エルドライブ1巻のネタバレです。

1月より、冬アニメとして放送も始まったエルドライブ。主人公九ノ瀬宙太の宇宙警察エルドライブの採用試験から犯人を捕まえる1巻について紹介していきたいと思います。

では、早速エルドライブ1巻のネタバレに入りましょう。

スポンサーリンク

エルドライブの試し読みは?

エルドライブは現在7巻まで既刊されている作品です。アニメが放送されたばかりですが、もっと続きを知りたい方は原作を読んでみると良いですね。

以下ネタバレを含むので、原作で内容を知りたい方は無料の試し読みもオススメです。

「エルドライブ」で検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→「エルドライブ」を無料で試し読み   

エルドライブ1巻ネタバレ

大堀中学校。授業中に一人で話をしている九ノ瀬宙太(ここのせ ちゅうた)。先生に話しかけられてるのにも気づかずに話し続け怒られる。

それをみんなは「つぶやき宙太」と言っている。次の家庭科の授業で新学年早々に先生を無視した宙太は勇者だと笑われる。宙太を見ていたクラスメイトの其方美鈴(そのかた みすず)と目が合い、宙太はやっぱり可愛いなと思う。

その無意識の中でキュウリを高速輪切りしていた宙太はみんなからプロ級じゃんと言われる。料理の腕を見込んで宙太に家庭料理部の部員が次の料理大会のメンバーになってほしいと頼んでくる。

しかし宙太は断った。断られた家庭料理部の部員は「あんな性格だから友達いないって噂よ」と呟く。突如、違うって、別にやせがまんしてないよと言い出した宙太を見ていた人はぽかんとする。

それは宙太の独り言であった。実は宙太は物心ついたときから自分の頭のなかにだけ聞こえる声があった。多重人格というものであり、バカバカしい内容ばかりで他人には相談もできないし、信用されないと思っていた。

そのおかげで大事なことを聞きのがしたり、交通事故にあいそうになったり、時には人も巻き込んでしまっていた。

 

下駄箱からチップス警部補

授業中にプロレスごっこをしていた生徒が教員一年目のセクシー教師の早乙女先生にしかられていた。

頭の中でボヨンボヨンだなと聞こえてきて、ボインだと独り言で訂正した宙太。その声は其方に聞かれてしまい、顔に似合わないキツい言葉を言われて宙太は落ち込む。

下校時間に其方を見つけ、天使の皮を被った悪魔だと思う宙太。しかし目が合うとやっぱり可愛いと思ってしまう。其方はそっぽを向いて歩いていってしまった。

そしてへんなちびだと頭に聞こえてくる宙太。下駄箱にスリッパを入れようとすると入らない。青い物体がヨーヨーサと言って現れた。しかし宙太はおもちゃだと思って置いて帰った。

青い物体の名前はチップス警部補。通信をし、失敗した、九ノ瀬宙太は帰ったと言った。

 

マフィン屋のミミおばさん

宙太は両親がおらず女手一つで育ててくれたマフィン屋のミミおばさんの家に帰る。

おばさんの作るマフィンは天才的だが他の家事はからっきしである。だから家事手伝いは宙太がすべてやっていた。おばさんと店番を代わった宙太。するとおばさんは悲鳴をあげる。

見に行くとそこにはチップス警部補がいた。説明がめんどくさいと言ってチップスは宙太に光を当て宇宙に転送した。

 

宇宙警察エルドライブ

宙太が転送されたのは宇宙警察エルドライブであった。宙太に挨拶した太陽系方面署の署長レイン・ブリック。その横には其方美鈴がいた。彼女にしばらく宙太を観察させていたと言うレイン。

チップスから説明を受けていない宙太は状況が把握できない。こんな時はとレインは宙太にスーツを着せ、宇宙に放り出した。宇宙でたくさんの地球外生命体を見る宙太。

そしてレインからエルドライブの使命は宇宙に住む者の平和と治安を守ることだと言われる。署員は宇宙中に散らばるマザーズコンピューターによって選出される。

つまり宙太はそのコンピューターに選ばれたのである。しかし、其方は独り言と妄想癖がある宙太を客観性の求められる警察官に不向きだと反対する。

その後も宙太の事を言う其方に腹が立ち口論になる。そして独り言が混ざり「お前は黙ってろ」と言った宙太は誠意があると誤解されエルドライブの採用試験を受けることになる。

 

