言って、なぜかステインは出久を助けだしたのだ。

 

ステイン逮捕

 

ステインは全ては正しき社会の為に動いているらしい。自分を始末していいのはオールマイトだけだ、そう言いながらステインは気を失った。

後から聞いた話しでは、この時既にステインは折れた肋骨が肺に刺さっていたのだという。物凄い執念を見せたステイン。

結局ステインは逮捕され、出久たちは入院することになった。診察の結果、飯田の左手には後遺症が残るという。

手術で神経移植すれば治る可能性もあるらしいが、今回の件のいましめとして、飯田は暫く左手をそのままにしておくことにした。

 

黒幕の個性「オール・フォー・ワン」

 

今回ステインという強い思想を持った「カリスマ」と対峙したグラントリノは、それに感化される人間が沢山現れるだろうと予想している。

敵の大将がはなからこういった世間の動きを予想しているなら大したものだと感心する一方、グラントリノはその正体に気づいていた。

敵の黒幕はグラントリノの盟友であり、オールマイトの師、先代ワン・フォー・オール所有者を葬り、オールマイトの腹に穴をあけた男。

その名も「オール・フォー・ワン」。その男が動き始めたとみていい、そうグラントリノはオールマイトに告げた。

結局ステインの生き様は世に深い影響を与えた。現代のヒーローは英雄を語るニセモノ。粛清しなければならないという思想。

そして一時とはいえステインが所属していた組織”ヴィラン連合”に、悪いヒーローたちの注目が集まり始めていた。怪しげな雰囲気が漂う。

雄英も通常通りの授業に戻り、オールマイトは生徒たちに救助訓練レースを課した。

 

ヒーロー体験の成果

 

ある密集工業地帯でオールマイトが救難信号を出すので、誰が一番最初に自分を助けに来てくれるのかを競う訓練だという。

ここで出久はクラスメイトの度肝を抜いた。ヒーローの体験授業からたった一週間で爆豪のような警戒な動きを見せる。

グラントリノとの訓練が功を奏したのか、オールマイトも驚く成長っぷり。授業が終わったら自分の元へ来いとオールマイトは声をかけてくる。

出久に自分とワン・フォー・オールについて話さなければならない時がきたのだという。そして出久はオールマイトの元へ。

スポンサーリンク

 

個性を奪う「オール・フォー・ワン」

 

ワン・フォー・オールについて、オールマイトの詳しい話が始まった。まずワン・フォー・オールは元々ある一つの個性から派生したものらしい。

それは「オール・フォー・ワン」という、他者から個性を奪い己のものとし、そしてソレを他者に与えることができる個性とのこと。

超常黎明期。社会がまだ超常という変化に対応しきれてない頃の話。一人の人物が民衆の個性を奪い、圧倒的な力で勢力を広げていった。

その男は計画的に悪行を積み、瞬く間に”悪”の支配者として日本に君臨する。男は人に個性を与えることで、相手の信頼を得て屈服させていった。

 

二つの個性から生まれた「ワン・フォー・オール」

 

一方個性を与えることで、その人間が元々持っていた個性が変異し混ざり合うというケースもあったという。

男には”無個性”の弟がいたが、正義感の強い男だった。そんな弟に男は”力をストックする”という個性を無理矢理与えた。男の目的は今もまだ分かっていない。

しかし無個性だと思っていた弟にも、一応個性が宿っていた。それは”個性を与えるだけ”という意味のない個性だった。

「力をストックする個性」と「与える個性」が混じり合い、こうして男の弟からワン・フォー・オールという個性が誕生したのだ。

 

敗北した弟の願い

 

だがそんな大昔の悪人の話が、なぜ今になって出てくるのか出久は疑問に思う。しかし男は今も生きている。

個性を奪える人間であるその男は、自身の成長を止める個性を誰かから奪い、今もまだ生きていると考えるのが妥当だとオールマイトは言う。

半永久的に生き続けるその男に敗北を喫した正義感の強い弟は、いつか兄を止める人間が現れる事を願ってワン・フォー・オールを第三者に託してきた。

そして代々ワン・フォー・オールは引き継がれ、遂にオールマイトの代で男を討ち取ったハズだったのだが、男はなぜか生き延びている。

しかもヴィラン連合のボスとして再び動き出しているのだ。ワン・フォー・オールは言わばオール・フォー・ワンを倒すために受け継がれた力。

いつか出久はその巨悪な男と対決しなければならない。だが出久はオールマイトがいてくれれば何でもできそうな気がすると力強く返事をする。

 

