キャプチャ201607031

7月からアニメ放送が開始された妖怪コメディ『不機嫌なモノノケ庵』。

既刊のコミックス6巻までのうち、名前とプロフィールが明らかになっている14人の妖怪たちを紹介していきます。

スポンサーリンク

不機嫌なモノノケ庵妖怪まとめ!

不機嫌なモノノケ庵1巻で登場する妖怪

モジャ

 

キャプチャ201608201

画像出典:不機嫌なモノノケ庵6巻

白く丸っこい見た目の妖怪。芦屋・安倍とともにこの物語のメインキャラクター。

見た目がモジャモジャなことから芦屋には「モジャ」、安倍には「毛玉」と呼ばれている。物語冒頭の芦屋に憑りついていた妖怪で、現在は物怪庵の奉公人。

喋らず鳴かず、動きと表情のみで感情表現しているが、アニメではその動きの愛らしさでかなりの人気を獲得。

 

ギギギの親分

 

キャプチャ201608202

画像出典:不機嫌なモノノケ庵1巻

「ギギギ…」と鳴く妖怪。この名前をつけたのは芦屋。

見た目は何とも言いがたいが、鳥類のような脚を持っており、色合いはクジャクの羽に似ている。

人の言葉を話す。安倍の薬によって寄生樹の根を断ち切り、チビ達(同じ見た目で小さい体の妖怪をたくさん連れている)と一緒に隠世へ祓われる。

 

ミツチグラ

 

キャプチャ201608203

画像出典:不機嫌なモノノケ庵1巻

見た目は土偶に似ている。

無表情で、お面を使って感情表現をする妖怪。人の言葉を話す。現世に落としてきてしまった笑面を見つけてほしいと依頼する。(この妖怪のエピソードを通じて禅子が登場)

 

不機嫌なモノノケ庵2巻で登場する妖怪

コウラ

 

キャプチャ201608204

画像出典:不機嫌なモノノケ庵2巻

隠世にて登場。隠世にある鬼薬堂(薬屋さん)の主。人に化けているため見た目は美しい女性。

安倍・芦屋の体の一部を切り取って薬にしたい、という過激な薬オタクでもある。芦屋・安倍が人間であると知っている数少ない妖怪の一人。

 

シズク

 

キャプチャ201608205

画像出典:不機嫌なモノノケ庵2巻

隠世にて登場。隠世にある鬼薬堂(薬屋さん)の奉公人。

人に化けているため見た目は可愛い女の子だが、イモリのしっぽは隠せていない。コウラのことが大好きで、コウラと他人が仲よくしていると過激に嫉妬する。

立法の妹。

 

カピバラ

 

キャプチャ201608206

画像出典:不機嫌なモノノケ庵2巻

隠世にて登場。この名前をつけたのは芦屋。芦屋をコソドロと勘違いし、こらしめようとした。見た目はカピバラに似ている。

包丁を持ったカピバラに襲われている芦屋を、モジャが助ける(1巻で一度隠世へ祓われたモジャがここで再登場。このまま物怪庵の奉公人となる)。

スポンサーリンク

不機嫌なモノノケ庵3巻で登場する妖怪

立法

 

キャプチャ201608207

画像出典:不機嫌なモノノケ庵3巻

隠世にて登場。シズクの兄。見た目は人間の男性。

隠世を統制する三人の権力者のうちの一人で、物怪庵主である安倍の上司ともいえる存在。少々だらしない性格だが、芦屋とモジャを物怪庵の奉公人として認める理解者でもある。

安倍・芦屋が人間であると知っている数少ない妖怪の一人。

 

マンジロウ

 

キャプチャ201608208

画像出典:不機嫌なモノノケ庵3巻

見た目はウナギ。人の言葉を話す。生前はウナギ屋の主人だった。妻の指輪を探してほしいと安倍に依頼する。

5巻にて再登場。

 

不機嫌なモノノケ庵4巻で登場する妖怪

ヤヒコ

 

キャプチャ2016082010

画像出典:不機嫌なモノノケ庵4巻

狐の妖怪。子どもの姿に化けることも。過去に安倍と遊んだことがあり、安倍になついている。遊び好きでやんちゃ。4巻のエピソードを通じて禅子の寺を手伝うことになった。

 

ジョウマツ&アンモ姫

 

キャプチャ2016082011

画像出典:不機嫌なモノノケ庵4巻

インコのような小さい鳥の姿をした妖怪。ジョウマツ(画像左、人間の言葉を話す)はオス、アンモ姫(画像右、人間の言葉は話さない)はメス。

アンモ姫は惚れっぽく一目ぼれと失恋を繰り返しているが、なんだかんだお互いを好き合っているお似合いな妖怪二人組。

 

不機嫌なモノノケ庵5巻で登場する妖怪

ノボウ

 

キャプチャ2016082012

画像出典:不機嫌なモノノケ庵5巻

かかしの友人を想い続ける妖怪。長い間畑の中にいて、自身もかかしのような姿をしている。安倍・芦屋を新たな友人として信頼し、自分の力で過去の辛い記憶を乗り越えて隠世へ祓われる。

 

翁&トモリ

 

キャプチャ2016082015

画像出典:不機嫌なモノノケ庵5巻

目の見えない妖怪トモリ(右)と、トモリを隠世へ祓ってくれるよう依頼する翁(左)。

この妖怪たち自体はストーリーに深く関わってこないが、トモリに視力をかしたことによって、芦屋が一時妖怪を見るための視力を失ってしまう(6巻のエピソードに繋がってきます)。

 

6巻で登場する妖怪

司法

キャプチャ201608213

画像出典:不機嫌なモノノケ庵6巻

隠世社会を統制する三人の権力者のうちの一人。人の姿になっている時は左。右は猛獣の姿で、この姿のときに芦屋と出会った。

6巻後半に登場し、まだまだ謎の多い妖怪。

 

不機嫌なモノノケ庵の関連記事

アニメ1期のネタバレ

 

この記事では妖怪たちのプロフィール紹介にとどまりましたが、各エピソードを詳しく知りたい方はアニメ1期のネタバレがおすすめです。

>>不機嫌なモノノケ庵アニメ内容ネタバレ!原作からあらすじまとめ

コミックス1巻~6巻まで巻ごとに詳しくネタバレしています。

 

アニメ2期の考察

 

>>不機嫌なモノノケ庵2期の可能性を円盤売上と原作ストックで考察

円盤売上や原作ストックを分析し、アニメ2期があるかどうかを考察しています。

 

芦屋についての考察

 

>>不機嫌なモノノケ庵の芦屋花繪の正体は?名前についても考察

芦屋の不思議な力について、「芦屋の正体は?」という視点から考察してみました。

安倍が芦屋の名字に反応した、金属系のものを探すのが上手い、など気になるシーンを挙げて考察しているので、原作&アニメを見て気になった方はぜひ!

 

まとめ

以上がアニメ1期で登場する妖怪たちです。いかがだったでしょうか。

6巻前半部分は芦屋が視力を取り戻すためのエピソードになっているので、新しい妖怪はほとんど登場しません。

9月には7巻が発売になるモノノケ庵。これからどんな妖怪が登場してくるのか、司法様の詳細は明らかになってくるのか、楽しみですね。

というわけで以上「不機嫌なモノノケ庵の登場妖怪一覧!プロフィール解説まとめ」でした。