キャプチャ201607125

2016年春アニメとして放送されていた『ばくおん!!』。無事に最終回を迎え、気になるのは2期続編の有無についてです。

そこで今回は『ばくおん!!』の2期続編の可能性について、円盤売上や原作ストック、作品の評価などから考察していきたいと思います。

また、もし2期続編があるとしたら一体いつ頃の放送になるのかも予想・考察していきます。

スポンサーリンク

ばくおん。作品の評価は?

キャプチャ201607123

まずは、作品自体の評価を確認していきます。2期続編に至るまでは、ある程度の人気は必須です。人気がなければ円盤も売れませんし、円盤が売れないことには2期も難しくなってしまいます。

そこでネット上の評価サイトを確認してみたところ、ばくおんの評価は、5段階中3よりちょっと高いくらいでした。悪くはないですが、決していいとも言えない数値ですね。

評価の理由としては、ギャグの面白さを評価する反面、やはりバイクを題材にしている作品とあって、バイクに詳しくない人には、分かりにくいネタがあることが挙げられます。

専門的な分野に深堀させているだけあって、万人受けするものではなかったということかも知れません。

スポンサーであるバイク会社のバイクをディスっていく勇気ある作品でもあり、そういった面では、非常に面白いですけどね。ちょっと心配にはなりますが。

ネット上では、2期を望む声もちらほら聞こえてきています。

 

ばくおん。原作ストックは?

キャプチャ201607128

次に原作のストックを確認していきます。ストックがなければ、続編を作るためのストーリーがないということなので、やはりこれも2期続編を考える上で非常に重要です。

ばくおんは現在既刊7巻

その内、今回のアニメでは6巻あたりまで消化されてしまった為、原作ストックはたったの1巻。これはちょっと厳しい数値ですね。

と言っても、6巻分きっちり消化された訳ではなく、いくつかのエピソードは飛ばして制作されていたようなので、実際はもうちょっとストックがありそうですが、それでも2期制作分には到底足りません。

ネット上でも、このストックのなさが2期続編のネックになるのではという声が聞こえてきます。

 

ばくおん。円盤の売上は?

キャプチャ201607124

最後に、円盤の売上について確認していきます。

やはり、2期続編の有無については、この項目を避けては通れません。制作会社は円盤の売上で利益を得ているので、ここで結果を出せないと続編アニメは制作できないのです。

現在ばくおんの円盤は第1巻までしか発売されていませんが、大抵は1巻の売上が一番高くなるケースが多いので、そこだけ見てもさほど問題はないと思われます。

気になる円盤第1巻の売上は、2,800枚程度。一般的に、2期続編があるかどうかのボーダーだと言われているのが5,000枚なので、これはちょっと厳しい数値ですね。

まだ発売されてから日が浅いのでもう少し伸びる可能性はありますが、それでも5,000枚に届くかは際どいところです。

(円盤売上枚数参考引用元:http://dvdbd.wiki.fc2.com)

 

制作会社から円盤売上枚数の目標を予想!

キャプチャ201607121

先ほど書いたとおり円盤売上の目安は5,000枚程度というのがアニメ界でよく言われる常識ですが、実は制作会社によって少しずつ違ったりもします。

ばくおんの制作会社はトムス・エンタテインメント

トムス・エンタテインメントで2期以上制作された作品に『神様はじめました』があります。

神様はじめました 1巻合計枚数 6,249枚

1巻だけみるといい数字なのですが、実はこの作品、全7巻のうち2巻以降は平均して2,200枚程度しか売り上げていません。

なのでばくおんも、1巻だけでも5,000枚を超えてくれればかなり望みがあります。今後どれだけ伸びるかにかかっているので、躍進に期待ですね。

 

ずばり、ばくおん2期続編の可能性は?

キャプチャ201607127

上記の項目を考慮したうえで、2期続編の可能性を考えていきます。

人気はまあまあ、ストックはない、円盤もボーダーには届いていないとなると、ちょっと厳しいと言わざるをえませんね。円盤だけでも伸びてくれれば見込みはあるのですが。

今後の伸び次第ですが、今のままでは2期続編の可能性は20%程度だと思われます。

(円盤売上枚数参考引用元:http://dvdbd.wiki.fc2.com)

 

ばくおん。2期放送はいつ頃?

先ほど2期は厳しいという結論になりましたが、仮に2期続編が決定したとしたら、その放送時期がいつ頃になりそうかを予想していきます。

現時点で原作ストックは不足しているので、今すぐの制作は厳しいでしょう。2期続編を放送するにあたり、消化する単行本は1期と同程度は必要だと思われます。

なので、あと5巻、原作が貯まるのを待たなければなりません。

では、そのあと5巻が貯まるのはいつ頃になるのでしょう。ばくおんの単行本発刊間隔は、少々ばらつきがあり、大体6~8ヶ月に1冊発売されています。

仮に大目に見積もって計算すると、

8ヶ月×5巻分=40ヶ月=3年4ヶ月

最終巻の発売日が2016年3月

↓+3年4ヶ月

原作ストックが貯まるのは2019年7月頃

ここから制作が開始されるとなると、制作期間に約半年かかるので、2期放送は早くて2020年冬アニメあたりでしょう。

もっとも、すでに使用された巻にもまだ放送されていないエピソードは含まれているので、そっちをうまく利用すれば、もうちょっと早まる可能性もあります。

 

まとめ

ばくおんの2期続編に関しては残念ながら望み薄な状況ではありますが、まだ円盤の売上など不確定要素も多いので、今後の動向を注意深く見守っていきたいと思います。

というわけで以上「ばくおん2期続編の放送日はいつ?円盤売上と原作ストックで考察」でした。