allout7画像出典:オールアウト(ALLOUT)コミックス7巻より

オールアウト(ALLOUT)コミックス7巻のネタバレです。

7巻の内容は合宿地菅平で大阪の強豪・天竺高校との練習試合がメインになっています。菅平では沢山の高校と試合する予定ですが、今回の天竺高校とはどのようなプレイを仕掛けてくるのか、神高選手の成長っぷりにも注目です。

それではオールアウト(ALLOUT)コミックス7巻のネタバレに参りましょう。

※この記事にはオールアウト(ALLOUT)コミックス7巻のネタバレ内容がガッツリ記載されています。マンガやアニメを見るよ!という方は閲覧にご注意ください。

スポンサーリンク

オールアウト(ALLOUT)前巻(6巻)のおさらい

慶常との合同練習で一段と実力をつけた神高メンバー。そんな中練習の辛さから部員の気田がラグビー部を退部してしまう。それに責任を感じ悩む赤山を籠が励まし、また練習は再開してゆく。

更に2年の伊勢は、親が他界し一人で伊勢を育てている兄の反対で合宿に参加できそうになかったが、八王子と江文の助けにより何とか合宿に行けることになった。そして翌日から菅平合宿が厳しい始まる。

オールアウト(ALLOUT)6巻の詳しい内容ネタバレはこちらから。↓ ↓

>>オールアウト(ALLOUT)6巻ネタバレ!夏休み前のXデイ

オールアウト(ALLOUT)の試し読みは?

オールアウト(ALLOUT)は現在10巻まで続いている人気作品です。アニメでは原作を忠実に描かれていますが、もっと続きを知りたい方は原作を読んでみると良いですね。

以下ネタバレを含むので、原作で内容を知りたい方は無料の試し読みもオススメです。

「オールアウト」で検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→オールアウト(ALLOUT)を無料で試し読み   

オールアウト(ALLOUT)7巻の内容ネタバレ!

菅平に到着

 

神高ラグビー部は合宿地・菅平に到着する。お金がないのでかなりボロい宿だが、店主は神高を見てあまり良い態度を取らなかった。吉田曰く、今までの神高生徒のマナーが悪く、特に去年の3年が迷惑をかけたのだという。

籠は到着してすぐに部員たちに部屋に荷物を置かせ、グラウンドまで走るよう指示する。宿で昼食も食べず部員たちはグラウンドまで汗だくで走る。しかしもう部員たちは練習する気満々だった。

芝生の上で開放的に練習する部員たち。籠から休憩の指示が入り、今日の対戦相手は去年の府予選ベスト8、大阪の天竺工科高校だと告げられる。大阪は激戦区なので手強い相手かもしれないと言った。

今12:50。昼食を食べ相手がそろそろアップを始めるが、その間神高は練習していた。その分だけ相手との距離が縮まったことに自信を持て、と籠部員たちに告げたところで、天竺高校の生徒が現れる。

 

天竺との練習試合開始

 

菅平には嶺蔭や相模のメンバーもいて、神高の試合を見に来ていた。天竺には中学時代に”オール大阪”で大阪代表だった選手がいる、と相模のメンバーは話していた。その名は桜廉平。

しかし桜はもっと有名校と試合がしたかった、とあまり良い態度をとらない。籠が天竺のコーチ・二見と挨拶をし、その後籠からスタメンが発表される。今回は2年の貴船が珍しくスタメンにいた。

籠に全力以外出すなと言われ、神高ボールでキックオフ。すぐに桜にボールが渡り強烈なキックを放ち、かなりの飛距離を飛ばすが、落下地点にちょうど貴船がおり、キャッチ後すぐにボールを思い切り蹴った。

貴船のキックは桜の半分も飛ばずまた天竺に奪われキックを放たれるが、また貴船は落下位置にいてボールをキャッチした。それらのプレイを見て、桜や相模選手の一部は何かを感じ取った様子だった。

 

地味だが絶妙な貴船

 

天竺には長身選手が多いので空中戦メインで試合を進めてくる。しかしこの辺りで相模の堀川や味方の吉備などが、貴船のポジショニングのうまさに気づき始める。

更にキック力は全然だがノーバンじゃ取れないような絶妙なスペースに落としてくることも。桜もキック、キャッチとも派手でうまいが、本当にFB(フルバック)として技術が高いのは貴船だった。

それは籠も知っていたので、地味だが安定感のある貴船のプレーを使ってみたかったと言った。それを聞いた吉備は認めるけど悔しい、と気持ちを露わにする。

スポンサーリンク

砂浜での練習効果

 

天竺は序盤と少し作戦を変えることにし、それを桜にも伝えたが、桜はやめろと言われていたキックを放ち味方にパスをしない。ボールは神高ゴール前5m。天竺ボールのラインアウト。いきなり神高はピンチに陥った。

天竺のロングスローインで桜にボールが渡り、誰も触れずトライする。点を決めた桜にチームメイトが「ナイスラン」と駆け寄るが、自分ら俺がおらんと点取れへんのな、とチームメイトを邪険に扱う桜。イラつく天竺メンバー。

赤山は点を取られても部員に気にするなと言い、まだまだ神高はの気持ちは崩れない。天竺に強烈なタックルを決める神高・眞子。すぐに天竺選手がフォローにくるが、それすらもタックルで吹っ飛ばす神高メンバー。

眞子たちは籠の指示により、砂浜で相撲を取ることで姿勢を整えバランス力を鍛えてきた。それがここに来て役に立っていることを知り、部員も籠も手応えを掴む。

 

桜廉平とチームメイトの確執

 

