キャプチャ201608131画像出典:DAYS4巻

DAYS4巻のネタバレです。

4巻はまるまるインハイ予選決勝、聖蹟高校VS桜木高校(桜高)です。

それではDAYS4巻のネタバレに参りましょう。

※この記事にはDAYS4巻のネタバレ内容がガッツリ含まれています。コミックスを見るよ!という方は閲覧にご注意ください。

スポンサーリンク

DAYS前巻(3巻)のおさらい

3巻は「犬童かおる登場・インハイ予選準決勝VS蟻明高校・インハイ予選決勝VS都立桜木高校」です。

桜高のメインキャラクター犬童・成神が登場し、つくしは走る理由を見つけます。4巻のインハイ決勝へ向けて盛り上がっていく巻です。

DAYS3巻を振り返りたい方はコチラから。↓ ↓

>>DAYS3巻ネタバレ感想!桜木高校・成神蹴治の驚異なドリブル

DAYS(デイズ)の試し読みは?

DAYS(デイズ)は現在19巻まで続いている人気作品です。アニメでは原作を忠実に描かれていますが、もっと続きを知りたい方は原作を読んでみると良いですね。

以下ネタバレを含むので、原作で内容を知りたい方は無料の試し読みもオススメです。

「DAYS」もしくは「デイズ」で検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→DAYS(デイズ)を無料で試し読み icon-book 

DAYS4巻ネタバレ

水樹がつくしに伝えたいこと

 

キャプチャ201608132画像出典:DAYS4巻

桜高の得点王・成神の驚異的なドリブルを見せられた聖蹟がこれから反撃開始、という場面。水樹の迫力あるキックはコーナーになった。

コーナーキックとは
コーナーキックとは、守備側が最後に触れたボールが、得点となる以外で守備側のゴールラインより外に出た(これが水樹のプレイ)場合、攻撃側のチームがコーナーアークの中からキックすることによってプレーを再開(君下のキックから再開)させることを言います。直接得点を狙うことが認められています。
(参考引用元 : http://www.sports-rule.com/soccer/rule/page3.html)

 

君下のパスを水樹がオーバーヘッドでシュートするが、ゴールキーパーにとめられる。

足の調子が万全でなかった水樹はつくしの前でまともにプレイをするのは初めて。水樹はプレイを通して、つくしに「努力は決して裏切らないからそのまま進め」と伝えたかった。

水樹の背景
水樹はつくしと同じく初心者として聖蹟サッカー部へ入部し、実力をつけていった。現在キャプテンの水樹は、2年前の自分と同じ境遇であるつくしに対し、逆境の中でも負けないでほしいと伝えたかった。

 

水樹がゴールを決め、聖蹟が先制点を奪う。

プレイを見ていたつくしには、水樹の気持ちがしっかりと届いていた。

 

風間の挫折

 

キャプチャ201608133
画像出典:DAYS4巻

先制点を決めた聖蹟。監督の指示で風間が犬童をマンマークする。

マンマークとは
マンマーク=マンツーマンディフェンス。1対1でくっ付いて(マークして)ディフェンスすること。
(参考引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/マンツーマンディフェンス)

 

風間は桜高の核である犬童をとめれば聖蹟に流れが傾くだろうと読んだが、犬童はスピードもテクニックも風間と格違いだった。桜高の失点からわずか5分で犬童がゴールし同点(1対1)となる。

風間は犬童の実力を前にして、自分の過去を振り返る。

そして「ごめんね、あなたは連れて行けないの」と言った母を思い出し、あの場所から一歩も成長していなかったと気づく(風間の母についての回想シーン。このシーンでもまだ風間母についての詳細は明らかになりません。今後の伏線となってくるはずです)。

しかし風間は、入部してから3カ月、どんな逆境でもくじけなかったつくしを見てきた。この程度の挫折では負けないと顔面ブロックという泥臭いプレイで勝利への執着を見せる。

 

聖蹟がとった後半の作戦

 

キャプチャ201608134画像出典:DAYS4巻

前半終了で1対1の同点。満身創痍と思われた聖蹟だが、チームの戦意はまったく失せていなかった。

犬猿の仲である大柴と君下も一時休戦し、無様でもこの試合に勝つと明言する。風間も、自分が負けず嫌いだと初めて知ったとつくしに言い、後半戦へのやる気を示す。

後半戦、引いて守ると予想されていた聖蹟はMFの犬童に前からプレス(指揮官となっている犬童にボールを渡さないため)し、桜高・観客を驚かせる。

犬童のポジション・MF
MF=ミドルフィールダー。フィールドの中央、フォワード(FW)とディフェンダー(DF)の間に位置し、両者をつなぎつつ攻撃と守備の両方に関わるポジション。
(参考引用元 : https://ja.wikipedia.org/wiki/ミッドフィールダー)

 

