bokuno-min

何と週刊少年ジャンプで人気連載中の「僕のヒーローアカデミア」のアニメ放送が決定しました!

まだコミックスもそれ程刊行されていない中でのアニメ化ですが、一体原作の何巻くらいまで放送されるのでしょうか?

また、ネタバレにはなってしまいますが、アニメ・僕のヒーローアカデミアの内容について、原作を元に紹介しちゃいましょう!

スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミア

週刊少年ジャンプで好評連載中の「僕のヒーローアカデミア」。

ヒーローが超常能力「個性」を使って日常的に活躍する世界で、主人公の緑谷出久もまたヒーローに憧れる一人。

しかし出久は先天的に「無個性」で周囲にもバカにされ、ヒーローになるための高校に合格するのも絶望的。そんなとき、偶然憧れの大人気ヒーロー、オールマイトに出会って!?

ついに2016年4月3日より毎週日曜夕方5時、MBS/TBS系にてアニメ放送スタートです。

 

まずはコミックのネタバレ!

現時点でコミックは7巻まで発売されています。その7巻の内容を詳しく見ていきましょう。

 

1巻:雄英高校に入学したい!!

春からの放送にふさわしく(?)、出久がヒーロー養成専門科がある高校へ入学する過程から始まります。とにかく「個性」の時代なのに、無個性な出久。

でも、無個性だからといってヒーローへの熱い思いがないわけじゃありません。どうやって高校入学というスタート地点に立てばいいのか、自分もヒーローになれるのだろうか?そのような悩みを持っていた出久。

そんな出久はある日モンスターに襲われるが、そこに憧れのオールマイトが現れ助けてくれます。しかしそのモンスターはその後も生きていて、出久のクラスメイトの爆豪勝己を襲う。

smash-min

誰もが恐れて助けに行かない中、出久だけが勝己を助ける為に瞬時に飛び出し、それを見ていたオールマイトが二人を助ける。そんな出久の勇気ある行動を見たオールマイトは、自分の力を無個性の出久に渡そうと考える。

出久はオールマイトの力を引き継ぐために猛特訓を始め、遂には最難関進学校・雄英高校ヒーロー科の入学まで果たす。

 

2巻:授業、授業、そして敵襲来

キャプチャ1-horz-min

個性的な先生やクラスメート、ヒロインとも出会って高校生活を過ごす出久。先生の中には実はオールマイトもいた。出久には黙っていたのだ。

オールマイトから受け継いだ力があるとはいえ、周囲のクラスメートの先天的な「個性」にはとうてい追いつきません。なぜなら今の出久は個性を発動させると体に負荷がかかりすぎてもたないから。

授業で戦い方を学んでいく日々が続きますが、ある日授業中にオールマイトを狙った敵が学校に現れて強襲。いつも皆を助けてくれる平和の象徴・オールマイトがいなくなれば・・・と敵は生徒たちをも襲う。

生徒・そして先生たちもピンチに!そんな中遂にオールマイトが駆けつける。

※追記

アニメ1期の範囲は、意外に短く、こちらの敵連合との戦いで終了となりました。

 

3~5巻:学校イベント体育祭!!

先生たちの補佐という形で初めて敵と戦った出久とクラスメート。オールマイトも活動限界を迎えボロボロだが、ギリギリで追い返すことが出来た。しかし生徒たちにとって敵は圧倒的に強かったのだった。

それはそれとして、学校で体育祭が始まります。なんと体育祭はプロヒーローがスカウトの為に見に来ることもあり、将来のヒーローとしての活躍にも響く大事なイベント。

かつてのオリンピックに成り代わって国民が熱狂するのがこの雄英体育祭。出久に個性を与えてから次第に衰えているオールマイトは、この雄英に新しい平和の象徴が現れたことを見せつけて欲しいと出久に伝え願う。

 

第1種目・第2種目

turbo-min

ここで他のクラスや科の生徒と出会います。第一種目の障害物競走と第二種目の騎馬戦では頭脳プレイと協力プレイで勝ち残った出久。

しかし出久はヒーロートップ2のエンデヴァ―の息子・轟にライバル視され、宣戦布告を受けるも、出久もトップに立ちたいという意思から、自分も勝つことを宣言する。

各競技ではピンチに陥りながらも土壇場で爆発的な機転をきかす出久。残るは1VS1のガチンコバトル、格闘試合に進んでいく。

 

最終種目・個人格闘

出久は洗脳という個性を持つ心操(しんそう)をギリギリで倒し、かろうじて勝利を収める。

最終種目の個人格闘の初戦で出久はクラスメートの轟と対決。すでに判断力・応用力・機動力、そして個性も含めて、プロ以上とも言われる轟。しかし出久は今持てる力で轟の攻撃を防いでいく。

轟は出久に自分がエンデヴァ―の息子であり、一番のヒーローになる為に育てられてきたという境遇を打ち明けるが、出久は全力を出さない轟に本気を出すよう熱い言葉で心を動かす。

en-min

そして二人は本気の一撃を同時に繰り出し一帯は爆発。しかし決着は出久が場外まで吹っ飛んでいて、リングアウトで敗北。しかしは出久との戦いで何かを掴み、親との因縁に終止符が打てそうな予感が。

そして最終決戦は爆豪VS轟。一体どちらが勝つのだろうか?

