bungou2画像出典:文豪ストレイドッグス コミックス6巻より

文豪ストレイドッグス6巻の内容ネタバレです。

6巻はギルドのホーソーンVSポートマフィアの芥川の戦いから始まります。二人の戦いの勝敗はどちらに軍配があがるのか。

また、ギルドの職人が武装探偵社の社員を襲いにくるなど、組織間の動きが活発になっていきます。というわけで文豪ストレイドッグス6巻の内容ネタバレに参ります。

※この記事には文豪ストレイドッグス6巻のネタバレ内容がガッツリ含まれています。アニメやマンガを見るよ!という方は閲覧にご注意ください。

スポンサーリンク

文豪ストレイドッグス前巻(5巻)のおさらい!

武装探偵社の一員になった、元ポートマフィアの泉鏡花を連れ戻しに来たポートマフィア幹部・尾崎紅葉。敦ら武装探偵社の社員も紅葉と戦おうとするが、そこにギルドの職人たちが突然乱入し、その場にいた探偵社、ポートマフィアのメンバーは全滅。

その後別の探偵社員が仲間を回収し、ついでに紅葉も連れて帰り捕虜にする。探偵社員たちは今の場所では場所が割れていると考え、旧番香堂に調査員全員移動する。

一方森鴎外は船にいるギルドのホーソーンとミッチェルに「二人を消しに行く」という物騒な手紙をよこし、梶井基次郎の奇襲により船を破壊され、逃げた先には芥川が待ち構えていた。

文豪ストレイドッグス5巻の詳しいネタバレはこちらから。↓ ↓

>>文豪ストレイドッグス5巻内容ネタバレ!三組織異能力戦争の開始

文豪ストレイドッグス6巻の内容ネタバレ!

芥川とホーソーンの類似した異能力

 

ホーソーンは芥川の羅生門で体を貫かれたが致命傷には至らなかった。自分のことを悪魔(ディアボロ)と名乗った芥川に対し、神の下僕であるホーソーンは真っ向勝負を挑んだ。

芥川の羅生門、ホーソーンの緋文字は攻防一体の物質操作能力であり、類似した異能力だった。二人は単純に異能の潜在能力が上の方が勝つ、と判断し戦闘を進める。

ホーソーンの緋文字が芥川の体を拘束した。その間に先ほど羅生門で貫かれたはずのミッチェルが立ち上がり向かってこようとする。しかし芥川は緋文字の拘束を解き、羅生門でミッチェルを何箇所も突き刺した。

さらにホーソーンへ向かっていく芥川だが、攻撃もしていないのに突如動きが止まり血を吐く。敦との戦いで重傷を負っている体で戦っていたのだ。何かに突き動かされるように全力で向かってくる芥川を見て、ホーソーンも同じように全力で迎え撃つことに決めた。

 

芥川 VS ホーソーン の決着

 

芥川は羅生門でホーソーンの首を斬る。ホーソーンの首から吹き出した血は緋文字となり、それを見た芥川は羅生門・連門顎(れんもんあぎと)で追撃する。しかしミッチェルがホーソーンを体で庇い、二人は吹っ飛んだ末瓦礫の下敷きになる。

瓦礫から滲む出血を確認し芥川は勝利を認識すると共に、「誰かに生きていていいよ」と云われなくちゃ生きていけないんだ、と敦に言われた言葉を思い出しながら、芥川は地面に膝をついた。

その頃福沢たちは旧番香堂で待機していた。時折監視映像を見てみるが、誰にも知られていない旧番香堂だけに訪れてくるものはいなかった。しかし乱歩がオフェンスチームを呼び戻した方が良いと突如言いだした。

監視映像には中原中也たった一人だが、確かに敵の姿が映っていた。

 

重力使いの中原中也

 

歩きながら監視カメラを停止させていく中也。自動迎撃の銃で滅多打ちにしても中原には全く通じない。そこで与謝野晶子と宮沢賢治が送り込まれた。しかし探偵社側は中原は暴れに来たわけではないことを見抜いていた。

中原はカメラで見ている福沢に向けて、ギルドの団員二人が歩いている写真を見せた。中原はギルドを餌で釣ったと福沢に伝え、この二人が現れる場所と時間も福沢に教えた。

ポートマフィア側が何を企んでいるのかは分からないが、ギルドの異能者を待ち伏せて叩くのは好機だと考える福沢。与謝野は確かに良い案だと言いながらも、ギルドが更に奥で何を企んでいるのかを確かめるために賢治と一緒に中原を襲った。

しかし難なく二人を退ける中也。天井に逆さで直立している「重力使い」中也の能力を見て驚く二人。その圧倒的な異能を見せつけた中也だが、そこに福沢からカメラ越しに静止が入る。

スポンサーリンク

ポートマフィアがなぜギルドの職人の居場所を教えるのか?

