ベルセルク24巻のネタバレと感想です。

23巻ではイシドロやファルネーゼたちがガッツと合流し、パックの実家へ一緒に向かうことになりましたが、パック曰くかなり遠いとのこと。汗

一方グリフィスは新生鷹の団を率いてクシャーン軍を攻めて滅ぼしたりと、かなり勢力的に国ゲットの夢の為に動いてます。

とりあえず気を張り詰めて旅をしていたガッツに心強い仲間ができたわけですが、今後はどのような波乱が待ち受けているのでしょうか?

というわけでベルセルク24巻の内容ネタバレへと参ります!

※この記事にはベルセルク、コミックス24巻のネタバレ内容がガッツリ記載されています。

マンガやアニメを見るよ!という方は閲覧にご注意ください。

スポンサーリンク

「ベルセルク」の試し読みは?

「ベルセルク」は38巻まで続いている人気マンガ作品です。

アニメは原作に忠実にストーリーが進んでいますが、早く内容を知りたい方は原作を読んでチェックしてみると良いですね。

以下ネタバレを含むので、原作で内容を知りたい方は無料の試し読みもオススメです。

「ベルセルク」で検索。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→「ベルセルク」を無料で試し読み   

>>【<新規会員入会者限定>半額クーポンプレゼントはこちらから!】

ベルセルク24巻のコミックス内容ネタバレ!

イシドロとセルピコ、それぞれの思い

 

ガッツと合流してからというものイシドロはいつもガッツに剣の稽古をつけてもらっている。

まだ少年であるイシドロは、自分の体の小ささを考慮しながら、頭を使って戦い方を考えていた。

ガッツにも戦場は上品な試合ではないし、知恵を絞って考えろ、と厳しくもイシドロを思ったなりのアドバイスをもらっていた。

一方セルピコはガッツを呼び出し、もしもこの旅でファルネーゼが命を落とすようなことになれば一個人としてお相手する、と攻撃的な目を見せてくる。

こんな無謀な旅はファルネーゼにはやめてもらいたいが、ガッツが彼女を変えてしまった、セルピコはそこに引っ掛かりがあるようだった。

その時突然キャスカとファルネーゼの悲鳴が聞こえてくる。

 

シールケの援護

 

すぐに近くにいたイシドロが駆けつけると、そこには獣鬼(トロール)がいた。

よく見ればそれほど体格は大きくない。そう思いイシドロは剣を構えたが、その姿を遠くから見ている魔女シールケ。

イシドロはトロールに果敢に斬り込むが、見た目とは違いトロールは力も強く、かなりの強敵だった。

棍棒を振り下ろされ命がやばいとイシドロが思ったその時、シールケが木の実を投げ、当たったトロールはなぜかすぐに退散した。

しかし集団行動が特徴のトロールは群れで周囲を囲っている。シールケは自分含むその場にいた全員を円陣で囲い、魔法を唱えた。

その円陣が結界となりトロールは近づくことができない。そしてシールケは火の魔法を放ちトロールを追い、遅れてガッツたちもキャスカ達と合流。

シールケは見つかる前にすぐに離れ、遠くからガッツとキャスカを見ている。そして二人が歪みを引き寄せているようだ、と何か異変に気づく。

 

伝説の魔女探し

 

ガッツ達が旅を続けていると、森の中でトロールに襲われて座り込んでいる男を発見する。彼の名はイーノック村のモーガン。

モーガン曰く、この辺りは妖精や魔女の伝説が多い土地らしいが、冬の初めに今まで大人しかったトロールの群れが村を襲ってきたのだという。

元々貧しい村なのに伝説の魔物トロールから襲撃を受け、それならば”伝説には伝説を”と考え、モーガン達村人は魔女に助けを乞おうと考えたという。

そして今現在で5日程探索しているがまだ魔女が見つからないらしい。

そんな話をしながらガッツ達が歩いていると、目の前に突然木から家が生えているような不思議な大きな館が出現した。

どうやら結界を越えて館にたどり着いたようだった。

 

魔女フローラとの対面

 