エルドライブ採用試験
モニタリアン登場

宙太は家の近くにまた転送され、早乙女先生とタテヤンという生徒に遭遇する。敵はこいつだと言うチップスが光線を当てると早乙女先生の身体は変化した。

正体はシャブロール星人のボーチャー。エルドライブだとわかり、タテヤンを人質にする。助けてと言うタテヤンだが、宙太は昔、竹取山で友達を独り言により、崖崩れから助けられなかったことを思い出し、無理だと言う。

ここは一旦引けという頭の声だが、自分しか助けられないと思った宙太は一緒に考えてと言った。すると一緒にという言葉に新しい感覚を感じた頭の声。

頭の声が「シンパシ」と言ってボーチャーを攻撃した。「久しぶりに共生技が発動した、他の個体のために使ったのは初めてだ」と言った頭の声が聞こえ宙太から姿を表した。

額にグリフィスの刻印があり、その生物は共生体(モニタリアン)という40億年以上昔に栄えていたグリフィス星人が様々な星に送り込んだ、惑星監視用の生命体であった。

モニタリアンが自ら姿を現した記録は一度もないらしい。説明は後だと言うモニタリアンは倒し方をイメージしろという。そして宙太は雑巾みたいに縫ってまとめるイメージをする。

シンパシで「なみぬい」という技を使い見事に敵の身体をまとめて倒した。そしてエルドライブに採用される。

 

モニタリアンの名前はドルー

早乙女先生を倒してからモニタリアンは出なくなったが、学校で急に現れた。そして驚いたときに宙太の大事な部分にサッカーボールが飛んできて保健室に運ばれる。

宙太は保健室でモニタリアンの本名が「ドゥルーブリットTYPE390」というのが長すぎると言って、「ドルー」と名付ける。今までの失敗を振り返り全てドルーのせいだと考えた宙太は出てけと身体を締め付ける。

と同時に二人は二心同体な為、宙太も息苦しくなる。。そしてドルーが消えると夜勤にいきますよと其方が迎えに来る。授業中だけど・・・という宙太を置いて其方は行ってしまう。

其方を追いかけていくとそこにはチップスがいた。そして宇宙に転送される。署長はチップスと宙太と其方に指示をだし、限界だと言って寝る。

スポンサーリンク

地球へ向かった凶悪犯ドラグライン

宙太は今日は其方に署内を案内してもらう。宙太たちが所属するのは全部で6課ある中の捜査2課。課長に会ったら逃げるのが身のためと其方に言われ、なんだそれと思う宙太。

とここでサイレンがなり、被疑者が留置場を脱出したと放送が流れる。駆けつけると転送係のシェロニモ二等巡査が倒れていた。脱走したのは凶悪犯ドラグライン。

ドラグラインは自らを地球に転送していた。追うという其方と一緒に宙太は地球に向かう。到着するとドラグラインに攻撃をされる。ドラグラインは蟹のような形をしていた。

 

スーパー・クール・スペース・ガール

捕まえようというドルーに対し、昨日逮捕できたのは偶然だと宙太は弱気になる。あんなのと毎日戦うならエルドライブなんてごめんだと。だが通りかかった婆さんが攻撃されそうになったのを無意識に宙太は助けた。

ドルーにシンパシでなみぬいを発動させるがはじかれてしまう。反撃をされるがドルーが腕を口で抑えて折った。そして抵抗したドラグラインに対して職務を執行する其方は変身する。

そしてドラグラインを真っ二つに切り、跡形もなく消した。同じ中2でありながら敵を倒した冷静さから其方を「スーパー・クール・スペース・ガール」と心の中で呼んだ。

 

感謝される宙太

エルドライブの職員がチップスと一緒に駆けつける。君が地球人の新人ですねと言われると其方は彼はもう新人じゃありません、エルドライブはごめんだそうですからと言った。

その時、宙太が助けたおばあさんが涙ながらに礼を言ってきた。こんな気持ちは初めてだと思う宙太。辞めるんだから帰っていいという其方。しかし宙太は辞めるときは自分で署長に伝えると言い返した。

 

モニタリアンを使うのは規則違反

ドラグラインが逃げた格子は何者かが故意にあけたものだと上に伝えるレイン。この件は君に一任すると言われる。身体測定を受けている宙太は、エルドライブがSPH(スペースフェロモン)という体臭から選ばれていることを知る。

