days5出典:DAYS5巻より

人気サッカー漫画、DAYS5巻の内容とネタバレです。

5巻はつくしたちが桜高との敗戦のショックから立ち直り、チームのメンバーそれぞれが自分に足りない何かを模索しています。そして選手権に向けて合宿へと。

それではDAYS5巻のネタバレに参りましょう。

※この記事にはDAYS5巻のネタバレ内容がガッツリ含まれています。コミックスを見るよ!という方は閲覧にご注意ください。

スポンサーリンク

DAYS前巻(4巻)のおさらい

インターハイ出場をかけ桜高と激闘を繰り広げる聖蹟メンバー。

聖蹟は成神のオフェンス力に驚愕し、エースの風間も犬童には圧倒的な実力差で初の挫折を味わう。

最後まで果敢に桜高に喰らいつく聖蹟。最後に風間からつくしの元へ絶好のパスが通る。これを入れれば同点、という場面でつくしのシュートはゴールポストに当たり決まらなかった・・・。

DAYS4巻を振り返りたい方はコチラから。↓ ↓

>>DAYS4巻ネタバレ感想!インハイ予選決勝・桜高戦の結果は?

DAYS(デイズ)の試し読みは?

DAYS(デイズ)は現在19巻まで続いている人気作品です。アニメでは原作を忠実に描かれていますが、もっと続きを知りたい方は原作を読んでみると良いですね。

以下ネタバレを含むので、原作で内容を知りたい方は無料の試し読みもオススメです。

「DAYS」もしくは「デイズ」で検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→DAYS(デイズ)を無料で試し読み icon-book 

DAYS5巻の内容ネタバレ

つくしを励ます生方

 

インハイ予選決勝、桜高との戦いに負けて落ち込むつくしの元に生方がやってくる。生方にも小説家になりたいという夢があったが、コンテストに落選し続けた経験から、つくしの敗戦の気持ちが分かるのだ。

先輩たちはもっとやれるという気持ちを持っていたのに、自分の不甲斐なさで気持ちを摘んでしまった。だから自分が泣いている場合ではない。そう気持ちを整理したはずのつくしだが、生方に正直に悔しがり、泣き、そして次も頑張れと諭される。

つくしは今までの先輩との思い出を浮かべて、疲れて眠るまで泣いた・・・。

025-horz-min

出典:DAYS5巻より

赤点勉強会での臼井の言葉

 

インハイには敗れたが、まだ聖蹟には選手権が控えていた。期末で赤点をとったメンバーが選手権に出るためには、追試に合格するという課題をクリアしないといけない。ここで意外な事実が発覚する。

  • 君下は2年の学年トップ
  • 大柴は両親が医者。そして金持ち
  • 風間は100点を取れるほど勉強ができる
  • 水樹は勉強合宿後更に赤点だった

しかしこの勉強会には赤点をとっていないつくしも、何か手伝えないかと参加していた。しかしそれに対し副キャプテンの臼井は「何か思いあがってないか」と厳しい言葉を投げかける。

040-min

出典:DAYS5巻より

臼井は水樹が誰よりも練習し誰よりも強くなり、評価が逆転したことが当時は認められなかった。チームなんてどうでもよくて、自分のことしか考えていなかった。

しかし上級生が引退し副キャプテンになり後ろを振り返った時、当時の自分のような後輩がたくさんいて、それを見たら勝たせてやりたいと思ったという。

そしてつくしに、前だけ見てればいい、自分のことだけ考えてとにかくレギュラーを目指せ、と臼井はつくしにアドバイスし、つくしもその言葉に感化され更に頑張るのだった。

 

前を見続けた来須の祖父

 

聖蹟は選手権に向けて海の砂浜に練習に来ていたが、その時来須の元にお祖父さんが危篤だと連絡が入る。しかし来須は祖父の家があまりに遠いため間に合わないと練習に力を入れた。

