エルドライブ(élDLIVE)コミックス4巻のネタバレと感想です。

3巻ではドラグラインを脱走させた美鈴の疑いも晴れ、署内の皆を遠隔操作していたダリイも宙太が追い詰め、宙太の成長と活躍が著しい巻でした。

しかしますます美鈴については謎が深まるばかりですが、とりあえずベロニカやニノチカ、ドクターラヴが宙太のクラスに転校し続きが楽しみな4巻。

というわけでエルドライブ(élDLIVE)コミックス4巻のネタバレへと参りましょう!

※この記事にはエルドライブ(élDLIVE)コミックス4巻のネタバレ内容がガッツリ記載されています。マンガやアニメを見るよ!という方は閲覧にご注意ください。

スポンサーリンク

エルドライブ(élDLIVE)の試し読みは?

エルドライブは現在7巻まで既刊されている作品です。アニメが放送されたばかりですが、もっと続きを知りたい方は原作を読んでみると良いですね。

以下ネタバレを含むので、原作で内容を知りたい方は無料の試し読みもオススメです。

「エルドライブ」で検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→「エルドライブ」を無料で試し読み   

エルドライブ(élDLIVE)4巻のコミックス内容ネタバレ!(前半)

ボウリングの功名。

 

地球の同じ支部で宙太たちと仕事をすることになったので、宙太のクラスにベロニカ、ニノチカ、ドクターラヴが転校してくる。

ベロニカはなぜか勉強も運動も美鈴には負けない!と宣言しにくる。美鈴はツンとした態度。

宙太達はニノチカに近づきたいという企みのあるタテヤンから、ボウリングに誘われる。

更にその近辺のボウリング場で夜な夜な微弱なSPHが観測されているので、調査してほしいとレインに指示されボウリングに行くことに。

ボウリング一つとっても美鈴には絶対負けない、と意気込むベロニカ。ベロニカ曰く、クシュト星人の遺伝子は別名「勝利の遺伝子」。

勝つ為に生まれてきた自分は勝って当然、と言い切る。ベロニカの挑発を受けながらボールを投げようとする美鈴。

しかし宙太のSPH臭対策でつけていた鼻栓が取れて、あまりの臭さに美鈴はフラフラの状態になって気を失い、投げたボールは後方へ飛び壁に激突。

結局破壊した壁の奥には地球の昆虫を密輸していたリボウス星人が隠れており、偶然とはいえ美鈴のお手柄になる。

 

灘の母を人質にとるペンタ星人。

 

宙太と同じ学校の生徒、サッカー部の灘は転送に失敗した降ってきた宙太とぶつかってしまう。

謝ってくる宙太だが、それを見て以前よりも雰囲気が明るくなったなと灘は感じた。

灘が自宅に帰るとテーブルに見知らぬメガネ(SPH可視メガネ)があり、それをかけてみると気絶した母を抱えたペンタ星人が見えるようになった。

突然の異星人に驚きまくる灘。ペンタ星人は灘の母を人質にとり、妻の出産に備えるために大量の肉が必要だからかき集めてこい、と灘を脅した。

一応外には出てみるが、灘にはとてもそんなことはできない。いっそ自分が食われればいい・・・、と思っていたところで宙太と遭遇する。

 

宙太の凄い一面を目撃する灘。

 

宙太は独り言が不気味がられ以前クラスでいじめられていた時に灘に救われた過去がある。

だから困った顔をしていた灘を見て、相談に乗ると言ってくる。だが灘に取りついたペンタ星人は、肉を求めて宙太を襲おうとする。

とっさに宙太はドルーを出現させて防ぎ、自分がエルドライブであることをペンタ星人に明かした。

目の前にエルドライブ、相手が悪すぎる・・・と震えだすペンタ星人。

しかし妻の方がベロニカ達に捕まったという報告を聞いたペンタ星人(夫)は我を忘れブチ切れる。

だが宙太はすぐにペンタ星人を縫って退治し、後から美鈴や他の署員も駆けつけてくる。

エルドライブの様々な地球外生命体を見て灘はその事実に驚き、少し頭の中を整理した後、宇宙警察で頑張っているの宙太のことを凄いと思った。

だが地球の文明を変えてはいけないという観点のルールから、灘は今日あった事件の記憶を消去され、また普通の日常に戻った。

 

SPH臭の原因の解明。

 

