青の祓魔師(青エク)のアニメ2期のあらすじネタバレです。

アニメ2期が放送されやはり安定した面白さを発揮していますが、2期の最終回は原作のどこまで放送されるのでしょうか?

今回はアニメの進行ペースから大体予想して、青の祓魔師(青エク)アニメ2期のあらすじ内容をざっくり紹介したいと思います!

※この記事には青の祓魔師(青エク)のアニメ2期のあらすじネタバレがガッツリ記載されています。マンガやアニメを見るよ!という方は閲覧にご注意ください。

スポンサーリンク

青の祓魔師(青エク)アニメ2期のあらすじネタバレ!

青の祓魔師(青エク)コミックス5巻あらすじネタバレ

正十字学園最深部に封印されていた「不浄王」と呼ばれる悪魔の左目が何者かに奪われた。不浄王の目は非常に濃い瘴気を放つので、街中に出回ると危険な代物。

だが代々最深部に関わりのある東堂一族の東堂三郎太が悪魔落ちし、エクソシスト達を裏切り始める。さらには左目だけでなく、京都出張所に封印されている右目の方にも侵入者が入ったとの情報が。

正十字学園のエクソシスト達は京都へ遠征しに行くことになり、燐達塾生も出張に付いて行くことに。京都は勝呂達3人組の故郷で、京都出張所を管理しているのも勝呂の父・達磨(たつま)率いる明蛇宗だった。

悪魔祓いに特化した実力派集団・明蛇宗が管理している京都出張所に潜り込めた人物とは誰なのか?その正体は不明なまま5巻が終了します。

青エク5巻の更に詳しい内容はこちらから。↓ ↓

>>青の祓魔師(青エク)5巻の内容ネタバレ!不浄王の目と京都遠征

青の祓魔師(青エク)コミックス6巻あらすじネタバレ

不浄王の右目が封印されている京都出張所に忍び込んだのは、明蛇の者ではないか?と明蛇宗の皆は考え、裏切り者をあぶりだすために総会を開いたが、犯人は見つからず。

ある日志摩の兄・柔造が出張所深部に足を運んでみると、そこには宝生家の蝮がいて、不浄王の右目の封印を解いていた。蝮は「明蛇宗の皆の目をさますため」と言ったが、裏で東堂の入れ知恵がある模様。

東堂が蝮と合流し、右目を奪って二人で逃げてしまう。不浄王の両目が揃うと強毒な瘴気を発し危険なので、明蛇は柔造に東堂達を追わせた。一方燐は京都でサタンの青い炎を出して明蛇の者達を混乱させてしまい独居房に入れられてしまう。

そんな燐の元へ勝呂の父・達磨から一通の手紙が。それは若き頃の自分と獅郎との出会いが書かれていた。その頃達磨はある寺に到着していました。ここで6巻が終了します。

青エク6巻の更に詳しい内容はこちらから。↓ ↓

>>青の祓魔師(青エク)6巻ネタバレ!明蛇の裏切り者と達磨の手紙

青の祓魔師(青エク)コミックス7巻あらすじネタバレ

東堂と蝮は不浄王が封印されている不動峯寺に到着し、右目・左目をはめることで不浄王を復活させてしまう。ここで東堂は蝮を始末しようとし、蝮は自分が利用されていたことに気づくが、そこに達磨が駆けつける。

達磨は自分が契約し使役している悪魔・伽棲羅を使って攻撃するが、何と東堂はその伽棲羅を取り込んで若返り、逆に達磨は力尽きて倒れてしまう。

燐は仲間の塾生たちに助けられ独房を抜け出し、復活した不浄王を倒すべく動き出し、明蛇宗の面々も一族総出で不浄王討伐に乗り出す。

不浄王はどんどん巨大化しやがて濃い瘴気を撒き散らすようになるという。そんな中雪男は草陰にいた東堂を発見し遭遇してしまいます。ここで7巻が終了します。

青エク7巻の更に詳しい内容はこちらから。↓ ↓

>>青の祓魔師(青エク)7巻ネタバレ!不浄王復活と劫波焔の継承

 


スポンサーリンク

青の祓魔師(青エク)コミックス8巻あらすじネタバレ

東堂と遭遇し戦闘になる雪男。不浄王を倒すために本体の元へ向かう燐と勝呂。他の仲間たちも奮闘する中、雪男は東堂の悪魔の甘言により心の弱い部分を突かれ苦戦する。

しかし柔造ら明蛇の者と共闘し、何とか東堂を退かせることに成功。一方不浄王の瘴気が撒き散らされないように結界を張る勝呂だが体力は限界に近い。

燐は自身のサタンの炎にビビってしばらく剣を抜くことができずにいたが、勇気を出してそれを乗り越え攻撃を繰り出すも、ついに勝呂の結界は解け街に瘴気が流れ出してしまう展開に。

その時柔造たちが先ほど呼び出した上級悪魔・ウチシュマーが燐の前に姿を現し、自分の宿敵である不浄王を倒すために燐に力を貸してくれるという。ここで8巻が終了します。

青エク8巻の更に詳しい内容はこちらから。↓ ↓

>>青の祓魔師(青エク)8巻ネタバレ!降魔剣に宿るウチシュマー

青の祓魔師(青エク)コミックス9巻あらすじネタバレ

降魔剣にウチシュマーが宿り、サタンの炎と融合する。ウチシュマーは自身の技・火生三昧で一気に不浄王、山ごと消し去ろうとするが、山にはまだ沢山の人間たちがいた。

だが燐は自分の力を信じ火生三昧をぶっ放した。燐のコントロールにより青い炎が人間を残して不浄王だけを焼いていく。これにより不浄王は倒され、明蛇の者たちは燐の力に感謝するようになる。

シュラは今回の不浄王の一件は全てメフィストが仕組んだ計画だったのでは?と疑うが、メフィストはそれについては何も明かさなかった。

ここで9巻の途中ですが、不浄王編が終了します。

青エク9巻の更に詳しい内容はこちらから。↓ ↓

>>青の祓魔師(青エク)9巻ネタバレ!青い炎で不浄王だけを浄化

 

※他の2017年冬アニメネタバレはこちらから!

>>2017年冬アニメ・ネタバレ一覧!!

青の祓魔師(青エク)アニメ2期の最終回は原作のどこ?何巻まで?

何クール放送か?

一応青エクの公式サイトには「青の祓魔師 京都不浄王篇」と書いてあるので、不浄王を倒したところでアニメ2期は終了するのが濃厚ですね。大体9巻の半分くらいまでが不浄王篇でした。

1クール12〜13話だとして、4話の時点で6巻の半分程原作を消化しているので、計算通り9巻の半分でアニメ2期は終了するペースです。

1期は原作の進行状況との兼ね合いか、後半は殆どアニメオリジナルの展開になっており、その設定を完全になかったことにした内容で2期が放送されています。

さらに不浄王篇の後の原作ストックも沢山あることから、きっちり原作通りの展開で終わらせてくるのではないかと予想しています。そうすれば3期に繋げやすいので、できれば3期を期待させる展開で終わってほしいですね。(笑)

青エクは八候王と呼ばれる虚無界の権力者が8人もいますが、既刊18巻まで読んでもまだ残り5名も登場していないので、原作もまだまだ続くことが予想されます。3期は2クールで放送してほしいというのが個人的願望です。

というわけで以上「青の祓魔師(青エク)2期あらすじネタバレ!最終回はどこまで?」でした。