学校がえりに万引犯を見つけて捕まえようとした宙太はなみぬいで攻撃するが、透けてガラスを割り、ミミおばさんをけがさせてしまった。

おばさんをけがさせたことで頭を抱える宙太。そこに現れた其方が日常生活でモニタリアンを使うのはエルドライブの規則に反するという。今回は対処してくれた其方だが、次は処罰の対象になると言った。

おばさんの見舞いに訪れた宙太は僕が代わりにけがすればよかったという。しかしおばさんは宙太が元気なことがおばさんの元気なのと怒った。

最近宙太が明るくなったような気がしておばさんは喜んでいたらしい。帰りにチップスと其方から万引犯は宇宙人の仕業だったと伝えられる。

しかしガムの万引きくらいでは、現行犯ならまだしも捜査の対象にならないらしい。そして三人で出勤するが今お前たちのレベルで対処できるものはないから学校の勉強でもしてろとレインに言われる。

 

万引犯は凶悪犯

時間があるなら万引犯をつかえまえたいという宙太。チップスは私情を挟んではいけないというが、其方は宙太のレベルが低いから仕事がもらえない。

だから捜査をしてレベルアップしてもらうのが吉だという。月の形をしたメリエスに協力して調べてもらうと万引犯は人の命を奪う凶悪犯であった。

レインに報告すると勝手なことをするなと怒られた。だが、罪の無い人が巻き込まれるのはカレーライスがぐちゃぐちゃに炊けるぐらいの悲劇だと謎の例えをした宙太の言葉に笑い、レインは捕まえてこいと言った。

犯人はガームッシュ星人のジム。ガームッシュ星人の肉体はガムに似ていてガムは良質なエネルギー強壮剤になる。そのためガム目的で不法滞在することが多い。

 

SPHにはSPHを

ジムを東名高速で発見し、宙太たちは転送される。手がかりとなるのはガムをのせた黄色のトラック。高速の中央にいた宙太は避難し、草原にはいる。

すると宙太の足に何かがぶつかった。よく見ると黄色いトラックのラジコンであった。SPHで攻撃された宙太。SPHに通用するのはSPHだけといって、其方はトラックを真っ二つにする。

目を話した隙にいなくなったジムは其方の顔に張り付き息をさせない。宙太は氷でおばさんの服についたガムをとったのを思い出し、ドルーとのシンパシで「冷却ガムはがし」を発動させ、ジムを固めた。

助けられたことに感謝する其方だが、宙太のことは認めないと唇を噛む。凍ったジムは震え始め爆発するが、借りは返したと其方が宙太の盾となって助ける。

 

巨大犯罪組織デミル

爆発したジムの形は巨大犯罪組織デミルのマークをしていた。2千光年向こうにあった地球に似た青い星はデミルのせいで真っ黒になったという。

そのデミルが地球を標的にしたとの情報が入ってるから気を引き締めてくれとレインは言った。おばさんの退院用の服を持ってきた宙太。病室にタテヤンが訪ねてくる。

駄菓子屋のおばちゃんから入院してることを聞いたらしい。3日前に宙太に助けてもらった記憶はエルドライブに変えられていたが、何となくタテヤンは宙太にお礼がしたいと思ったらしい。

宙太に友達ができたと泣いて喜ぶおばさんを見て宙太はこんなに人に迷惑を書けていたんだと気がついた。そして最後に宙太はエルドライブの制服をもらった。

 

SPHと共生体ドルーのシンパシ

エルドライブでは普通の警察が持つような武器を持たないとされています。それはなぜかというと地球外生命体がどんな行動をするかわからないからです。

それに対抗することが出来るのがSPHという力です。エルドライブの隊員はSPHすなわちスペースフェロモンという体臭を持っているかどうかでマザーズコンピューターによって選出されています。

つまり共生体のドルーと宙太の使う「シンパシ」は、SPHだからこそ敵と戦えているのです。宙太の思い浮かべることをドルーが攻撃に変えて発動する。正に二心同体ですね。

 

感想まとめ

コミカルな感じに描かれているマンガですが、内容があって面白いと感じました。次から巨大犯罪組織デミルとの戦いが始まるのかなと続きも読みたくなるような展開にも期待が持てます。

ドルーと宙太のシンパシ。これから色んな技が増えていくのが楽しみです。あとはどこかで其方と宙太、二人の関係性が良い方向に行くと良いですね。

原作を読んだ方はアニメも見てみましょう。

では以上「エルドライブ1巻ネタバレと感想!SPHと共生体ドルーのシンパシ」でした。