 

福沢はなぜそのような情報をこちらに売ってくるのだ?と中也に質問した。しかし中也は理由は何もないと答える。それを聞いた乱歩はマフィア側の作戦に気付いた。

乱歩は中也に、ギルドには何と言って彼らが食いつくように釣ったのかを訪ねた。その頃ギルドのジョン・スタインベックとハワード・フィリップス・ラヴクラフトはポートマフィアからある情報をもらいそこへ向かっていた。

武装探偵社事務員の春野綺羅子とナオミはある場所に避難していたが、その隠れ場所をポートマフィアはギルドに売っていたのだ。武装探偵社の事務員を人質にしようと動くギルド、それを知り社員を助けに行かなければならない探偵社。

ポートマフィアは自分たちは汗一つかかずに、両組織が激突するよう仕向けたのだった。

 

ギルドの二人に捕まる春野とナオミ

 

福沢はすぐに国木田と谷崎に春野とナオミを守りに行くよう連絡する。ナオミたちにも連絡を入れ、二人はすぐにそこから逃げる準備を整えた。しかしギルドの二人は既にナオミたちのいる家の外をうろついている。

ナオミたちはギルドの裏をかくために従業員通用口から逃げ出し、車で全力でその場を離れた。しかし車は突如生えてきた木の根に絡みとられてしまう。それはスタインベックの体から出された葡萄の木の根であり、異能だった。

スタインベックは自分に葡萄の種を植え付けて操作することが出来るが、その力自体は小さい。しかし他の植物と融合すればその土地一体の植物を体の延長に使え、車の振動を検知することもできた。

スタインベックはそのままナオミたちが乗っている車ごと潰そうとしたが、その時突然ラヴクラフトの視界に雪が降り、その隙に国木田がラヴクラフトの背中を銃撃した。

 

国木田と谷崎により逃げたナオミたち

 

突然ラヴクラフトが攻撃を受け驚いたスタインベックに対し、国木田が続いて攻撃し、その隙に谷崎はナオミを救い出し春野と一緒にこの場から逃した。

国木田はスタインベックを攻撃し追い詰め、後ろから迫ってくるラヴクラフトにも銃撃を浴びせるが、何とラヴクラフトにはそれらの攻撃が全く効かない。

ラヴクラフトは自分の体の一部を触手に変化させ、一瞬にして国木田と谷崎を捕獲する。その隙にスタインベックは再度地中の植物たちと感覚を共有し、ナオミたちが今どこにいるのかを検知して再度捕まえた。

しかし実際は道などないが、路上を走るトラックドライバーに道路の幻覚を見せ、スタインベックたちにトラックを突っ込ませた谷崎。これにより根に拘束されていたナオミたちは解放され、国木田たちが手配した列車が通りかかるとそれに飛び乗り逃げることに成功した。

 

ポートマフィアに戻らないか?

 

トラックがスタインベックたちのいる場所へ突っ込んだが、そこにいる全員無事だった。国木田と谷崎はその隙にこの場から去っていた。

その後国木田たちがあらかじめ通報しておいた警察官たちが到着しギルドの二人を囲み、スタインベックたちは大人しく警察に捕まった。

一方敦と一緒に行動をしていた太宰は急な腹痛を訴え、一人でどこかへ行ってしまう。しかし太宰にはポートマフィアの銀や樋口に尾行されていることが分かっていた。

太宰が人気のないところへ移動すると樋口たちは姿を現し、森鴎外からの伝言を言付かってきたと告げる。その内容は、太宰にポートマフィアの幹部に戻る気はないか?という森鴎外からのメッセージだった。

文豪ストレイドッグスの関連記事

アニメ「文豪ストレイドッグス」のネタバレ記事はこちら

>>文豪ストレイドッグスのアニメネタバレ!放送は原作のどこまで?

2期のネタバレはこちら

>>文豪ストレイドッグスネタバレ!2期(2クール)の最終回まで

文豪ストレイドッグス、コミックスのネタバレ記事一覧

5巻>>文豪ストレイドッグス5巻内容ネタバレ!三組織異能力戦争の開始

6巻>>この記事

7巻>>文豪ストレイドッグス7巻内容ネタバレ!横浜焼却作戦の発動

8巻>>文豪ストレイドッグス8巻内容ネタバレ!密会と白鯨の墜落阻止

9巻>>文豪ストレイドッグス9巻ネタバレ!フィッツジェラルドとの決着

10巻>>文豪ストレイドッグス10巻ネタバレ!ドストエフスキーの目的

文豪ストレイドッグス6巻の感想とまとめ

6巻の感想ですが、芥川とホーソーンの戦いは重傷を負って戦いに来たのにもかかわらず、芥川の圧勝という形で勝敗がつきました。特にミッチェルの扱いは酷い・・・ホーソーンを庇っただけで一方的に悲惨な目にあってましたね。

また森鴎外が仕組んだ探偵社の社員をギルドに狙わせて、それを探偵社は守りに行く作戦ですが、こういうことは武装探偵社はやらないですよね。特に福沢諭吉がそれをやるとは人格的に考えにくいです。でもギルドはやりそう。笑

その辺りが組織それぞれの色が出ていて良かったです。てゆうより探偵社は何も悪いことしようとしてないし・・・。最後太宰が再度ポートマフィアに誘われていましたがどう返事するのか、7巻にも注目です。

というわけで以上「文豪ストレイドッグス6巻内容ネタバレ!狙われた春野とナオミ」でした。