キャプチャ201609062

10月から放送されるアニメハイキュー!!3期をネタバレしていきます。

青城戦の決着、白鳥沢戦の第1セットから最終セットまでです。試合を通じて成長するキャラクターたちのエピソードや対戦校の回想シーンなど見どころがたくさんあるので、アニメが気になっている方や原作を復習したい方はぜひどうぞ。

※この記事はネタバレ内容がガッツリ載っています。アニメを観るよ!という方は閲覧にご注意ください。

スポンサーリンク

「ハイキュー」の試し読みは?

「ハイキュー」は現在24巻まで続いている人気作品です。アニメでは原作を忠実に描かれていますが、もっと続きを知りたい方は原作を読んでみると良いですね。

以下ネタバレを含むので、原作で内容を知りたい方は無料の試し読みもオススメです。

「ハイキュー」で検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→「ハイキュー」を無料で試し読み   

アニメハイキュー!!3期の内容ネタバレ

ハイキュー!!はバレーを題材とする漫画作品。週刊少年ジャンプにて連載されており、現在コミックス22巻まで発売されています。

アニメハイキュー!!3期のタイトルが『ハイキュー!!烏野高校VS白鳥沢学園高校』ということで、烏野VS白鳥沢が描かれた17巻からのストーリーをネタバレしていきたいと思います。

ハイキュー!!17巻ネタバレ

キャプチャ201609061

画像出典:ハイキュー17巻

春の高校バレー宮城代表決定戦準決勝は烏野VS青城。3セット目、長いラリーの末26-24で青城を制し、烏野が勝利する。

続く決勝はVS白鳥沢。

むかえた第1セット、牛島の左利き(右利きに慣れた選手にとってやりずらい相手)に加え最強クラスのパワーを持ったスパイクによって点差は開く一方だった。

月島は冷静に次のセットを念頭に置いていたが、西谷は目の前の一点を全く諦めていない。ここぞという時に決まる1点の重みを、月島は気づき始めていた。

敗戦後の及川が牛島に放った言葉とは?VS白鳥沢第1セットの詳細は?さらに詳しい17巻のネタバレはこちらから。↓ ↓

>>ハイキュー17巻の内容ネタバレと感想!青城戦決着と白鳥沢登場

ハイキュー!!18巻ネタバレ

キャプチャ201609071

画像出典:ハイキュー!!18巻

牛島の攻撃を止められず、第1セットは(烏野16-25白鳥沢)で終了。

烏野の課題は威力の高い攻撃を続けることで白鳥沢を厳しい(エースに頼らざるをえない)状況に追い込み、対牛島の構図を作ることだった。

第2セットはゲス・ブロックを得意とする白鳥沢・天童に攻撃を封じられそうになるものの、負けず嫌いの影山・感覚をつかみ始めた西谷・冷静に考え続ける月島を軸に烏野も必死に食いつく。

デュースに持ち込んで28-28の場面。牛島のスパイクを月島のリード・ブロックがとらえ、大きく弾かれたボールを日向が追いかける。5セットマッチ、第2セットも落とせば後がなくなる烏野。このさきどうなるか気になるところで次巻へ続く。

牛島のスパイクをレシーブしたトータル・ディフェンスとは?さらに詳しい18巻のネタバレはこちらから。↓ ↓

>>ハイキュー18巻の内容ネタバレと感想!天童・ウシワカVS烏野

 


スポンサーリンク


ハイキュー!!19巻ネタバレ

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3201609091

画像出典:ハイキュー19巻

前巻の最後で弾かれたボールはラリーに持ち込み、日向がバックアタックを決める。そして第2セットのラスト1点、ついに月島が牛島のスパイクをドシャットすることに成功。第2セットは(烏野31-29白鳥沢)で烏野の勝利となった。セットカウントは1-1。

むかえた第3セットは白鳥沢のセッター・白布の回想を挟み、白鳥沢の「個を磨く」プレースタイルで(烏野20-25白鳥沢)と白鳥沢が獲る。

3セット先取のため、白鳥沢に2セットとられ後がなくなった烏野。4セット目に突入。

牛島のスパイクに苦心する西谷だが、月島の冷静な判断でレシーブを成功させ、あがったボールは東峰がスパイクを決めるなど連携プレーで点を獲っていく。

牛島の言葉に刺激された日向は助走をつけたブロックを編み出し、月島は一人時間差で点を獲りと、終盤にきて烏野が2点のリードを奪い、(烏野23-21白鳥沢)となったところで次巻へ続く。