ドルーをアップデートして以来宙太はメキメキ実力を上げていた。だがそのせいで美鈴にクサイと言われる日々。

更にはクサイあまりにボウリング場で倒れた美鈴のことを思い出し、自分のせいだ・・・と結構落ち込んでいる様子。

しかしドクターラヴ曰く、アップデートでSPHのニオイは変わらないというデータが出ており、宙太の匂い事態が変わったわけではないのだと言う。

ドクターラヴが美鈴に事情を聞いたところ、アップデートしたドルーを見たときに、鼻栓がないと立っていられないほどの異臭を感じたのだという。

とりあえずその原因を調べてみることにしたドクターラヴは、装着するだけで特定のSPHをカットできる、ヘアピン型のSPHカーテンを渡した。

エルドライブ(élDLIVE)4巻のコミックス内容ネタバレ!(前半)

ドゥニ星人の犯罪

 

あるドゥニ星人が地球で小さな事件を3つも起こした。

ドゥニ星人のような変身能力のない宇宙人が地球に長期滞在するためには、整形が管理付けられているという。

なので今回事件を起こした犯人と同じ顔に整形したドゥニ星人は1000人以上おり、エルドライブの操作は地道にアリバイを一人ずつ聞いていくという過酷なものになった。

その時地球で放火事件が発生し、宇宙犯罪の可能性があったので急行できる課はありませんか?

という放送が流れ、地道な作業から逃れたい署の全員、全部の課が我こそはと手をあげた。

スポンサーリンク

泣き出す赤いパーカーの男。

 

その頃レインとドクターラヴは本部へ出発しようとしていた。美鈴の件は打ち合わせ通りにね、と通信でイサクに念を押すドクターラヴ。

そしてドクターラヴは放火事件は宙太達の2課に向かわせるのが適任だと言い、署は2課を地球に転送した。

現場につくと地球の刑事に犯人だと怪しまれる宙太たちだが、美鈴はとっさにデートだと言って誤魔化した。

その時犯人の特徴をした赤いパーカーの男を発見。美鈴にカップルだと言われ浮かれていた宙太は誤って指を指してしまう。

案の定男に気づかれ、シンパシで加速し猛スピードで逃げる男を追いかける宙太だが、道路のミラーに激突してしまう。

あまりの衝撃を見て宙太を心配する男だが、そこに美鈴とチップスが追いついてくる。

男が宙太を一瞬で倒したと思って二人は警戒するが、男は自分がやったわけじゃないし、話したいことがたくさんあると言って突然泣き出した。

 

ドゥニ星人の賠償要求。

 

捕らえたドゥニ星人の男曰く、地球人に宇宙用パスポートを盗まれてしまったという。

その後宇宙警察とのコンタクトの取り方が分からず、小さな事件を起こして宇宙警察を呼ぼうとしてみたらしい。

しかし先に地球の警察が来てしまうため、なかなか相談できずにいたとか。

整形元になった地球人も捕らえたが、自分そっくりの宇宙人がいるという興味本位から、ドゥニ星人の男のパスポートを奪ったらしく反省の色はない。

その後ドゥニ星から連絡が来て、ドゥニ星ではマザーズのel法に従い、マザーズの許可に基づいて容姿を変えていたのだという。

なので今回の問題はチェックするマザーズ側にあると考え賠償を求めてくる。この手の訴えられる話は最近多いらしい。

 

匂いの原因は宙太ではなく美鈴。

 

イサクは美鈴の嗅覚の原因は、心因性によるものだと言った。

成長していく宙太を見て焦りを感じ、自分のいぬ間に事件を解決してしまうで、気持ちが嗅覚に影響を与えたという。

その証拠にSPHカーテンをある一定時間作動させていなかったが、宙太が現場でミスをした時は嗅覚の機能が正常に戻っていた、とドクターラヴは美鈴にモニター越しに指摘した。

つまりニオイの原因は美鈴にあり、隣で成長する宙太を見て自分も伸びねば・・・という気持ちが原因なのだ、とドクターラヴやイサクは言う。

そしてニオイを克服するには、美鈴の成長のみ・・・とドクターラヴは言った。

 

エルドライブ本部での公聴会。

 

最近忙しかった宙太は、レインから預かった記憶媒体を確認しにくる。

七年前の竹取山での出来事が宇宙事件として取り扱われていて、その記録が入っているのだとか。

ミチヨと松太郎の手がかりについて何か掴めるかもしれないと宙太は思った。

その頃レインとドクターラヴはエルドライブ本部に到着し公聴会に出席していた。

目的は、公聴会でドクターラヴが自身に施した減齢処置について詳しく伺っていくのだという。しかし実際は違った。

大幅な若返りで倫理的な面から起こりうる問題を話し合いたいと呼び出しておきながら、本音は自分達も若返ることが可能なのか教えろ!