しかし後半戦に聖蹟が用いた「前衛が犬童を邪魔する」という作戦は聖蹟側の前衛の体力消耗が激しい。前衛である水樹・大柴・風間・君下はいつガス欠になってもおかしくなかった。

スポンサーリンク

 

大柴のプレイ

 

キャプチャ201608135画像出典:DAYS4巻

ここで、前衛・大柴が他人の分までディフェンスする献身的なプレイを見せる。

これまでの大柴はふてくされ王子と呼ばれ、「走らない、守らない、ゴールを決めるのがストライカーの仕事」という態度だった。

しかし大柴は誰かのために走るつくしを見て変わった。つくしから、聖蹟というチームにはそれだけ必死でプレイする価値があるのだと教わっていた。

 

つくしがピッチへ

 

キャプチャ201608136画像出典:DAYS4巻

ガス欠で倒れた大柴にかわり、つくしがピッチへ入る。後半も風間が犬童にマンマークをすると見せかけて、風間が抜かれた先で待っていたのはつくしだった。

風間は、一人では敵わなくともつくしと二人なら超えられることを犬童に見せる。水樹にパスが通り、リターンを受けた君下はフリーのつくしにパスを通す。

つくしのシュートはゴール前まで戻って来た成神がとめた。大きくクリアされたボールに対し、聖蹟は犬童から得点王・成神へパスが出されないようディフェンスする。

しかし合図なく走り出した成神へ犬童のパスが通り、シュートが決まった。犬童と成神、二人の阿吽の呼吸がなせる業だった。残り5分で桜高が逆点し1対2。

聖蹟は1点を追う形になる。

 

つくしのシュート

 

キャプチャ201608137画像出典:DAYS4巻

風間と水樹がボールをつなぎ、風間がゴール手前でつくしへパスを出す。しかしつくしのシュートはゴールポストへ当たって決まらず、そのまま試合終了となる。

インハイ予選優勝は桜高に決まった。

笠原は部を去り(祖母の看病のため転校するから>>DAYS2巻ネタバレ参照)、笠原を見送った水樹はもう誰も下を向かせないと誓う。風間は初めて「この仲間で勝ちたい」と思っていた。悔しさに部室で一人泣く。

今後聖蹟はどうなるのか、というところで次巻へ続く。

 

DAYSの関連記事

アニメ『DAYS』のネタバレ記事はこちら

>>DAYSアニメ1期内容ネタバレ!原作からストーリーを紹介

DAYSコミックスのネタバレ記事一覧

コミックスのネタバレはこちら

1巻:>>DAYS1巻のネタバレと感想!つくしと風間陣の出会いと入部

2巻:>>DAYS2巻ネタバレと感想!合宿をへてつくしがインハイ予選へ

3巻:>>DAYS3巻ネタバレ感想!桜木高校・成神蹴治の驚異なドリブル

4巻:この記事

5巻:>>DAYS5巻の内容ネタバレ!敗戦から課題を見つけていく聖蹟

6巻:>>DAYS6巻ネタバレ感想!遠征合宿は玄武・竜真・青函が登場

7巻:>>DAYS7巻の内容ネタバレと感想!平率いる青函戦との結果は?

8巻:>>DAYS8巻の内容ネタバレと感想!京王に10人で挑む聖蹟

9巻:>>DAYS9巻の内容ネタバレ!甲斐・丸岡率いる京王との結果は?

10巻:>>DAYS10巻の内容ネタバレ!保科率いる王者東院との決勝戦

11巻:>>DAYS11巻内容ネタバレ!亜土夢と海藤のスーパープレイ

12巻:>>DAYS12巻内容ネタバレ!水樹保科の直接対決とハンドでPK

13巻:>>DAYS13巻内容ネタバレ!東院戦決着の結末と十傑の存在

14巻:>>DAYS14巻の内容ネタバレ!風間の過去を知る谷口と松本

15巻:>>DAYS15巻ネタバレ!由比ヶ浜戦の決着と葉牡丹の花言葉

16巻:>>DAYS16巻ネタバレと感想!2年唯一の十傑相庭未蘭現る

17巻:>>DAYS17巻ネタバレと感想!中澤の信頼と本気の臼井対相庭

18巻:>>DAYS18巻ネタバレと感想!つくしの限界と水樹覚醒シュート

19巻:>>DAYS19巻ネタバレと感想!一星戦の決着とつくしの異変

 

細かい内容は原作を読んでみるともっと面白いはずです!

「DAYS」もしくは「デイズ」で検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
→DAYS(デイズ)を無料で試し読み  

DAYS4巻の感想

めぐってきた二度のチャンスを生かせなかったつくし。負けた後のつくしの心情については4巻ではほとんど触れられていませんが、5巻でばっちり描かれています。

今後聖蹟がどのように強くなっていくのか、つくしは立ち直れるのか、次巻の展開に期待しましょう。

というわけで以上「DAYS4巻ネタバレ感想!インハイ予選決勝・桜高戦の結果は?」でした。