001-min出典:DAYS11巻より

人気サッカー漫画、DAYS11巻のネタバレです。

11巻は当院戦前半の続きとなります。ディフェンス力の高い東院と互角の戦いをする聖蹟。なかなかシュートの決まらない白熱の戦いとなっています。

それではDAYS11巻のネタバレに参りましょう。

※この記事にはDAYS11巻のネタバレ内容がガッツリ含まれています。コミックスを見るよ!という方は閲覧にご注意ください。

スポンサーリンク

DAYS前巻(10巻)のおさらい

生方の調べたデータにより、東院の先制を止めた聖蹟。しかし、東院キャプテンの保科により、そのカウンターは止められてしまう。

そして臼井との練習の成果により、つくしのフリーキックのチャンスが訪れるが惜しくもキーパーのセーブにより逃す。水樹と保科の互角の戦いもあり、試合は0対0のまま。

最後に灰原から大柴、そしてつくしへのパスにより、またもつくしフリーのシュートチャンスが生まれる。

DAYS10巻を振り返りたい方はコチラから。↓ ↓

>>DAYS10巻の内容ネタバレ!保科率いる王者東院との決勝戦

DAYS(デイズ)の試し読みは?

DAYS(デイズ)は現在19巻まで続いている人気作品です。アニメでは原作を忠実に描かれていますが、もっと続きを知りたい方は原作を読んでみると良いですね。

以下ネタバレを含むので、原作で内容を知りたい方は無料の試し読みもオススメです。

「DAYS」もしくは「デイズ」で検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→DAYS(デイズ)を無料で試し読み icon-book 

DAYS11巻ネタバレ!!

GK亜土夢のプレイ

 

フリーになりシュートを決めようとするつくしだが、なんと保科にそのシュートをトラップされてしまう。普通なら決まっているところだが、やはり保科は別格だった。

そして保科はつくしのポジショニングの技術に気付いてしまう。DFがボールを確認する時に、さりげなくつくしが視界に入らない位置をとっていることに。

つくしのポジショニングのカラクリはバレ、一層チェックが厳しくなっていく。だがつくしは相手の眼球運動から動きを読み取り相手DFを振り切り、パスを味方に繋いでいく。

そして大柴にリターン、聖蹟にビッグチャンスが。しかしそこになぜか東院GKの亜土夢がフィールド中央付近まで走っており、大柴のボールを奪い去りさらにドリブルして上がっていく。

020-min出典:DAYS11巻より

亜土夢はそのまま相手ゴール前にいる味方プレイヤーに絶妙なパスを通す。しかしそこに臼井がいたため東院のコーナーキックとなる。キーパーがセンターラインを越えパスを通す、そんな亜土夢に対し会場はどよめく。

しかし冷静な犬童は、逆に言えばそれだけ聖蹟が追いつめていた結果だと評価する。その後も亜土夢は前線へ上がりシュートを打っていく。なぜGKになっているのか疑問に思うくらいのサッカーセンス。そして飛び出してカットできるほど守備範囲も広い。実質11VS10、かなり革新的なプレイだった。

逆に聖蹟猪原は亜土夢のような派手なプレイはないが、堅実にゴールを守りチームの為に体を張れる頼もしいキーパーだった。

 

聖蹟のシュートチャンス

 

キーパーは目立つべきじゃない、そう言って猪原は水樹にパス。水樹は自軍からシュートを放ち、それがワンバンで相手ゴールまで届く怪物っぷり。聖蹟スタンドが湧く。だが状況を的確に判断しチームをコントロールする保科はそう簡単にペースを握らせてはくれない。

勝負に行くか、粘って堅実に攻めるか、聖蹟メンバーが迷う中水樹は勝負に出る。そして他のメンバーもそれに続く。そしてボールは相手陣に流れるが、そこにまた高い位置まで出てきていた亜土夢がボールをキープ。

一人で追ってもチームプレイにならない、そう思われたが水樹は一人で亜土夢からボールを奪いにいく。無謀だと皆が思う中水樹はボールに触り、さらに誰もが追い付かないと思っていたボールに追いつく。東院陣地はガラガラの状態。

そして水樹から君下、君下からゴール前の水樹へパス。そのパスはパスミスと思われる程にでかいパスだったが、保科と亜土夢も飛んでいる中水樹がヘディングで競り勝つ。そのこぼれ球をつくしがシュート、しかし浦がかすかに触っており決まらず。

069-min

出典:DAYS11巻より

亜土夢による保科の解放

 

この試合大柴のプレイスタイルが変わっていた。ボールをもらったらまずシュート、それが今までの大柴だったが、今は献身的にボールをキープしパスまでする。大柴が聖蹟に良いリズムをもたらしているのは明らかだった。

聖蹟は水樹一人をマークすればどうにかなるチームではなくなってしまった。攻撃力は明らかに全国上位、そう犬童は評価する。だが聖蹟はまだ亜土夢の打開策を見つけられてはいなかった。

盤石の東院に亜土夢という不安定だが新しい可能性をもたらす選手がやってきて、そして保科が守備から解放される。保科はパスをドリブルと同時にトラップし君下&大柴を簡単に抜き去り中央突破。臼井がいるのに強引にシュート、猪原が何とか止めるがそのオフェンス力に会場がどよめく。