そんな中来須のダッシュ中に祖父の霊が目の前に現れる。健やかな笑顔だった。

祖父はいつも前だけを見ていた。来須はそれを思い出すと、つくしのようにがむしゃらに頑張って生きていかないといけない、と心を入れ替えるのだった。

 

遠征合宿で鹿児島へ

 

夏休み早々聖蹟は遠征合宿のため鹿児島にやってくる。インハイには敗れはしたが、実力は全国区のチームがそこには集まっていた。そして水樹は全力でレギュラーの座を奪いに来いと一年にはっぱをかける。

その言葉を聞き、争いは好きではないつくしがレギュラーにはなりたいと思うようになっていた。風間はつくしからその意思を聞き、つくしが変わり始めていることに気づく。

しかしつくしの争うポジションは、臼井曰く「聖蹟でもっとも才能に恵まれた、潜在能力だけならNO.1」の大柴だった。ハードルは高いがつくしは気合を入れる。

スポンサーリンク

大柴の新しいスタンス

 

合宿1日目は千葉の房総との練習試合。3ー0と圧倒的な力を見せる聖蹟。後半はメンバーチェンジの指示を出す監督だが、大柴はそれを受け入れない。結局そのまま後半も試合に出てしまう。

つくしは今日の大柴は本調子じゃないかも、と感じているところで君下の回想へ・・・。

ある日君下が店番をしていると、大柴が自分には何が足りない?と聞きに尋ねてくる。大柴なりに桜高の敗戦を活かそうとしているのだ。そして大柴は珍しく頭まで下げる。

そこで君下は問いかける。「お前が欲しいのは聖蹟の勝利か?自身の得点か?」

そして回想は終わり試合に戻る。君下は水樹・風間・大柴、この3本の矢で一番点を取っていないのは大柴で、その理由は明白。一番点を取りたがっていて、敵のディフェンダーを引き寄せてしまうからだった。

しかしそうなると水樹・風間がフリーになる。そこで大柴は9割脇役に徹し、1割の時に必ず得点を決めるという自分のスタンスを見つけ出す。

128-min

出典:DAYS5巻より

周りのサポートに気づくつくし

 

そして次はつくしが試合に出る番。選手権のために自分もアピールしなくてはならない。つくしのできることは走ることだけ、とにかくボールを追い続けるつくし。しかし今回はうまくいかない。

相手もつくしが初心者であることに気づき、そしていつも水樹や風間がカバーしていたからつくしのプレイが生きていたのであって、他のメンバーになればそうはいかないことに気づかせる監督の狙いでもあった。

みんなの気遣いでプレイできていた・・・、ショックを受けているつくしの元に来須が訊ねてくる。自分と君下のパスはどう違うのかと。

来須のその姿勢を見て、つくしは自分も現状を受け入れ、へこんでいる暇はないと何が足りないのかを考えるようになっていく。

 

灰原からつくしへのアドバイス

 

試合後の夜、今日の試合の反省をすべく3年の部屋に試合のビデオを見に行こうとする。そこで3年の灰原が既にビデオを見ていたので一緒に見ることになったつくし。

いつも陽気な灰原でも、聖蹟で生き残るためには頭を使い研究しないといけない。つくしも灰原のその姿を見て感心するが、その時つくしの映っている姿が。

下手くそすぎる自分の姿を見て、大柴みたいになりたいとぼやくつくし。しかし灰原は急につくしを殴る、蹴る、そして大柴ならこれらの攻撃を全て避ける、反撃するとつくしに言いながら攻撃をしてくる。

結局つくしは大柴のようにはなれない、そう言いたかった灰原だが、同じチームに同じプレイヤーはいらないというメッセージでもあった。そもそもコピーはオリジナルに勝てないとも。

たくさん考えて自分だけの武器を見つけろ、とつくしにアドバイスした灰原だった。

 

自分が後輩を引っ張る立場だと認識する灰原

 