ヴィレン連合の先生。次の自分は死柄木

 

だがその頃にはもう自分は出久の側にはいられない、そう思いながらもオールマイトは出久にそれを伝えることが出来なかった。

ヴィレン連合の先生と呼ばれる人物は、死柄木を「次の自分」として育てているらしい。「先生」の顔は荒れて原型もない。

横にはドクターと呼ばれる人物もいるが、彼が先生の体を治療している。今の内に”仮初の平和”を謳歌すればいい、そう先生と呼ばれる人物は皮肉を言った。

 

二人一組の期末試験

 

雄英はそろそろ期末試験。演習試験の内容は、二人一組で教師一人と戦闘を行うというもの。

なんと出久は爆豪とチームを組むことになってしまい、しかもそれだけでなく戦闘相手の教師はオールマイト。

相沢は二人の仲の悪さを考慮してこのような采配を行ったのだ。制限時間は30分。戦って勝つか、逃げて応援を呼んで切り抜けるか。

いずれにせよ的確な判断が求められるこの試験。一応ハンデとしてオールマイトは体重の半分の重量を装着して試験に臨む。

 

出久と爆豪

 

コミュニケーション能力も問われるこの試験。早速出久は戦闘回避、爆豪は戦闘肯定、で意見が割れる。

早速仲間割れの状態の中、オールマイトが二人に戦闘を仕掛けてくる。すぐに爆豪を投げ飛ばしてしまうオールマイト。

それでも爆豪は変わらず正面からオールマイトに向かっていく。出久の急成長を感じている爆豪は焦燥にかられすぎている。

しかも「出久の力を借りるくらいなら負けた方がまだマシ」とまで言い出す始末。その言葉を聞いた出久はさすがに爆豪を殴った。

負けていいなんて言って諦める前に、自分を使うくらいしてみろよ、と出久は爆豪に意見を言った。

結局爆豪は出久にそう言われオールマイトに真っ向から攻撃を仕掛ける。しかしそれは囮。出久がその隙を突き、オールマイトの後ろに周り攻撃を仕掛けた。

出久の攻撃はオールマイトにヒットするのだろうか。ここで「僕のヒーローアカデミア」7巻のネタバレは終了です。

僕のヒーローアカデミアの関連記事

僕のヒーローアカデミアのコミックスネタバレ記事一覧

3巻:>>僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)3巻ネタバレ!雄英体育祭開始

4巻:>>僕のヒーローアカデミア4巻ネタバレ!個性婚と轟焦凍出生の秘密

5巻:>>僕のヒーローアカデミア5巻ネタバレ!体育祭の優勝者とステイン

6巻:>>僕のヒーローアカデミア6巻ネタバレ!出久の新たな師グラントリノ

7巻:>>この記事

8巻:>>僕のヒーローアカデミア8巻ネタバレ!林間合宿とプッシーキャッツ

9巻:>>僕のヒーローアカデミア9巻ネタバレ!開闢行動隊のマスキュラー撃破

10巻:>>僕のヒーローアカデミア10巻ネタバレ!志村転弧は死柄木の本名?

細かい内容は原作を読んでみるともっと面白いはずです!

「僕のヒーローアカデミア」で検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→僕のヒーローアカデミアを無料で試し読み   

>>【<新規会員入会者限定>半額クーポンプレゼントはこちらから!】

僕のヒーローアカデミア7巻の感想とまとめ

飯田が戦いに戻り、苦戦しながらも強敵であったステインを3人で逮捕することに成功しましたね。

ステインというキャラクターはやり方は良くないとは言え、ただ単に悪事を働く人間では無かったようですね。オールマイトを認めている所や出久を助けた所を見る限りは。

この戦いや体験授業の成果もあって、1週間で出久は急成長。今後も期待できそうです。そしてすぐに始まった期末試験。

仲の悪い爆豪と共に出久はこの試験をどう切り抜けるのですかね。二人の相手はなんといってもあのオールマイトですからね。

教師相手にすごい力を持った、雄英の生徒達でも一筋縄ではいかないでしょうね。

というわけで以上「僕のヒーローアカデミア7巻ネタバレ!オール・フォー・ワンとは?」でした。