2017年 冬アニメ・チェインクロニクルのアニメ1話ネタバレと感想です。

セガゲームズから配信されているアプリが原作の王道ファンタジーアニメで、スマホゲームとしては他に追随を許さない圧倒的ボリュームで描かれた重厚なストーリーが特徴です。

それではチェインクロニクルのアニメ第1話のネタバレと感想に参りたいと思います。

※アニメをこれから視聴する方は注意!ネタバレ有り

スポンサーリンク

チェインクロニクル!まず初めに覚えておくと良いかも!

ゲームは主人公と相棒のピリカが謎の書物「チェインクロニクル」を持つ記憶喪失の少女・フィーナと出会う事で「黒の軍勢」と対峙する事になります。その後、記憶を取り戻す旅に出発し、様々な国で出会う仲間たち。

大きく成長した軍は黒の王が率いる黒の軍勢と決戦していく、と言う物語です。ただし、現在もストーリーは進行していて、今作のアニメは作中の第1部第10章に該当しています。

更には「義勇軍と連合軍が黒の軍勢に敗れたら」と言うifストーリーが描かれるので、原作をプレイされた方も展開が全く読めない完全新作と言う事になりそうです!

ユグド → 最果ての大陸。チェインクロニクルの舞台。

クロニクル → フィーナの持つ書物。様々な内容が記載されている。

ユーリ → 主人公(ゲーム中は名前無し)

フィーナ → ヒロイン。クロニクルの所持者。

ピリカ → 同じ存在が他に居ない妖精で世界の意思の欠片。

黒の王 → フィーナの父。黒の軍勢を率いている。

チェインクロニクルアニメ1話の放送内容ネタバレ!

義勇軍・ユーリ、黒の軍勢・黒の王との対峙

「運命だろうと何だろうと、それを決めるのはお前じゃない!この世界に生きる、俺達だ!」

義勇軍のリーダーとして、黒の王に剣を向けるユーリ。城外では連合軍の仲間たちが黒の軍勢と攻防を繰り広げています。

ユーリの刀身が赤く光を宿し、黒の王に剣を向け攻撃を仕掛けた直後、大きな爆炎に包み込まれます。しかし煙の中から出てきたのは倒れたユーリを掴む黒の王でした。黒の王はユーリを放り投げ、その姿を観たフィーナは悲痛な叫びを発します。

そして黒の王は実の娘であるフィーナを叩き、更にはピリカを消そうと手で潰しに掛かります。その瞬間、黒の王の腕を射抜く一本の矢が刺さり、ギリギリの所で九死に一生を得ます。

助けに入ろうとする連合軍ですが黒の王は軍勢を周囲に召喚し行く手を阻みます。意識を取り戻したユーリは落ちた剣を拾い上げ、フィーナを救う為に再び黒の王へ。

その時、フィーナの叫びと共にクロニクルが開き、光り輝いたと同時に本が半分に千切れてしまいます。

直後、ピリカが目の前から居なくなってしまい、千切れたクロニクルは淀んだ黒に染まってきます。そこから溢れ出た黒い力が周囲を包み込み、その力は城から空へ伸びて行き、城全体を覆い隠す様に広がっていきます。

敗れた義勇軍と黒に染まる世界

戦線離脱をした義勇軍、連合軍の前線基地でユーリを介抱するフィーナ。黒の王討伐に失敗した事で、ユグド同盟はそれぞれの胸中を抱きながら解散となってしまいます。

目覚めたユーリは傍で寝入ったフィーナの姿が目に入り、名前を呼ぶと起きたフィーナは安堵の表情と共に涙を流します。ユーリはフィーナの破れたクロニクルを目にし、戦いの事、ピリカの事を思い出し苦悩してしまいます。

その後、復帰したユーリを中心に今後の会議をする義勇軍と残った一部の面々。戦力を集結し、再討伐を提案しますがユーリはその提案を遮り、副都へ戻ると言います。その翌朝、市場で果物を買おうとしている老婆を押し倒した男にフード姿の少年が割って入ります。

軽やかな身のこなしで男を倒し、老婆を救い、老婆と共に歩きます。一方で副都へ戻る義勇軍の面々は敗走した事によって劣悪な現状を目の当たりにします。その場に居た人々から泥を投げられ、悲痛な怒号を浴びる中、ユーリは立ちすくんでいました。

その場を離れたユーリは1人の男の助けを求める言葉に黒の王の言葉を思い出します。戦いへ赴く仲間たちですが、力なく呆然としてしまうユーリはただ見ているだけとなってしまいます。

義勇軍・ユーリと少年・アラムの出会い

老婆と共に居た少年が黒の軍勢から守る為に1人で応戦するも、防ぎきれずに苦戦していて間一髪の所で義勇軍が助けに入ります。しかし黒い霧の影響なのか、周囲のマナが薄く力を存分に発揮できない状態。

その戦いの光景をユーリは見つめ、黒の王の言葉に心を揺さぶられてしまいます。そんな中で少年は「諦めるかよ!」と声を上げ、黒の軍勢に立ち向かった時、ユーリはその姿を黒の王に立ち向かった時の自身の姿と重ねる。

自身を取り戻したユーリは身体を前に進め、戦列へと加わります。そしてユーリと少年の視線が交わった時にマナが共鳴し大きな光の力が巻き起こり戦いが終息します。

ユーリは踵を返し、少年に問い掛けます。

「君は?」

その言葉に少年は返します。

「俺はアラム」

ここで第1話は終了します。

チェインクロニクル ヘクセイタスの閃。アニメ第1話のまとめと感想

チェインクロニクル ヘクセイタスの閃のアニメ第1話感想ですが、戦闘シーンの描写やキャラデザ等、非常に洗練されているので見応えはたっぷり感じられますね!

ただ、原作をプレイしていない方には「置いていかれている」と言う方もいらっしゃるのではないでしょうか?原作も非常に内容の濃い作品ですので、この機会にプレイしてみるのも良いかも知れませんね!

王道ファンタジーではありますが「敵に負けてしまう」と言うスタートは面白い試みだなと感じます!原作であれば黒の王を討伐し、新たな局面へ進むチェインクロニクル。

果たして、この逆境をどう乗り越えていくのか?アラムが発動させた他者のマナを使った能力は?気になる所が満載です!

本当に多くの登場人物が出る作品と言う事と、原作も各登場人物をピックアップしたストーリーも用意されていたので原作をプレイしている方もそうでない方も、目を惹き付けられる展開が待っているのかなと期待しています!

というわけで「【チェインクロニクル】第1話ネタバレ!if世界のチェンクロ」でした。2話が今から楽しみです!