神高がボールを取り返した。神高・諏訪が走り抜け天竺陣地には入ったが桜が飛びかかりので、諏訪はパス。受け取った松尾は赤山にパスをするがすぐ目の前にいたブロックに止められ、後ろの伊勢にパス。

力強い走りを見せる伊勢の元へ神高メンバーが加勢に行く。仲間のバックアップもあり伊勢はトライを決める。次に貴船のキックも決まる。天竺メンバーは神高の意外な実力を知り、考えを改めた。

桜はチームメイトに「使えない」と言ってキレ始める。ボールが桜に渡るとやはりパスは出さず、直接キックしドロップゴールを決めた。しかし3点にしかならないドロップゴールを決め、天竺キャプテンの佐野もキレる。

パス回してトライ取り返すのが普通じゃないのかと。だが桜はてめえらFW(フォワード)が使えないから自分が点を取ってやったと怒鳴りつけた。何様だと言い返す佐野。

二人の険悪なムードの間に入り、副キャプテンの逢坂淳(あいさかすなお)がなだめる。チームメイトになんで桜を庇うのか聞かれた逢坂は、12年間も一緒にいると何考えているか分かるし、悪い奴じゃないと答えた。

 

天竺の伝統のなさ

 

天竺は個々の技術は凄いが、新設校だからこその”伝統”のなさにより、プレーの方向性が定まっておらず、個人技に優れた選手が集まってもまとまらず衝突し、今バラバラになっていると籠は見抜いた。

その読み通り天竺は立て続けにパスミスを繰り返し、桜はパスを取れなかった味方と口論になる。そうこうしている内に前半終了の笛が鳴る。前半は天竺の3点リードで終了した。

天竺メンバーと桜の仲は更に悪くなる。天竺コーチの二見は喧嘩のことは注意したが、後半戦の戦略は佐野に丸投げした。なぜ二見は何も言わないのか不満を募らせる天竺メンバーたち。その後佐野は逢坂に誰の味方なんだと詰め寄る。

天竺の足並み乱しているのは桜、キャプテンの俺の言うこと聞かせろと言うが、逢坂はキャプテンがそんなことを言ってはいけない、と言った。桜は誰よりも勝ちたがっている、それで充分だと逢坂は言ったが、他のメンバーはそうは思わなかった。

籠は神高メンバーにいいプレイだったから後半もその調子で行けと指示し、メンバー入れ替えで祇園を投入することにした。どんな展開になるのか楽しみな様子の吉田。そして後半戦が始まった。

 

祇園の活躍と神高の逆転

 

後半戦すぐに祇園のスイープが目立つ。相手がボールを取りに来ても祇園がどかしてくれるし、タックルされた仲間を誰よりも早く助けろという籠の指示もあり、それに徹した祇園は素晴らしい活躍をみせる。

祇園はいつもより落ち着いた状態で試合に臨み、試合の中で全てを学ぼうという姿勢で挑む。その間にもますますチームの雰囲気が悪くなる天竺。松尾がキックで高めにボールを蹴り上げる。

天竺の大島右京がそのボールをキャッチするが、その瞬間に赤山が目の前に現れ右京を吹っ飛ばしボールを奪う。赤山はそのままトライし、神高が遂に逆転する。

トライを取られた右京に対し、佐野は謝らないで良いと言うが、桜は「ヌッルイなぁ」とその姿勢に皮肉を言った。天竺チームのムードは更に悪くなってしまう。

オールアウト(ALLOUT)の関連記事

アニメ『オールアウト(ALLOUT)』のネタバレ記事はこちら

>>オールアウト(ALLOUT)アニメネタバレ!1期最終回まで

オールアウト(ALLOUT)コミックスのネタバレ記事一覧

コミックスのネタバレはこちら

1巻:>>ALLOUT(オールアウト)1巻ネタバレ!新入生祇園と石清水

2巻:>>オールアウト(ALLOUT)2巻ネタバレ!元日本代表籠信吾現る

3巻:>>オールアウト(ALLOUT)3巻ネタバレ!紅白戦で見えた課題

4巻:>>オールアウト(ALLOUT)4巻ネタバレ!相模との練習試合

5巻:>>オールアウト(ALLOUT)5巻ネタバレ!関人と国人のテスト

6巻:>>オールアウト(ALLOUT)6巻ネタバレ!夏休み前のXデイ

7巻:>>この記事

8巻:>>オールアウト(ALLOUT)8巻ネタバレ!天竺戦の決着は?

9巻:>>オールアウト(ALLOUT)9巻ネタバレ!嶺蔭2軍と練習試合

10巻:>>オールアウト(ALLOUT)10巻ネタバレ!残波に赤山すらも

細かい内容は原作を読んでみるともっと面白いはずです!

「オールアウト」で検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
→オールアウト(ALLOUT)を無料で試し読み   

オールアウト(ALLOUT)7巻の感想とまとめ

オールアウト(ALLOUT)7巻の感想ですが、桜廉平態度悪いですねぇ、というのが天竺の印象です。よく団体競技を続けているなという感じですが、実力は本物です。

こういったチームとしてはバラバラだけど、個々としては実力のあるチームって、まとまった時の実力がすごい見て見たくなるんですよね。逢坂にはこのままチームの間を取り持ってもらい、まとめ上げてほしいものです。

まだ不完全でもチームとしてまとまり始めている神高は、これからももっと強くなりそうです。もう少し祇園だけでなく石清水も活躍しろよ!と思っています。笑

というわけで以上オールアウト(ALLOUT)7巻ネタバレ!天竺の不仲と伝統でした。