danmachi-min

2015年にアニメ化した「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」、通称“ダンまち”ですが、1期放送されてからアニメ2期の話は聞かないですね。

一応原作もある作品ですし、今の所どのような情報があるのでしょうか。

2期続編を制作するにあたり、原作の状況や円盤BD・DVDの売り上げなどから考察し調べてみたいと思います。

最低でもいつ頃になるのでしょうか??

スポンサーリンク

ダンまちアニメ2期

ダンまちがアニメ放送されたのは、2015年4月~6月の間でした。その後2期続編についての情報はなく、最近ですがイベントでダンまちのOVA制作が決定したという発表がありました。

どんな内容のOVAになるのかも楽しみなんですが、このOVAが2期に繋がれば良いと期待してしまいます。ただOVAからの2期はあまり期待できないような・・・。汗

しかしながら動きはあるダンまちなので、2期続編についてまずは今ある情報から考察していきましょう。

 

ダンまちの原作ストックから考察

原作の方ですが、今の所ダンまちは9巻まで発売されています。大体ラノベのアニメ化は5~6巻分を消化するのが多いですが、ダンまちは5巻の途中までアニメかされています。

2期作成となると単純にその2倍と考えるのは安易かもしれませんが、原作が11巻・12巻程発売されれば、ストック的な視点から見れば2期は可能になると思います。

当時アニメ1期が放送されていた頃、2015年上半期本のランキングでは、ダンマチ原作は3位まで上がっていました。

(参考元URL:http://www.oricon.co.jp/special/47972/11/)

アニメ化効果が顕著な例だと思いますが、かなり原作が売れているということです。

ただ2期を期待するのであれば、これが肝心のアニメ放送後の円盤BD・DVDだとどうなのか、そこも調べてみる必要があります。

スポンサーリンク

円盤BD・DVDの売り上げから考察

アニメというのは続編になればなるほど制作されにくい傾向にあります。そのせいで原作のストックがあるのにとりあえずアニメ化されて、2期情報は音沙汰なし・・・なんて作品が山ほどありますね。汗

そして2期続編などに一番影響するのがBD・DVDの売り上げです。原作が沢山売れたところで収入があるのは出版社。逆にアニメ会社はBD・DVDが売れないと潤わないという現状があります。

その点を考えてみると、ダンまちは7巻までBD・DVDが発売されましたが、トータルして平均約5000枚程売り上げています。5000枚というとどのくらいの数字なんだ?とピンとこない方もいるかもしれません。

一応アニメの2期制作に踏み切るかの目安として、売り上げ5000枚を超えたら期待できるかも?というのが大半の予想です。

これはアニメの制作費を回収する為に5000枚程売り上げれば上出来という考え方ですが、確かに円盤が多く売れた作品は2期続編などが制作される傾向にあるのは間違いないです。

ただこれはあくまで期待できる、という考えであって、実際に円盤BD・DVDが売れても2期が制作されないアニメもあるので、目安として考えると良いですね。

 

結局放送時期はいつ頃になりそう?

先ほど原作について9巻まで発売していると説明しましたが、ダンまちのラノベ原作は3か月~半年ほどで新刊が発売されてきました。

9巻が2015年9月12日に発売され、10巻の発売日が2016年5月16日なので、少し刊行ペースが遅くなっている状況です。

早くても11巻ほどでアニメ化へのストックが溜まると考えて、そこから制作発表して・・・となると今年2016年は不可能、早くても2017頃になるのではないかと予想します。

放送時期がいつ頃になるかは、まだ何も発表されていないので難しいところですが、願望としてこれくらいになればいいな、といったところです。笑

 

まとめ

以上の結果から、ダンまちの2期続編はなくもない、といったところでしょうか。可能性は十分にありそうですね。

原作のストックもアニメ化出来るくらいまで溜まっていけば、もしかしたら何か発表があるかもしれません。

ただ少し円盤売り上げが突き抜けて良いわけではないのが不安な所ですが、根強い人気があると信じて発表を待ちましょう!

というわけで以上「ダンまちアニメ2期の放送時期はいつ頃?原作ストックや円盤考察」でした。