モーガンは幼い頃に一度この館を見たことがあるという。近くには大きな石像があったがそれが突然動き出しガッツ達を襲ってくる。

それは何十体ものゴーレムで、破壊しても復元し、まるできりがない。戦っているガッツ達を館から見つめているのはシールケだった。

どうしてガッツ達は結界を抜けてここにたどり着くことができたのか、これはグリフィスの出現による影響なのか困惑するシールケ。

シールケに「もうおやめなさい」とどこからか語りかけてくる声。その声に従いシールケはガッツ達の前に姿を現した。

シールケ曰く「お師匠様がお会いになられる」とのこと。ガッツはせっかくのお招きだと言って館に入っていった。

シールケはまだ魔女見習いで修行中とのこと。ガッツ達は奥にある部屋へ進み魔女・フローラと出会った。

フローラ「ようこそ霊樹の館へ」

 

トロールは本来人里など襲わないもの

 

モーガンはフローラの顔を見たことがあるという。フローラはファルネーゼの思っていることや、ガッツ達の烙印のことも知っていた。

ガッツやキャスカのことを「小さき羽に導かれし烙印の者達」と呼び、二人の到着を待っていたと言うのだ。

ガッツはなぜ自分が来ることを知っていたのか疑問に思うが、まずはトロールが突然暴れ出した件からフローラは語り始めた。

トロールとは本来幽界の者。人の目に触れることすら滅多にないのになぜ人里を襲ったのか、フローラも疑問なのだという。

しかしフローラには死期が迫っているらしく今は力になれないとのこと。そこで村人に力を貸してあげるよう弟子のシールケに指示した。

そして弟子のフローラに力を貸してあげてほしい、そうフローラはガッツに頼んだが、今は急ぎ旅だしそこまでする義理はないと言ってガッツは断る。

そこでフローラは烙印の呪力を弱め、引き寄せられる悪霊を減らし、ガッツ達も取り憑かれないように護符を作ってくれるのだという。

そんなことができるのかと驚愕するガッツ。その条件であればと、ガッツはシールケの力になることを引き受けた。

しかもこの館にも護符の魔術がかけてあるため、烙印を持つガッツ達も一晩安心して休むことができるのだ。

スポンサーリンク

ベヘリットとは何なのか?

 

フローラ曰くガッツ達が来ることや烙印のことを知っていたのは、幽界の友人がお告げをくれたからだという。

その後魔道についての話をフローラは聞かせてくれた。ガッツは食事の後一人でフローラの元へ向かい、ベヘリットを知っているか見せてみた。

ベヘリットは魔道を究めんとする者ならば誰でも知っている物で、「幽界の深層と現世を結ぶ鍵」であるという。

そして五人の御使いを召喚するための呪物だと言った。ガッツはすぐにベヘリットを使ってゴッドハンドを呼び出す方法を尋ねた。

しかしフローラ曰く、ベヘリットは方法を見つけて使いこなせるような安易な代物ではないとのこと。

ベヘリット自体は単なる石のような物だが、然るべき刻に然るべき者の手に在って、持ち主が必ず彼らの力を渇望する刻に必要になる物なのだという。

神のみぞ知る代物だが、ガッツとてすぐにベヘリットを使ってどうこうする気はないらしい。

 

ゴッドハンドは元人間だった

 

最後にガッツはゴッドハンドとは一体何者なのか?正体をフローラに尋ねてみた。

ゴッドハンドとは元々人間だったらしいが転生した存在だという。幽界の遥か深淵に潜む何者かの意思の執行者である、そうフローラは答えた。

ガッツが去った後シールケは、運命をも司る者相手に戦うのは馬鹿げていると自分の意見を主張する。

だがそれでもまだガッツは生きている、そうフローラは答えた。そしてこの出会いがどんな意味をもたらすのか、しっかり見て来るように自慢の弟子に告げた。

その後シールケはガッツ達に精霊の加護を授かった魔法の武具を見せた。

これがあれば皆も魔法なしで魔物と対等に戦えるようになるのだとか。しかしガッツだけは使い慣れた大剣で戦うことに決めた。

シールケはガッツ達を引き連れトロールの元へ出発。

 

魔女などおとぎ話だと罵ってくる司祭

 