月島のドシャットの裏にあった駆け引きとは?日向が牛島に刺激された言葉とは?さらに詳しい19巻のネタバレはこちらから。↓ ↓

>>ハイキュー19巻のネタバレと感想!月島のブロック・白布の過去

ハイキュー!!20巻ネタバレ

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3201609101

画像出典:ハイキュー!!20巻

試合中最もボールに触れるセッター・影山がスタミナ切れをおこし、月島や日向とのコンビミスとなって表れる。デュースへともつれこむが、進化していたスパイカー陣がうまくボールをあやつり、烏野が第4セットをとる。(29-27)

このセットをとった方が勝利という第5セット、烏野は菅原スターティング。影山は体力回復のためベンチスタート。

シンクロ攻撃オールというブロックフォローが一人もいない攻撃で白鳥沢を翻弄し、序盤はリードを奪う。ここで牛島の過去も明らかとなり、牛島の強烈スパイク、天童のブロックで中盤は白鳥沢がリード。

ブロックの際に月島が怪我を負い2年・成田がインなど烏野は決していい状態ではないが、菅原の強気のセットアップで白鳥沢に食らいつく。

そして影山がコートに戻り日向との速攻を決め、点差が(烏野8-白鳥沢9)と縮まったところで次巻へ続く。

牛島の過去(バレーをはじめた理由、左利きの理由)とは?さらに詳しい20巻のネタバレはこちらから。↓ ↓

>>ハイキュー20巻のネタバレと感想!牛島の回想と月島の怪我

ハイキュー!!21巻ネタバレ

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3201609111

画像出典:ハイキュー!!21巻

第5セット後半は白鳥沢が優勢。しかし牛島のスパイクを日向がブロックするなど烏野も攻撃を緩めず、デュースにもつれこむ。

ここでコートに戻って来た月島はブロックの司令塔となり、ドシャットを狙うワンタッチと西谷のレシーブを助けるトータル・ディフェンスを使い分けて前衛的な守備を見せる。

5セットマッチの経験が少ない烏野はすでに体力の限界を超えていたが、西谷のスーパーレシーブで終盤20-19とマッチポイントを握り、前衛に月島・東峰・澤村、後衛に影山・田中・日向という西谷不在の超攻撃型ローテになる。

澤村も前衛でレシーブが手薄になるため、このローテで重要になるのはブロックだった。

お互い苦しい状況の中、月島のブロックで牛島の攻撃を緩め、日向のバックアタックが決まり、ラストの点を獲る。(烏野21-白鳥沢19)、セットカウントは3-2で烏野の勝利となり、ついに白鳥沢戦が決着した。

烏野と白鳥沢の激しい戦いのさらに詳しい21巻の内容ネタバレはコチラから。↓ ↓

>>ハイキュー21巻ネタバレと感想!遂に決着の白鳥沢戦の結末は?

細かい内容は原作を読んでみるともっと面白いはずです!

「ハイキュー」で検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
→「ハイキュー」を無料で試し読み   

ハイキュー3期まとめ

正直3期の内容はかなり熱いです。3期のタイトルにもなっている「烏野高校 VS 白鳥沢学園高校」。烏野の今までの対戦校の中で白鳥沢は最強の相手。

白鳥沢は全員が高レベルですが、特にインパクトのあるのは何といっても牛島若利の存在でしょう。そこにボールを集めれば点を決めてしまうという反則級のプレイヤー。

そこに烏野がどう立ち向かうのか、試合の流れにも躍動感があって遂引き込まれますね。個人的にはいつも冷めている月島が成長している姿にワクワクしました。

格上の相手とどう戦うのか、アニメでどれだけのスピード感が描かれるのかにも注目しましょう。というわけで「ハイキューアニメ3期ネタバレ!最終回まであらすじ内容まとめ」でした。