096-min

出典:DAYS11巻より

聖蹟と東院、どちらが全国へ行くのか会場が騒ぐ中、保科は臼井に「本当はビッグ3にふさわしいのはお前だろ」と話しかける。誰にもひけをとらないと。

しかし臼井はそんなものに意味はないと、ただチームを勝利に導くことだけを考えていた。

東院のコーナーキック。ここから臼井の実力が目立ち始めてくる。人を動かす能力こそ臼井の真骨頂。次につくしと来須が灰原が攻撃に参加できるように奮闘し、灰原がカウンターで単独走る。

そして聖蹟速攻。大柴のヘディングを亜土夢が守るが、次に早瀬がGKの逆からシュート、それを保科がはじく。そのボールを君下が狙うも戻ってきた裏がはじく。そしてそのボールを水樹がシュート、しかしそれを亜土夢が見事キャッチし前半終了のホイッスルが鳴った。

東院VS聖蹟は無得点のままハーフタイム、後半戦へ。

スポンサーリンク

後半 東院エース海藤登場

 

東院は聖蹟を全国レベルの猛者と認め、後半に東院のエース海藤を投入してくる。海藤は腰を痛めているようだが全国に進むために気合を入れる。

聖蹟側は海藤が後半戦に参加することを聞きかなり警戒する。海藤は東院の大エース、この時間帯での海藤の出場は生方の計算外だった。そして亜土夢があんなに早い時間に攻撃に参加してくることも。

しかし東院は予定より早く奥の手を出さなくてはならない、生方の読みが東院を追いつめたのだった。

後半戦開始前。風間は来須の元へ駆け寄り「聖蹟は中盤でボールを持つ、そう印象づけておいてくれ」そのように囁いた。そしてつくしにはピッチ上の誰よりも走ってこいとアドバイスをする。

そして後半戦開始、3分が経過。皆がそのプレーに注目する中、海藤にボールが一度も回ってこなかった。つくしががむしゃらに走っていたため、東院はなかなか前に運べずにいた。

しかし保科は「狙うぞ、海」、そう海藤につぶやく。海藤はマークを外すのがうまい。保科は海藤にパス。そこに来須・臼井・佐藤の3人でマーク。しかし海藤は「いい風だ」とつぶやき、完全にシュートコースのないその状況からボールを地面に叩きつける。そして大きくバウンドしたそのボールが聖蹟ゴールの方へ!!

192-min (1)

出典:DAYS11巻より

DAYSの関連記事

アニメ『DAYS』のネタバレ記事はこちら

>>DAYSアニメ1期内容ネタバレ!原作からストーリーを紹介

DAYSコミックスのネタバレ記事一覧

コミックスのネタバレはこちら

1巻:>>DAYS1巻のネタバレと感想!つくしと風間陣の出会いと入部

2巻:>>DAYS2巻ネタバレと感想!合宿をへてつくしがインハイ予選へ

3巻:>>DAYS3巻ネタバレ感想!桜木高校・成神蹴治の驚異なドリブル

4巻:>>DAYS4巻ネタバレ感想!インハイ予選決勝・桜高戦の結果は?

5巻:>>DAYS5巻の内容ネタバレ!敗戦から課題を見つけていく聖蹟

6巻:>>DAYS6巻ネタバレ感想!遠征合宿は玄武・竜真・青函が登場

7巻:>>DAYS7巻の内容ネタバレと感想!平率いる青函戦との結果は?

8巻:>>DAYS8巻の内容ネタバレと感想!京王に10人で挑む聖蹟

9巻:>>DAYS9巻の内容ネタバレ!甲斐・丸岡率いる京王との結果は?

10巻:>>DAYS10巻の内容ネタバレ!保科率いる王者東院との決勝戦

11巻:>>この記事

12巻:>>DAYS12巻内容ネタバレ!水樹保科の直接対決とハンドでPK

13巻:>>DAYS13巻内容ネタバレ!東院戦決着の結末と十傑の存在

14巻:>>DAYS14巻の内容ネタバレ!風間の過去を知る谷口と松本

15巻:>>DAYS15巻ネタバレ!由比ヶ浜戦の決着と葉牡丹の花言葉

16巻:>>DAYS16巻ネタバレと感想!2年唯一の十傑相庭未蘭現る

17巻:>>DAYS17巻ネタバレと感想!中澤の信頼と本気の臼井対相庭

18巻:>>DAYS18巻ネタバレと感想!つくしの限界と水樹覚醒シュート

19巻:>>DAYS19巻ネタバレと感想!一星戦の決着とつくしの異変

 

細かい内容は原作を読んでみるともっと面白いはずです!

「DAYS」もしくは「デイズ」で検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
→DAYS(デイズ)を無料で試し読み  

まとめ

GKの亜土夢がフィールドに上がってくるというサッカーではあまり聞かない試合になりましたが、相当なサッカーのうまさから成り立つプレイのようですね。

これにより、保科のオフェンス力も発揮される結果になる非常事態。つくしのシュートチャンスもたくさん生まれ、成長も見えますが、やはり王者東院の壁は高い。

エース海藤の登場した東院戦後半はどんな結果になるのか楽しみですね。

という訳で以上「DAYS11巻内容ネタバレ!亜土夢と海藤のスーパープレイ」でした。