ガッツ達が旅立った後フローラが館に戻ると客人が一人。それは髑髏の騎士だった。

フローラの幽界の友人とは髑髏の騎士のことであり、彼がフローラにガッツ達の情報を流していたのだ。

その頃イーノック村ではトロールが暴れまわっており、村人達を好きなように襲っていた。

モーガンはすぐに村人達にガッツ達を紹介した。そして魔女がシールケのような子供だと知った村人は文句を言いはじめる。

更には町の司祭まで現れ、魔女など迷信だと言い放ち、これは神が村に与えた試練だから祈り耐えるしかないと言ってくる始末。

それでもガッツはその村に一晩泊まることに決めた。シールケはこの出会いがどんな意味をなすのか、ガッツを見つめながら考えていた。

 

ガッツとの出会いとシールケの運命

 

宿でシールケは皆を集め、この戦いの指揮は自分がとることを告げた。ガッツも異論はなかった。

シールケが外に出ると、魔女もトロールも同じようなものだと石を投げてくる子供達。そこにガッツが現れびびった子供達は退散。

先ほど僧侶に変装している子供などと言われたので、何か言いたいことがあったんじゃないのか?と尋ねるガッツ。

ここでシールケは今の現世の人間は皆間違っていると思う、そう口に出した。

人々は神の名を唱え争い、神の名を唱え救いを求める。神だけでなくその中に魔女もいるのだという。

かつてフローラはこの村の近辺に住んでおり、たまに魔術で村人を病気などから救っていたという。

しかし人間はこの一帯に法王庁の教えが広まると、手のひらを返したようにフローラーを森へと追いやった過去があった。

それを今になって頼ってくるなんて許せないし、師匠の言いつけでなかったらこんな村救わない、そう言い切ったシールケ。

しかし言われたから嫌でもやるってのはガキの使いだ、とシールケに言い放ったガッツ。

それを聞いてシールケは礼儀知らずで不真面目な人、こんな人と関わることが自分の運命であるはずがない、そう思った。

天候が曇り始めトロール達が大群で村にやってくる。すぐに村人を襲いはじめるトロールたち。

まずはセルピコが精霊の宿った剣を一振り。ここでベルセルク24巻のネタバレが終了です。

ベルセルクの関連記事

ベルセルクのコミックスネタバレ記事一覧

22巻:ベルセルク22巻ネタバレ!セルピコとファルネーゼは異母兄妹

23巻:ベルセルク23巻ネタバレと感想!ガッツを襲う悪夢と内なる声

25巻:ベルセルク25巻ネタバレと感想!幽界の闇の領域クリフォト

26巻:ベルセルク26巻ネタバレ!スラン登場と髑髏の騎士の正体は王様

【2017年春】ベルセルク2クール目のあらすじネタバレはこちらから。

>>ベルセルク2期の放送内容ネタバレ!最終回は原作のどこまで?

 

細かい内容は原作を読んでみるともっと面白いはずです!

「ベルセルク」で検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→「ベルセルク」を無料で試し読み   

>>【<新規会員入会者限定>半額クーポンプレゼントはこちらから!】

ベルセルク24巻の感想とまとめ

ベルセルク24巻の感想ですが、この巻は新たに魔女と出会うなど、よりファンタジーな感じがしてとても面白かったです。

トロールという魔物はよく聞く名前で、作品によって容姿なども様々ですが、ベルセルクでの描かれた方は一言で言って醜悪ですね。

こんなのが集まって村をガンガン攻めてきたら普通に発狂です。しかも何かずる賢そうだし・・・。汗

今回はゴッドハンドの情報もフローラによって聞き出すことができました。何でも彼らは元は人間だったとか。

これはグリフィスがゴッドハンド「フェムト」に転生したこともあり、大体予想はついていましたね。

元々人間だったが、どうしても手に入れたい願いや気持ちを持った時にベヘリットが発動し、ゴッドハンドになるということでしょうか。

フローラ曰くガッツの持っているベヘリットは、一回失くそうとも必ず所有者の元に戻ってくるという話です。

このベヘリットは一体誰の物なのでしょうか。大変興味があります。

シールケがトロール退治を引き受けて村に行きましたが、一体どんな戦い方を見せるのでしょうか。

今の所シールケは魔女見習いとはいえ凄い実力を見せてきました。何気にサクッと解決してしまうのではないかと予想します。

というわけで以上「ベルセルク24巻ネタバレ!伝説の魔女フローラとベヘリットの秘密」でした。