キャプチャ201606193

2016年4月から放送開始された学園ブラックコメディ『あんハピ♪』。

もうすぐ最終回を迎えますが、2期制作についてはどうなっているのでしょうか。円盤売上や原作ストックから考察してみましょう。

 

インターネット上での人気は?

まずはTwitterでの声を見てみましょう。

原作がまんがタイムきららなだけあって、日常系アニメとして人気が高いですね。

 

『あんハピ♪』円盤売上は?

140452

アニメ界では一般的に、5000枚売れれば続編制作を期待できると言われています。

それは、円盤の売上で制作会社が利益を得ているから。円盤が売れないとアニメを作る際に使った資金を回収できず、赤字になってしまうのです。

『あんハピ♪』はどんな感じでしょうか。

(円盤売上枚数参考引用元:http://dvdbd.wiki.fc2.com)

※円盤売上枚数の正確な数字は販売後詳しく追記していきます。

<追記>
2016年6月29日発売の円盤第1巻は合計で1,446枚という結果になりました。
当記事で予想していたよりも数百枚多い数字ですね。
(2016年7月24日追記)

 

公表されているデータを確認!

キャプチャ201606194

円盤の1巻発売日がまだなので、今のところ最終的な円盤売り上げ枚数は分かりません。

ですが色々なデータから枚数を予想していくことはできるので、まずは公表されているデータを確認してみましょう。

円盤発売日
第1巻 6月22日
第2巻 7月27日
第3巻 8月24日
第4巻 9月28日
第5巻 10月26日
第6巻 11月23日

1クール12話の放送で、円盤は全6巻。各巻に2話ずつ収録される最もスタンダードなパターンです。

売上枚数を予想!

キャプチャ201606192

それでは次に、実際どれくらいの枚数になるのか、売り上げ枚数を予想してみましょう。

各種ランキングなどをリサーチしてみたところ、累計平均で出てくる数字は1000枚前後かな、という印象を受けました。

1000枚というと、続編を制作するにはかなり厳しいライン。ですが全く望みがないわけではありません。なぜなら、制作会社によって2期制作のラインが少しずつ違ったりもするからです。

 

制作会社から目標枚数を推測!

キャプチャ201606195

『あんハピ♪』の制作会社はSILVER LINK.

SILVER LINK.で2期以上制作された代表作に『のんのんびより』や『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』があります。

これらのアニメ1期の円盤はどれくらい売れたのでしょうか。

のんのんびより 累計平均8375枚
Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 累計平均6779枚

中には円盤売上が1万枚を超えても2期続編を制作しない制作会社もあるので、そういう意味ではまだ望みがありそうです。しかし『あんハピ♪』も、目指すべきはやはり5000枚という感じですね。

次項目では円盤売上が伸びたと仮定して、放送時期がいつ頃になるかを予想していきます。

 

『あんハピ♪』原作ストックと放送時期は?

キャプチャ201606196

円盤については今のところは厳しい状況ですが、最終回をむかえて一気に伸びるケースもあります。というわけで、2期制作が決定したらはたして放送はいつ頃になるのかを原作ストックから予想してみます。

既刊6巻(アニメ1期でほとんど消費)

↓ 原作ストックが貯まるまで3年

↓ プラス準備期間半年

2020年冬アニメ?

原作の既刊は全6巻。アニメではかなり改変されていますが、文化祭エピソードを残してストックをほとんど使いきってしまいました。

原作ストックが貯まるまでに今までのペースだとあと約3年かかるので、2期放送はそこから準備期間半年を考慮に入れ、早くて2020年冬アニメといったところでしょうか。

>>同じくまんがタイムきらら原作の『三者三葉』2期予想はこちら!

 

まとめ

今のところ『あんハピ』2期続編の可能性は40%くらいという感じ。

円盤売上をあまり望めない、というのが一番の要因です。しかし不確定要素もまだまだ多いので、これからの躍進に期待ですね。

<追記>
円盤売上の結果を受けても2期続編の可能性は依然として厳しいと言わざるをえないようです。
(2016年7月24日追記)

というわけで以上「あんハピ♪2期続編の可能性を円盤売上と原作ストックから考察」でした。