%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3201609241

画像出典:アニメ3月のライオン公式PV

3月のライオンアニメ1期のネタバレです。

孤独な17歳のプロ棋士・桐山零と、彼のまわりの優しい人々の物語です。

川本家の三姉妹(あかり・ひな・モモ)、高校の担任教師・林田先生、そしてプロ棋士の仲間たちや幸田家の人々など、零に関わる様々な人間関係が繊細に描かれています。

将棋を題材にした人間ドラマをベースに、時にはスポーツとしての将棋も魅せてくれる作品です。それではさっそく3月のライオンアニメ1期のネタバレに参りましょう。

※この記事はネタバレ内容がガッツリ載っています。マンガやアニメを観るよ!という方は閲覧にご注意ください。

スポンサーリンク

アニメ3月のライオンは何クール放送?原作のどこまで?

今3月のライオンはコミックス12巻まで発売されています(2016年10月現在)。アニメ1話放送を確認したところ、零が自宅のポストを確認しているところに二階堂が現れたところで終了しましたが、これは1巻のchapter2(2話)の途中です。

コミックス1巻の中には約10話収録されていますが、その内の約2話分をアニメ1話で消化していることになります。

そして3月のライオンのアニメ放送話数は約2クールの22話。そう考えると

コミックス1冊=アニメ5話分

アニメは22話=コミックス4〜5冊分

と単純に考えることができます。物語的に区切りの良いところで終わらすことも考えられますが、とりあえず今回はコミックス5巻までのあらすじネタバレを紹介し、放送で消化ペースも確認しながら追加して行きたいと思います。

3月のライオンの試し読みは?

3月のライオンは現在12巻まで続いている人気作品です。アニメでは原作を忠実に描かれていますが、もっと続きを知りたい方は原作を読んでみると良いですね。

以下ネタバレを含むので、原作で内容を知りたい方は無料の試し読みもオススメです。

「3月のライオン」で検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→3月のライオンを無料で試し読み   

アニメ3月のライオン1期の内容ネタバレ

3月のライオン1巻あらすじ内容ネタバレ

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3201609181

画像出典:3月のライオン1巻

孤独な主人公・桐山零は17歳のプロ棋士。

一人暮らしをしながら時々あかり・ひな・モモの三姉妹(川本家)でお世話になっている零は、将棋で勝つことに苦しみを感じていた。

冒頭から川本家でお世話になっている零だが、回想にて、以前零がつぶれるまで先輩に飲まされたこと、そのとき零を放っておけなかったあかりが零を自分の家へ連れて帰ったことが明らかになる。

また、零を救った川本家にも複雑な過去があることがほのめかされる。

零は小学生のころから顔を合わせていたお金持ちのプロ棋士・二階堂晴信と対局する。小学生の頃フラフラになって戦い抜きそれでも零に敵わなかった二階堂は、今回も同じ状況に陥って長期戦の末に零に敗れる。零は、勝利に対して複雑な気持ちを抱く。

そして、小学生のときに零が家族を失った理由、幸田のもとに引き取られて将棋で頭角をあらわしていった過程が描かれる。

零が家族を失った理由は?幸田家に引き取られてから自立を決意するまでの過程は?
1巻の詳細ネタバレはこちらからどうぞ。
>>3月のライオン1巻内容ネタバレと感想!零の将棋と川本家の過去

3月のライオン2巻あらすじ内容ネタバレ

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3201609191

画像出典:3月のライオン2巻

年内で三つめの黒星となった零は、「勝つ理由がない」と思いながらも、負けると悔しく思う自分を中途半端だと責める。

零は二階堂から、最近の零の対局について「もっと粘れ」「潔いのと投げやりなのは違う」「自分を大切にしろ」という言葉を聞き、心を動かされる。

零は二階堂や川本家の人々と関わりながら、今はもう他界してしまった父の姿を思い、「自分は父が憧れた棋士の世界にいるのだ」と大事なことを思い出す。

この巻では、義理姉・香子が登場する。香子は過去に零へ手を上げた後藤という男と付き合っており、零はやめた方がいいと香子を止めるが、聞く耳を持たない。

そして、松永(彼はこの対局に負けたら騎士を引退すると決めていた)との対局、安井(対局に負けると飲んで暴れるためこの日を最後に離婚することになっていた)との対局を経て、零は自分の内側にいる獣を認識する。

松永、安井との対局の結果は?零の内側にいる獣とは?
2巻の詳細ネタバレはこちらからどうぞ。
>>3月のライオン2巻の内容ネタバレと感想!香子の登場と零の獣

スポンサーリンク

3月のライオン3巻あらすじ内容ネタバレ

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3201609201

画像出典:3月のライオン3巻

零は年内の対局を全て終えたあと、熱を出して数日寝込んだ。そこへ川本家の三姉妹がやってきて看病してもらうことになり、言われるまま携帯電話を見ると幸田から何件も連絡が入っていた。

零は、自分がまわりの人々から心配されていることを知る。

そしていよいよ獅子王戦が開幕。獅子王戦は名人戦と並ぶ二大タイトルで、賞金額が高いことでも有名だった。
零の初戦の相手は辻井。零は初戦を突破し、

零VS島田
スミスVS後藤

この2つの組み合わせのうち勝者同士が決勝でぶつかることとなった。

零は私怨のある後藤に勝利するため彼の将棋を研究するが、後藤を気にするあまり警戒を欠いた島田に敗れる。そして決勝の

島田VS後藤

は接戦の末に島田が勝利し、零は島田の研究会へ入れてもらうことになる。

林田先生が零の背中を押した言葉とは?後藤の強さと各キャラクターの棋風についても。
3巻の詳細ネタバレはこちらからどうぞ。
>>3月のライオン3巻の内容ネタバレ感想!獅子王戦と島田VS後藤

3月のライオン4巻あらすじ内容ネタバレ

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3201609211

画像出典:3月のライオン4巻

島田の研究会に入った零は、二階堂・重田と将棋について語り合う。そして獅子王戦はいよいよ、島田VS獅子王・宗谷が始まる。

島田のふるさとは山形のいなかで、島田は幼い頃近所のおじいさんたちに将棋を教えてもらってそこでどんどん強くなった。奨励会に入り東京へ通いと腕を磨くが、三段リーグで何年も動けなくなるなど、自分が天才ではないことを悟る時期も経て、今に至る。

対する宗谷は真性の天才として描かれているが、宗谷相手に二勝し、六局目までたどり着けば(四局先取のためどちらかが二勝すれば六局目までもつれこむ)島田の地元・山形で将棋を指すことができることになっていた。

島田を応援し続けるふるさとに晴れ舞台を持ち帰るチャンスだが、三連敗という背水の陣で四局目を迎えることになる。

島田は獅子王・宗谷を相手に勝利をつかむことができるのか?
4巻の詳細ネタバレはこちらからどうぞ。
>>3月のライオン4巻ネタバレ感想!島田VS宗谷と獅子王戦の決着

 

※5巻以降も順次追加予定です。