スポンサーリンク

爆発の個性・爆豪VS氷・炎の個性・轟

父を恨んでいた轟は出久の言葉によって、親から引き継がれた個性を憎むというよりも、その個性を持つ自分自身を認め向き合う感覚に気付き、葛藤していた。

次は爆豪との試合を控えた轟は、その気持ちのまま試合に臨む。轟の境遇を知っている爆豪だが試合開始と同時に勢いよく攻める。

爆豪はありったけの爆発攻撃を轟に浴びせ、轟はそれを跳ね返そうとする姿勢を見せるが、何故か爆発を消すだけに止め、そのまま吹っ飛ばされてリングアウトになってしまった。

これにて優勝は爆豪ということになったが、腑に落ちない1位に暴れまくる爆豪。

試合結果は

123-min

  • 1位 爆豪
  • 2位 轟
  • 3位 常闇 & 飯田

出久の幼なじみ、歪んだ天才かっちゃんが1位をかっさらって体育祭は終わります。

 

6巻:現場に出るには特訓から

体育祭で目をつけられた事務所から声が掛かる形で始まる職場体験。実際のヒーローの仕事を近くで体験できる、またとない機会。

体育祭で目立った活躍をしたものは大手事務所から声がかかるが、出久にはなぜか1社も声がかからなかった。

しかしそこにオールマイトも恐れる人物から声がかかる。出久に声をかけたのは、なんとオールマイトの師匠。グラントリノ師匠のもとで訓練を重ね出久も戦い方をさらに学ぶ。

guran-min

一方、体育祭中に自分の兄を再起不能にした「ヒーロー殺しステイン」に遭遇した委員長・飯田。ほぼ私怨の戦いが始まりピンチに陥るが、出久は訓練中もずっと飯田が気になっていた。

グラントリノが実戦の為に街に出るという。その移動中に街が襲われ、そして出久はステインにより窮地に陥っている飯田を見つけ救い出す。

しかしステインは強敵で出久もピンチになるが、そこに駆けつけた轟。二人は善戦するもやはりステインによりピンチに陥ってしまうのだった。

 

7巻:現場が終わったら試験だよ

兄のヒーロー名を継ぐ決意をする飯田とステインとの戦い。出久・轟・飯田は3人で力を合わせステインを倒す。そしてプロヒーロー達も到着するのだった。

飯田はこの一件から、仲間に励まされてヒーローになりたい原点を思い出す。そして一方でついに敵連合のトップが明らかに。

iida1-horz-min

オールマイトと因縁があったり、ワン・フォー・オールの創始者だったり大物感満載の悪役。
ワンフォーオールを受け継いだ出久は、いずれその大ボスと戦わないといけない義務があることをオールマイトから告げられる。

そして、それとは別に学校では試験が始まり。演習試験でコンビを組まされた出久と、実はオールマイトに憧れていた爆豪。全然かみあわない二人は試験を乗り越えることができるのか。

試験は先生を仮想敵に見立て対決するというものだが、何とその相手はオールマイト。

いつも通り爆豪は個人行動でめちゃくちゃに動くがオールマイトには全く歯が立たない。しかし出久にその行動を諭され、遂には強力プレイに出る。

そして試験の結果は・・・?

ここまでが現在発売されているコミックス7巻までの内容です。

 

アニメ放送はどこまで?

本作が放送されるMBS/TBSの日曜午後5時枠は、通称「日5」と呼ばれるアニメ放送枠です。過去には「鋼の錬金術師」、「機動戦士ガンダムAGE」など5クール、4クールの作品もありましたが、多くは2クール放送が中心です。

2012年以降はいずれの作品も2クールなので、今回も基本的には2クール25話前後の放送と推測されます。

それでは、25話でどこまで話が展開するのでしょうか。

現在、本作品は7巻まで発売されています。週刊誌連載なので単行本が出るペースが早いとはいえ、2クール最後の9月末でも9~11巻までの発売かと思います。

同じくアニメ放送時に6巻しか出ていなかった「青の祓魔師」では後半クールがほぼオリジナル脚本で、原作に沿ったストーリーは劇場アニメで公開された形になっています。

コミック1巻からアニメを4話作ることができると考えたとして、本編で省略された戦闘の補足などオリジナルストーリーを少しずつはさみながら余裕を持った形だとすると、体育祭あたりまでがちょうどよい区切りかと思います。

しかし体育祭でアニメが終わってどうするよ……と違和感も拭えません。話が盛り上がって一段落するところまでを考えると、実際に自分たちだけで敵と戦うことになるヒーロー殺しステインまでは放送してほしいなと思います。

とはいえ、ステイン戦も飯田くんがメインなので、主人公・出久の成長をどうまとめるのかは気になるところですが……。

 

※アニメ1期の放送が終了しました。

2期についての情報をまとめましたので、よろしければこちらもどうぞ。

>>僕のヒーローアカデミア2期続編はいつ頃か円盤売上や原作で考察

>>僕のヒーローアカデミア2期ネタバレ!放送はいつ頃かも予想

 

まとめ

アニメーション制作はアクションが得意なボンズ、監督とストーリー構成・脚本が「ガンダムビルドファイターズ」でのコンビでもある長崎健司と黒田洋介、そして原作がアメコミリスペクトの「僕のヒーローアカデミア」。

ガンガン動く、熱い展開のアニメが期待できそうです。

というわけで以上「僕のヒーローアカデミアアニメネタバレ!放送は原作の何巻まで?」でした。