合宿二日目。聖蹟(東京)VS 玄武(愛知)。

この試合のスタメンに選ばれるつくし。しかし今回監督から指示されたポジションはディフェンスのセンターバックだった。今までフォワードだったのに。

試合が始まり一年がついていけない中、味方のミスを拾いことごとくカバーしている灰原。そんな灰原に一年組からの今後の指示待ちが殺到する。灰原は困惑した。他の3年生たちは灰原が自分に自信がないことを見抜いている。

しかし灰原は1年が不安そうに聞いてくる、そのシチュエーションから自分が3年であることを気づくと同時に、水樹や臼井にそういったことは任せっきりだったことに気づく。灰原は皆に的確に指示を出しリーダーシップを取り始めた。

185-min

出典:DAYS5巻より

その頃同時刻では房総(千葉)VS 青函(青森)の試合が行われていた。聖蹟にも3−0で敗れた房総だが決して弱いチームではない。しかしその房総相手に一人で4得点を取った1年生がいた。それは青函の1年・火村まゆみだった。

DAYSの関連記事

アニメ『DAYS』のネタバレ記事はこちら

>>DAYSアニメ1期内容ネタバレ!原作からストーリーを紹介

DAYSコミックスのネタバレ記事一覧

コミックスのネタバレはこちら

1巻:>>DAYS1巻のネタバレと感想!つくしと風間陣の出会いと入部

2巻:>>DAYS2巻ネタバレと感想!合宿をへてつくしがインハイ予選へ

3巻:>>DAYS3巻ネタバレ感想!桜木高校・成神蹴治の驚異なドリブル

4巻:>>DAYS4巻ネタバレ感想!インハイ予選決勝・桜高戦の結果は?

5巻:この記事

6巻:>>DAYS6巻ネタバレ感想!遠征合宿は玄武・竜真・青函が登場

7巻:>>DAYS7巻の内容ネタバレと感想!平率いる青函戦との結果は?

8巻:>>DAYS8巻の内容ネタバレと感想!京王に10人で挑む聖蹟

9巻:>>DAYS9巻の内容ネタバレ!甲斐・丸岡率いる京王との結果は?

10巻:>>DAYS10巻の内容ネタバレ!保科率いる王者東院との決勝戦

11巻:>>DAYS11巻内容ネタバレ!亜土夢と海藤のスーパープレイ

12巻:>>DAYS12巻内容ネタバレ!水樹保科の直接対決とハンドでPK

13巻:>>DAYS13巻内容ネタバレ!東院戦決着の結末と十傑の存在

14巻:>>DAYS14巻の内容ネタバレ!風間の過去を知る谷口と松本

15巻:>>DAYS15巻ネタバレ!由比ヶ浜戦の決着と葉牡丹の花言葉

16巻:>>DAYS16巻ネタバレと感想!2年唯一の十傑相庭未蘭現る

17巻:>>DAYS17巻ネタバレと感想!中澤の信頼と本気の臼井対相庭

18巻:>>DAYS18巻ネタバレと感想!つくしの限界と水樹覚醒シュート

19巻:>>DAYS19巻ネタバレと感想!一星戦の決着とつくしの異変

 

細かい内容は原作を読んでみるともっと面白いはずです!

「DAYS」もしくは「デイズ」で検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
→DAYS(デイズ)を無料で試し読み  

まとめ

桜高に負けてそれぞれの何かを見つけようと動き出す聖蹟メンバー。

この5巻では頑張っているのはつくしだけでなく、他の面々もそれぞれ目の前の課題に向き合っていく新しい姿勢を感じさせます。

そしてそれは3年・2年など上級生組も例外ではなく、特に自信のない灰原が1年から頼りにされて、自分が引っ張っていく立場だと気付いたのは、プレイだけでなく精神的にも成長する良いシーンでした。

というわけで以上「DAYS5巻の内容ネタバレ!敗戦から課題を見つけていく聖蹟」でした。