銀魂コミックス65巻のネタバレと感想です。

前巻では星海坊主と神威・神楽の母、江華がどのように出会い二人を産んだのかが描かれ、更に星海坊主は現在虚と戦闘中です。

アルタナの力で傷ついた体も再生してしまう虚に対し星海坊主はどのように戦っていくのでしょうか?

最強同士の対決、凄い注目しています。それでは銀魂65巻のネタバレに参ります!

※この記事には銀魂65巻のネタバレ内容がガッツリ記載されています。マンガやアニメを見るよ!という方は閲覧にご注意ください。

スポンサーリンク

銀魂コミックス65巻の内容ネタバレ!

江華を徨安に連れて行けず家を去った神威

 

神威は、惑星徨安に噴出するアルタナが無ければ生きられない母を他の星に連れ出し、命を奪ったのは自分たちの父親だと神楽に告げた。

しかし江華は徨安で永遠に生きるよりも、星海坊主についていき、子供たちと過ごして朽ちることを選んだのだ。話は神威の回想へ。

神威は父の様に強くなれば家族を護れるとずっと思っていたが、母を苦しめていたのは自分たち家族だったことに気づく。

その後、さらなる強さを求めた神威は春雨第7師団団長・鳳仙に戦いを挑み、一撃でふっ飛ばされ、自分の弱さを知る。

神威は船を用意し江華を徨安に連れて行こうとした。しかし江華は家族の元にいたいと言って断り、そこに海坊主が帰ってくる。

神威は星海坊主をぶっ飛ばしてでも江華を連れていこうとするが、やはり星海坊主には勝つことが出来ず、家を去った。

 

アルタナ結晶石で勝利かと思いきや・・・

 

星海坊主は何度でも蘇る虚を見て、真っ向から仕掛けては自滅すると考え、突然無防備になった。虚の突きが星海坊主の腹に刺さる。

だが星海坊主はその状態から他の星のアルタナの結晶石を虚の心臓に埋め込み、他のアルタナと混ざれない虚はその場で倒れた。

これはガソリン車に軽油を入れると車は動かないようなもの、そう例えた星海坊主。しかし・・・、虚は瞬時に生き返った。

心臓にアルタナをぶちまけられた虚の本体は息絶えたが、戦闘中に星海坊主にちぎられた腕の方から虚は再生したのだ。

 

虚に敗れ倒れる星海坊主

 

星海坊主は虚に腹をえぐるように斬られた。虚は勝利した後とどめは刺さずにその場を去っていった。そこに遅れて神威が到着する。

自分との決着はまだついていないのになぜそんなところで倒れている?そう言って襲いかかる神威。しかしそこに銀時が割って入る。

どうしても星海坊主と決着をつけないと終われない、そう言う神威。銀時は星海坊主から最強を引き継ぎ神威と対峙した。

神威が欲しがっている”最強”なんてものは他人に踏み散らかされるような、その程度のものだ、と挑発する銀時。

神威は怒って銀時を殴ったが、銀時はすぐに剣撃を神威の腹に叩き込む。

 

互角に戦う銀時だが地球人の壁が

 

銀時の戦う理由は一つ。神威を救いたいと思っている神楽のために戦っているのだ。

今やあの鳳仙をも超える強さの神威。加えて地球人が夜兎に勝てるわけがない。神威は銀時を圧倒的な力で追い詰める。

だが銀時は何度も反撃した。何かを守ることから逃げずに戦う意思をみせ、神威が強ければ強いほど限界の壁を乗り越えて力を増した。

しかしやはり最後は地球人。夜兎の肉体には勝てず神威はトドメを刺しにいく。そこに神楽が立ちふさがった。

スポンサーリンク

リミッターが外れ「夜兎」という獣になる神威

 

割って入った神楽に思わず反応し一瞬拳を止めてしまった神威。その隙に銀時は神威の額を剣でついた。後方に吹っ飛ぶ神威。

しかしその一撃で神威の理性は吹っ飛び、”夜兎”という獣になって神楽に殴りかかる。咄嗟に神楽を守る銀時。

その時リミッターの外れた神威から銀時達を逃がすため、そして神威を止めるために阿伏兎が割って入り戦闘になる。

しかし暴走した神威には勝てずすぐに追い詰められた。阿伏兎のピンチを見て神楽と新八が神威に飛びかかり阿伏兎を救う。

 

神楽、銀時、新八VS神威

 

理性を失い夜兎の血に飲まれた兄・神威を救うため神楽、そして新八はボロボロになりながらも戦いを挑んでいく。

何かを守るために戦い、その度に強くなってきた神楽と新八。そこに銀時も加勢して新八と同時に神威の腕に強力な一撃を入れる。

一瞬怯んだ神威に向かって神楽の強烈なボディーブローが炸裂、しかしその直後すぐに神威のボディブローが神楽にも炸裂する。

二人は殴り合いお互いに吹っ飛んだ。よろけながら立ち上がる二人。この時神威に理性が戻る。

 

心で神楽に負けてしまった神威

 

母の苦しむ姿を隣で見守ることに耐えきれず、自分の臆病さを認められずに星海坊主のせいにし、戦いという名の逃げ道を選んだ神威。

一方で母親に最後まで寄り添った神楽。これ以上妹には負けられないと言って神威は殴りかかり、神楽も対抗して殴り合う。

しかし神威はその瞬間力を使い果たし、神楽に寄りかかるように倒れた。そのまま動けずにいる神威。

何千回殴られても倒れることのなかった春雨最強の男・神威は、自分も家族から離れられないことを知り、妹の膝の上で意識を失った。

銀魂の関連記事

銀魂のコミックスネタバレ記事一覧

63巻:>>銀魂63巻ネタバレ!桂の真の実力と馬董の探していたパクヤサ

64巻:>>銀魂64巻内容ネタバレ!徨安から江華を移住させた星海坊主

65巻:この記事

66巻:>>銀魂66巻内容ネタバレ!朧の過去と吉田松陽の正体そして虚の目的

67巻:>>銀魂67巻内容ネタバレと感想!圓翔の暴走と御庭番衆の出動

 

※他の2017年冬アニメネタバレはこちらから!

>>2017年冬アニメ・ネタバレ一覧!!

 

細かい内容は原作を読んでみるともっと面白いはずです!

「銀魂」で検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
→銀魂を無料で試し読み   

銀魂65巻の感想とまとめ

銀魂65巻の感想ですが、星海坊主も色々虚対策はしてきたんですね。この巻を見て星海坊主の純粋な強さは作中最強レベルだと思いました。

しかし相手が悪すぎましたね(汗)。虚は星海坊主レベルの強さ+アルタナで何度も復活できるという反則キャラ。

そして神威と途中まで互角に戦えていた銀時の強さも謎。「相手は夜兎だぞ!」というツッコミが読んでいて拭えませんでした。笑

結局神威は自分自身からも逃げてリミッターを外し、夜兎の血を暴走させてしまったわけですが、心で負けてしまいましたね。

母の最後を見れない弱さを持っていた神威は、やはり少し辛い状況から逃げた、という情けない心情を抱えているように思いました。

結局これで星海坊主と神威の喧嘩は終わり、神楽の大事にしていた家族の繋がりも守られ、この一家の問題は円満に解決しました。

後は星海坊主でも仕留めきれなかった虚にどう立ち向かっていくのか。てか虚は地球を離れても江華のようにはならないのでしょうか?

などという疑問を持ちつつ、というわけで以上「銀魂65巻内容ネタバレ!星海坊主VS虚の最強対決の決着は?」でした。