という内容であり、見ていてそれは露骨だった。まだ若返りの解明はされていないが、ドクターラヴはスペースフェロモンの力を使ったと答えた。

「肉体をあちら側に投げた」と表現したが、勿論それもまだ解明はされていないという。その瞬間ドクターラヴに若返りの副作用が起こる。

 

デミルの壊滅??

 

腕がもげ、次は足が・・・というところで皆恐ろしくなり公聴会は終わった。とても実用化レベルではなく、大天才も地に落ちたなと翻す本部の奴ら。

だがもげた手足はドクターラヴが仕込んだギミックであり仮病だった。皆を自分の研究に興味を持たせない為にそう演じたのだ。

最初公聴会に出る気はなかったが、本部証拠保管庫に保管されたSPHカーテンと引き換えに出たらしい。

あのヘアピンは元々美鈴が記憶のない時期につけていたものだが、なぜ今頃?とレインは尋ねた。

ドクターラヴは「あるべき場所にあるべき物が戻る、それだけだよ」と答えた。そんな中、レインたちは衝撃的な号外情報を受け取る。

それはなんと犯罪組織デミルのボスと幹部が何者かに始末されたというものだった・・・。

 

謎の集団とグッチーの自爆。

 

その頃フラー星にグッチーはいた。ある集団にボロボロにされていたのだ。

その集団はel文明の人間ではなく、むしろ文明を軽蔑しマザーズなんて屁とも思っていないらしい。

そしてデミルを潰して何を得る?というグッチーの質問に対し、その集団は「混乱と智見」と答えた。

この集団にはデミルを全滅させてでも欲しかった情報があり、それは王都ギッシュや惑星グリフィスなどの文明の情報だった。

デミルにはボス以外全員体内にレコーダー兼情報発信端末が埋め込まれており、アジトに情報が保管される。

もう保管されているだろうから用無しだ、と言ってその集団の一人はグッチーを消そうとするが、グッチーは自ら体内のレコーダーを壊し、命を断った。

最後にグッチーは謎の暗号を喋りだし、その情報を宙太に送る。

危険すぎて直接通信は出来ないし、この言葉が届くのはずっと先だが、いつかきっと助けになるはずだろう、と思いながらグッチーは最後に自爆した。

エルドライブ(élDLIVE)の関連記事

エルドライブ(élDLIVE)ネタバレ記事一覧

 

>>エルドライブ1巻ネタバレと感想!SPHと共生体ドルーのシンパシ

>>エルドライブ2巻の内容ネタバレと感想!デミルの艦長グッチー

>>エルドライブ3巻のネタバレと感想!美鈴に封印された記憶とは?

>>エルドライブ5巻ネタバレと感想!ウイルスに集団感染で署員全滅?

>>エルドライブ6巻ネタバレと感想!ウィドマックの使い手マディガン

 

※他の2017年冬アニメネタバレはこちらから!

>>2017年冬アニメ・ネタバレ一覧!!

 

細かい内容は原作を読んでみるともっと面白いはずです!

「エルドライブ」で検索。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
→エルドライブ(élDLIVE)を無料で試し読み   

エルドライブ(élDLIVE)4巻の感想とまとめ

エルドライブ(élDLIVE)コミックス4巻の感想ですが、この巻は序盤が日常回になっていましたね。

ニノチカが可愛いからって即行ボウリングに誘うタテヤンは、ブレない安定キャラだと評価しています。笑

またドゥニ星人から賠償の要求が来たりしていましたが、エルドライブが従っている「マザーズ」というのがどういう存在なのかがとても気になります。

ネーミングからすれば偉大そうですが・・・。

最後デミルを壊滅させた集団がマザーズを認めていないとか、エル文明がマザーズによって開かれた文明のような表現もあり、かなり壮大な話になっていくことが予想できそうです。

グッチーは生きているか??

これは希望的観測も入っていますが、グッチーは自分の腹を貫いてその後自爆しちゃいましたね。

こういう描き方をバトル系の漫画でされちゃうとまだ生きているかも・・・とか思ってしまいますね。笑

はっきり息していない姿を見せてくれていないし、もしかしたら・・・といった感じです。

このまま素直にグッチーは他界していて、宙太がブチぎれるという展開も良さそうですが、ここは素直に展開待ちしてみます。

晴れて臭くないことが証明された宙太。完全に濡れ衣でしたが誤解が晴れて何よりです(笑)

というわけで以上「エルドライブ4巻の内容ネタバレと感想!グッチーは生きている?」でした。