2016年秋アニメのALL OUT(オールアウト)。

原作はラグビーをテーマにした漫画作品ですが、そもそもラグビー漫画というのはサッカー・野球などに比べると少ないので、どんなアニメになるのか凄い楽しみにしてます。

今回はそんなALL OUT(オールアウト)のアニメのあらすじ内容を、ネタバレにはなりますが、ザッとして紹介していきたいと思います。

それではALL OUT(オールアウト)のネタバレへ参りましょう。

※この記事にはALL OUT(オールアウト)のネタバレ内容がガッツリ記載されています。アニメや漫画を見るよ!という方は閲覧にご注意ください。

スポンサーリンク

ALL OUT(オールアウト)のアニメあらすじ内容ネタバレ!

ALL OUT(オールアウト)1巻のあらすじ内容ネタバレ!

神奈川高校、略して神高(ジンコー)に、チビの祇園と、長身の石清水が入学してくる。見学してラグビーが楽しそうだと思った祇園は早速入部を決めるが、石清水は中学の頃に仲間を怪我させてしまったトラウマがあり入部を拒否する。

しかし祇園の体を張った説得により、ラグビーを楽しいと思っている石清水の気持ちを呼び覚まし、石清水も練習に参加。そして初心者なのに過酷な基礎練習に耐え、才能の片鱗を見せる祇園。

そんな中、神奈川ベスト4の慶常から練習試合の申し込みが。試合当日、慶常には石清水が過去に怪我をさせた相手・御幸がいた。

キックオフ。

強豪慶常と激しい攻防を繰り広げるが、石清水は御幸にトラウマがあり積極的にプレイができない。だが御幸は石清水に本気でプレイをしてもらいたいと思っている。

そんな臆病になっている石清水を見て、相手は自分たちのボールを持っているんだぞ、と祇園はベンチから大きな声で呼びかけた。その声で石清水は目覚め、赤山と二人で打倒慶常に闘志を燃やす。

ALL OUT(オールアウト)1巻の詳しい内容ネタバレはコチラから。↓ ↓

>>ALLOUT(オールアウト)1巻ネタバレ!新入生祇園と石清水

オールアウト(ALLOUT)2巻のあらすじ内容ネタバレ!

 

御幸を怪我させたトラウマから立ち直った石清水。恵まれた体格を活かし好プレーを見せるが、やはり神奈川ベスト4の慶常は強い。神高は接戦の末慶常に敗北し悔しい思いをする。

練習試合が終わり悔しい思いの中、神高は校内合宿を始める。顧問は滅多に顔を出さないため、自分たちでメニューを組み猛練習する神高メンバーたち。

そんな中、祇園がネットで探して依頼したコーチ・籠(こもり)がやってくる。籠は神高の練習の効率の悪さを指摘し、突然現れた籠に戸惑う部員たち。

しかし赤山は自分たちに足りないものとは何なのかを籠に尋ねる。そして籠はフィジカルのせいで慶常に負けた、と思っている赤山の考えを改めるためにあるミニゲームを始めた。

オールアウト(ALLOUT)2巻の詳しい内容ネタバレはコチラから。↓ ↓

>>オールアウト(ALLOUT)2巻ネタバレ!元日本代表籠信吾現る

オールアウト(ALLOUT)3巻のあらすじ内容ネタバレ!

元ラグビー日本代表の籠がコーチにつき練習は厳しくなったが、的確な指示をもらえることに喜びを感じ始めたキャプテンの赤山と副キャプテンの八王子。他の部員たちも今までやったことのない練習方法に戸惑いながらもこなしていく。

普段練習をサボり気味の江文だが、やる気のない同級生に苛立ちを隠せず文句を言ってしまう。部員たちは練習をサボっている江文に言われたくないと反論する。しかしその後、影で猛練習している江文を見た部員たちは、江文に対する考えを少し改めることにした。

籠は合宿の締めに紅白戦を行う。しかし祇園のいるチームは、祇園が原因で敗れてしまう。タックルにこだわり他のプレーはできない祇園に厳しく指導する籠。そして今までチビとバカにされすぐに喧嘩し色々な部をやめていったことを思い出す。

味方が頑張って集めたボールをタックルしかできないで無にして良いのか?それに気がついた祇園は考えを改め意識を変える。籠はそんな祇園を見てラグビー部の一員であることを認めた。

ALL OUT(オールアウト)3巻の詳しい内容ネタバレはコチラから。↓ ↓

>>オールアウト(ALLOUT)3巻ネタバレ!紅白戦で見えた課題

オールアウト(ALLOUT)4巻のあらすじ内容ネタバレ!

合宿も終わり、神高は去年の県予選準優勝・東道大相模高校と練習試合を行うことになった。しかし相模の反則スレスレのラフプレーと言葉での挑発に飲まれた神高は、苛立ちから完全に試合の流れを持ってかれてしまう。

江文が途中で出場し流れは少し変わるも、さすが準優勝の相模、基本プレーも巧く正当に戦っても実力は数段上だった。一時は逆転もした神高だが、再度大幅に逆転され前半が終了する。

しかし籠は、そんな相模からテクニック・試合の流れの作り方、その全てを盗めと部員たちに指示をする。一方顧問の吉田はラグビーを”球遊び”だと馬鹿にしているが、過去に何かあった様子。

後半戦が始まるが変わらず相模のペースで試合は進んでいく。しかし相模選手のキックがたまたま頭に当たってしまい、流血して血まみれになってしまう赤山。それでも試合の楽しさに笑顔を浮かべている赤山だった。

 

4巻巻末・特別編

 

籠がコーチに就任するまでの経緯と、実際にコーチをしてみた心情を描いた話。

指導に対する考え方や、子供たちとの接し方を籠自身も学んでいく。ここでオールアウトの意味を部員たちに語る籠りだった。

ALL OUT4巻の詳しい内容ネタバレはコチラから。↓ ↓

>>オールアウト(ALLOUT)4巻ネタバレ!相模との練習試合

 

※今後も順次追加していきます。